できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

今の大阪市長には、本気で学力向上に取り組む意志はない。むしろやりたいのは別のこと

2018-08-05 13:35:39 | 受験・学校

久々に、大阪の学校問題についてのコメントを書いておきます。

今日は日曜日ですが、高校野球中継のためにプリキュアの放送はお休みでしたし…。

さて、下記の記事では、なにやら吉村大阪市長が大阪市の全国学テの結果が低迷していることに対して、「非常に残念だ。最下位であることに、僕が納得できる理由がない。教員の意識が変われば結果は出ると思う。市長の予算権をフルに使って意識改革したい」と憤りを示しているわけですが。

 

「学力調査結果を教員ボーナスに反映」最下位に大阪市長
8/2(木) 19:34配信(ヤフーニュース(朝日新聞))

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000097-asahi-soci

もちろん、そのこと自体が大問題で、「これまであなたたち大阪維新の教育改革の結果が、こういう事態を招いているんでしょ!」と反論したくなるわけです。

でも、全国学テの結果が低迷していること憤って見せているものの、「吉村大阪市長には、本気で大阪の子どもたちの学力向上に取り組む意志はない」ということ。

そのことは、吉村市長がその後、ツイッターでつぶやいていることを見ればわかります。

たとえば次のつぶやきを見ると、彼らのホンネは、全国学テの結果低迷をテコにして、公立学校教職員の賃金上昇の抑制、さらにはくび切りしやすい雇用形態の導入を狙っていることが見えてきます。



ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
« 最近読んだ本をまとめて紹介... | トップ | 実はこの人こそ「教育」や「... »
最近の画像もっと見る

受験・学校」カテゴリの最新記事