日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

日本競泳界の希望の星・池江璃花子選手が白血病を告白。

2019年02月12日 | Sports

日本女子競泳のエースである池江璃花子選手が、自身のSNSで白血病を患っていることを明らかにしました。2020年東京五輪でのメダル獲得が期待されている池江選手の突然の告白に、日本中が衝撃を受けました。



池江選手のツイッターに書かれた内容
・体調不良としてオーストラリアから緊急帰国して検査を受けた結果、白血病と診断された。
・自分自身もいまだに信じられず、混乱している状況だが、しっかり治療すれば感知する病気でもある。
・今後の予定は日本選手権の出場を断念。
・治療に専念して、1日でも早く、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたい。


夕方4時ごろから日本水泳連盟が会見を開き、池江選手の所属先のルネサンス・吉田正昭社長は「1月18日~2月10日の予定でオーストラリア・ゴールドコーストでの合宿に参加していたが、練習中に何度が体調不良を訴えて練習を切り上げ、8日に帰国」、「帰国後に病院で検査を受けた結果、病気が判明し、医師の判断により直ちに治療を開始。」、「本人は現在入院中だが、早期の発見ができたとの説明をうけている」
池江選手の担当を務めている三木二郎コーチは、「今まで見たことのない肩で呼吸するような場面があった」と説明し、三木コーチ自身も今回の報道に驚いたそうですが、「本人のやる気、モチベーション、病気に立ち向かう姿勢というのは本当に頭が下がるばかり」とコメントしました。

池江選手は昨年のパンパシフィック水泳選手権大会で、100mバタフライで金メダル、200m自由形で銀メダル。ジャカルタアジア大会では、50m&100mの自由形、50m&100mバタフライ、400m自由形リレー、400mメドレーリレーの6種目を制覇。銀メダル2個を含む1大会8個のメダルを獲得し、アジア大会の最優秀選手に選ばれました。

12日の午前中に女子テニスの大坂なおみ選手がサーシャ・バンクス氏とのコーチ契約関係解消のニュースがありましたが、池江選手の白血病公表というニュースは非常にショックを受けました。まだ18歳と若く、選手としてこれからピークを迎えようとしている時期に病魔が襲うなんてとても信じられない。ここまで上り調子で来ていた矢先、地獄へ真っ逆さま。人生はなんて残酷なのだろうか…。
白血病の専門家が「治癒率高い」と言っており、俳優の渡辺謙さん、女優の吉井怜さん、サッカーの早川史哉選手も白血病から克服しました。「東京五輪に出てほしい」という声もあるけど、いまは命のほうが一番大事です。しっかり病気を治して、競技に復帰できることを願っています。池江璃花子選手、あなたの力強い泳ぎと笑顔をもう一度見たいです。だから、白血病に負けないでください!

この記事についてブログを書く
« クイーンカップ2019 阪神JF... | トップ | 富士ゼロックススーパーカッ... »
最近の画像もっと見る

Sports」カテゴリの最新記事