棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

隠れキリシタン鍔

2017-12-15 11:21:16 | 山郷の暮し
にわか感心者になってから一ヶ月あまり。片っ端からオークションを観ているうちに、それなりに眼も出来てきているのかもしれない。
と自画自賛しても、本物を手にしなくてはダメなことは十二分に承知はしているが、簡単には手元に置けない。
いいなーー、ほしいなーーという代物ばかり。
次々とびっくりするような技巧とデザインの鍔はまるで「根付」の細緻な美しさに通じている。

文明開化以後、海外の一般人が関心を持ったのが浮世絵と根付。大英博物館では根付だけの展示コーナーもあるくらいです。
ガラスケースにびっしりと並んだ、様々な素材の小さな細工物を見た折には「日本人だよなーー」とおもったりした。
にわか鍔感心者が解ったことをいうつもりはないが、日本刀の鍔は基本的には武士のチョット見栄を張ることが出来る装飾品のひとつともいえる。
様々な制度の規制のなかで、さりげなく「おしゃれ」をしたのではないか・・。

オークションの中になんとなく惹かれたものがあった。
直径7センチ弱の脇差用の鍔で、丸棒形体の縁取り(耳)には象嵌が施され、無駄のないデザインだ。
競り落とすことが出来、手にするとどこか上品な趣がある。
これは逸品が手に入ったと嬉しくなったが、ひびがはいり、鉄地が剥がれ割れたようになっている。
それだけに鍛造で鍛えられた製作であることをうかがえるが、どうやって作り上げたのか、またどうして割れてしまったのか・・と疑問が湧いてくる。
  
検索をしている中で、同型のものが「隠れキリシタン鍔」の説明文を見つける。
そおいえば十字形に見えないでもない。

改めて検索をすると、秀吉がキリシタン禁止令を出した1596年を境に、キリシタン鍔と隠れキリシタン鍔 とに分類しているようだ。
手に入れたこのツバはおそらく「隠れキリシタン鍔」であろう。
信仰の証しを脇差の鍔にして守り通した武士は、どんな人だったのであろう。
いま、PCの脇にあるが、簡素な美しさの中にどんな歴史が潜んでいるのか夢想するのも楽しい。

コメント

日本刀の鍔

2017-12-07 16:52:54 | 山郷の暮し
日本刀の鍔に興味を抱いてより、絵画制作などへの思いはどこかにすっ飛んでしまい、朝一から鍔の検索から始まる。
それにしても工夫を凝らした多義なデザイにびっくりしてしまった。
大きくても8センチほどの円形や楕円、または図柄からの縁取りなど様々だ。

まるで山水画を観るような広々とした空間表現には驚かされる物もある。
飛ぶ鳥の位置で空間の広がりが異なってしまうから、かなりの絵画センスを必要とする。
但し、中には技巧はともかく今ひとつだと感じるものも少なくない。
解説などを読んでいるが、中には画家の下図によるものもあるらしい。
現物は知らないが、確かに見事な構図の写真を観ているうちにほしくなる。
オークションに参加してみるが、たちまち私の小遣いの範囲を超えてしまう。
それでも一点落札ができ、ただいまディスクのケースに入れて飾ってある。

鍔の製造法を知りたくなり検索しているが今のところ解らない。
様々な技法は紹介されているが、一からの製造解説がないのです。
つまり刀の製造などは実に詳しく紹介されそのような解説を望んでいるのです。

紹介されているものは現代の方法で、鉄板や銅・真鍮などの板を切り抜き、
彫金したりすることで私は地金の造り方から知りたいのです。

鋳造物はかなり精密に復元が可能で、時代づけも薬品によって加工ができるようだ。
それは贋物を作るというよりも、現代の作家の挑戦でもあると思いたい。
実際 現代作家の鍔は高額で取引されているようだ。

オークションで「ほしいなー」と思ったものですが、やはり追いつかなかった。

 五輪塔の透かしになっていますが、実に明快で面白い。
墓石の形式ですが、そのような図柄のものに興味を持つ人は少なかろうと判断しましたが甘かった
コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本