テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

TEN、  AT-1110-1

2010-02-17 15:49:31 | Weblog

 

 古いVWのビートルに使われていたと伺ったTENのAT-1110-1で手元に有った昭和38年
頃の同社の製品にも今回のモデルにRF Amp.として使われている2SA275が使われており
多分昭和40年頃の物ではないかと想像出来る。 この種のカーラジオの修理に付きまして
はこちらのホームページかたお問い合わせ下さい。

お話ではNHKの近辺で発振するとのことだったが受け取った物は全域で発振しており、A
GC回路に問題が在るのでは無いかと想像した。 AGC回路も含めケミコンの劣化が想像
出来たのでこれらを先ず交換してみたが若干の改善は見られたが根本的に直った訳では
無かった。

ケミコン交換後の動作からは高周波段での発振の様想われたがここに使われている2SA
275は入手出来ず、在庫の中からなるべく近い物を探し交換したところ好結果が得られた。 
パイロット・ランプも切れていたがサテどこまでやるかご依頼主に伺ってみよう。   因みに
ライン・ナップは2SA275-2SA273-2SA274-2SB120-2SB120-2SB468(x2)とIFが1段と若
干心もとない構成だった。

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Philco, Predicta H3408 D... | トップ | JRC、 NRD-10B (1975年9月) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事