棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陶板浴が出来ました

2015-01-31 10:56:30 | 山郷の暮し
昨日は細かな雪が降るサブーーイ一日で、10センチほど積もりました。
今朝の朝日は強く、一面の雪景色に照りかえりサングラスがあってもいいくらい。
首筋に温かみを感じるほどでしたが、10時を回った頃から薄い雲がかかりだしました。
それでもガラス窓際は暖かく、コタツ部屋から窓際のデスクに移りました。
やはり明るいところでの作業は気持ちがいい。

近くの浅間温泉に「陶板浴」ができ、先日行ってきました。
開設した方は私と同年で、特に悪いところがあってのことではないようだが、
たちまち意気投合。
何かの縁でこの地に来たが、別な商売を計画していたようだ。

ざっくばらんに「大して利益が上がるとは思えないがよくも・・」と私。
若いころ北海道で陶板浴のお手伝いをしたことがあり、すごく忙しかった。
浅間温泉ならばさぞかしと、思い切って開設したが客はまだまだ、と。
折込広告の効果も思うようには行かない。とこぼしたが、簡単にはゆくまい。

どうやら斜陽化し切った温泉場の事情はご存じないようだった。

さて、肝心の陶板浴だが、甲府の「森ピカ」さんとは異なるが、近間に出来たことはありがたい。
午後に予約を入れる。
友達などに勧めている。

コメント

サブーーイ

2015-01-29 10:54:35 | 山郷の暮し
松本市の公式気温はマイナス8度ですが、私の周辺で一番低いところがマイナス11.5度。
ピリピリする寒気でしたが、お日様が照るとたちまち上がっていきます。
とはいってもゼロ度前後ですが・・。

窓ガラスに咲いた氷の華も消えていきます。
これから二月中旬にかけて、厳寒の日々が続くことでしょうが、陽射しは益々強くなっていきます。

春を探すのにはまだ早すぎますが、凍りついた雪の下に潜んでいることでしょう。

以前のこの季節写真を添付用に探していたところ、12年1月の今頃は「東日本大震災を描く」1.8x8.1m
を 憑かれたように 描いていました。
画家としてやらなければならない突き上げる思いが、無心に描き続けていたのです。

正直 今の私は「そんなことがあったっけ」というほど忘れ、何もしていません。
「腰が痛いから大慈にしなくては・・」などと自ら甘えてはいけなかったのです。
背中や足腰を曲げていられないのです。
記録というのはありがたいもので、そおきずかせてくれました。

今 当時のブログを読み直し、創造空間へと奮起し始めています。
よかったらブログを開いてください。
コメント

ふくらすずめ

2015-01-27 12:45:43 | 山郷の暮し
目の前の桜の枝は、2日ほど前には雪が凍りつき輝いていました。
昨日から今日にかけての暖かさで、そのような枝はありませんが、かわりに水玉が光っています。
そんな枝に雀の一軍が飛来しました。
枝がゆらゆらとする度に、光の粒が消えていきます。
お昼も過ぎましたが、空は冷たい曇り色。

まん丸になったったスズメたちは寄り添いあっています。
丸くなった雀 はなんといったっけ・・・。何かの番組で・・・・。
そうだ、帯の結び方に「ふくらすずめ」というのが紹介さた。
検索してみるとたしかにありました。
それにしてもなんとも面白く、豊かな銘名をしたものではないでしょうか。

写真はよくわかりませんが います。
コメント

 介護犬 サクラば~ちゃん

2015-01-26 10:13:58 | 山郷の暮し
今朝はマイナス2-3度。
陽射しは昨日ほど強くはないく、柔らかな陽だまりを作っています。

サクラば~ちゃんは一週間ほど前から急に後ろ足が弱り、立っていられない状態。
したがって自力で歩けなくなり、私がシッポを持ち上げての排泄です。
オシメもしているのですが、大の方は踏ん張りが効かないからでしょうか、これがなかなかしてくれない。

食欲はあるのですが、時折恍惚状態になってしまう。
ま~~これから結構生きるのかもしれない。

今日は暖かなので、日光浴をしています。
(正直 うんち臭くなったてきたので、部屋の消臭のためもあります)



元気いっぱいのハナ
後ろにあるのはコレクションのストーブです。多分 石炭かコークス用でしょうか。珍しいものです。
コメント

めかぶ

2015-01-20 10:44:16 | 山郷の暮し
マーケットにいきましたら大好きな「三陸沖のめかぶ」に目が止まりました。

熱湯をかけると一瞬のうちに、濃い茶色が宝石のような緑色に変わります。
この瞬間がなんとも面白く「春がきた」と思ってしまうのです。
わかめの根っこの部分(本当は違う)といいますが、螺旋状の葉っぱ(?)の形状が面白い。
こんなものをスケッチしろと言われても、とても描けない。

正直 私はこのめかぶの調理を知ったのは10年位前かもしれません。
ソレまではパックに入った既成品を、ウマイ旨いとご飯にかけて食べていました。
友達宅でごちそうになったものは、無造作に刻まれためかぶは新鮮な驚きと旨さでした。
それ以来、春一番の旬の食材となりました。

ヌルヌルがすごく、既成品のように細かく刻むことは難しいのですが、
糸状にならなくとも、ザクザクと切り、酢しょうゆで食す。
新緑のまる食である。
コメント

輝く朝 

2015-01-18 11:19:08 | 山郷の暮し
今朝はかなり冷え込みましたが、お日様が照りつければ雪面は輝き、なんとなく今年最初の美しい冬の日という思いです。
ワンちゃんの朝一の散歩は、平日は間近のお姉さんが迎えに来てくれるのですが、土日はお休み。
そんなことは無関係のハナは、窓辺に鼻を押し付け待っています。
「今日はトーチャンが連れてゆくからな」と、しっかりと防寒ブーツを履き、雪の積もった裏道を歩く。
まだまだ以前なのように歩けないが、ゆっくりと進む。
枝には雪が氷付き、真っ青な空をバックにきらめく。
丸くなった腰を伸ばし、清らかな空気を吸う。
何かものすごく久しぶりな気分だ。

サクラば~ちゃんは、歩く力が失せてとても山道は無理なので連れてこない。
腰が抜けたり、痴呆的な動きを見ると、これからの私を見る思いで悲しくなる。
そうそう、友達からテストにと犬用のオシメをいただいてきたが、まだ試していない。
理由は、こらえきれずに家の中にオシッコをしてしまうことはあるが、まだまだ知らせてくれる。
ソレがまったくダメに成った時点からにしたほうがいいのではないかと、漠然と思っている。

「そうだこれらをVTRしておこう」と思い立つ。
昨年より自分撮りすることなどすっかり忘れてしまった。
そんな気力もなくなってしまったのだ。
お日様ピカピカとなると、体内からヤル気が湧いてくる。
今日は今までの体調経過などを VTRに自分撮り をしておこう。

コメント

ヘイトスピーチ

2015-01-15 12:00:33 | 山郷の暮し
先のNHKクローズアップ現代での「ヘイトスピーチ」の報道には驚いた。
とても田舎都市では思いもしなかったことが平然と行われ、社会問題になているという事実である。
正直 「安気な田舎くらし」の私自身に愕然とした思いがした。

選挙時などでは右翼の宣伝活動や、企業へのたかり・いやがらせなどで
右翼のこわもてのアンちゃん・オッチャンが、短絡的な罵詈雑言をがなり立てることはあっても、
非右翼団体の若者たちが、触発されたごとく参加しているなど考えもしなかった。
この手の主張のほとんどは思想背景や論理的なことはなく、ただただ短絡な過激な言葉を吐く言葉の暴力といえる。
単純な単語だけに異論を受け付けない強さがある。
それ故に単純な思考形態の者には受け入れやすく、カッコいいのであろうか。

街頭デモばかりでなく、ネットでも結構あるのには驚いた。というよりもネットの方が盛んである。
私が関心がなかっただけで、チョット回路を変えただけで
評論家・ジャーナリストなるものが、若者への受けをねらってか罵詈雑言・下種な単語が並ぶサイトが・・。
こちらのほうがもっと怖いことかもしれぬ。

其の代表例が巧みなネット宣伝でしられるISISである。
先の報道であったが、日本から参加した若者の理由があまりにも幼稚なのは、「カッコいいから」
という程度としか思えなかった。
そのようなお粗末な同調者から(これらが積もるとパワーとなってしまう)、パリの事件など影響は大きい。


国連からも対策を求められている、国や民族へのヘイトスピーチやデモはだんじてしてはならない。
現在の反韓デモのヘイトスピーチは「言論の自由」といえるのか、
品格を欠いた言論は感情的にもつれ、悪化してゆくばかりである。
そんなことで問題(あるとすれば)が解決するわけでもなく、ただ面白くない、気に食わないなどと
全く根拠のない感情なのである。
決して解決にならないことは、歴史が語っている。

この報道にはビックリし、田舎暮らしであることを痛感させられた。


コメント

竜攘虎搏

2015-01-13 12:08:47 | 山郷の暮し
10-11日と今年はじめて家から外に行きました。
友が「陶板浴でも行きましょう」というので、ソレならば泊まりがけで・・・。
ということになり、甲府の知人宅で新年宴会となった。
量よりも質で行こうと、酒は少々気張って「黒竜酒造の龍」を手土産に。

結局、質も量も、となりました。

帰路、かなり強い風が吹きなんとなくぼやけた空気であったが、右手には八ヶ岳があり、左側は北岳の厳しい岩稜が見える。
振り向けば富士山がドーーーンと見えたが、写真を撮るのを忘れました。



信州から見る八ヶ岳はもっと厳しい山容です。
何より違うのは、麓の広がりに雪がついていません。
コメント

年賀状

2015-01-10 11:48:03 | 山郷の暮し
年明け早々忙しくて、正月気分などすっ飛んでしまったという方や、雪かきでへとへとだ
という人もいるでしょうね。
小生は足腰の調子がいまいちで、寝正月でした。

「毎日お正月」で、これは今始まったことではないのですが、少々困っているのが年賀状。
いつものことですが、これから書き始めるのです。
威勢の良い時は200枚近くを製作していましたが、次第に減ってきました。
ただ今は50枚程度ですが、これがなかなか面倒になってしまいました。
今年など特にそうで、何も浮かんでこないのです。
基本的には一枚一枚描くのです。
気分が上がれば一気にいけるのですが・・・。

申し訳ありません。もう少し待ってください。
なにせ いつもお正月 なのですから。
コメント

雨が降る

2015-01-06 11:09:04 | 山郷の暮し
昨夜は今年最初の満月でした。
薄曇りの空に、なんとなく赤みがあるオッ月様。
今日の雨日を約束した空模様でした。

先先日の夜中。ワンチャンと私のオシッコに外に出てみれば、凍りついた雪が青白く照り帰っています。
フードをとり見上げれば、寒々としたオッ月様。
とても夜中に鑑賞をするどころではなかったが、昨夜はオッ月様を観る余裕がありました。

そして今日は天気予報のとおり雨降り。
久しぶりに聞く雨打つ音に、しだいに眠気を誘われる。
こんな日は炬燵にもぐっているのが一番でゴンス。
コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本