棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個展準備

2010-06-02 09:23:10 | 創作活動
ようやく平年並みの良い朝になりました。
今年の7月28日から松本市美術館にて、個展をすることになった。
タイトルは「りゅう王丸作品展-終戦65周年--人類の愚行を描いた40年」です。
私の青春時代は、1960年代のベトナム戦争が真っ只中でした。
それ以後たえることが無い戦争・紛争・差別などなどは、人類の最大の愚行だと、時々のそれらをテーマに創作をしてまいりました。
思想性の強い作品は、美術界ではあまり歓迎されず、当然それらの作品はお金にはならない。
しかし、其れは其れとして、尽きることの無い争い-戦争を告発した作品を制作し続けてきた40年でした。。
ズート以前から、終戦60周年か65周年にまとめて発表をする思いできたのです。
終戦65周年を機に新たな脱皮へのタイミングだと感じ、今年7月の個展に向けて一気にテンションを上げているのです。
コメント

こいのぼり

2010-05-05 10:41:43 | 創作活動
大空に光が飛び、極彩色が溶けていく
様々な色彩が溶け込んだ薫風
大きな目玉があっちを見たり、こっちにウインクしたり
大地も大空もワーーイ と喜びの声をあげている
コメント

環境による色彩感覚

2010-05-04 08:17:18 | 創作活動
優しい色彩が豊かな季節です。
刻々と変わってゆく色合いは、決して人口色では味わえないものです。
自然の真っただ中で、そんな営みを感じていますと、色彩感覚も大都会人とはちがってきます。
強烈な反射色の人口色のなかで過ごしていますと、いつの間にか其の色彩が自然色だと、感覚が思い込んでしまいます。
良い悪いの問題ではなく、感覚が根本的に違っています。
現代的な作品だと評価される多くの作品が、人造物・人造空間にマッチしているのが基準になっている。
選ぶ方も、プラスチックカラーー空間で育った方ばかりだ。
下の写真は4月上旬・・まるで花の蕾のように見える唐松の芽
コメント

ご案内

2009-12-25 09:07:12 | 創作活動
新春一番の美術展-五味画龍展(ごみがりょうてん)とは「甘い・辛い・苦い・すっぱい・塩辛い」の五種を仏教では五味といいます。
画竜点睛(がりょうてんせい)とは、ご存知のとおり最後の一筆によって仕上がるということですが、竜の文字でなく龍としたのは、最後は龍のごとく天空に飛び立っていくことを願ったものです。
蛇足ながら、登竜門もめでたい意味で、「後漢書(李膺伝)」には「竜門」は中国の黄河中流の急流で、これを登った鯉は竜になるという言い伝えから、立身出世の関門を称するようになった。
文学界では芥川賞がそういわれます。美術界での一般的な賞は何でしょう。シリマセン。
個性ある五人の作家が、それぞれの持ち味をご披露。
全世界が輝かしい光彩を放つ年になりますよう、正に登竜門として開催いたします。
●写真撮影取材をしたのち、デジタル処理によって別な創作表現を試みる。称して写画  岩淵 四季
●素直に対称を観る。カメラを向ける。感謝を込めて収める。ロマンに終わらない作品です。写真 赤羽 佳代
●ヨーロッパで学んだと言う砂絵。日本では数少ない作家の一人。
Sand Art  石田 恵美
●幼児が書いたのですか?と思われるのが最もうれしい、と、誰でもが喪失する世界を描こうとする。絵画 JOOTARO
●今はもっとヘタに描けれなくてはと思いつつも、実に難しくウマイ作品です。
 絵画 りゅう王丸 それこそ我流天性デゴンス。
コメント

MY TIBET チベットの仏画製作

2009-11-23 08:26:51 | 創作活動
私もかの地で優れた仏画師(ラマ僧)にお会いしました。
描くことが修行で、いわゆる作家名を描きこむことはありません。
信者たちが寄進のための製作依頼ですが、かなり高価なものでした。
私もほしいと思った30×50cm大の千手観音仏画は、日本円で10万くらいのことをいわれました。けっして吹っかけているのではなく、ソオなんでしょう。
もちろん手元にはありません。今でも目に浮かんでくる名品です。
仏画は寺院ばかりでなく、一般家庭の仏間に飾られています。
話はまたまたそれますが、ネパールのお土産のひとつにこのタンカがあります。
多くはネワール人が描いたもので、顔つきがチベット仏画と異なっています。
次いでながら、ネパールはチベット仏教にヒンドゥー教がミックスしたような独特なネワール仏教があります。
写真の立派なラマ僧は自画像です
ラマ寺院内を描く-より
コメント

13-MY TIBET チベットの仏画

2009-11-20 07:39:29 | 創作活動
13-タンカについて
仏画といえばまず思い浮かぶのが、掛け軸ではないでしょうか。
今日「床の間」のある新築家屋は少なくなってしまいましたが、床の間には掛け軸、下には生け花が置かれる定番の室内装飾です。
普通の壁に掛け軸がだらりと掛けられていることはまずありません。
ところが私がドイツのお宅で見たのは、高い天井の部屋に日本の掛け軸がぶらさがり、それがとても新鮮に見えました。
話を仏画に戻しますと、日本で本物のチベット仏画を観れるのはタンカと呼ばれる掛け軸です。
日本の掛け軸は、絹本(けんぽん--荒目の絹布ににかわを引いて描く)や紙本などを薄い和紙で裏打ちし、模様紙や布を美しく貼り付けた正に職人仕事のものです。
チベットの掛け軸-タンカは油絵のキャンバス地に近い感じで、主に綿布です。
装飾の布は縫い付けられたもので、なんとなく旗にもみえます。
チベットの気候風土から生み出されたものかと思います。
写真は2枚のタンカ・・普段は黄色の絹布が覆っている。
コメント

壁が修復作業

2009-11-19 10:14:16 | 創作活動
 
40年前に描いた壁画4×2.5mの修復をすることになり、ただ今格闘中。
お絵かきで格闘というのも変なたとえですが、絵筆でチョコチョコと修正すると言う仕事ではなく、1センチちかく盛り上げた繊維壁材が相手です。
そのほか、石膏セメントなどに顔料を混ぜたものを絵の具としているので、とても通常のお絵かきとはいきません。
20代前半の製作で、布キャンバスではとうてい不可能なほどの盛り上げが面白く、これでもかこれでもかと思える重ねようです。
正直、よく40年も剥げ落ちずに残っていたと、感心をしてしまいました。とはいっても繊維壁材は剥がれやすく、埃も吸いやすいので今は人気がないようです。
まずは剥げ落ちるものは落としきることからの作業です。
タバコのにおいが染み込んでいて、ツンツンとくるエライことになってしまった。
油彩画でもタバコの煙は大敵で、絵の具の中に深く染み込んでしまいます。
あらためてタバコってーヤツはヨロシクナイと思いました。
コメント

12-TIBET 仏の顔

2009-11-18 08:31:35 | 創作活動
仏画で最も難しく重要な目の書き方も定まっているが、時代によって流行があったのはおもしろい。
仏画の最重要点は目です。目はわずかな線引きで違ってしまう。どんなに位置を定義づけしてもどうにもならないことです。
例えば、左右をまったく同じに描いたとしますと、なんとも味気の無い死んだ顔になってしまいます。
そお、コンピューターで作ったあの薄気味悪い顔なのです。
フリーハンドで描くのは、どんなに対称に描こうとしてもソオならない。だからいいのです。そこに画家の個性が現れてくるのです。
画家の血がにじみ出てきます。もっと探っていくと、どんなに規定にのって描いてもネパールの画家の作、モンゴル人・ブータン人とどこか違ってきます。
私の知る限りですが、最新の作でいいのがモンゴル人の描いた壁画は近代性を感じます。当然、顔つきも異なっています。
いい顔とは美男美女を描くことではなく、観ている方がいつの間にか、仏其の顔になってゆくような気分にさせる顔、でなくてはいけません。

写真は我が家の土蔵に描いたチベットの観音---20年前の七五三記念写真
コメント

11-チベット仏画を描く

2009-11-16 09:08:02 | 創作活動
今日のチベット仏画は、長い歴史の上に独自のバランス感覚のスタイルが確立してきたことは大雑把に話してまいりました。 
具体的には、任意の1の長さをもとに割り振っていくので、姿勢は総てがコピー化されていく。
顔の傾き・目鼻の位置や大きさなどなど厳格に決まっています。
では、その割り振りの本はといえば、タブン人間の形、すなわち自分たち自身のからだと思いますが・・・。
画家はその升目の中で輪郭を描き出すのすでが、作者によって微妙に違ってきます。言い換えれば、骨の位置(中心)はコピーされても、肉着けが違ってくることによって、どうしても雰囲気が異なってしまいます。
当たり前といえばアタリマエなんですが、これこそ描手の個性で、同じような図形で微妙に違っていることを見い出すのは面白いことです。
また、時代・地域によって違っているので、年代鑑定の目安になります。
 
右図はただ今製作の「チベット寺院内を描く-360×200cm」の一部
コメント

23歳製作の壁画修復

2009-11-15 16:06:44 | 創作活動
ヒマラヤで遭難死した、友人宅に描いた壁画修復のことは先日おはなしをしました。
具体的にどんな製作をしたのか忘れてしまっていたのですが、打ち合わせにいってまいりました。
昭和42年8月、私23歳のときの製作で、元気一杯、力がみなぎっている、若さそのものの絵でした。
たしか、亡くなった友人と唐沢から槍ヶ岳に行き「ここを描こう」と言うことになったものだった。

様々な繊維壁の材料を左官屋さんから提供され、その壁材をベースに彩色したものだ。
実験的な画法で(画法といえるかわからないが)、いつどんな形で剥離してしまうかわからないもので、其れを承知の上での製作だった。
多少の色ボケはしかたがないが予想以上に確りしており、本体の漆喰壁の方からひびがきてしまった。
基礎が手抜き工事だったようで、早くから床が狂ってしまったらしい。
基礎からやり直している大変なリホームだ。八割がたは工事が済んでいた。
当初は壁画部分を移築し、部屋を広げたかったようだが、費用がかかりすぎるので、そのままの間取りで修復をすることになった。
今週のお絵かきは、修復仕事。3-4日は壁とニラメッコだろうか。

 
コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本