棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

壁画制作をする私-2

2018-07-12 15:04:08 | 山郷の暮し
夏になると時には4時ころから眼パチクリになり、濃いコーヒーを飲みアトリエを覗く。
そのまま制作に入ることもあれば、また寝することも。
午前中はほとんどアトリエにうろうろしている。
同行するのは犬のハナで、この子はアトリエがいたく好きなようで「アトリエ」の一言ですっ飛んで行く。

 制作は順調に進んできたようだがさにあらず。
構図はまったく変わらず、変えようもないのだが、壁画の仏たちの平面と、よりリアルに立体的に描き出したい油彩の自画像とのバランスが難しい。
壁画は古典的日本画画法のように線によるボリュウム感にしたい。
油彩画を主な画法としてきた私にはセンス的に異なり、大変難しい。つい陰影を色または面にしてしまい目的と違ってしまう。
何よりも絵の具が異なるのであるが、油彩画の仕上げにするので、試し一工夫をしながらの制作だ。
 
下の部分が当初と大きく変わった。

 6月下旬には完成し、蛇足的な加筆を避けるために母屋に絵を移す。
所を変えれば違って見えることもあり大切な行程だが、晩酌で楽しむにはどうも油臭すぎる。
まーど真ん中に脂ぎったおっちゃんが眼をむいているからやむえまいが、背後の「空間設定は前面になるのだが」仏たちまで脂ぎって重すぎると気がつく。
そうならないように気を配っての制作であったが、何時しかリアルな描き出しの自画像に合わせていたのである。

第三者の意見を伺いたくなり、長年の絵描き友に来てもらう。
開口一番「集大成のような絵ですね。いいのだけれど観ていて不安になってくる。つまり観ているものの視線が定まらないからではないだろうか。」
そして、いろいろな意味があろうかとおもうが「わからない。判らない苛立ちを覚える」と。

それでは私が意図とした「誰でもが得る事ができる平安な心境」へのいざない、とでも言うべきであるのだが、真反対になってしまっている。
友は一二分に私の意図を承知の上で言ってくれたのであろう。
それから第三の制作段階へと移った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壁画制作をする私

2018-07-11 11:34:43 | 山郷の暮し
主に西日本方面を襲った大水害はまだ全容が把握できないようですね。
私の所を心配して電話をくれた神戸の方がいましたが、その近くの川があふれ出たようです。
いやーーこのたびの大雨にはまったくの予想外と私はすみましたが、政府はそうわいかないはず。
点数稼ぎに目先のことを始めていますが、いつも腹立たしい対応です。
ネットニースによると韓国では災害大国日本の災害対応に冷ややかな報道とか。
災害は何時何処でおきるのか、本当にわからないことを知らされます。


4月より爆発的に創作を始めたことは前回投稿しました。まだサインも描きいれないキャンバスが重なっています。
6月の頭よりの制作作品は「壁画制作をする私」F50(91X117cm)である。
一種の自画像なのですが、描く内側から私を見る視線 なのです。(トップ写真 下書き)
鏡に向かって描くことと変わりがない作画法ですが、描く世界から自身を見るという意図はあまりない自画像では無いでしょうか。

10年ほど前に「不動明王を描く私・・f30」を制作しましたが、突然その制作意図を思い出し、今度は穏やかな心境の阿弥陀如来来迎の制作をする私を連想する。
来迎図は1990年に塩尻市善立寺でおさめており、2015年には世紀兄の協力を得て実物大-5x4Mの写真にて美術館にて展示「聖なる空間 りゅうおう丸画業50年展」をかいさい。
そのようなこともあり資料にはことかかず、来迎図制作意図にはさほど思慮することなくすんなりと取り掛かった。


まず、制作にあたりいつも迷うことは、既製の油彩キャンバスにするか私製の綿キャンバスか、
今や独自なものとなった「ナイロン入り障子紙」など、どのようなキャンバスに描くかであった。
それは仕上がりの状態や制作法にかかわる大事な選択であるのです。

スピードや描きよさ{必ずしも言い切れず問題もあるが}等からパネル貼障子紙にする。
にかわ・胡粉等で下地つくりをするが、水彩での制作は油彩への地描といえます。
時にはこれで8割り方描いてしまい、シーラという下地剤を塗る。まだ水彩は使用できるがアクリルがベターだ。
仕上げの油彩に移るときは前面に溶き油を塗りこむ。水彩が油彩的な透明感に変わる。

最終の仕上げは油彩画法と変わりがないが、兎も角油が吸い込まれてしまい難儀をすることもある。
ではどんな利点があるかといえば早いうえに、発色がいいことです。
通常のキャンバス地でこれを望むとなればしっかりと厚めの地造りが必要になる。
せっかちな私には面倒な工程で、いつも省いてしまいかえって難儀をしてきた末に生み出した画法である。

さて、本題の作品制作について。
まずは空間構成であるが想定ではややっこしい。自画像としての現空間と、その前面に描き出された絵画世界の異空間がる。
さらに私でもあり仏の目から観た「制作をする私」である。例えればガラス絵のように絵の裏側から透かし見るような構成だ。
どんな作品でも本人が意図とする世界に成りきって制作をするが、このテーマでは仏世界に住まなくては成らない。即ち私が仏となっているのである。
では、仏世界とは・・・と大問題であるが、そのことについては死ぬまでわかりはしないので{死んで仏になると言うことではない}記せないが、ともかく仏を身近に感じていることは確かです。
特に気張りもなく、また18番の仏画制作でもなく自然に、日記をつけるように毎日短時間でもアトリエに入っている。
これだけのテーマですといつもは夢に見ることが多々あるのですが、今回はまったくそれらしい兆候はない。
正に快食・快眠である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湧き上がる制作欲

2018-07-06 10:13:23 | 山郷の暮し
 記録的な早い梅雨明け宣言でしたが、2-3日前から梅雨の真っ只中に戻ってしまいました。
急な裏山を背にした我が家を心配して、お電話をいただきましたが正直「それほどなの??」と。
テレビでは長野県に大雨注意報が報じられていましたが、周辺は心配なさそうです。

 今年の冬は寒暖が激しく少々体調を崩してしまいましたが、早い春の訪れに桜も一気に咲き進み花見宴会をする間もなかった。
昨年に続き「はないかだ」をテーマにした制作をする予定が、田圃では花びらが漂うどころか青み泥がふつふつと沸いてしまった田植え前の田圃。
「美しいなー」と感じ、散歩のたびに写真を撮り構想を練る。
そんな私に「青み泥が沸くのが早くて困るンね。写真なんか撮ってどうするダイ。」と親父が言う。
田植えによくないと見えアオコを汲みだしている。


 制作を進めているうちに脳裏にありありと浮かんだのが、1970年代後半にバングラディシュからインドへのフライトでみた光景だった。
数知れぬ川が縦横無尽に流れる大地は光り輝き、息を呑むほどの光景に機内のパンフに夢中で描いた。
帰国して制作をしたわけではないが、そのパンフは今も保管されているはずだ。
探し出したわけではないが、40数年前のことを思い出し「そのイメージを描き出そう」と制作を始めた。
我ながら不思議とおもえるほどの鮮明さで、今年の本格的制作の初めであった。

 それ以後、体内に眠り込んでいた制作欲が爆発し、3ヶ月の間にF50(91-117cm)を5枚制作したが、まだ一枚も完了のサインは入っていない。
ともかく今は湧き出るままに新作に取り組んでいます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございます

2018-07-05 20:30:52 | 山郷の暮し
ありがとう。心からありがとうと申し上げます。
というのは、長らくブログ投稿をしていなかったために、御愛読いただいていた方々からメールやお電話をいただきました。
元気でした。まったく問題なく晩酌を楽しんでいました。
投稿をお休みしたのはネタが乏しくなったというよりも、春になってから一気に爆発的に創作活動に入り正直、投稿が面倒になっています。
今日は朝から梅雨以上にシトシトと雨が降り続き、気分も乗らないのでPCに向かいました。
晩酌でいささか酩酊状態で、当初の思いが綴れませんが「皆さんありがとう」
今夜はコレくらいでオヤスミナサイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍔のはなし ねずみチョロチョロ

2018-04-16 14:20:35 | 山郷の暮し
久しぶりの投稿になります。
その間、初夏のような馬鹿陽気に我が家の桜も例年より2週間近い開花でした。
5分咲きのころから寒気が降りてきたのか飛行機雲ができる日が続いています。
冷たい風にこれが例年の天気だとは思いますが、馬鹿暖かかっただけに冬用の上着をしまいきれません。

さて、またまた鍔の話です。
縁起担ぎの好きな日本人。いろいろあるのでしょうが中でも吉祥の小動物の代表格は「ネズミ」です。
鍔の検索の中で時折目にすることがあります。
知人のコレクターも自慢の一つだと見せていただきました。・・トップ写真
脇差用の鍔でしたが盛り上げ造形に銀の被せ象嵌。
全身2センチに満たない中に、ヒゲまで毛彫された見事なものです。
チョロチョロといまにも出てきそうな写実力とボリューム感に、あらためて職人技のすごさを観ました。
そして、見れば見るほど被象嵌はどのように細工をするのか、まったく見当うもつかない技巧です。

私のコレクションの中にも花などを被象嵌されたものがありますが、
盛り上がっているといっても厚みは0.5ミリにも満たないのですが、金・銀・真鍮・銅などが輝き浮き出ています。
象嵌というのはご存知のように金属ばかりではなく、漆工芸などは貝象嵌--螺鈿 があります。
鍔にも螺鈿細工をされたものをネットで見ました。おそらく大名鍔と呼ばれる高価なものでしょう。

平安城象嵌という有名な技巧があります。
京都から始まったものが全国に広まり、細緻な模様もつけやすかったのではないでしょうか。
拡大鏡で見ないと判らないくらいの細い線刻に、少し厚手の金箔または切金を食い込ませたのではないかと想像します。
というのは磨り減っているものも少なくありません。
この技巧は全国的に伝わったと見え、各地の地方産鍔にも金などがポイント的に貼られています。
私の持っているものもそんな一つでしょう。

細い線による平安城象嵌とは異なりますが、金象嵌がされています。
日本人の大好きな 唐獅子牡丹 と吉祥な図案が力強い線刻でされています。
私の自慢のコレクションでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍔雑記・・図柄のこと

2018-04-04 14:56:54 | 山郷の暮し
十二支や縁起のよい動植物や物事をデザイン化したものも少なくありません。
ウオッチの範囲ですが龍・虎はダントツで、次にはネズミ・牛・ウサギなどですが見つかっていないのは羊です。
なんとなく絵柄にしにくいか、ヤギか羊か判らないのかもしれない。

私の名前が龍がつくからではなく、とりわけ目に付く「龍」さんに注目してみましょう。
中国からの影響で神社仏閣ばかりではなく、あらゆる工芸品に意匠されてきた龍ですが、そのほとんどは手足の爪の数が3つです。
中国では皇帝のみが5爪のデザインで、おそらく日本でも最高位の人たちの装飾デザインだと思います。
私は日本では4爪まてしか確認していません。
禅宗では龍は悟りの境地を表しているらしく、天井画をはじめ幡などにも描かれています。
しかし、5爪龍は見ていませんし、ましてや鍔ではお目にかかっていません。
龍の話だけで延々と続いてしまいますがもう少し・・・。
 言うまでもなく架空のモノでありながら、どこか本当に居そうな気がするのは神社仏閣いたるところで・・・、
そうそう口からは水ばかりではなく温泉を噴出しているところもあったり、ともかく面白い。

 龍が刻まれた鍔が欲しいのですが、イイなーと思うものは高くてトテモ買えない。
総体的に龍の画柄のものは複雑で、裏表出入りしているものが多い。
天空を駆け巡る様から作り手も気合が入っり、時としてこりすぎの感もします。


 私は昔から龍の染付けがされた磁器を集めていましたが、いつしか消えてしまった。飛んでいったのかなーー。
今気に入っているのが骨董的価値はないものですが、型絵ものや職人さんがパッパッと描いた雑器などがあります。
凝った絵ではなく気取りの無い一筆書きの良さに引かれています。
鍔で探し当てた鍔は金象嵌によるもので、おおらかな曲線がたまらなくいい。
 竜頭蛇尾ですが龍のことはこのへんにしておきましょう。

 竜虎といいますように「虎」の図柄も様々にあり「竹虎図」などは定番といえます。
虎となれば「獅子」で、これは縁起のよい架空の動物ですね。
特に「唐獅子牡丹」は最高の絵柄で、古い映画の話ですが高倉健さんの刺青姿のかっこよさは今も目に浮かびます。
写真の鍔は私の自慢のコレクションの一つで偶然に手に入れることができたもの。
無銘ですが線彫りの深さや鋭さは絶品です。
有名な鍔師「正阿弥」の本物を手にする機会があり、この技巧と酷似していると秘かにほくそ笑んでいます。
というのは、私の予算ではなかなか手に入りにくいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2-鍔雑記

2018-03-24 18:22:07 | 山郷の暮し
画人としての感覚で鍔を形や図柄から5種に大別してみましたが、これはあくまでも私の見識の範囲であることを申しておきます。

蔵書のなかに「平安紋鑑」という復古本があります。
京都の紋章工芸協会が正確さが失われてゆく紋章を、昭和11年に編纂し今日まで再販されている本です。
これによると、日本に紋章らしいものが現れたのは平安時代の中ごろからです。
当時勢力のあった藤原氏一族を中心に家柄を重んじるふうが盛んになるにつれ、正装や輿などに家柄や身分を誇示するしるしとして描いた。
これらが発展し世襲されるようになった。
戦国歴史劇でおなじみの、陣旗や武具などのデザインにもなっていますね。
確実に家紋として多様化していったのでしょう。

 徳川時代になると敵味方をあらわす目的はなくなり、主に意義をただす目的とともに家系をあらわすことになった。
参勤交代が始まると特に家紋は大事な表示になる。
また、登城には厳格なさだめがあり、互いの名前・役職・地位その他を知るのに紋章は公務上絶対に欠かせないものとなり、図録もできたようだ。
先に書いた「紋鑑」の始まりですね。

かい摘んで記しましたが、この本を見ているだけで実に楽しい図柄である。
葵の紋はどなたもご存知でしょうが60種近くあります。
鍔のデザインにも葵図がありますが残念ながら私は手元にありませんし、資料も無いのでお見せで着ません。スミマセン・・。
江戸時代に鍔辞典のようなものが出版され、復刻版もあるようですがとても高くて買えません。
図書館でもありませんでした。

鍔は刀身がありますからどうしても中心穴(なかごあな)があり、絶対的ではありませんが、左右に小柄ひつ孔・こうがいひつ孔などがあります。
これらを考慮してのデザイン化ですからなかなか難しいことかと思います。

写真の鍔は以前に投稿した「修正をした鍔」で、茗荷紋の一つです。

ネットでの記憶だけですが茗荷図柄の鍔はたくさん見かけ、
それもそのはず、茗荷紋は10大家紋の一つで70種以上もあるのです。

裏覚えですが巴紋(ドラえもんではありません)は鍔デザイン化しやすいと見え、さまざまなものを巴型組んでいます。
面白いのは大根やナスなどを絵柄にしているものも珍しくはありません。
おそらく、大根やなすびはよく実り、縁起の良い作物と洒落たのではないでしょうか。


写真はネットの画面より 
子守をしている大変珍しい絵柄ですね。このようなものを作り上げたことにビックラします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2-鍔は面白い

2018-03-19 14:45:23 | 山郷の暮し
昨日と一変し朝か重い空で、いまにも降ってきそうです。まだまだ冬の気温です。

 鍔の画像を見だしてからまず感じたデザインは、アバウトにいえば5種に大別できそうだ。

1 いかにも鍔という感じで、こじんまりとしっかりしたデザインはどことなく「家紋」に似ている。
実際にストレートにそのようにした鍔も少なくない。
私はこの家紋を生み出した美意識が、鍔デザインの根底にあったと思っています。
写真は必ずしも文の画像とはいえませんが、葵を巴形に組み合わせたしゃれたもの。
ネットの画面です。

2 次に感じたのは6センチから大きくとも9センチのほぼ円形(変形も多いが)の中に花鳥風景を描き出しているモノだ。
正直 これらの鍔は驚嘆に値する構成やセンスで、まさに日本ならばこそだと思う。
私がもっとも興味を感じる鍔で、是非ともコレクションしたいが目をつけるものは高価である。

3 さらに日本独特な構成素材として干支や縁起のいいもの、言い伝えられた物語や人物、なによりも昆虫や魚類などだ。
最も判りやすいのは、武将の兜や軍旗などにトンボやムカデなどがデザインされていることである。
いずれも「あとに引かない」と武将魂を象徴しています。
ヨーロッパの方が虫などはもっとも弱い存在で、騎士の象徴にするなど考えられないと驚嘆していたことを思い出しました。

4 そして、現代デザインを思わせる粋で斬新な形状や模様。
これらは実戦を離れた江戸期からで、鍔としての美意識の上に制作されたと思う。
特に元禄時代のものは派手で斬新さがある。

5 判ってくるうちに、戦国以前の鍔はあまり図柄もなく、ごつくていかにも丈夫そうで実践用である。
 鍔工ばかりではなく、刀師や甲冑師などの鍔が伝わっています。余談ですがこれらは割合高価になっています。

鍔の図柄で大別をしましたが、素材・技法・年代、はたまた流派等区別の方法はいくらでもありそうですが、
先に書いたように私は画人として図柄に注目をし思いつくまま記しています。

代表的な鍔はこれですよと、大見得を切ってみたいのですが「そんなことは言いきれない」と異論と鍔迫り合いになる前に、紹介できるほど見識は無いことを先に言っておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍔って面白い

2018-03-16 16:33:39 | 山郷の暮し
鍔の事などまったく関心がなかったのだが、「文鎮にでもしてください」といただいたのがきっかけでオークションを検索しだした。
そのいきさつは先に投稿しました。
冬の寒さもあり制作もままならず暇つぶしに研究をするうちに、モーー夢中になってしまった。

実戦では突き刺すのが主な戦法で、鍔の目的は手が滑って自ら指を切ってしまわないためのストッパーであった。
先にも書いたが「鍔迫り合い」は実戦ではなかったようだ。
韓国の時代劇には突き刺す武術で、直刀であり、古来の日本もそうであった。
鍔形状の大きな違いは、中心穴(なかごあな)の形が日本刀では鯉形で、韓国は長方形といかにも突き刺すにふさわしい形だ。
日本はいつしか弓なりの切る形になったのは、鋼材の違いなども関係あるようだ。

オークションにも時折長方形の中心孔の鍔が出品されることがあり、勉強不足のころは変な孔型だと思っていた。
また模様などは日本の鍔ほど意匠に富んだものはまだ見ていない。

日本刀のことに薀蓄をの賜る知識や興味はないが、他国の文化と比べたとき大きな違いがある。
武器をここまで意匠を凝らし、美術品にまで格調高いものに仕上げたのは日本だけではないだろうか。
海外の旅などでは必ず美術館ばかりでなく博物館にも入館するが、どこの国でも歴史的な武器の展示コーナーがある。
武器類には特に感心が無かったということもあるが、「美しいなー」と魅せられてしまった武器は思い出せない。
王様・貴族階級のキンキラなサーベルも鎧も同様である。

日本刀の刀身のすごさに世界が認めているが、意外と鍔をはじめとする他の装飾細工に注目をされていない。
刀身は国宝・文化財指定も数あり、今もって有名な刀鍛冶が伝わっており、興味の無い者もナントナク聞き覚えがあるものだ。
しかし、独自な発展を遂げた鍔においては、鍔工どころか代表的な流派すら知られていない。
私もつい3-4ヶ月前まで知らなかった。
これから専門職的(骨董屋的)なことではなく、画人としての思いつくままを記していこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3-鍔の修正  乞食の喧嘩から

2018-03-08 14:59:52 | 山郷の暮し
つい 乞食の喧嘩 と言ってしまいましたが、金にもならないアホラシキ行為とでもいう意味でしょうか。
ちなみに検索をして見ましたらそれなりに馬鹿馬鹿しいことの羅列でした。

 お湯に浸ながら気が向けば表面のヌルヌルを落とすことであったが、次第に遊離感は少なくなり、硬い真っ黒なこびりついた一面に変化は見られなくなってしまった。
もーお湯で溶け出す段階ではないと判断し、思い切って篆刻に使用するハンド電動機にて振動をたよりにやってみるが、思うほど剥げ落ちてくれない。
その硬さには芯から驚かされ、いったいどおいうしろものなのであろうか???ばかり。
黒色は墨ではなく微粒な鉄粉だとも思える。
暖かな日はお日様を浴びながらガーガーがーと。0.1ミリほどの粒が取れればヤッターーと思うほど作業が続いた。

 お湯につけると塗られたものが真っ黒になり、水で冷やすといぶし銀又は半透明になる。
多分膠による発色のためか思われたが、金属の硬さとはことなるネバリがあるもので遅々として進まなかった。

 それにしても銅地のぶつぶつのある状態に線刻をし、その上高価な銀鍍金をしたものであるが
それまでにしての鍔なのか修正作業をしていて腑に落ちない。
今は制作の発想も無く暇をもてあましているが、ものすごく無駄な馬鹿馬鹿しいことをしているのではないかと思ったりもしたり・・。
 
 表側を重点的に削り落としたが、落としきれなくても終了とする。
裏面との作業量はかなり違うがあえて止め、当初の様子を幾分残すことにした。10日以上の作業であった。

 いま見違えるほど綺麗になった鍔を目の前に飾っているが、透かしの部分に分厚くこびりついている所がありシャープな輪郭が失せている。
修正となるとやすりで削り取るしかないがモーやめた。
 見ていると地の荒さが平坦な輝きではなく燻し銀のような輝きにしている。
もしかしたらそのことを読みきっての細工となるとこれは大したものだ。
と、視点を変えて鑑賞していると、なんとなく自分で細工をしたような気分になり返すのが惜しくなってきた。

乞食の喧嘩も少しは喜んでもらえるものと、多少の満足感はありました。
それでいいのだーーー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本