棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

社会派作品ーー 海の叫び

2021-06-13 14:56:47 | 創作活動
久し振りの投稿ですっかり忘れ去られていることと思いますが、目を通してくれる方に心から感謝いたします。
しばらくぶりに訪れた居酒屋でしたら「コロナで来れなかったよ」と言い訳もできますが、
ブログではだただ自分のこと。
前置きはこのくらいで今年最初に完成をした作品を紹介します。

「海の叫び」サイズF50(1160X910cm)
地球温暖化が社会問題として話題になりつつあったのはまだ20年ほど前でした。
正直私自身もCO2問題はビンときませんでしたが研究をし、問題提起をした作品「海の叫び F100」を発表。
絵画作品としそれなりの評価を得ましたが、社会問題化してゆくほどのムーブメントにはなっていきませんでした。
その作品を描いた意義を私自身忘れかけていました。

地球温暖化のタイムリミットは2030年が分かれ道だ、というような番組を視聴しショックを受けました。
遠い先のことではなく、私もかろうじて生きている時代です。
「地球温暖化といっても俺が生きている時代には大丈夫だろう」
とまだ気楽な思いもあった一作目でしたが、この度の制作意図は差し迫った現実として表現しました。
観ていただいた方からも意味合いをよく理解をしてもらった。
それは以前とはかなり異なる反応で、みんなが地球温暖化危機意識を持っているのだと思います。

制作途中ですが私の分身ともいえる少女の赤色から白色のか~てーがんを着せて少しなじみのある色彩構成にした。


この少女は度々登場し、私だあり作品を観る皆さんなのです。
海底には産業革命いらい人類が犯してきた残骸を描く。


様々な怒り 悩み 絶望などを感じさせる目。腐りゆく目 なのです。




コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本