松明 ~光明を指し示して~

暗闇を照らし赤々と燃える。が、自身が燃え上がっては長くはもたない。火を消すことなく新しい松明へと引き継がれねばならない。

キョウイクとキョウヨウ

2015-04-21 10:18:18 | Weblog


 「忙しい」の漢字は「忙」である。忄(りっしんべん)は心を表す。亡(ぼう)はなくすの意を表す。つまり忙しすぎると心を亡くすことである。けしてよいことではない。しかし、反対に暇すぎると「ああ!退屈でつまらない」となる。
リタイアして数年経ている方はどうであろうか。私などはその口である。
ある本に次のようなことが書かれていた。
 退職して毎日家にいる人には「キョウイクとキョウヨウ」が大切であると、これがあれば日々楽しくなり、健康にもよいということのようだ。
ではキョウイクとは何か、「今日、行くところがある。」キョウヨウとは「今日、用がある」とのことである。 なるほど、毎日が暇であると、生きているという喜びがない。しかし、毎日でなくとも「今日、行くところがある。」「今日、用がある。」ときなどは、その内容にもよるが何となく心浮き浮きし、楽しくなったりもする。
野菜作りや花を育てるのもよい。週に一、二回働きに行くのもよい。趣味に興じるのもよい。社会貢献することもよい。
「キョウイクとキョウヨウ」により充実した日々を楽しく過ごしたいものである。  
            

※学級づくり、授業づくりに協力します。ボランティアでお手伝いします。お声を掛けてください。ホームページ「浜松授業研究の会」のお問合せ、ご連絡に記入してください。または、このブログのコメントに記入していただいても結構です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 第51回「浜松授業研究の会... | トップ | 自然木と観葉植物 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有名なダジャレでしょうか (tsuguo-kodera)
2015-04-21 18:19:35
 笑える記事に泣きました。だって私が好きな、得意なダジャレなのです。有名なダジャレなのでしょうか。知りませんでした。(泣)
 なお、私も3年近く休んでいたブログを二つ復活しました。ぜひ、まず私の名のブログを見てください。2か月毎日書くつもりで始めました。
 そのサイトのお気に入りは私の懇意のブログとサイトです。一番上は共同の管理人のホームページです。一番下は私の鍛錬の道場です。なかなか厳しい試練でした。
 真ん中のバドミントンのようなブログも私のブログです。かなり野心的なことを書いています。怪しそうで全く怪しくありません。(笑)
 ぜひ忌憚なくご批判を賜りたく。なおロハで温泉旅行を兼ねて日本全国どこへでも参上し1時間程度の講演をしたいと今年度考えています。検討いただければ幸甚です。
駄洒落の好きなtsuguo-koderaさんへ (Mrヒデ)
2015-04-21 20:52:32
tsuguo-koderaさんコメントありがとう。そんなに駄洒落が好きなのですか。それでは、駄洒落ではありませんが、日本語の難しさを少しエロチックに2つほどご紹介します。
①奥様が他人に自分の主人を紹介する言葉
「あすこに立っているのが家の主人です。」というところを「あすこが立っているのが家の主人です。」というと、とんでもないことになりますね。
「に」と「が」の一字のまちがいだけなのにね。
②友だちから手紙が来て、
「家の柿がだいぶ色づいて食べ頃になったので来てください。」というところを
「家の姉ががだいぶ色づいて食べ頃になったので来てください。」となるとこれも大変なことになりますね。
「柿」と「姉」の一字の漢字を間違えてはいけません。
ああ!日本語は難しいですね。
笑えましたが泣きです (tsuguo-kodera)
2015-04-22 06:14:59
 なるほど面白い笑える話をありがとうございます。
 当方、子供の時から江戸小咄やフランス小咄が好きでした。本もいくつか読みました。受験勉強など嫌いだったから、この範疇で国語を勉強したようです。
 落語など差別用語とスケベな表現でした。今はとても上品な話しかなくなったようです。でも、昔はいろっぽい話を一家で聞いていたのです。
 私の常識では管理人様の話も子供に言う話の範疇だと思っていたのです。でも、私の常識は世間の常識と違うようです。
 海外なら私の常識は使えそうなのですが、残念です。日本はますます後進国になったのかも。泣けます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事