棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

朝 色の始まり 修正

2021-07-09 16:58:42 | 山郷の暮し
連日よく雨が降り続きます。
毎年あることとはいえ「こんなに降り続いたっけ、頭が腐っちまう」と思うほど年々心身に応えてきます。
各地で大雨による被害が発生していますが、
我が谷は崩壊指定地域になっておりますが、今のところおかげさまで被害はありません。
 
さて2017年6-7月に制作をした「朝 色の始まり F50」がありす。

朝日を受けキラキラと輝くいつもの散歩コースの一景ですが、色とは色彩ばかりではなく「色即是空」の哲学的意味を持っているのです。
畑に野菜を取りに来たオバちゃんは光の中に溶け込み、混然一体としている静かな世界です。
存在すら気が付かない。
オバちゃんも私の存在など知らなかったでしょう。
いつもの当たり前のことなのですが、「これは絵になる」と焼き付いた様なのです。

先日の散歩時に全く同じ光景に出会いこの作品を引っ張り出しました。
完成をしていたのですがナニカ物足りない。
いいのだが現実風景または光景に囚われすぎ「絵の世界または心象世界」になりきっていない、と気がつきました
とはいってもどこを修正したらいいのかわからない。
制作意図を記した日記を見直す。

思い描き観続けたのは数日。
フッと思ったのが「オバちゃん」を今一つ目立たせようと筆を入れた。
筆を入れたのは30分くらいである。
その違いは写真ではわかりにくいが、自身が腑に落ちる完全完成の域にようやくなりました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 社会派作品ーー 海の叫び | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事