”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

しらおれ、初めて知りました

2020-11-16 11:34:31 | お茶

とてもおいしいほうじ茶をいただきました。

  

浜松市天竜区春野町で作られた棒焙じ茶です。

    

焙煎された香ばしい香りはもちろんのこと、

ほうじ茶=あっさりした風味という概念を覆すくらい

甘みとうまみが豊富な味わいです。

    

 

パッケージに「白折」という知らない言葉が・・・。

「しらおれ」と読みます。

玉露や高級な煎茶の茶葉から作られた茎茶(棒茶)のことを

「白折」または「雁ヶ音(かりがね)」と呼ぶのだそうです。

元々が高品質の茶葉だったのですね。

  

 

ほうじ茶のお湯の適温は90℃。

これからの時期、熱々のほうじ茶はうれしいですね。

 

焙煎中にカフェインやタンニンが減るため、胃腸への負担も少なく、

夕食後に飲んでも、睡眠を妨げないのがうれしい。

 

おいしいほうじ茶、ごちそうさまでした。(^-^)

 

コメント