日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

JBC浦和2019!藤田菜七子、女性騎手初のGⅠ制覇の夢叶わず・・・。  

2019年11月04日 | 競馬

年に一度の地方競馬の祭典「JBC(ジャパン・ブリーディング・ファームカップ)2019」が4日、埼玉県の浦和競馬場で行われました。浦和競馬場に初めてGⅠ級のレースが開催される事もあり、2万人以上のファンが詰めかけました。



浦和8レース・第9回JBCレディスクラシック(GⅠ・ダート1400m 12頭立て)は、スパーキングレディーカップを勝った⑪ファッショニスタ、3連勝中の3歳牝馬①モンペルデュ、クラスターカップを勝った③ヤマニンアンプリメ、⑤ゴールドクイーン、⑥レッツゴードンキのJRA勢5頭の他に、⑩ミッキーオフィサーと⑨ミッシングリンクの浦和所属馬2頭、⑧ラーゴブルー(川崎)、⑫サラーブ(大井)などが参戦しました。
スタートで②タイセイラナキラ(大井)がポンと飛び出すが、④アップトゥユー(北海道)とゴールドクイーンが前に出る。後方ではモンペルデュが内ラチに激突して落馬競走中止!ファッショニスタは4番手、ヤマニンアンプリメは5番手、レッツゴードンキは後方で1コーナーを回る。
2コーナーから向正面のところで、ゴールドクイーン先頭、ファッショニスタ・タイセイラナキラ・アップトゥユーが2番手集団を形成し、5,6番手にミッキーオフィサーとラーゴブルーが並び、その後ろの7番手にヤマニンアンプリメが追走。内側8番手に⑦ストロングハート(川崎)、9番手サラーブ、10番手ミッシングリンク、最後方にレッツゴードンキという展開。
3コーナーでゴルクイが果敢に飛ばし、アンプリメがファッショニスタをかわして2番手に上がると、ゴルクイを猛追。後続ではラーゴが4番手に上がり、ドンキはまだ後方。
4コーナーでゴールドクイーンとヤマニンアンプリメの差が無くなり、直線残り150mでアンプリメがコルクイ抜き去って1着ゴールイン!今年のダート女王はヤマニンアンプリメに輝きました!

浦和JBCの第1弾・レディスクラシックは、単勝3番人気のヤマニンアンプリメが差し切って優勝。残り800mあたりから早めに仕掛けると、3コーナーでファッショニスタをかわし、最後の直線で逃げるゴールドクイーンを捕らえ、2馬身差をつけての快勝でした。
2番人気のゴールドクイーンが2着、1番人気のファッショニスタは2着から6馬身差の3着。レッツゴードンキは6着。地方勢はラーゴブルーの4着が最高で、浦和所属のミッシングリンクは5着、ミッキーオフィサーは10着。
1周目のスタンド前で落馬競走中止したモンペルデュは、内側に斜行してきたタイセイラナキラと接触した後、内ラチに激突。内ラチが激しく損傷し、馬の倒れ方も戸崎圭太騎手の落ち方も相当ヤバいと思いました。モンペルデュの方は恐らく大事に至ってないと思いますが、戸崎騎手は右肘開放骨折の疑いで救急搬送されたそうです。マイルCSでのダノンキングリーの騎乗は絶望的だし、長期離脱の可能性もあります。また、タイセイラナキラに騎乗した矢野貴之騎手は、4日間の騎乗停止処分(11月7,8,11,12日)が下されています。
優勝したヤマニンアンプリメは、北海道スプリントカップ、クラスターカップに次いでダート交流重賞3勝目。鞍上の武豊騎手は、JBCレディスクラシック初勝利を飾り、ダート交流GⅠ競走の完全制覇を達成。2日にアメリカのブリーダーズカップスプリントから帰国したばかりで、日本のダートGⅠを勝つってすげぇ。




浦和9R・第19回JBCスプリント(GⅠ・ダート1400m 12頭立て)は、女性騎手初のGⅠ制覇に挑む藤田菜七子騎手騎乗の⑩コパノキッキング、春の高松宮記念を勝った①ミスターメロディ、ダート初挑戦⑧ファンタジスト、④サクセスエナジー、⑫ノボバカラの中央勢5頭の他に、前哨戦のオーバルスプリントを勝った②ノブワイルド、東京盃2着⑦ブルドッグボス、⑥ドリームドルチェ、⑨ジョーストリクトリの浦和勢4頭が参戦しました。
スタンド前先行争いで好ダッシュを決めたノブワイルドが先手を取るかと思いきや、ファンタジストとコパノキッキングが競り合う。ミスターメロディは5番手あたりでスタンド前を通過。
1,2コーナー中間点のところで、ノブワイルド先頭、ファンタジスト2番手、コパノキッキング3番手。4番手にサクセスエナジー、5番手ミスターエナジー、6番手③ショコラブラン(大井)。中団勢は7番手ブルドックボス、その後ろにドリームドルチェ・⑦トロヴァオ(大井)・ジョーストリクトリと固まる。後方は⑪メイショウアイアン(北海道)、ノボバカラと続く。
3コーナーのところでキッキングがノブワイをかわして早くも先頭。ミスメロ3番手、ショコラ4番手に浮上。ブルドックが離れた5番手、ファンタジストは後退。
4コーナーから最後の直線に入ったところで、コパノキッキングが抜け出す。このまま押し切れば藤田菜七子のGⅠ初制覇だ!しかし、後続からブルドックボスが猛追し、ゴール前でキッキングをかわしてゴールイン!コパノキッキングは2着…。

日本人女性ジョッキー史上初のGⅠ勝利という歴史的瞬間が見られるかと思われましたが、後方から追い込んだブルドックボスと御神本訓史騎手が、菜七子騎手のGⅠ勝利の夢を打ち砕きました。かわされたときは悲鳴と溜め息が上がりました。菜七子騎手も上手く乗れていただけに、この敗戦は痛すぎます。Drコパ氏は今後も菜七子騎手を使い続けるのか、それとも今回で最後になるのか。
優勝したブルドックボスは、単勝オッズでも7番人気。地方馬として史上3頭目のJBC制覇を果たしたのと共に、浦和所属馬として初めての交流GⅠ馬になりました。御神本騎手は2007年のフジノウェーブ以来となるJBCスプリント2勝目を挙げております。3着にも地方馬のトロヴァオ(単勝11番人気)が入り、3連単「⑤-⑩-⑰」で1,497,730円の大波乱。
3番人気のノブワイルドは5着に終わり、1番人気だったミスターメロディは6着、ファンタジスト10着、サクセスエナジーも11着と大敗しました。



この記事についてブログを書く
« アルゼンチン共和国杯はムイ... | トップ | JBCクラシック2019 チュウワ... »
最新の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事