銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

私には、軽い自閉症を持つ孫が居るのだが・・・・・谷垣禎一さんが、どれほど、悪人に教唆誘導をされていたかを思い出す

2016-07-28 19:17:52 | 政治

副題1、『私のブログによって、本日(=28日の木曜日)は、あのやまゆり園の、大量殺傷事件の、ニュースは、報道が、だいぶ下火へと、収まってきては、いるが』

 やまゆり園の、大量殺傷事件について、ニュースの持って行き方が、本日はだいぶ収まってきています。謀略(・・・・NHKなどが、かくかくしかじかと、詳細な、報道をしているのが、それが、真実ではないケース。たとえば山本美香さんが、シリアのアレッポで、思わぬ形で、襲撃されて死亡したケース(後注1に置いておく)など、他にも、多々存在する・・・・・)の場合、真の発案者の、目的に沿って、炎上させられていきますが、昨日27日(水)の、NHK1chの関東圏ニュースショー【シブ五時】など、ちらっと、傍で聞いていただけでも、ひどいものでした。激しい炎上型ニュースとさせられていました。NHKは、この種の謀略を作って行く、鎌倉エージェント=CIAの言うなりなのです。

 最近では安倍総理大臣も、鎌倉エージェントの、うちの一人であり、表社会に出ている人間のうちでは、最大の、人物である、伊藤玄二郎の言うなりになっています(後注2)が、・・・・・だからこそ、谷垣禎一さんが、事故に遭い、再起不能(実際にはすでに、逝去だと、私は見ているが)になられているのですが、それは、それ、これは、是と、言う形で昨日など、このやまゆり園事件でもちきりで、しかも、例のごとく、犯人が悪いとか、被害者が、かわいそうだと、言う方向で、それ一辺倒で、報道をされて行っています。

 しかし、私は全く違う観点と違う切り口で、この事件を、分析し、解説して行っています。特に、谷垣禎一さんの事故と絡めて、語っています。それ故に、通常は、伊藤玄二郎たちの言うなりになるNHKも、少し変化したというわけです。ただし、夜7時のニュースでは、このやまゆり園の大量殺傷事件をトップにもってきていましたね。

 つまり、これは、裏に悪人がいて、彼らが計画し、国民を、踊らせていく、いつもの通りの、謀略であると、見ているわけです。で、植松聖は、真犯人ではないと、見ています。

 本日28日になって、植松聖の、措置入院の際の病名が、躁病だったと、報道をされています。彼はもともと、おっちょこちょいで、のりやすいタイプなのだと、判ります。それが、裏から、炊き付けられていて、「あなたは、素晴らしい人間で、有能で、素敵です。お考えも素晴らしいです」と、言われて居たら躁病になるでしょうよ。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『普通は、謀略であっても、私は、一週間は見逃すものだ。起きたその日に書き始めると言う事は、普通は、やらない。だが、今般は、朝のニュースで、事件が、知らされた途端に、ほぼ、一時間後に、ブログを書き始めている。(後注2)瞬時の対応だ。どうしてそれが可能だったかと言うと、私の孫に、軽い自閉症の子供がいて、それを、弱点と考えた敵達が、そこを狙って、ここ、3年ほど、ひどい事が、私の周辺に、連続して起きている。今般、それも分析に役立てていくつもりはあるが、やまゆり園大量殺傷事件も、それらの、私の孫が、軽い障害を持つことを、狙った、謀略であることにか変わりはなく、その一環であると、判っていたからだった』

 ところで、本日は、ここで、終焉として、休憩を入れたいです。ただし、これほど、短い文章を書いたのは、私が、やまゆり園事件に対して、哀しいとか、悼むという言葉を、一切、述べていないので、鉄面皮な人間だと、誤解をされることを恐れて、これを書くのです。

 私ほど、こういう事件を哀しみ、身を細らせて、かつ憤っている人間はいないですよ。ただし、怒りの先は、植松聖ではありません。こういう事件を計画し、植松を探し出して、教育を施し、自分たちが、有利になる様に、世論を誘導をして行く悪人たちに対してです。

この事件を正しく分析する為には、過去ブログの検討他、膨大な、時間を必要とするので、本日は、この短い文章だけで、ご放免をいただきたいと思います。

  どうか、この二日間で、書いた渾身の、文章(後注3)を、お読みいただいて待っていてください。特に、II が、未完成ながら、複雑極まりないところで、ぜひ、読んでおいていただきたいところです。

 

後注1、 

山本美香は、劇場型暗殺であったはず。中川経産相・酩酊記者会見の変形だ△△    2012-08-25 18:20:42 | Weblog

アレッポの石鹸、山本美香さんは劇場型暗殺だったー2、△   2012-08-28 12:51:07 | Weblog

 後注2、・・・・・・私は死者に鞭打つつもりはないのです。ただ、今般の事件も、谷垣禎一さんが、逝去なさっていると言う事と、裏腹に考えてこそ、敵さんたちも、少しは反省をするだろうと、見ているので、谷垣さんの言動を分析することは大切なのです。幾つも文章を書いていると、思いますが、今は、ふたつだけ見つかったので、下に置いておきます。 

谷垣さんはマンション疑惑を増幅させ、結果として一億、総不安化促進政策を行っている。旭化成冤罪説  2015-10-28 22:11:10 | 政治

カラックス監督が文化庁の助成金で作った映画は、大反日映画であって、千葉景子、谷垣禎一、見城徹   2015-12-17 07:39:21 | 政治

後注3、やまゆり園事件に、ついて、今までに、書いたもの。特にIIIを、読んでおいていただきたいと、思います。

I  

やまゆり園・大量殺傷事件は、厚生事務次官殺しと同じ筈。不自然な処が一杯だから謀略でしょう   2016-07-26 07:17:46 | 政治

II   

植松聖とは、障害児を妊娠中絶と言う形で間引きましょうよと、提案した長谷川智恵子を救う為に用意されたダミーだ   2016-07-27 10:02:23 | 政治

III 

植松聖が、議院議長公邸に手紙を届けたのは、刑事が運転手に化けたtaxiで、その前を、私が通ったからだろう   2016-07-28 00:22:43 | 政治

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 植松聖が、議院議長公邸に手... | トップ | 神尾真由子さんは、小さいと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事