マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

2018-08-17 13:57:14 | ハイキング

ーミッション:インポッシブル/フォールアウトーMISSION: IMPOSSIBLE - FALLOUT

2018年 アメリカ 147分

 

監督=クリストファー・マッカリー キャスト=トム・クルーズ (イーサン・ハント) ヘンリー・カヴィル (オーガスト・ウォーカー) ヴィング・レイムス (ルーサー・スティッケル) サイモン・ペッグ (ベンジー・ダン) レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト) ヴァネッサ・カービー(ホワイト・ウィドウ) ショーン・ハリス(ソロモン・レーン) アンジェラ・バセット(エリカ・スローン) ミッシェル・モナハン(ジュリア) アレックス・ボードウィン(アラン・ハンリー)

 

【解説】

イーサン・ハント率いるスパイチームの活躍を描いた人気シリーズの第6弾。複数のプルトニウムを盗んだ犯人をイーサンたちが追う。前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンを取り、トム・クルーズ、サイモン・ペッグらおなじみの面々が結集。飛行するヘリコプターにしがみついたり、ビルからビルへ跳躍したりするなど、トム渾身のスタントが今作でも見られる。

 

【あらすじ】

盗まれたプルトニウムを用いて、三つの都市を標的にした同時核爆発の計画が進められていることが判明する。核爆発阻止のミッションを下されたイーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるIMFチームは、犯人の手掛かりが名前だけという困難を強いられる。タイムリミットが刻一刻と迫る中、イーサンの行動に不信感を抱くCIAが放った敏腕エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)が現れる。(シネマトゥデイ)

 

【感想】

シリーズも5作目だそうです。

クリストファー・マッカリー監督が前回に引き続きの監督です。

なので、前回とのエピソードの続きという感じです。

ルーサー(ヴィング・レイムス)とベンジー(サイモン・ペッグ )のチームも同じメンダーだし、悪役のソロモン・レーン(ショーン・ハリス)とMI6のイルサ(レベッカ・ファーガソン)も登場します。

 

今回はジュリア(ミッシェル・モナハン)との結婚式のシーンから始まります。

イーサン・ハント(トム・クルーズ)の夢。

生涯で一番幸せな時間なのに、聞こえてくるのはソロモン・レーンの危険な声。

愛するジュリアに危険が迫っているのだろうか?

 

もちろん、ジュリアはイーサンと離婚し、ルーサーの責任のもと、自分も知らない安全な場所にいるはずだ。

 

イーサンと彼のチームはプルトニウム爆弾の取引に失敗し、その奪還の指令を受けます。

IMFの上司ハンリー長官(アレックス・ボードウィン)にも厳しく言われますが、CIAのスローン長官(アンジェラ・バセット)は、IMFは信用できないとエージェント・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)をチームのお目付け役につけるように要求した。

 

一行は、たった一つの手がかりであるホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)と接触するためにパリへ。

アクションありきで書かれた脚本というだけあって、ずーっとアクションの連続。

まあ、びっくりしますって。

トムの体を張ったアクションの連続。

トム・クルーズ、56歳!!

素晴らしいです。


 

⭐︎ネタバレ

元妻ジュリアとも再会するし、プルトニウム爆弾爆発の危機からもみんなを救ってくれるし、本当に大活躍です。

最後の最後まで、死なない男、ハラハラドキドキ、面白い!!

イーサンの人間性もどんどん魅力的になる感じです。

 

この夏は、この映画かなあ?

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 焼肉ドラゴン | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハイキング」カテゴリの最新記事