マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

ローマで「ナダル対ジョコビッチ」の決勝戦を見る。

2014-05-26 11:23:48 | スポーツ

ーATPワールドツアー マスターズ1000 BNLイタリア国際ー

全仏オープンテニスが始まりましたね。

テニスファン、ラファエル・ナダルファンの私としては、楽しい毎日がはじまったというわけですが、実は!!

ローマ滞在中、BNLイタリア国際のテニス大会優勝戦を見に行くことができたのです。

 

今回のイタリア旅行、秋に行くはずが同行する友達の都合で、急遽5月半ばになりました。

もちろん、テニス好きの私は、ローマ大会の準決勝戦の日にローマに到着し、決勝戦のときはローマにいることはわかっていました。

友達とは「できたら、雰囲気だけでも味わいたいね」という話もしていました。

 

前日のフィレンツェのホテルでたまたまテレビを見たら、準々決勝でジョコビッチが勝つところでした。

そして、ナダルも勝ち上がっていることがわかり、うまくいけば、決勝はこの二人ということがわかりました。

 

土曜日にネットで確認したら決勝戦はやはりこの二人。

こうなれば絶対見たいじゃないですか。

午前中からナヴォーナ広場、パンテオン、トレビの泉、スペイン階段と、順調に観光を終え、タクシーで会場のフォロ・イタリコへ。

 

タクシーが降ろしてくれた入り口にある建物に入って行くと、美しいお姉さんが並んでいました。

言葉はよくわかりませんが「今頃、そんなチケットなんかないわよ」という感じ。

決勝戦が4時から始まるのに3時過ぎに来て「チケットが欲しい」なんて、よく考えたらオバカな話ですよね。

 

そうしたら、同情してくれたような表情のお姉さんが少し待ってなさいと。

ほどなくして、奥の方から男性が出て来て「こちらへどうぞ」と言ってくれました。

そして彼がコンピュータを広げて探してくれたら、前から2列目、少し端っこだけど空いていると。

まあ、なんという幸運でしょう。

私たちは「ナダル対ジョコビッチ」の決勝戦のチケットを手に入れることができたのです。

 

そこは、夕日ががんがん当たる席。

でも、ナダルの席が斜め前に見え、サーブのときには声をかけたら振り向いてくれそうに近い。

まわりはジョコビッチへの声援の方が多かったみたいですが、私も負けずに拍手をしたり、声を出したりして応援しました。

試合はジョコビッチの2-1でラファは負けてしまいましたが、両者とも素晴らしいプレーの続出でとても満足しました。

 

千載一遇ってこのこと?

私とラファのご縁?

とにかく、ローマと言えばラファみたいな感じで思い出してはにやけています。

これからも、ナダル選手の活躍を応援し続けたいと思いました。

 

ラファの入場

試合前のツーショット写真

練習

ジョコビッチ

満員の会場

負けて悔しそうなラファの表情

試合後のセレモニー

表彰式、向こう向きで顔は見えませんが、準優勝のディスクを背中にしています。

悔しそうに降りてきました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロ野球交流戦 オリックス×阪神1回戦とテニスTV観戦

2012-05-23 09:57:02 | スポーツ

ープロ野球交流戦 オリックス×阪神1回戦ー

5/22 京セラドーム オリックス6-0阪神

 

私がいままで球場で見た試合の中で、こんなに見所のない試合は初めてと言っていいかも!!

今シーズン始めから、今年の阪神は打てないと覚悟していたものの、投手陣の頑張りもあり、なんとか順位を守ってきましたが、やはり、打てないものは打てないですね。

打線をどうのこうのという問題じゃないみたいです。

 

この試合は「金子千尋がよかったね」という試合なんだろうか?

仮に、金子が良かったとしても、4安打無失点完封負けはひどすぎる。

泥沼の5連敗。

いつ勝てるんだろうか、いつ打てるようになるんだろうかと、心配ばかりがつのる試合でした。

 

でも、私は機嫌がいいの!!

 

一昨日はラファエル・ナダルが、ローマで行われていたテニスのマスターズツアー・BNLイタリア国際男子で、宿敵のバク・ジョコビッチをストレートで破って優勝したから。

今年の全豪オープンでは、5時間53分のフルセットの試合を闘い、何度もマッチポイントを奪いながらも破れたラファ。

 

でも、最近のクレーコートシーズンでは、モンテカルロではノバクを破って優勝、バルセロナでも優勝。

マドリードでは、2回戦で敗退してしまって、フェデラーにランキングで抜かれてしまったけど、この大会の優勝で再び2位に返り咲きました。

 

27日から始まる全仏オープンテニスが、ますます楽しみになってきました。

阪神のことはしばらく置いといて、ラファの活躍を楽しみにしたいと思います。

 ローマ大会で優勝したラファエル・ナダル

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2012年 全豪オープンテニス

2012-01-27 15:18:24 | スポーツ

ー2012年 全豪オープンテニス準決勝 ナダル対フェデラーー

 

1月16日からオーストラリアのメルボルンで行われている全豪オープンテニスも、準決勝を迎えました。

この大会は、日本のエース錦織圭がベスト8まで勝ち残ったので、日本での関心も高くなっています。

WOWOWでは、連日熱戦の模様を生中継しているので、楽しみにご覧になっている人も多いことでしょう。

 

準々決勝で対戦したマレーと錦織圭

 

もちろん、ラファエル・ナダルが大好きな私も、連日テレビの前で応援しています。

 

男子シングルスは、錦織選手はとても残念でしたが、順当にビッグ4が勝ち残りました。

1位のジョコビッチ(セルビア)、2位のナダル(スペイン)、3位のフェデラー(スイス)、4位のマレー(イギリス)。

いやが上にも盛り上がります。

 

そして、準決勝の第1戦は「ナダル対フェデラー」。

いまでは、ランキング2位と3位になってはいますが、ナダルとフェデラーは永遠のライバルであり、最高の試合が繰り広げられることは、試合開始前からわかっていたことでした。

 

私は、「これは永久保存版だぞ」とひとり言をいいながら、周到に録画の準備をして、食事の支度をしながらでも、画面に食いつくように見ていました。

 

期待に違わず、いえいえ、期待以上の名勝負でした。

この試合は、歴史に残りますよ。

感動的な試合でした。

 

何度も対戦しているからでしょう、お互いの手の内がわかっているような動き、さらにその裏を読むような動き、あるいは、嘘でしょ!!と突っ込みたくなるような奇跡的なプレーの続出でした。

 

フェデラーの華麗なショット、それを返すナダルの力強さ。

何をとっても美しい、素晴らしいプレーの連続でした。

 

そして、最終的にはナダルが、6-7、6-2、7-6、6-4で勝ったのですが、最後フェデラーが放ったボールが、ナダルのコートの外側に落ちるまで、いつ逆転があっても不思議ではない、スコアだけでははかれない試合でした。

こんな試合を見られて、幸せです!!

 

思い起こせば、2009年の全豪オープン、ナダルとフェデラーは4時間19分にも及ぶ長い試合を戦い、フルセットの末、ナダルが全豪初優勝しました。

このときの表彰台では、フェデラーが感極まって号泣し、準優勝者のスピーチができなくて、ナダルがフェデラーより先に、フェデラーに気を使いながらスピーチしていたことを思い出します。

このときの二人も、真のスポーツマンシップって何かを教えてくれたような爽やかさでした。

 

ライバルのいる幸せとか、二人が対決して生まれる化学反応的なファインプレーとか、そこに新しい独創的な何かが生まれることを、私たちに示してくれます。

二人の進化は、二人が現役を続ける限り、止むことはないのでしょうね。

 

さて、決勝にはマレーが出てくるのか、ジョコビッチなのか。

楽天オープンでは、ラファはマレーにこてんぱんに負けましたから、いやーな予感もしますが、でも、ジョコビッチにも去年は散々でしたもの。

どちらが出てきても、3セットマッチだし、何が起こるかわかりません。

ラファは絶好調ですからね。

 

静かに決勝のときを待つことにしましょう。

 

関連記事はこちら

 

写真はWOWOWオンラインから引用しました。

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2011楽天オープンテニスin有明コロシアム その2

2011-10-15 09:42:48 | スポーツ

2011楽天オープンテニスin有明コロシアムー第7日目

1115分からナダルの公開練習と聞いて、開場前から並んで入りました。

昨日も満席でしたが、今日もすごい人出です。

 

 

マレーがダブルスでも決勝に進んだために、当初12時から予定されていたダブルス決勝戦がシングルスの後に行われることになりました。

 

マレーは現在4位ですが、ポイントで3位のフェデラーに肉薄していて、もうすぐ3位に上がれるというところまで来ているそうです。

そのせいか、初戦のバグダディス戦こそ苦労しましたが、あとは絶好調といっていいんじゃないでしょうか?

 

しかも、兄のジェイミーと組んでいるダブルスは楽しそうでもあります。

ナダルにとっては最大の難敵です。

 

 

1セットはナダルの気迫が勝り、3-6で取りました。

これで行けると思ったのもつかの間、第2セットは6-2、第3セットに至ってはいいところなし、6-0で負けてしまいました。

 

昨日のマレー対フェレール戦の展開とよく似ていました。

ナダルが打ち込んでも打ち込んでも、マレーは楽に深い返球をして、隙をついてカウンター攻撃というパターンでした。

次第にリズムを失っていくラファ。

辛い時間でした。

 

 

 

でも、表彰式にはラファの顔に晴れやかな笑顔が戻っていました。

 

 

 

アンディの勝利を祝福し、日本の災害に心を寄せて、大会関係者にも深い感謝をあらわし、来年も、現役でいる限り、日本に来てくれるとスピーチしてくれました。

感激ー!!

 


 

アンディ・マレーはこの後、私たちは新幹線の時間が合ったので、帰りましたが、兄のジェイミーとダブルスの試合をして、フランティセク・チェルマク(チェコ)・フィリップ・ポラセク(スロバキア)組に6-1,6-4でかったようです。

 

 

この大会の主役は完全にマレーでしたね。

 

来年もナダルが来日して、私もテニス三昧の至福の数日間が過ごせますように!!

バモス!ラファ!!

 

 

ミクシィのコミュから生まれたバモ隊の皆様、大変お世話になりました。

また、来年会いましょうね。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2011楽天オープンテニスin有明コロシアム

2011-10-15 09:02:41 | スポーツ

2011楽天オープンテニスin有明コロシアムー第4日目

今年もやってきました。

有明コロシアム。

 

でも、今年は出かける前にハプニングがありました。

親友のキムと新大阪で早々と待ち合わせをしたのは良かったのですが、大事なチケットを忘れた来たことを思い出しました。

新幹線の指定席は取ってあったんですが、泣く泣く家まで取りに戻りました。

この日のナダルの試合は第2試合で、どうせ間に合わないのはわかっていたので、新大阪で思い出したのが幸いでした。

 

この後は、大きな失敗もなくテニスの試合を楽しみました。

 

ホテルでチェックインを済ませて、ぶらぶらやって来たらマレー対ボゴモロフJRの第2セットが始まっていました。

一番高い場所にあるオレンジシートで観戦。

 

 

マレーが圧勝して、次のドギッグ対ナルバディアン戦も見ました。

去年は決勝戦までずっと雨で、センターコートの屋根は閉まったままでした。

今年は、すごくいい天気で、センターコートの屋根は開いていました。

日が落ちると、冷気が降りて来て、すごく寒かったです。

 

 

ナルバディアンが快勝。

 

マレー・マレー、左が弟アンディ、右が兄のジェイミー

 

この後、マレー兄弟と錦織・伊藤組のダブルスの試合が組まれていました。

なすすべもなくと言った感じで錦織・伊藤組は破れてしまいました。

これで、日本人選手は姿を消してしまいました。

寂しい。

 

錦織圭(手前)と伊藤竜馬(奥)

 

今回はキムのご主人も参戦するので、お台場の居酒屋で合流。

冷えた体を温かいおそばで温めました。

 

2011楽天オープンテニスin有明コロシアムー第5日目

この日も快晴。

私たちの席はこれから3日間東側です。

ということは、西日にさらされると言うこと。

去年はずっと雨だったので、そこに気が付かなかった!!

 

1試合のフィッシュ対トミック戦は、日陰のオレンジシートで見ました。

暑過ぎます。

 

有明コロシアムの中野展示コーナー、ナダルが今年のUSオープンで着用したサイン入りのウェア。汗付き!!

 

車椅子テニス第1人者国枝慎吾が今年のUSオープンで優勝したトロフィー。

 

2試合はナダル対ヘラルド。

暑いなんて言ってられないから、ミクシィのコミュで作ってもらったバモ隊の手ぬぐいを振って応援します。

1ゲームはジラルドのハードヒットに手こずりましたが、第2セットはスピードにもなれて圧勝。

 

紫色のウェアがよく似合います。ラファエル・ナダル。

 

ダビド・フェレール

 

上はプロの写真、下が私の撮影。

 

そして、ステパネク対フェレール(フェレール勝利)

朝、ホテルのレストランでフェレールに会いました。

テレビで見るよりずっとハンサムで体もすらっとしていました。

とても素敵な人でした。

「グッドモーニン」と声をかけたら、「グッドモーニング」と返事してくれました。

優しいなあ!!

ステパネクも見ました。

他にも選手やコーチらしき人がたくさんいましたよ。

 

ナルバンディアン対マレー(マレー勝利)、ダブルスの試合、メロ・ソワレス組対クボット・ステパネク組(メロ・ソワレス組勝利)を見て帰りました。

 

有明コロシアムでの食事。

 

疲れてお腹も減らないので、ホテルでコンビニで買ったものを食べて終わりです。

 

月も観戦中。

 

2011楽天オープンテニスin有明コロシアムー第6日目

 

松岡修造さんが開場を盛り上げてくれます。


準決勝です。

 

 

1試合がナダル対フィッシュ

2試合がマレー対フェレール。

 

ナダルとマレーが順当に勝ちました。

私個人としては、昨日言葉を交わしたフェレールに勝ってもらいたかったところですが、今大会のマレーは長子が良さそうです。

これでは、明日の決勝なダルも手こずるかも

 

そのあとダブルス2試合。

なんと、マレー兄弟がトロイツキ・ハッセ組に勝ちました!!

ATPの規定により、シングルスの決勝の後、ダブルスの決勝だそうです。

大丈夫かなあ、アンディ。

 

手前が去年も出場して印象深かったトロイツキ(セルビア)選手。

 

私たちは、またまたお台場の居酒屋で祝杯。

夜遅くまでテニス談義に花が咲きました。

楽しい!!

 

次の日記に続きます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

阪神×ヤクルト at京セラドーム

2011-08-06 09:24:57 | スポーツ

ー阪神×ヤクルトー

今年初めての野球観戦です。

 

2-1で勝ちました。

久保の好投、関本のタイムリー、ヒーローはこの二人でした。

9回は藤川球児がピンチになって、押し出し1点もありましたが、辛勝しました。

 

勝った後、みんなで歌う「六甲おろし」たまりません!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2010年楽天オープンテニスin有明コロシアム第7日目

2010-10-25 10:43:38 | スポーツ
いよいよ決勝戦。
私にとっても、最終日です。
この日も朝から雨模様。
有明コロシアムのセンターコートの屋根は、今日も閉じていました。
だから、モンフィスとナダルもセンターコートで練習していました。
まず、男子ダブルスの決勝戦が行われ、E. BUTORAC/J. ROJER 組が前日午前1時まで試合を行ったD. TURSUNOVA. SEPPI 組を破って優勝しました。
その優勝セレモニーも感動的でした。

そして、いよいよナダル対モンフィス。
雨が上がったので、センターコートの屋根が開かれました。
会場の電気が消され、一瞬まっ暗闇になりましたが、松岡修造さんのたくみな司会により、観客たちは携帯の光を掲げて、日の光を待ちました。



そして、選手の入場です。

まず、モンフィス。

実は、ホテルでチェックアウトをしていたら、モンフィス選手もロビーにいました。
でも、声もかけられませんでした。
残念でした。

続いてナダル。

フォトセッション

試合開始。

試合は接戦か予想されましたが、モンフィスが転んだりして、第1セットは6-1であっけなくナダルが取りました。

モンフィス転ぶ。

心配そうにみつめるナダル。



でも、試合は容赦なし、第2セットもナダルが取って、優勝!!



試合後、杉山愛さんがナダルにインタビュー。





表彰式。
優勝者のあいさつで、ナダルは来年も日本に来たいと言ってくれました。
いまから、楽しみです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2010年楽天オープンテニスin有明コロシアム第6日目

2010-10-25 09:53:43 | スポーツ
朝から雨。
この日は準決勝で、私としては一番いい位置の席が取れていました。
早目に行って、今日は昼食に屋台のケバブを食べようと、並ぶ覚悟で出かけました。
まず、荷物を置きに席に着くと、雨のせいで選手たちが練習をしていました。
ナダルと対戦するトロイツキとモンフィスと対戦するステパネク。
トロイツキ選手
二人がコートを去り、モンフィスが出てきて練習を始めました。
相手はてっきりスタッフだと思っていたら、なんと、ナダル!!
ナダル~?
びっくりするほど、普通の青年、むしろかわいい感じで、しばらくわかりませんでした。汗!!
ナダルの練習が見られて、雨でラッキーでした。
いよいよ試合が始まりました。
トロイツキ選手はセルビアの24歳、ランキングは47位です。
到着した日に、彼のダブルスの試合、昨日はガルシアロペス戦も見ました。
サーブのフォームに特徴のある人で、すぐに覚えました。
今大会ではサーブが好調でしたが、それでもナダルがこ彼に苦戦するなんて、予想もしませんでした。
コートサイドではWOWOWの放送が行われていました。
おなじみのダバディさん。
険しい表情のナダル。
チャレンジシステムは会場のスコアボードに映し出されます。
会場から手拍子が起きて、なかなか楽しいものでした。
ナダルの表情はずっと厳しいままです。
そのはず。
スコアボードを見てください。
第1セットはタイブレークでなんとか取りましたが、第2セットは負けました。
第3セットもリードしていたのに、逆転され、さらにセットポイントを握られた場面もありました。
試合時間は2時間半を越えようとしています。
そしてとうとう、第3セットもタイブレークにもつれ込み、激戦の末、9-7で勝った瞬間です。
ガッツポーズ!!
ふう、よかった!!
このあと、女子のITFの準決勝を見ました。
2つ目は日本勢同士の対戦、「森田あゆみ対土居美咲」戦でしたが、夜も更けてきたので試合途中でホテルに引き上げました。
この日は、雨のために予定されていた試合が全部センターコートに回ったので、最終の男子ダブルス決勝戦は夜中の1時までかかったそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2010年楽天オープンテニスin有明コロシアム第5日目

2010-10-23 09:17:45 | スポーツ
この大会の試合の合間には、松岡修造さんが選手の紹介や試合の見所を解説してくださって、とてもわかりやすかったです。

この日は、一番力の入る準々決勝、まずは「モンフィス対ロデック」。
予想通り、接戦となりました。
第1ゲームはロデック、第2ゲームはモンフィス。
第3ゲームは熾烈なタイブレークとなり、集中力を最後まで切らさなかったモンフィスが勝利。
ロディックがこれで姿を消してしまうのは、残念です。
第2試合の「ステパネク対ニーミネン」戦は、ニーミネンの急病により、ステパネクの不戦勝。
第3試合は「ナダル対ツルスノフ」
この日の席からの景色はこんな感じ。
お客さんもたくさん入っています。
もちろん、ナダルの勝利。
第3試合の「トロイツキ対ガルシアロペス」戦を観戦。
トロイツキが勝ちました。
そのあと、女子ダブルスの試合まで見てホテルに引き上げました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2010楽天オープンテニスin有明コロシアム第4日目

2010-10-23 08:49:18 | スポーツ
もう、先々週のことになるのですが、「2010年楽天オープンテニス」を観戦しました。
長年の憧れ、ラファエル・ナダルが初来日です。
9月7日のお昼過ぎに東京に着きました。
この日のドロー表を見たら、ナダルの試合はおよそ6時頃から。
「間に合うやん!!」ということで、荷物を持ったまま有明コロシアムへ。
コロシアムへ続く歩道橋に人だかり。
フランスのモンフィス選手が歩道橋近くのコートで練習していました。
「ああ、来たんだ!!」と実感。
首尾よく当日券をゲットして、まずはホテルへ。
お台場近くを散策。
いい景色ですねえ。
4時頃コロシアムに戻り、「モンフィス対セッピ」を観戦。
モンフィスの勝利。
いよいよ、ナダルの試合です。
なんと、横綱白鳳がコインとスに!!
相手は19歳新鋭のラオニック、背が高くてサーブの早い選手でした。
危ない場面も一つありましたが、無難に2-0で勝利しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする