特殊清掃「戦う男たち」

自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去・遺品処理・整理まで施行する男たち

Hot dog ~最終編~

2014-11-13 16:41:22 | Weblog
とうとう、その日が来てしまった・・・
11月11日、大切な家族であるチビ犬が死んだのだ。
もう、だいぶ老いていたから、
「遠くない将来には・・・」
と頭の隅で覚悟はしていたものの、現実の悲哀は覚悟をはるかに超越。
それは今、強大なものとなって私の精神を打ちのめしている。

先日の9日(日)まではフツーに過ごしていた。
加齢からくる衰えは以前からあったものの、夕飯も一緒に食べた。
ドッグフードに飽きたようだったので、肴に用意した焼魚の身を分けてやったら、喜んで食べていた。
そして、夜はいつも通り一緒に寝た。

異変が発生したのは10日(月)、いきなりのこと。
ヒドい下痢と下血で、立ち上がることもままならず。
苦しそうに息をし、苦しそうに吠え、苦しそうに横たわり・・・
それでも、そばに付き添って頭をなでてやると、小さな尻尾をふってくれた。
普段は、身体を触られるのがあまり好きじゃなかったのに、そのときは珍しく尻尾をふってくれた。
私は、その様子に
「最期のお別れを言われてるみたいでイヤだな・・・」
と、不吉な予感に苛まれた。

11日(火)、病院へ。
「多臓器不全・・・いつ死んでもおかしくない状態・・・」
待っていたのは、衝撃の診断だった。
体温も血圧も低く、どんなに温めても体温は上がらず、どんなに点滴を打っても血圧は上がらず。
受け入れ難い現実であったが、与えられた時間が少ない中で死別の覚悟を決める必要がでてきた。
同時に、“入院しての延命処置”or“通院しての対処療法”の選択を迫られた。
私は、本人(本犬)がもっとも苦しくない方向を選択してやりたかった。
それで、悩んだ末、対処療法を受けることを決め、普段は家で過ごさせることに。
「よくなる可能性はある」
「まだしばらくは生きられるはず」
と、願望に近い根拠のない考えをもって闘病に向け心の準備をした。

ところが・・・ところが・・・
その日の夕方、チビ犬は一人(一匹)で逝ってしまった・・・
突然・・・
いきなり・・・
急に・・・
心の準備もできてないのに・・・
通院も、闘病も、看病も、介護も、世話も何もしないまま・・・何の手も焼かせてくれないまま死んでしまった・・・
・・・私は、動かなくなったチビ犬を抱いて、ただただ泣くしかなかった。


初めて会ったのは、ある年の冬。
仕事で出向いた自殺現場でのことだった。
詳細は、昨年2月28日、3月7日、3月12日のブログ「Hotdog三編」に記した通り。
なりゆきで家に連れ帰り、そのまま家族になった。

連れてきた当初は警戒心丸出し。
知らない人間に知らないところへいきなり連れてこられたのだから、当然と言えば当然か。
かなり汚れていたので、まず始めに風呂に入れ、それから水と食事を与えた。
しかし、最初はジッと立ったまま動かず。
尻尾をふることもなく、座ることも横になることもせず。
何かを観察するかのように、人の顔をジーッと見つめてばかりだった。
それでも、睡魔には勝てないようで、立ったままの状態でカクン・カクンと首を上下。
睡魔に負けては倒れ、倒れては起きを繰り返していた。
しかし、時は多くのことを解決してくれる。
時が経つにつれ慣れてきて、自然に和気藹々と生活できるようになった。

慣れてくると、一人(一匹)で留守番するのを嫌がるように。
出掛ける気配を感じると玄関に先回り。
落ち着きなく歩き回り、置いてきぼりにならないよう自分の存在を主張した。
それでも、連れ出してやれないことはあった・・・残念ながら、連れ出してやれないことのほうが多かった。
すると、今度は閉めた玄関ドアの向こうで吠え始める。
「留守番はイヤ!」「連れてって!」
と泣いていたのか・・・
そのなき声が切ないやら可愛いやら、毎回、複雑な心境で家を後にしていた。
逆に、帰宅すると大喜び。
身体を私にすりつけながら転げまわって喜ぶ姿は、とても嬉しくとても愛らしいものだった。

フツーに歩けた頃は、よく外を散歩した。
チビ犬も尻尾をふって喜び、テンポよく歩いた。
共に感じる色んな季節は、心地よいものだった。
車通りの多い道は危ないので抱いて歩いた。
この頃はまだ元気だったけど、
「いつか、これも想い出に変わるときがくるんだよな・・・」
と、死が日常の場所に長くいる私は、穏やかな時間の中に切ない思いも抱いていた。

もともと若い犬ではなく、当初から高齢を感じさせる兆候はあった。
若い犬と比べると身体の毛が薄かったり、白内障の症状があったりと。
最初に医者に診せたときも、
「心臓から雑音がきこえる」
「心臓が弱くなっている」
と言われた。
また、皮膚炎もあった。
重症化した時期もあり、その時は、食べ物に気をつけ、こまめに風呂に入れ、毛も短くカットするようにした。
ただ、爪きりは恐くてうまくできず。
チャレンジはしたことはあったけど、切るたびに痛そうに吠えるし、切る位置を見極められず血をだしてしまったこともあり、結局一度で懲りた。
だから、爪が伸びるといちいち美容院に連れていって切ってもらっていた。

伸びる体毛は、たまに美容院でカットしてもらった。
結構な費用がかかるものだから、ごくたまに。
普段は自宅カットでしのぎ、いよいよ不恰好になってきた頃に美容院へ。
やはり、プロに任せるとよその犬と見間違えるくらいにきれいになり、私を喜ばせてくれた。
美容院では、サービスでリボンをつけてくれたりして、これもまた可愛らしかった。

風呂は大嫌いだった。
嫌がることはしたくなかったけど、さすがに風呂に入れないわけにはいかない。
皮膚炎をもっていたから尚更。
暑い季節は週一、寒い季節は二~三週間に一度くらい。
水(湯)が恐かったのだろう、湯船に入れると脱出しようと必死でもがく。
それを大人しくさせようと、こっちも必死で抱きかかえる。
そんな格闘のせいで、私の身体には、よく何本ものミミズ腫ができた。

昨今は、一緒に寝るのが当り前に。
はじめのうちは別々に寝ていたのだけど、いつの頃からか一緒に寝るように。
相手は小さいものだから、蹴飛ばさないように、潰さないように、眠りながらも頭の隅は常に起こし注意していた。
元来の不眠症に更に輪をかけるような行為だけど、私はそれでもよかった。
「一緒にいられる時間は、そう長くはないだろう・・・」
「今は少し大変でも、後で想い出せば笑顔の想い出に変わるはず・・・」
との思いをもっていたから。

春夏秋冬、平凡ながらも、つつましい食事を分け合いながら、限りある時間を分け合いながら、ささやかな幸せを分け合いながらの生活は続いた。
しかし、時間には逆らえない。
ここ一年くらいは老化が顕著で、食も細くなり、身体も痩せ、走ることはもちろん長く歩くこともできなくなった。
今年の5月には、老齢の白内障で完全に失明。
私はチビ犬が可哀想で気落ちしたけど、それでも本人(本犬)は、鼻と耳を頼りに奮闘。
眼が見えているのかと思うくらいに、御飯のときは自分の皿のところに行き、トイレに行きたくなったらトイレのところに行き、留守番がイヤなときは玄関に行き、寝たいときは布団に行っていた。

足腰の弱まりは徐々に進み、そのうちトイレもうまくできなくなってきた。
少しくらいの失敗は特掃(?)で対処してきたが、次第にその回数も多くなってきた。
情けないことに、さすがの(?)特掃隊長でも持て余すように。
結果、夏頃からはたまにオムツをつけるようにした。
お陰で、掃除の手間は、これでかなり省くことができた。
ただ、安いオムツはいまいち格好が悪い。
少し値は張ったが、私は、身体にフィットするカラフルなオムツを買って使った。
そのオムツ姿は少々不憫にも思われたが、パンツを履いた子供みたいで見慣れると可愛らしくもあった。

すでに体調が優れなかったのだろうか、ここ1~2ヵ月は、夜中でも咽が渇くと吠えた。
だから、その度に水を飲ませてやった。
また、トイレに行きたくなったときにも吠えた。
オムツをしているのだからそのままやっちゃってもよかったのに、そんなこと本人(本犬)は知る由もない。
それまでも、あちこちでトイレの失敗をしていたものの、不思議と布団の上ではまったくしなかった。
自分なりに
「布団の上では絶対ダメ!」
と思って、それだけは固く守っていたのだろうか。
だから、オムツをした状態でもトイレに連れていってやっていた。
(この場合、オムツをしたままトイレで用を足させ、その後でオムツを交換していた。)
これは、ほとんど毎晩のこと。
でも、私にはまったく苦にならなかった。


私は、チビ犬が可愛くて仕方がなかった。
チビ犬のことが大好きだった。
チビ犬は、この仏頂面にたくさんの笑顔をくれた。
言葉を交わすことはできなかったけど、間違いなく家族として存在していた。
そして、チビ犬の方も、私を家族だと思ってくれていたと信じている。

もう、アノなき声もきけない・・・
もう、アノ足音もきこえない・・・
もう、アノ姿を見ることもできない・・・
もう、アノ体を抱くこともできない・・・
一緒に御飯を食べることも、一緒に出かけることも、一緒に寝ることもできない・・・

死んだのは、つい一昨日のこと。
家のあちこちにはまだ、チビ犬が生きた跡と残像がある。
今、どこに行っても、何を見ても、何をしても、チビ犬のことばかりが頭に浮かんでくる。
すごく可愛かった。すごく楽しかった。
いなくなってすごく悲しい。すごく寂しい。
前の飼主に比べると質素な生活だったかもしれないけど、すごく幸せだった。
可愛かった想い出、楽しかった想い出、嬉しかった想い出、幸せだった想い出・・・
たくさんの、たくさんの想い出が涙とともに溢れてくる。

今、涙がとまらない。
「飼犬が死んだくらいで?」
「情けない」
「みっともない」
と、いい歳したオッサンのこんな姿は滑稽に映るかもしれないけど、事実は事実。
私にとってチビ犬は子供のような存在だった。
それがいなくなってしまい、心が痛くて痛くて仕方がない。
こんな重い喪失感には今まで襲われたことがない。
長く死業に従事し、自分なりに奮闘を重ねてきたつもりなのに、この始末・・・
ただ、これも、紛れもない私・・・私である。


いつかその日はくる・・・
別れの日は、必ずくる・・・
大切な者が死ぬときが・・・
そして、自分が死ぬときが・・・
しかし、それが、人に命を量りなおし、生き方を見つめなおすチャンスをくれる。
チビ犬が残してくれたそのチャンスと笑顔の想い出を心に刻み、私は、逆らえない時間の中で、時がこの傷心を癒してくれるのを待っているのである。


公開コメント版
特殊清掃についてのお問い合わせは
特殊清掃プロセンター
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 自悶自闘 | トップ | 生きる側 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事