特殊清掃「戦う男たち」

自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去・遺品処理・整理まで施行する男たち

夏の思い出

2013-10-28 13:09:13 | 自殺 事故 片づけ
今年の夏も暑かった!
今年の夏は暑かった!
毎年のこととはいえ、この暑さには多くの人が苦しめられたことだろう。
この私もその一人で、これまでは、基本的に車のエアコンは使わない主義できたのだが、さすがに今年の暑さは身体に堪え、時々、エアコンをつけてしのいだ。
また、間接的だけど、「ブログを半年放置する一因にもなった」と言えるかもしれない。

前にも書いたとおり、私は、単独行動が多い。
精神的に一人では難しいことを理由に肉体的に一人でできる作業を二人以上の人間でやるなんてことはしたくないし、“一人のほうが気楽でいい”といった理由もある。
ただ、一人で動いていて気をつけなければならないこともある。
そう、夏場の熱中症だ。

“風通しのいい特掃現場”ってまずない。
“風通しがいい”どころか、私が行く先は“風通しが悪いところ”・・・・・いや、“風を通してはいけない”ところばかり。
外部に悪臭や害虫をだしてはマズイため、部屋を閉め切らなければならないことがほとんどである。
そうなると、おのずと室温は下がらない。
下がらないどころか、外気より高いこともしばしば。
そんなサウナ状態で汚物と格闘しなくてはならないわけだから、その作業が過酷を極めるのは言うまでもない。

そんな状態では、こまめな休憩と水分補給が重要。
しかし、それがわかっていても、作業を始めるとそれを中断するのが面倒臭い。
その都度、汚れた手袋や靴を脱着するのも面倒だし、休憩を入れることによって気持ちが萎えてしまうことも厄介。
結果、かなりしんどくなるまでは、休憩をとらなかったりするわけ。
実は、これが危険。
熱中症は早め早めの対処が大事で、症状がではじめたときは手遅れだったりするから。

幸い、これまで、病院に担ぎ込まれたり現場で倒れたりしたことはないが、具合が悪くなったことは何度もある。
もう若くはないのだから、気をつけなければいけない。
「孤独死現場で孤独死」なんて、いかにも私らしくて笑えるかもしれないが、現場で倒れでもしたら、依頼者やその関係者だけではなく、会社や同僚にも多大な迷惑をかけてしまうから。


そんな今年の夏、2020年のオリンピックが東京に決まった。
普段はネガティブな思考しかできない私なのに、しばらく前から、なんとなく、今回は東京に決まるんじゃないかと思っていた。
賛否両輪あるみたいだけど、私は賛成派。
物事に長所と短所、メリットとデメリットがあるのは自然なことだし、これによって、色んなことが活気づくだろうから。

7年後の自分を想像した人も多いと思う。
とりあえず、7年後も生きていると仮定したうえで、私が自分について考えたのは年齢のみ。
何をやっているかまでは、考えなかったし、あえて考えないようにしている。
もう20年以上もこんなことをやっているわけで、7年後も老体に鞭打ちながら今と同じことをやっている可能性も少なくなく・・・・・
それを思うと恐ろしくて恐ろしくて、具体的に考えたくなくなってくるのである。
前回記事に矛盾するようだが、その頃には、もう少し楽な仕事をしていたいと思っている。

何はともあれ、これから、東京の街も様変わりしていくはず。
これまでに見たこともないような建物とかできるんだろう。
何かの試合や競技を直に観ることができるかどうかわからないけど、とにかく成功してほしいものだ。
7年後の夏・・・きっと、忘れられない夏になるだろう。



ある年の初夏。
猛暑の中、私は、自殺腐乱現場となったマンションのエントランスで、依頼者の女性と待ち合わせた。
女性は故人の母親。
見たところ80歳前後の老年。
故人は中年の女性。
室内での縊死し、発見まで数日が経ってしまっていた。

数年の間、故人は精神を患っていた。
以前は女性と一緒に暮らしていたのだが、故人の精神状態は一緒に暮すことができないまでに悪化。
独り暮らしをさせることに不安はあったものの、本人の強い希望と回復への期待から、女性は故人が独り暮しをすることを認め、近所に部屋を借りた。
そして、その生活を支援するようになった。
しかし、故人の病状は回復の兆しをみせることなく一進一退。
調子のいいときは一緒に外に出かけたり食事をしたりできたのだが、悪いときは会話も間々ならず。
電話にでなかったり、訪問しても玄関を開けてくれなかったりすることもあった。
それでも、病院には通っていたし、薬もキチンと飲んでいたため、自ら死んでしまうなんてことは少しも考えていなかった。

故人は一人娘で、夫(故人の父親)は既に他界。
助けてくれる親類縁者はおらず。
年金生活で、自分の生活に余裕があるわけではない中、爪に火を灯すような生活で故人の生活を支えてきた。
故人宅は賃貸マンションで、部屋の原状回復と補償など、どれだけの負債を背負わされるか読みきれず。
いくらかは貯えがあるものの、場合によっては自宅を売らなければならない状況になるかも。
・・・・・等々、厳しい現実が容赦なく女性を襲っていた。


「部屋には入らないほうがいい」
と警察から注告されていた女性は、死後の部屋を確認しておらず。
「娘(故人)が最期に何を考えていたのか少しでも知りたい」
と部屋に入りたがった。
しかし、悪臭は著しく、光景も凄惨。
「私には“入ったほうがいい”とか“入らないほうがいい”とかいう権利はありませんから、判断はお任せします・・・・・」
と、私は冷たい対応しかできなかった。
結局、女性は悩みながらも入室を断念。
「部屋の様子はできるかぎりそのままにしておいて」
と要望するにとどまった。
その心中を察した私は、それを尊重する約束をして作業の準備にとりかかった。


部屋は1K。
キッチン部分の床は全滅、腐敗体液が覆い尽くしていた。
それでも、私にとってはよく見る光景。
定石を踏んだ作業でこと足りる。
ただ、室内はサウナ状態。
慣れた作業環境とはいえ、辛いものは辛い。
気温のせいか気持ちの温度のせいか、妙に息苦しく、私の呼吸は次第に“ハッハッ”と短くなっていった
そしてまた、この先、女性が負わなければならない責任と刻まなければならない時を思うと、余計に、気分は重くなっていった。


「暑いのに、大変なことをお願いしてしまって・・・」
「喫茶店にでも行って冷たいものを飲みましょう」
一次清掃を終えた私がエントランスへ戻ると、女性は、私の労苦をねぎらってくれた。
しかし、私は完全なウ○コ男に変身。
喫茶店どころか、マンションの1Fエントランスに留まっていることも躊躇われる状態だった。

「このニオイですから・・・」
「とりあえず、外へ出ましょう」
臭すぎる自分の身の置場は、そこにはなかった。
私は、女性をうながし、そそくさと外へ。
人に近づいてこなさそうな所を探して、一息ついた。

私の身がとても飲食店に入れる状態ではないことを理解した女性は、近くのコンビニでアイスクリームと飲み物を買ってきてくれた。
街を歩く人達には、ヨレヨレの中年男と老婆が、外の縁石に腰掛けてアイスクリームを食べる姿が奇妙に映ったかもしれない。
ただ、その場の空気はクサイだけではなく、そんな視線も気にならないほど重苦しいもの
だった。


「“死んでしまおうか・・・”と何度も思いました」
「でも、どちらにしろ、この先の人生は短いでしょうから、生きられるだけ生きるつもりです」
「それが私の責任だと思いますから・・・」
女性は、生きているのが本当に辛そうだった。
そして、いつもの安っぽい同情心ながら、私はそんな故人を気の毒に思った。
が、私には、その原因をつくった故人を批難する気持ちは湧いてこなかった。
多分、母と娘(女性と故人)の間には、第三者が入り込む余地がないほど、生きることと必死に戦った跡が残っていたからだろうと思う。


人生には、楽観できない現実と遭遇することがある。
人生には、降ろせない重荷を背負わされることがある。
今、苦しいかもしれない。
今、悲しいかもしれない。
今、辛いかもしれない。
しかし、この苦しみ悲しみも辛さも、永久のものではない。
すべてに終わりがあり、すべては過ぎ去っていく。
すべて思い出に変わり、そして、その思い出も過ぎて消えていく。
今、ここにいる自分も、ここに自分という人間がいたことさえも。


「生きられるだけ生きるつもりです・・・」
そう言った女性は、何かを決意し、また何かを覚悟したのだろう。
同時に、悲惨な現実の中に、娘への愛情と生きることへかすかな希望を抱いたのかもしれなかった。
そして、死ぬにも勇気がいるかもしれないけど、生きることにも大きな勇気がいること、また人はどんな状況でも生きる勇気を持てることを教えられたのだった。

・・・・・いずれは消え行く、夏の思い出である。




公開コメント版

特殊清掃撤去でお困りの方は
特殊清掃プロセンター
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽じゃない

2013-10-23 16:30:39 | 特殊清掃
秋も深まり、少しずつ時間に余裕ができてきている今日この頃。
夏季に比べ、身体は随分と楽になっている。
ただ、冬に向かって精神は降下姿勢に入ってきているような気がする。
身体的にキツい季節は過ぎたけど、精神的に楽じゃない季節が近づきつつあるのだ。

半年ぶりのブログ更新。
「もう、このままやめてしまおうか」と思ったりもしたが、この仕事自体が辞められるわけじゃなし。
ま、気の向くまま、面倒臭ければ書かなければいいし、気分と時間合えば書けばいい。
毎回が最終回になる可能性を秘めながら、再び、文字を打ち込んでいる。

この半年、幸か不幸か、日常に変化なし。
相変わらずハードな現場を駆けずり回り、時に恐ろしく汚れ、時に恐ろしく臭くなっている。
楽じゃない性格も相変わらずで、時に恐ろしく悩み、時に恐ろしく落ち込んでいる。
心身ともに疲労は蓄積されているけど、そこそこ元気にやっている。
健康のために3月からはじめた週休刊二日も、四苦八苦しながらも継続中。
ただ、意外なことに、酒を我慢するのは夏より秋(今)のほうが大変。
“食欲の秋”ならぬ“飲欲の秋”なのか、この頃は特にキツく、いよいよのときのため冷蔵庫にはノンアルコールビールを入れてある。


以前に登場した“チビ犬”は、今も元気にしている。
あの現場には本名や年齢がわかるようなものは一切なかったため正確な年齢はわからないが、外見はとっくに老犬の域に入っている。
普通に歩くことはできるけど、今はもう、走ったり、飛び跳ねたりすることもない。
体毛も薄くなり、体力も視力も聴力も衰えている。
獣医師によると、片眼は完全に見えていないとのこと。
いずれ、もう片方の眼も見えなくなることを覚悟しなくてはならない。

一時的ではありながら血尿をだしたことも何度かある。
もともとの持病か、当初、ヒドイ皮膚炎も発症。
皮膚が象のようになり、フケのような粉がボロボロとでてきた。
薬を飲ませたり、食べ物を変えたり、こまめに風呂に入れるようにしたりと、手を尽くした。
その甲斐あってか、今でもごく一部に炎症があるものの、全体的にはかなり治癒している。

前の飼主にいいものばかりもらっていたのか、食べ物の好き嫌いは激しい。
並のドッグフードは食べない。
自分用の皿に入れても、自分用の御飯だとは思ってないかのよう。
とにかく、人間と同じものが好き。
塩分・糖分・脂分等に気をつけながら人間の食べ物をわけてやったり、量に気をつけながらオヤツ系のドッグフードをやったりしている。

子犬のときから飼っているわけではないので、「なついてる」とは言いがたい。
普通の飼犬に比べたら、間違いなく、なついていない方だと思う。
その上、飼う前には想像もできなかったほどの多くのお金と手間がかかっている。
楽じゃないことはたくさんあるけど、それでも、引き取ったことに後悔はない。
それどころか、引き取ってよかったと思っている。
とにかく、可愛いし、癒されるし、和まされるし、この仏頂面を笑顔に変えてくれるから。
もちろん、私が生きているかぎりは最期まで一緒にいるつもりである。

ただ、生老病死は人も犬も同じこと。
犬が失明するのも時間の問題だろうし、老病で死んでしまうのもそんなに遠い先のことではないだろう。
(もちろん、私の方が先に死ぬ可能性だってあるのだが。)
それを思うと、悲しくて寂しくて目が潤んでくる。
しかし、だからこそ、この時間を大切にすることができるわけで、この時間をより大切にすることに想いを注ぐほかない。



「管理物件で死人がでた!すぐに来てほしい!」
ある日の夜、一本の電話が入った。
電話の主は不動産管理会社の担当者。
現場にはまだ警察がいる様子。
「警察から立ち入り許可はでていますか?」
部屋に入れなければ意味がないので、私はそう尋ねた。
そんな私に担当者は苛立ちをおぼえた様子。
「そんな悠長なこと言ってる場合じゃない!とにかく、すぐ来て!」
と怒鳴らんばかりの勢い。
私は、その勢いに押され、直ちに現場に行くことを約束。
そそくさと仕度を整えて、車を出した。

着いた現場は、一般的な大規模マンション。
現場までは結構な距離があり、それなりの時間が経っていた。
私は、まず、1Fエントランスの管理人室を訪問。
既に警察は引き上げ、電話の担当者とマンションの管理人が私の到着を待っていた。

「一人ですか?」
担当者は怪訝そうな顔をした。
「はい・・・」
一人きりの私は、そう答えるしかなかった。
「こんな時間ですからね・・・」
担当者は夜遅いから私が一人で来たと思ったようだった。
「いや、時間は関係なく、ほとんど一人です」
事実、そうだからそう答えるしかなかった。
「え!?作業も一人でやるんですか?」
担当者は驚きの表情をみせた。
若い頃はそんな依頼者の反応に得意になったりもしたものだが、この歳になるとそんな鮮度もなくなっている。

どんな凄惨な現場でも、どんな時間でも、原則として私は単独で行く。
二人以上の頭数は必要なのは、一人では持てないような家具・家電を動かさなければならないときや、大量のゴミや生活用品を処分しなければならないときくらい。
現地調査や特掃作業は一人で充分。
心細くもなんとのない。
ただ、「生きるためとはいえ、俺もよくやるよな・・・」と、思うことがある。
自分を卑下する気持ち、褒めたい気持ち、呆れる気持ち、それらが混ざったような複雑な気分になる。
このときもまた、そんな心持でエレベーターに乗り込んだ。

エレベーターホールと目的の部屋は結構離れているのに、悪臭はエレベーターを降りた瞬間に私の鼻を直撃。
「これじゃ他の住人が黙ってるわけないな・・・」
私はそう思いながら、目的の部屋に向かって前進。
すると、ある部屋の前に横たわる嗅ぎなれた異臭を放つ見慣れた色の粘液が目に飛び込んできた。
「これかぁ・・・こりゃイカンな・・・」
腐敗粘液の傍らにしゃがみこみ、誰にも聞こえないような小声でそうつぶやいた。


亡くなる直前、身体に異変が表れたであろう故人。
求めに外へ出ようとしたのか、玄関で倒れて死亡。
そして、そのまま時間が経過し、その肉体は溶解。
それがかなり進んだところで周辺に異臭が漂いだし、隣の住人が管理会社へ通報。
嫌な予感がした管理会社は、警察を呼んだうえで玄関を開けたのだった。

当初、腐敗汚染は室内にとどまり、悪臭だけが室外へ漏洩していた。
腐敗液は、警察が玄関ドアを開けたせいで外へ流れ出てしまったよう。
しかし、それを警察が掃除していくわけもなく、放置されたままに。
それは、見た目の不気味さだけではなく、それまでの何倍もの悪臭を放つこととなり、その結果、憤った住人達が管理会社に詰め寄ったのだった。


死因が明らかになるまでは室内は立入禁止。
結局、玄関ドアから外(共用通路)の特掃だけやることに。
夜も更け、周囲に物音や人影はなし。
私は、一人、薄暗い通路にしゃがみこんで黙々かつ淡々と作業。
一時間くらい過ぎたところで作業はひと段落。
最後に玄関ドアの隙間をテープで目張りし、周囲に消毒剤と消臭剤を噴霧して作業を終えた。

時刻は、泣く子も黙る丑三つ時。
一般的にはあまり気持ちのいい時間帯ではない。
しかも、車の荷室には原型をとどめない故人の一部を積載。
しかし、そんなこと私は意に介さず。
ここまでの年月やってくると、死人や幽霊の類を不気味がれるほどの鮮度も失われている。

人生は、楽じゃないことだらけ。
労苦や苦悩は、人生において何かと目立つ。
「楽に生きられないのが人生」と、頭にはなんとか理解させても、心が素直に受け入れない。
しかし、私の心は、楽に生きられないことは不幸なことではないこと、楽に生きようとしないことで得られる幸せがあることを知っている。
そして、どこかでそれを求めている。
だから、色んなことが頑張れる。こんな仕事でも頑張れる。

私は、独特の疲労感を抱え、「生きていくのも楽じゃないよな・・・」と、楽に生きられないことに開き直れない自分を重荷に感じながら、同時に、同僚でもなかなかやりたがらない仕事をこなせたことに小さな満足感をおぼえながら、夜闇の中、帰途についたのだった。



公開コメント版

特殊清掃撤去でお困りの方は
特殊清掃プロセンター
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする