テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

●Bosch, MOT 201 モーター・テスター

2008-06-27 23:29:31 | Weblog

7月23日 完成に近付くと細かい問題が見えて来てタイミングライトが光らないとのことで下の
画像の様に分解し回路を調べてみたが高圧のコンデンサがパンクしていることと高圧に繋がっ
ている抵抗が焼けているのは直ぐに見付かったが一応回路は動作しており不思議だった。 
仕方なくキセノン放電管を交換してみようと半田鏝を当てて直ぐにこの放電管にクラックが有る
のが見付かった。 

7月19日 2日間車に載せ、3日目にベンチテストに移った後に症状が出て以後症状が出っぱな
しとなった。 これは修理する側に取っては待ちわびた好機で早速問題点の解明に取り掛った。
結果から記せば電源+20Vを+13Vに落としている電源回路のトランジスタ(下のパンチングメタル
のケースに載っている)TIP3055のhfeの低下、及びベースバイアスを作っている(多分)13Vの
ツェナーの短絡が原因でした。 ツェナーの短絡、及びトランジスタのhfeの低下の原因は不明
ですがこれで先ず大丈夫と想われます!  疲れた!

7月16日 サテ問題を何とか出そうとしても出ず、アチコチ叩いたり、電源電圧を下げたりもして
みたが一向に問題は発生しない。 上の画像のブラウン管用高圧電源に最も可能性が在りそ
うなので半田付けも全てやり直し、ブラウン管基部の基板も同様全て半田付けをし直した。 
何とも問題が出ないので毎日車で移動し数日変化を見てみることにした。

7月14日 結果を見て頂こうと我が家に来て頂いたが、ブラウン管が光らないと云う問題が見ら
れた。 何度か電源を入れ直したりしたところブラウン管が光だし可也の衝撃を与えても変化は
無かった。 こうなるとその原因を見付かなければならず再度取り組むこととなったがこの種の
【偶に問題が出る】と云う症状は一筋縄では行かない!

7月13日 先週木曜、机上の試験では良好に動作している様想われたので夜ガレージに運んで
貰い翌日実際に使って頂いた。 良い結果が得られたと電話が有るだろうと待った結果伺ったの
はブラウン管が全く光らないと云う予想外の結果でした。 その日の夜、我家に届けて貰い今日
内部を確認したが問題は見付からずブラウン管も問題無く動作している。 ならばと念の為自分
の車で実際に動作させてみた。 バッテリーの+-、イグニッション・コイル1次側の+-にクリップを
接続し、イグニッション・コイル2次側とディストリビューターのセンターには容量結合のプローブを
繋ぎ、一番目の点火プラグにはカーレント・トランスタイプのプローブを繋ぎ準備完了。 

キチント同期(トリガー)が掛かった結果が得られた。 上はイグニッション・コイル1次側の立ち
上がりでトリガーを掛け、右端にイグニッション・コイル2次側の(点火用)電圧が見えている。

7月9日 昨日のMOT401の結果に気を良くして今日は朝からMOT201のトリガー入力から調べ
始めた。 FETを使ったブロッキング発振回路の様で回路を少し追ったところで各部の電圧を測
ろうとしたが電圧が加わって無い。 電源に向かって調べを進めたところ電源ラインのプリントパ
ターンの焼失部分と、トランスからDiブリッジえのリード線の(過電流に依ると見られる)断線が
1ヶ所ずつ見付かり各部の電圧も略正常になった。 只μA409等のOPアンプのVccが+12Vは
問題無いが、-側は6.8V程だった点が気になる。 *FETと記しましたがその後UJTでは無いか
との気がして来ました。

7月8日 別機種MOT 401のテストを終え、ついでにご依頼主から伺った症状を確認してみた。 
どうもトリガーはイグニッション・コイルの1次側に発生する電圧で掛けている様で、2次側の電圧
を観測はするがこれではトリガーは掛けて無い様で一歩動作に関する理解が進んだが以前資料
無しで取り組むのは可也の困難を伴いそうだ。 一昨日だめもとでBOSCHの本社に資料請求をし
てみたがサテ、何か得られるか? 

先日MOT 401を修理した岐阜のガレージから届いたMOT201で、症状は1次、2次(イグニッション
コイルの)共トリガーが掛からないと云う、甚だ回路の細部が分らない限り(以前BOSCHは基板交
換で対処していたそうです)手が出せずどうしたものか悩むところです。 垂直の信号を使い、水平
走引のトリガー信号を作っているのでしょうが、何せICが多用された回路で全くと言っても良い程
資料も無い中で、果たして原因を見つけることは出来るのか?  この種の機器の修理に関しまし
てはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。 *イグニッション・オシロスコープと記して
おりましたが新たに入手した資料にはモーター・テスターとありましたので名称を変えました。

ご覧頂ける様、可也煩雑な回路で各々の基板には可也の数のICが使われております。

念の為、水平/垂直各偏向回路が動作していることを確かめましたがトリガーの掛かり具合は
確認しておりません。 仮に確認出来たとしても回路図無しでは手が出せず、幾つかの方法で
BOSCHにも回路図の要求を出しているのですが果たしてどうなるか? 先に問い合わせたミュ
ンヘンのマニュアル屋とは別の所をダメ元で当ってみましょう。

コメント

●Becker, Monte Carlo (1950年代中頃)

2008-06-27 23:10:53 | Weblog

7月5日 イヤハヤこれでもかと言うほどアチコチに問題が有り修理に難航しましたが何とか好結
果を得ることが出来ました。 しかし折れていた下の画像に在るシャフトに別のシャフトを蝋付けす
ることから始まり、IFT、VR等の修理、コンデンサ類の交換等々大変な修理となりました。

この時代のドイツのIFTは似た構造の物が多いのですが1.5φ程の細いダストコアが2mm程の
ネジの先端に(その固定方法が不明ですが)固定されているのですが実際は別々になって仕
舞っており、調整が出来ないと云う物が殆どです。 このコアの修理中にコイルも一箇所づつ
切れて仕舞いその修理にも手間取りました。

これもお決まりのVRの故障で、VR部分は激しい接触不良、また電源スイッチは全く機能してお
らずこれまた全て分解し修理しましたがそれだけで半日以上を要しました。 もう一点トーン切替
のスイッチがVRと電源スイッチの途中に有ります。

修理中にダイアル糸が二度切れて仕舞い思い切ってダイアル糸も交換しました。

当初付属していた6V用のバイブレーターで修理を行いましたが、12V用に交換してみましたが
動作に問題は見られなかったので12Vの物を使うことにしました。

以前米国から購入したものの選局用シャフトが根本から無くなっていた為(この問題の説明が
無かったのが甚だ腹立たしいのですが)そのままとなっていた今回のカーラジオ(1950年代中
頃のBeckerのMonte Carlo)ですが車のことでアレコレお世話になっている外車専門のガレー
ジに行くついでにボール盤をお借りし穴を開けて参りました。 4φのシャフトに3mm用の下穴を
開けましたが予想通り可也センターがずれて仕舞いました。 サテ、真鍮か銀のロウ付けがし
たいところですが設備も材料も無くどう接合させるか? この種のラジオの修理、改造に関しま
してはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 

 

コメント

●SONY 8-301

2008-06-23 18:10:55 | Weblog

6月24日 日本仕様のチューナーも無事組込み全体の動作を確かめたところ同期分離に若干
問題が見られた為、基板を交換し好結果が得られた。 一安心!

久し振りにSONY 8-301のご注文を頂いた。 ただ手元の8-301W(北米輸出用)を日本仕様に
仕立て直さなければならず先ずチューナーの交換に取り掛かった。  と、その前にこの機種の
チューナーは(既に製造後40数年となり当然ですが)接点部分が接触不良を起しているのが常
なので今日は先ず精神を集中させ接点部分の研磨を行った。 この種のテレビの修理に付きま
してはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント

●Radiola 67 再び

2008-06-19 16:56:58 | Weblog

ここ数日取り組んでいるのがRCAのRadiola 67の入力トランス作りです。 数ヶ月前にラジオ部分
の修理を担当したのですが電蓄部分は不完全なまま(音量が殆ど無い)だったのを何とか活き返
らそうと云うものです。 

現状は本来の入力トランスが断線の為か無くなっており、代りに600Ω:20KΩのトランスが中に
入っておりました。 またその前に、マグネチック・ピックアップの低インピーダンス出力をテレビ用
音声出力トランスの1次、2次を逆に使って昇圧し、上のトランスに入力しておりました。 Radiola
67の資料にはこの入力トランスのことは唯一19Ω:5,000Ωと記されているだけで(直流抵抗)使わ
れている線材に付いての記述は無くサテと困って仕舞うのであります。 頭を抱えていてもらちが
あかず、友人から送って貰った0.08φのポリウレタン線を200t程と巻き始め100t程で抵抗を調べた
ところ既に60Ωを超えており一応100tで先ず試みてみることにしました。 今回使ったAFTは昭和
一桁の松下電器製受信機用の物で日本無線製のしっかりした物です。 しかしサイズが大き過
ぎ元々のケースには入らずここからが大変でした。

コアも全て組み込みトランスとしては完成したのですが、外形寸法は元の1.4倍程となって仕舞
い到底入れられずアレコレ探した結果、国産のトランスの製造と同時期のチョーク用の物が見付
かったのでこれで何とか上手く固定する方法を考えましょう。

 

コメント

●人工衛星からの電波受信

2008-06-13 11:45:37 | Weblog

6月16日 先週木曜夜から数度のパスを受信してみたのですが中々陸域が見えず何とかならな
いものかと実験を重ねておりましたが今日午前のNOAA17の9:31-9:45のパスを通勤途上の用賀
駅近くの広場で受信した結果が上と下の画像です。 上はMove Map Overlay処理(2回)後、下
はこの処理前と、処理1回目の各々の画像です。 画像からは東北を除く本州全域が晴れている
様子が伺えます。 

(下の画像)初めて陸域がハッキリしたのでMSA(Multispectral Analysis)処理を加えたみた。 
本来陸域はもう少し緑に色付けされても良いのではないだろうか?と感じた。

6月15日 NOAA17の昨夜21:35-21:50と今朝9:54-10:09のパスを新しいアンテナで受信して
みたが特に変化は見られなかった。 ハッキリしたのは音声レベルは可也クリチカルでレベルが
低いと黒くなって仕舞い、逆に少し高いと白くサチッテ仕舞って信号の変化分が埋もれてしまう。
この3日程の実験を総合すると今回使用した受信機では内部の雑音が多く(アンテナを付けても
外しても無信号時の受信レベル(ノイズレベル)は可也高い)結果としてノイズ成分が画像に細か
い斑点として現れS/Nを悪くしている。   次ぎに前述の音声レベルでインジケーターの値を常に
45-50程度にしておかないと画像として現れてくれない。 また受信中、音声レベルの調整は極
力避けた方が無難で、さもないと段差の目立つ結果となって仕舞う。

6月14日 どうも使っている受信機(マルチバンドレシーバ)その物の雑音レベルが可也高い気が
して来たがこれは如何ともし難く、直ぐに出来る改善策としてアンテナを変えてみることにした。 
手元に有った1φのアルミ線を53cm程で切りBNCコネクタに駄目元で半田付けしてみたが案外シ
ッカリ半田付け出来た。 ただ結果としてアンテナ長は516mm程と少し(7mm程)短くなって仕舞
ったが今回はこれで実験を進める。  適当な信号源が無く、少し低いが羽田のボルメット(128.8
MHz)を受信してみた、これまで使っていた144MHz用のヘリカルホイップでは信号強度を示すバ
ーが全く現れないのに対し何と4本もバーが出る様になったので可也感度は上がったと想う。 
サテどんな結果が得られるか? 

帰る電車内でGrand Station Locationの条件を念の為に確かめてみた。 最初にインストールし
た際にはYokohama-Japanと入力した(ハズ)なのに何とLondonとなっており、これでは地図の
オーバーラップが得られる訳は無く、入力し直した結果地図のオーバーラップも為される様になっ
た。 ただS/Nの悪さは予想以上でサテ、どうするか?

NOAA15の15:52-16:07のパスに挑戦してみた。 下の2枚の画像の上の画像(左が3、4のどち
らかのチャンネルのデータなのであろう)では何も見えていないが下(右)の画像では何かが見え
ているがそれが何なのかは分からない(地図情報がオーバーラップされるハズなのだが不思議)。 
しかし見上げる限り雲量はゼロだったのでもう少し陸域が見えても良さそうなのですが? しかし
S/Nが悪い! アンテナの性か?

 6月13日 NOAAの6月5日付けの週間レポートにはNOAA15、16、17、18に付いての記述しか
無く他のNOAAのことは分からないがNOAA16のAPT(Automatic Picture Transmission)は
稼動してないとのことであった。 しかし稼動中とのNOAA18の12:43-12:58のパスでは全く何
も受信出来なかった。 念の為137.9125MHzの±3KHzを探してみたが一体どうしてなのだろう
か? 次はNOAA15の15:52-16:07のパスに期待しよう。

先日納めた人工衛星からの電波受信装置の実証実験が昨日の午後予定されたが生憎の雨で
延期となった(実際にはこの日の16:16-16:31にNOAA15のパスが有り、仰角も高く衛星から
の電波(APT)は良好に受信出来た)。 昨夜、ならばと我が家の近くでNOAA14の21:35-21:51
のパスにトライしてみたが一向に入感せずNOAA14その物が稼動してないのか、APTのみが稼
動してないのか目下不明(NOAAの週間レポートが何故か開けない?)。 そんなこんなで今日
は先ずNOAA17の10:40-10:54のパスに挑戦すべく仕事場から徒歩10分程のところに在る月出
松公園に移動した。 仰角は最大30.3°と低く好結果は期待出来ないかもと想いながら受信し
たのが下の画像で、何故か音声レベルを示す部分が出ていない。(やはりマニュアル無しでは
無理か!) 

6層程になっているが適正音声レベルが分からない為途中5回出力レベルを変えた為この様な
結果となった。 S/Nは可也悪いが、上の方では一応同期信号が垂直に見えている。 今日は
この後NOAA18の12:51-12:58のパスが有り、仰角も84.0°と高いので再度挑戦してみよう。

見え難いが周波数は137.622MHz。

コメント

●松下 TH-626S

2008-06-10 19:06:33 | Weblog

 

【Always 三丁目の夕日】、また現在来春公開に向けてCG部分の作業が進められている【怪人
二十面相・伝】等の装飾美術を担当されている達人からお呼びが掛かり今日は久々に成城の撮
影所を尋ねた。 今週木曜までにカラーテレビを用意しなければならないとのことで先ずSONYの
物を当ってみたが緑の発色が無く諦め、次ぎに今回の松下の物を試してみた。  一応カラーTVと
して動作して呉れたが色相の調整が効かず、仕事場に運ぶこととなった。 幸い左程手を焼く事
無しに色相の調整も出来る様になったが若干輝度が低く、垂直の直線性にも問題が見られたが
サテ、どこまで追い込むか達人に伺ってみよう。

コメント

●Philco 53-566

2008-06-09 14:12:35 | Weblog

6月16日 電源のケミコンを除くコンデンサ類の交換を終え、IFとトラッキングの調整も終え後は
米国からの真空管5本の到着を待つのみとなりました。

今日お預かりしたのはPhilcoの53-566、ロクタルx3+Mtx2の標準的な5球スーパーで近年米国
で一部レストアされておりました。 ただ永年の使用に耐える様にとなると一部部品の交換が必
要でどこまでやるかご依頼主に伺ってみましょう。 この種のラジオの修理に付きましてはこちら
ホームページからお問い合わせ下さい。

コメント

●Becker, Grand-Prix

2008-06-09 14:09:28 | Weblog

1970年代中頃と想われるBeckerの最上位機種Grand Prixですがアチコチに問題が見られま
した。 先ず電源が入らず、選局機構も滑っており選局出来ず。バンド切替スイッチにも接触不良
が見られ、また自動選局機能も機能しておりませんでした。 FMを日本バンドに改造して欲しいと
云うご依頼でしたがその前にクリアーにしておかなければならないことが多くサテどうするかご依
頼主に伺って見ましょう。この種のカーラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお
問い合わせ下さい。

コメント

●ナナオ 6R75

2008-06-05 16:59:33 | Weblog

6月10日 昨日今日と取り組み、ダイアル糸を張り替え、コンデンサ類を略全て交換した。 若干
ハムが感じられるがオリジナルと同じ値で無理をしないことにした。  動作を確認し終りとした。

今日お預かりしたのはナナオ無線の6R75、マジック・アイ付のST管5球スーパーで先ずダイアル
糸が切れ、電源コードも風前の灯火と云うところでした。  またこれから永年お使いになりたいと
のことでしたのでコンデンサ類も交換した方が無難そうです。 この種のラジオの修理に関しまして
はこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

コメント

●シボレー、コルベット用ラジオ 三度

2008-06-04 22:43:41 | Weblog

数ヶ月前に修理、改造を行ったもののその後FMが動作しなくなるとのお話しでFMの局発に若干
手を加え使っていて頂いたが相変わらず動作しなくなるとのお話しで三度お送り頂いた。 幸か不
幸か今回は通電後数分で症状が現れどうもFMの局発に使われているトランジスタの動作が怪し
かった。 思い切って交換したが1967年頃のゲルマニュウムの高周波用でfTは100MHz程の必
要が有り松下の2SA70を使ってみた(元々のトランジスタはDelco DS64でDelco独自の型番が
付与されており詳細は不明)が幸い好結果が得られた。 この種のカーラジオの修理、改造に付き
ましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 

コメント