日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

豪脚再び!タワーオブロンドンが念願のGⅠ初制覇!

2019年09月29日 | 競馬

2019年の秋のスプリント王決定戦・第53回スプリンターズステークス(GⅠ・芝1200m 16頭立て)が29日、中山競馬場で行われました。セントウルステークスでレコード勝ちを果たした⑧タワーオブロンドン、念願のGⅠ初制覇を目指す②ダノンスマッシュ、今年の高松宮記念を勝った⑬ミスターメロディ、2年前の宮記念を勝った③セイウンコウセイ、2つ目のGⅠ取るまで諦めないつもりの⑤レッツゴードンキ、中山巧者⑦モズスーパーフレア、重賞では惜敗が続く④リナーテ、さらには⑨ディアンドル・⑯ファンタジスト・⑮イベリス・⑥ノーワン・⑭ハッピーアワーの3歳世代が多数参戦しました。



単勝の人気は、1番人気がダノンスマッシュ(2.8倍)、タワーオブロンドンが僅差の2番人気(2.9倍)、3番人気モズスーパーフレア(6.2倍)、4番人気のディアンドル(8.9倍)までが一桁台のオッズ。5番人気以降はリナーテ、ミスターメロディ、ファンタジスト、セイウンコウセイ、レッツゴードンキと続きました。
スタートは16頭横一線。外枠勢が好スタートを決めたが、モズスーパーフレアがハナを奪い取る。2番手争いでは⑪マルターズアポジー,イベリス,ファンタジストの3頭が競り合う。5番手セイウンコウセイ、6番手ミスターメロディ、7番手⑩ラブカンプー、ディアンドルは8番手。中団勢はダノンスマッシュ,⑫ダイメイプリンセス,タワーオブロンドンの3頭。後続は12番手リナーテ、13番手ノーワン、14番手①アレスバローズ、15番手レッツゴードンキ、ハッピーアワーが最後方という展開。
3,4コーナー中間を過ぎ、モズフレが軽快な走りで先頭キープ、ミスメロが2番手に押し上げ、ファンタジスト3番手。ダイプリ,ダノスマ,タワロンが中団につけ、リナーテとディアンドルは後方に下がる。4コーナーのところでタワロンが外に進路を取った。
直線コースに差し掛かり、モズスーパーフレアが先頭をひた走り、ミスターメロディが2番手追走。残り200mでタワーオブロンドンが3番手に上がり、4番手ダイメイプリンセス、ダノンスマッシュはまだ5番手あたり。残り100m、モズフレがまだ逃げ粘るが、タワロンが力強い末脚で徐々に差を詰め、ゴール前でモズフレを捕らえてFINISH!令和最初のスプリントGⅠ馬はタワーオブロンドンだ!




スプリンターズステークス 全着順
1着⑧タワーオブロンドン  1分07秒1
2着⑦モズスーパーフレア   1/2馬身
3着②ダノンスマッシュ    クビ差
4着⑬ミスターメロディ    1馬身
5着⑤レッツゴードンキ    1/2馬身
6着⑫ダイメイプリンセス
7着⑭ハッピーアワー
8着⑥ノーワン
9着④リナーテ
10着①アレスバローズ
11着⑮イベリス
12着③セイウンコウセイ
13着⑨ディアンドル
14着⑫マルターズアポジー
15着⑩ラブカンプー
16着⑯ファンタジスト

単勝 ⑧ 290円
複勝 ⑧ 130円  ⑦ 180円  ② 120円
枠連 ⑷-⑷ 1,250円
馬連 ⑦-⑧ 1,260円
馬単 ⑧-⑦ 2,040円
3連複 ②-⑦-⑧ 1,070円
3連単 ⑧-⑦-② 6,080円
ワイド ⑦-⑧ 430円  ②-⑧ 220円  ②-⑦ 380円



秋のGⅠシリーズの開幕戦は、単勝2番人気のタワーオブロンドンが、ゴール前でモズスーパーフレアをかわして優勝し、「秋のスプリント王」の座に就きました。2着のモズスーパーフレアは、宣言通りの先行策で挑み、残り数十mまで先頭を守り続けました。松若風馬騎手も完璧に近い騎乗をしていて、検量室に戻る際は悔しそうというより、落ち込んでたような…。でも、松若騎手は近いうちにGⅠを勝つと思います。
1番人気だったダノンスマッシュは、3着まで。直線の追い出しも上手く行かなかったし、タワーオブロンドンに塞がれたというのもあると思います。スプリント春秋連覇を狙ったミスターメロディは4着。ベテランのレッツゴードンキが5着と健闘。4番人気だったディアンドルは、13着と大敗。3歳勢はハッピーアワーの7着が最高で、ファンタジストは最下位でした。
GⅠ初勝利のタワーオブロンドンは、前走のセントウルステークスに続いての連勝で、重賞5勝目をマーク。鞍上のクリストフ・ルメール騎手は、このレース初勝利。藤沢和雄調教師は1997年のタイキシャトル以来、22年ぶりの勝利を挙げております。馬主のゴドルフィンは、昨年のファインニードルに続いての同レース連覇。タワロンの父・レイヴンズパス産駒はJRAのGⅠ初勝利であります。
前走のセントウルステークスでは3馬身差の圧勝、さらには阪神芝1200mのコースレコードを樹立。おまけに「サマースプリントシリーズ」のチャンピオンにも輝きました。今回は中山コースが初めてということ、さらには前走レコード勝ちの反動も心配されたけど、その心配を吹き飛ばす快勝劇でした。「サマースプリントシリーズ」の優勝馬がスプリンターズステークスを勝ったのは、史上初の快挙だそうです。
年末の香港スプリント参戦も期待されますが、今年5月の京王杯スプリングカップから連戦が続いているから、少し休んだ方がいいんじゃないかって思います。来年の春は高松宮記念か海外(ドバイか香港)で2つ目のGⅠ獲りを目指してほしいです。




この記事についてブログを書く
« エコパの歓喜だ!ラグビー日... | トップ | JRA女性騎手史上初の重賞制覇... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事