”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

秋仕込みの手作り味噌講座、開催しました!

2020-11-12 16:59:50 | 食育

NHK文化センター豊橋教室で、

「秋仕込みの手作り味噌講座」を開催しました。

 

新型コロナウィルスの影響で、豊橋教室でのリアル講座は本当に久しぶり。

県境をまたいだ移動も、2月5日以来初めてです。

第3波の到来と言われていますが、

それでも検温、換気、消毒などできる限りのことをやって、

開催してくださるNHK文化センター様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

    

こちらが今日の味噌づくりの材料です。

大豆は袋井産の「ふくほまれ」を使いました。

200gのふくほまれを茹でたもの。(約2.3倍になります。)

米麹、塩、大豆の煮汁を用意しました。

   

この味噌づくりは、たるで大量の作るものではありません。

ジッパー付きポリ袋、麺棒、すりこ木など身近な道具を使って、

まず1㎏の味噌を作ってみようという気軽な味噌づくりです。

  

 

細かくした米麹と塩を混ぜています。

 

  

  

ここが一番の醍醐味。

茹でた大豆をジッパー付きポリ袋の上から、

麺棒やすりこ木で叩いてつぶしていきます。

叩いているうちに、音がどんどん大きくなっていき、

袋が破れることもあります。

 

  

大豆がつぶれるとこんな感じになります。

 

  

  

これに、塩と米麹を合わせたものを加えて、再度つぶします。

 

  

  

これを3~6ヶ月、涼しい場所で保管し、発酵・熟成させれば完成。

 

 

 

こちらは試食にご用意したお味噌汁。

私が昨年の秋に同様の方法で作ったお味噌で、作りました。

umesan畑の大根、白菜、にんじんが入っています。

おだしもしっかりとって、甘酒も隠し味に使っています。

免疫力を高める食材を「これでもか!」と使ったお味噌汁。

喜んでいただけて、うれしかったです!ヽ(^o^)丿

  

 

受講生の皆さま、楽しい時間をありがとうございました。

出来上がるのを心待ちにしながら、

しっかりお味噌のお世話をしてくださいね。

また、出来上がる頃に、元気に会いましょう!!

 

コメント