棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

14-珍訳源氏物語

2009-06-30 08:29:51 | 物語・絵本・童話
14--梅雨の夜の男どものヨタ話
当代の美人の条件となると、話はもりあがった。
「なんといっても頭のかたちが良くなくては。小さくまわるい頭上から水が流れ落ちるような垂髪。これはもー絶対条件でしょう」
「そおそう。目はスッとした涼しげで、なお憂いをおびていなくては・・・」
「さよう。目のでかいのはなんやら下品でいけません。鼻も天狗のように高いのはもっと恐ろしげです。私は頬は桃の花の色をして、ふっくらとしたのがこのみです」「恐ろしげといえば、5尺5寸もある大女は、いくら美人でも論外ですね。」
「なびく柳のようにほっそりとした身体、流れる長い髪、杏子の実のよなかわいらしい口と、優しい声がほしい。なにより貴族の気品は絶対条件ですね」一同は、コクリとうなずきあった。
「貴殿たちははまだお若いから、姫君の容姿ばかり気が行くが、ワシくらいになると、華麗な衣服の中身、すなわち裸身美を観るよ」
中で一番の年配者の言葉に、私を除いた他のものがギッョとしたお顔をされた。
「肌はきめ細かく柔らかで、透き通るような薄く白い肌でなくては。手足は細く、骨も細くなくてはいけない。体は滑らかで綿のごとく、温かくなくては。
なんといっても陰はなめらかにして潤いに満ちていること。ふくいくたる香りに満ちているのも絶対条件だ」
と次第に淫らな内容になっていったが、いまら思えば、若気の知ったかぶりだったといえよう・・。
美男美女は流行りがあり、おきずきでしょうが、あなた方の時代の感覚とかなり違っています。
コメント

草薮の散歩道

2009-06-29 17:01:46 | 山郷の暮し
腰高まで伸びた雑草が茂る散歩道を、そろそろ草刈をしなくてはならない。
今の季節はこの道を歩くのは私くらいなので、自分でしなくては。
だいたい賢犬サクラも横着になって、草薮道を先頭で、分け入っていこうともしない。
草が倒れた筋が出来ているのはたぶんケモノが通ったのであろう。とたんにサクラの目が輝くが、以前のように夢中になって探索に行こうとしなくなってしまった。お腹の怪我いらい垂れ下がってしまい、動きが鈍くなってしまった。
体重も一気に増え15Kから  Kだ。どてーーとしていることが多くなった上に、猫のチビクマがやたらと食べるので、まけずと食べる。以前はよっぽど腹がすかなければ食わなかった、ペレットとカンズメをミックスしたもの。
今これを書いている最中に、サクラがびしょぬれになって帰ってきました。そして、口の周りに血がついています。
「お前、また殺生してきたか」のことばに、あわてて階段をおりていきました。
コメント

13-珍訳源氏物語-雨夜の品定め

2009-06-29 11:34:20 | 物語・絵本・童話
   雨夜の品定め-光源氏17歳
月日のたつのは早いもの、光源氏が17歳になり、天皇や都を守る衛府の中将に任ぜられた。
天皇のお近くに使える重要な役職で、いくら頭脳明晰であっても少し早すぎる気はした。まーーそれなりにお役目をつつかなく果たせたのは、世の中が平安だったゆえんだろう。
 5月の梅雨どきうっとおしい宿直の夜、私や光源氏、そして、無類の女たらしで評判の者等で、理想的な女とはなんぞやと「雨夜の品定め」を暇に任せて話し合った。
 身分や財産、はたまた歌詞音曲などの教養などから、女の違いをかたりあった。結局は、理想的な女なんていないもので、チョット目には申し分なかったのだが、付き合ってみると、得意なことを鼻にかけたり、バカにしたりする。
箱入り娘と期待しあってみれば、和歌・音曲の上手だとのうわさは親の売り込み口上だったりで、がっかりされる。様々な家柄・身分の女たちのことが話題に上がり、評価されたが具体的になると、めいめいの思案があり決定打はなかった。

コメント

12-珍訳源氏物語-葵の上

2009-06-28 11:02:49 | 四国遍路
 妹の葵の上の器量ときては当代1-2位といってもいい。兄である私が観ても、絵から抜き出たような完璧な美しさだ。おしむらくは知性というか気品かありすぎて、打ち解けにくかったかもしれないが、育ちが皇族なみだからしかたがあるまい。くどいようだが、兄妹という関係はあっても、母はちがうし、それぞれの母方の家で養育されるので、父親が同じだということだけだ。
夫より4歳年上の妹・葵の上は、年上ということに、どことなく引け目を感じ、さらに、自尊心がゆるさなかったかもしれぬ。
普通の女子だったら、そのことがかえって夫婦仲をよくすることになったことだろうが、華よ蝶よとそだった妹は、男を引き立てるという、こころずかいなど必要なく育ってしまった。正直、あまりにも誇り高い女だったかもしれない。
二人のみぞは深くなるばかりで、私も心苦しかった。
 あまりにも完璧なものには、拒否反応をおこすのは、光源氏とても同じことだ。
コメント

12-珍訳源氏物語-うまくいかないままごと夫婦

2009-06-27 11:04:09 | 物語・絵本・童話
源氏殿は父親である帝の思いの女性は、藤壺の宮さまで継母にあたる。
お年はよくわかりませんが、18-9歳くらいでしょう。
3歳のときに亡くなった生みの母(桐壺の宮・位は更衣)を慕う思いが、恋になってしまった。
正妻である葵の上と睦みあっても、思いは藤壺の宮さまにある。ご想像ください。夫婦といっても12歳と16歳からのスタート。オママゴトとはいえないが、母恋しは抜けきらない、ガキンチョ光源氏なのです。
その上、わが妹・葵の上は真に誇り高く、以前にお話をしましたが、当時は恥と思われた、年上女房という引け目もある。勝気な気性もあろうが、それでは中むつましい夫婦生活になりようがあるまい。
 源氏殿は、藤壺に似た姫女と見れば、口説き落とすのは当然のこと。女からすれば光源氏といえば名前を唱えただけでボーーとなってしまうほどだから、なんの造作もなくコロリ。これでは光源氏にしてみたら何も面白くない。まーー贅沢なことだが、それが高貴な貴族社会の男女のありようだった。
コメント

作ったぞ!!桑の実ジャム

2009-06-26 18:10:30 | 山郷の暮し
今日は朝一から製作に気合がはいっていた。
こんなときは突然絵画製作とはまったく無関係なことを、おっぱじめてしまう。気分転換なのです。まーーそんなぶっ飛び状態の方が、いい作品ができることが多いのですが、今日は「ジャムを確りつくろうーー」と、桑の実を採りにいく。
というのは、昨日集めた実をジャムにしょうとしたが、火にかけたまますっかり忘れてしまった。製作時にはよくあることなのです。
そこで炊飯器に仕掛けておきました。
デケタデケタ。当然ヘタなどいちいち取ってはいません。そのマンマ。
口に残らない程度に砂糖をいれました。
友人の奥様のほど上手に出来たとは思いませんが、自分で食べる代物ですから、ほかの事は気にしません。。
屁っこき虫(カメムシ)だけは入っておりませんヨ。
写真はただ今製作中の「菩薩絵文着付舞妓図」
コメント

10-珍訳源氏物語--夜這い

2009-06-26 10:58:09 | 物語・絵本・童話
 ところで結婚といっても、男の方から女の家に通い、夫婦生活をする婿入り婚が普通だった。
口説き落とすには和歌や手紙が最初の手段だ。当然おつきの者を手なずけ、セッセと忍びかよう。ひたすら根気だ。それが男として面白く、自慢の種でもあるのだが・・・。
一夜限りや時々では、単なるつまみ食いの火遊びで、男が3日間続けてかよったら、本気というあかしだった。皆様方の時代からすれば、男の勝手としかおもえないでしょうねーー。
最後の夜に餅を食べる。露顕(ところあらわし)といっていわば披露宴みたいなもので正式に婿殿と認められた。
まー忍びかようといっても、世話をする女房たちは先刻承知。時には親がバックアップしてのことだ。
男にとって、女の家柄や身分は自分の食い扶持にも関係し、よくよく吟味しなければならなかた。その辺のことは、お話を進めていくうちに、お分かりになっていくと思います。
コメント

9-珍訳源氏物語-葵の上

2009-06-25 08:50:33 | 山郷の暮し
源氏殿が12歳のとき元服と同時に、私の妹・左大臣の姫君・葵の上(16歳)と結婚された。ワタシの妹葵の母親は、帝の妹のだから光源氏殿にとっていとこにあたる。申し分の無い高貴な身分だ。蛇足だがワタシとは腹違いの妹ということになる。
 親が決めた結婚で、妹は4歳年上だった。
この年上女房というのが、妹-葵の上にとって終生屈辱的な結婚とおもい、精神的には喜ばしい生活ではなかったようだった。・・・・後々のはなし・・・
カップルになったいきさつといえるのが、元服を迎えると、上流貴族の娘を添い寝させる添臥(そいぶし)の習慣があり、その役目をおおせつかった。まーー俗に言ったら「筆おろし」ってところだが、光源氏もその夜が初めてでないのは当然だ。妹にしてもおなじことだろう。特に操のことを問題にする気はないが、重視されるのは帝の正室・つまり后の資格のある姫くらいだった。
親同士が決めた結婚であったから、源氏殿も私の妹・葵の姫宅(左大臣の屋敷)に通ったが、どうもこころがつうじなかったようだ。
コメント

桑の実

2009-06-24 17:51:05 | 山郷の暮し
この時期に毎年思うことは、散歩コースにイックラでもある桑の実で、ジャムでも作食ってみようか、ということです。
さう思いながら、ポロットと落ちるほど熟した実を食べる。注意をしないと虫がつていおり、とても無視できない。
特に要注意はカメムシで、それを食ってしまったときのことを、アリッタケの想像力を働かせて口のなかにほうりこんでください。それでもたりないかもしれない。
ところが、桑の実を子供の頃に食べたことのある人は、ほとんどが経験しているから面白い。一つ一つ点検しているうちはいいのだが、つい欲張って3-4こパクリとやると、オエーーーとなってしまう。
今日こそ実をとってやろうと、ビニール袋をもって散歩。{アッ!て間に袋いっぱいになるズラ}と思ったがさにあらず。草薮に落ちてしまい解らなくなってしまう。サクラもパクパクと食っていた。
それでもジャムの大瓶一杯は20分ほどで拾い集めた。これから初めてジャムつくりに挑戦します。
写真はサクラのウンチでもなく虫でもありません。
2センチはあるりっぱな桑の実です。
コメント

8-珍訳源氏物語-ロリコン社会

2009-06-24 07:38:03 | 物語・絵本・童話
男なんてものは最初の恋人が母親といわれる。
そのとうりであろうが、貴族の家庭では少し事情が異なる。というのは、我々は下下と違って、実母に抱かれて育つなんてことはない。母といっても14-5歳の姫君。まーー皆様の時代からしたらロリコン・幼児妻・おままごと。
乳母やお付の女房たちが一切の世話をする。場合によっては、早々に養子にいくことも珍しくはない。
私事から判断すれば、正直、産みの母は意識下にない。
光源氏殿の母親に対する異常なほどの執着や愛着などは、産みの母に瓜二つという「藤壷の君」さまが出現してしまったからだと思う。
私の生家は左大臣の名門。光源氏殿の後ろ盾になり、住まいも提供して、良く遊んだものだ。帝は息子の光源氏に亡き桐壺の間を自由に寝泊りさせたうえに、亡き更衣の実家を改築し与えていた。なんの不自由もない待遇を受けていた。
光源氏の女遍歴の根っこは、幼児期のゆがんだ異性意識からであろう。
認知した子供や不倫の子供などなど、この源氏物語は、こんがらがった人間模様のうつくしく、懐かしく悲しい話でもあるのです。

コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本