日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

今年の秋天も3歳世代!イクイノックスが怒涛の末脚で、大逃げのパンサラッサを捕らえる!

2022年10月30日 | 競馬

秋の中距離王者決定戦「第166回天皇賞(秋)」(GⅠ・芝2000m 15頭立て)が30日、東京競馬場で行われました。今年の秋天は出走メンバー全てが重賞ウィナーという顔ぶれで、古馬勢では昨年の日本ダービー馬&ドバイシーマクラシック優勝の⑧シャフリヤール、ドバイターフ優勝③パンサラッサ、大阪杯優勝④ポタジェ、オークス馬⑭ユーバーレーベン、札幌記念を勝った⑨ジャックドール、小倉記念圧勝①マリアエレーナ、新潟記念を制した②カラテなどが参戦。3歳世代からは皐月賞馬⑥ジオグリフ、ダービー2着⑦イクイノックス、共同通信杯覇者⑤ダノンベルーガの3頭が参戦しました。


単勝の人気は、1番人気がイクイノックス(2.6倍)、2番人気がシャフリヤール(4.4倍)、ジャックドールが3番人気(5.0倍)。4番人気ダノンベルーガ(7,0倍)、5番人気のジオグリフ(9.1倍)まで10倍を切りました。

1コーナー奥ポケットからのスタートで、ジャックドールとカラテが好スタートを決めた一方、カデナが出遅れ。注目の先行争いで、パンサラッサとジャックドールの2頭が行くかと思ったら、⑩ノースブリッジが先行争いに加わる。しかし、2コーナーから向正面に出るところでパンサラッサが先頭に立った。2番手に⑫バビットがつけ、3番手ノースブリッジ、ジャックドールは4番手に控えた。5,6番手の位置にシャフリヤールとマリアエレーナが並び、その後ろの集団にはカラテ・ジオグリフ・⑬アブレイズの3頭が固まっている。イクイノックスは10番手を追走し、ダノンベルーガその後ろの11番手、12番手ポタジェ。後方は13番手⑪レッドガラン、ユーバーレーベン14番手、カデナが最後方。
先頭を走るパンサラッサは、3コーナーのところで後続を大きく引き離し、前半1000mを57秒4で通過。パンサの大逃げに場内からもどよめきが上がる。バビット2番手は変わらず、ジャックが3,4コーナーのところで3番手に浮上。シャフリは5番手あたり、ダノベルとグリフとイクイノの3歳勢は中団あたりか?
4コーナーから直線コースに入っても、パンサラッサがまだ大差のリードをつけて逃げている。2番手争いはバビット・ジャックドール・ノースブリッジの3頭の競り合いから、ジャックが少し抜け出す。イクイノックスは外に持ち出し、ダノンベルーガは最内に進路を取った。シャフリヤールとジオグリフは伸びてこない?残り200mを切ってもパンサが先頭だが、後続勢との差が縮まっていく。残り100mでイクイノが2番手、ダノベルが3番手に浮上。そしてゴール前、イクイノックスがパンサラッサをついに捕らえて先頭ゴール!イクイノックス最後に大逆転!クリストフ・ルメールもガッツポーズ連発!パンサラッサ惜しくも2着、ダノンベルーガは3番手。



【天皇賞・秋 全着順】
1着⑦イクイノックス 1分57秒5   
2着③パンサラッサ   1馬身
3着⑤ダノンベルーガ  クビ差
4着⑨ジャックドール  1/2馬身
5着⑧シャフリヤール  2馬身
6着②カラテ 
7着①マリアエレーナ
8着⑭ユーバーレーベン
9着⑥ジオグリフ
10着⑬アブレイズ
11着⑩ノースブリッジ
12着⑮カデナ 
13着④ポタジェ
14着⑪レッドガラン
15着⑫バビット

【払戻金】
単勝  ⑦ 260円
複勝  ⑦ 130円  ③ 470円  ⑤ 220円
枠連 2⃣-4⃣ 1,680円
馬連 ③-⑦ 3,330円
馬単 ⑦-③ 4,930円
ワイド ③-⑦ 1,210円  ⑤-⑦ 320円  ③-⑤ 2,260円
3連複 ③-⑤-⑦ 4,400円
3連単 ⑦-③-⑤ 23,370円


GⅠホースが5頭が参戦した秋の伝統の一戦は、パンサラッサがハイペースの大逃げを見せ、ラストの直線に入っても大きな差があったので逃げ切っちゃうんじゃないかと思われましたが、大外から追い込んで来た1番人気のイクイノックスがゴール前でパンサラッサを差し切って優勝。昨年のエフフォーリアに続き、今年も3歳馬が秋の天皇賞を制しました。3歳馬の秋天制覇は史上4頭目となります。そして、昨年のホープフルステークスから続いていた「平地GⅠの1番人気連敗記録」に終止符が打たれました。
パンサラッサは2着だったけど、間違いなくこのレースの主役だったと思います。単勝のオッズでは7番人気と評価はやや低め。その怒りをぶつけるかのような逃走劇でした。前半のタイムはサイレンススズカと同タイム、1990mまでは先頭を守っていました。パンサラッサと吉田豊騎手、人馬ともに思い切った競馬をしましたね。府中2000mの秋天を逃げ切るのは本当に難しい・・・。
3着のダノンベルーガも上がり3ハロン32秒台をマーク。4着には3番人気のジャックドール、5着には2番人気のシャフリヤールが入りました。シャフリは昨年のダービーで見せた末脚が不発でした。もう1頭の3歳馬・ジオグリフは9着。骨折からの休養明けだったし、馬体重も前走から+14キロと太目でした。

優勝したイクイノックスはデビュー5戦目でGⅠ初制覇。キャリア5戦での古馬GⅠ制覇は、エフフォーリア、レイパパレ、ファインモーションなど最少タイ記録。鞍上のクリストフ・ルメール騎手は今年のGⅠ2勝目。秋天では5年で4勝を挙げております。イクイノックスの父・キタサンブラック産駒は、これがGⅠ初勝利。同時に秋天父子制覇を達成です。木村哲也調教師はこのレース初勝利です。
皐月賞では同じ厩舎のジオグリフの2着、ダービーではドウデュースに次ぐ2着とあと一歩のところでGⅠタイトルを掴み損ねていましたが、3度目のGⅠ挑戦で念願の初タイトル獲得。もしまた2着だったら「1番人気17連敗」になっていたと思います。直線での激走で体力を使ったと思うので、ジャパンカップは回避→年末の有馬記念というプランになりそう。ドウデュースとの再戦も早いうちに見たいですね。



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 執念で掴み取った最後の一冠... | トップ | 超良血が遂に開花!ジェラル... »
最新の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事