おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

シンプルさに戻る

2014-12-14 | ◆ 業 務 エ ッ セ イ

本日は 師走第二日曜日 だいぶ押し詰まってきまして ついつい 事あるごと

仕事上のことをはじめとして その他諸々 スケジュールを再確認

 

当地では 市議選・県議選・衆院選 同一日投票

期日前に済ませてあるので 義務感からの解放を得ながら

コーヒーをいただきつつ 今週のビジネスの準備を少々の事務所内

昨日までの 喧噪 ? 何処へ といった感の 

今のところ冬の陽光いっぱいの午後

 

さて 契約交渉を不当に破棄した場合の賠償 それと 履行遅滞後 

契約の解除等により給付がなされない場合の損害賠償は ? と 自問してみた

今 抱えているアドバイス(いわゆる 法規・法制相談)の決め手となることのように

思えるので・・・

 

この種のことで いつも思うのは 関連してさまざまな観念が脳内を飛び交う

ようなことになりがち・・・

だけれど・・・

損害賠償の要件:履行期の徒過:後発的不能:原始的不能:不能の判断:引渡債務

不完全履行:契約締結上の過失:契約交渉継続義務:不可抗力:停滞中の不能

履行補助者の過失:履行代行者:非財産的損害:消極的損害:履行利益

信頼利益:因果関係:過失相殺*****

 

やはり 悪い癖で あーでもない こーでもない となり とりあえずは不要の言葉までが邪魔をして 妙に疲れすぎるようなことになっている な・・・

 

『 契約交渉を不当に破棄された場合は 契約が出来上がると信じてした支出が

無駄になったのだから それを請求する 

いろいろ準備して 出かけて 調査して そういったことに必要な第三者さんに力を借りたり

そういう出費がゼロなんていうのは あまりに 不自然

けれど 契約が有効であったなら得られたかもしれない収益とか目的物そのものの

価格までは含ませることはできない  

 

信頼利益という考え方

日本でも 瑕疵担保とか契約を結ぶ上での過失での損害賠償という場面で用いられて

いることは ほぼ 確かだ 

 

履行遅滞後 契約の解除等により

給付がなされない場合の損害賠償は ?

基本的な考えとして  遅れていることを理由に解除して遅延賠償請求 

きちんとなされていたなら手に入れられた利益を請求できそう

次に  遅れている最中に不可抗力で実行不能でも 相手のせいなのだから 

その物に代わる価格の賠償を請求できそう

( たしか 填補賠償だな  おそらく代金と相殺されるな )

不可抗力でない場合? もともとの債務が賠償債務になるので解除はしなくても

いいんだったな・・・

たぶん 

 

相手のすべきことが不能なのかどうかハッキリしないときは 一応実行を求めておいて 

だめなときを想定して予め填補賠償を予備的に求めておけばいいんだ たぶん

・・・・・・

そうか 相手のすべきことが不能な場合でなくとも 「 約束を実行してくれよ 」 と催告して 

それでもだめなら 填補賠償請求でも たしか よかったはずだ 

なーーんだ 解除ということにこだわらなくとも 相当な期間が過ぎると 遅滞を不能と同様に

扱うんだな      

ヨーシ まずは ここらあたりで スタートだ 』 

 

 

シンプルなケースとアンサーを

脳内箪笥にしまっておくこと

 

ケース から 答え

ではなく

こうした答え は そうしたケース で

この答えは あのようなケースで  と 逆方向の思考も 

意外と大事 かも ?

 

自分の思考方法は つまるところ タクサンの材料を仕込んでも 

それほど美味しさが変わらない料理のようなものなのかもしれない 

多くの敏感な香辛料までは必要ない場面でもそういったものにコダワリ過ぎて 

味を落としてしまっているのかもしれない

ならば 自分の力に見合った シンプル材料を基本にして シンプル行動 

だけれども お客様の満足する味に よりピッタリ近づけるような

材料選びと調理法獲得に

努めていこう

なーんて  やや 光の量がおとなしくなってきた窓を眺めながら 思っているのでした

 

                          

                         

   今年 ? か 去年 ? に撮っておいた事務所窓からの裏庭  再びきてくれる夏を 今から 恋焦がれている 

 

さてさて 選挙の結果は

すでに 事は決している ような報道であふれていますが

本当にそうなのでしょうか? 

どうにも 個人的には ヤリキレナイ 心

もっとも 恋焦がれの対象になる 政党が見当たらないことは確か

 

悲しすぎる

でも めげないぞー

  http://toku4812.server-shared.com/