棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

お久しぶりです

2018-02-12 17:54:55 | 山郷の暮し
お久しぶりです。
寒さで凍えていた訳ではありませんでしたが、やっぱりお家で冬眠しています。
制作意欲も湧き上がらず、変わりに日本刀の鍔の研究を兼ねてオークションを検索。
見れば見るほど良くマーーこんなデザインを思いついたものだと感心させられてしまう。
いったいどうやって作ったものなのか、どうにもわからないものだらけです。
中には芯から欲しいなーーと、一応入札を試みるのですが、お値段はうなぎのぼりでギブアップせざるを得ません。
それでも許す範囲で落札はしていますが、私自身の目も肥えてきたのか、予算を超えるものが多くなってしまいました。
素敵な鍔の写真を添付できれば良いのですが、記録保存をしてないのでお見せできません。
 風呂場の窓 氷の華

さて・・本題は鍔のことではなくネズミのことです。
写真はハロウインの南瓜でありません。
我が家の玄関先についでに置いたカボチャですが、3日ほど前からネズミが食っているのです。
最初はカラスなのかと思いましたが、少しずつ穴が大きくなっていきます。
そして、食べかすが散らばっており米粒のようなフンが散乱し、ネズミの仕業と思います。


今年の冬は特に寒さが厳しく、我が家はネズミが飛び回っている。
我が家ばかりでなくご近所も例年よりも被害があり困っている聞きました。
たぶん、野に食料が乏しい状態ではないかと推察しております。

ついでですが犬のハナも3-4匹とらえてくれました。
ほんとうは猫が一番いいのですが・・・。

コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本