日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 




ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない(という認識)
「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」、コメディでは「メジャーリーグ」、最近では「マネーボール」「人生の特等席」などなど傑作ぞろい。
というのは、アメリカから生まれた中で最も歴史あるスポーツだから!

そして今作の軸は、黒人で初のメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソン。
これでは全くハズしようがないではないか(笑)


で本編が始まれば、ほぼ予想通りに感動しないわけにはいかない展開。

ブルックリン・ドジャースのGM ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、チーム改革に着手。
ニグロリーグでプレーしていた黒人をリサーチ、逸材ジャッキー・ロビンソンを見出す。

まだ黒人差別が激しい当時、メジャーリーグは完全に白人 only。
彼の入団により、球団内外に大きな波紋が巻き起こる。
チームメイトやファンからさえ差別を受け、2人の孤独な闘いが始まる。
リッキーはジャッキーに自制を求め、彼も必死に応えようとする。
その2人を支える球団関係者、兼 新聞記者(アンドレ・ホランド) も必死にサポート。


こうして一気に持ってかれ、→ 軽~くホームラン(笑)
そしてラストにこの映画の「キモ」が明かされる。
まあ大したネタではないんだけども、そこまできてグッとくるべきネタだと思う。

ここで問題発生!
この映画チラシ裏面で、完全なネタバラシをかましてしまっている(怒)
売るためにそのネタが美味しいのはわかるが、それはちょっとマズくねか?(だよねえ)
あとで調べるとチラシのみならず、ネット上その他で散見される。
そりゃ宣材に入っちゃっうと、そうならざるえない...
このため当ブログ的には、早々の鑑賞かつ、それまでは「情報無視モード」を推薦!


意外だったのは、今作でアカデミー賞濃厚か?と事前に予想したハリソン・フォードの演技。
なぜか、その演技が今一つ刺さらない。
美味しいシーンをそうとう貰ってるんだが...
ちょっとクサめ?

まあ~ まだまだ爺さん役はまだ似合わない、って考えることにしよう!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« UAEで開催中WC... 追悼:Lou Reed »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集