テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

超再生エアー・バンド受信機 (試作)

2010-04-30 14:34:01 | Weblog

 

ゴールデンウィークの為か今日は何のご依頼も頂いて無いので久し振りに超再生の受信機作
りを始めた。 昭和40年頃のCQ誌を参考に80MHz~120MHz位をカバーする物の予定で適当
にコイルを作ってみた。 一応組立て動作を確かめたが全く再生は掛からず、単にダイオード検
波しているだけのことがディップメーターで信号を加え分かったがサテ何処に原因が有るのか?
今回は手持ちのGe MeトランジスタでfTが500MHzの2SA263の新品(NOS)を使ったが念の為
これから調べ始めたが何と全く機能していなかった。   トランジスタを交換した結果、良好に再
生が掛かる様になりFMも受信出来それまで検波段だけでクリスタルイヤフォンで聞いていたが
CR結合の所をトランス結合にすれば音量は増すだろうと1K:500KのST-14を使ってみたが全く
出力が出ない。 理由が分からず次に5K:25KのST-17に替えてみたが変化は無く、CR結合で
低周波を1段加えた。 適当なプラスチックケースにロッドアンテナを付け窓際で動かしたところ
航空バンドが良好に聴けた。 天気も良く、近くの公園の小高くなった丘の上で昼食を取りなが
ら暫く東京コントロール等のやり取りを聴いたが予想以上に安定した動作だった。  また当初
可也ブロードで±5MHz位は聴こえるのでは無いかと想像していたが実際はそうブロードでは
無く、感じとして±1MHz程度では無いかと想える選択度だった。

コメント

EMUD , Senior 60えのiPod入力

2010-04-28 15:57:59 | Weblog

 

 

コメント

Blaupunkt, Derby

2010-04-26 18:11:11 | Weblog
コメント

アカイ GX-Z7100EV

2010-04-26 12:38:39 | Weblog

先日サンスイのプリメインアンプの出張修理依頼が有った際、出張費のお話しをしておい
たが距離が近く、また高齢のご婦人だったので頂かないことにした。 翌日懐中電灯を忘
れて来たことに気付き取りに伺った時に昨日は好意に甘えて仕舞ったが少しだけど受取
って呉れと封筒を渡され有り難く頂戴した。 その際カセットデッキが動かず何年も使って
無いと伺い、それなら今日のお金でカセットデッキも診させて頂く話しをしたのですがそれ
はそれと別に請求して呉とのお話しでお預かりして来たのでした。

当初ドアも閉まらなかったのですがアレコレいじっている内に閉まる様にはなったのですが、
再生ボタンを押しても2-3秒回転した後に止って仕舞い、テープが少しカセットの外に出てお
りました。

モーターは合計3個で、診た範囲では各回転を伝えているゴムローラー、ベルト等に異常は
見られなかった。  上下の画像に在るユニットを外した状態では問題無く動く様になったが
キャビネットに組み込むと再生が数秒で止って仕舞う症状がまたも現れた。 昨日今日と何
度も試運転したが殆ど問題は見られなかったので今日状態を説明し1週間試みに使って頂
くべくお届けした。 サテ、どの様な結果となるか。

 

コメント

オンキョー ST-8300

2010-04-22 18:57:23 | Weblog

 

   今日お預かりしたオンキョー(大阪音響)のST-8300は何とも変った構成で真空管とトランジスタ
のハイブリッドには間違いないのですが何とAM/FMの受信部分は真空管で、ステレオアンプ部分
のドライブ段までも真空管、出力段はトランジスタに依るSEPP(FMのマルチプレクサもトランジスタ)
と云う何とも変った構成で初めての経験となりました。  今日は時間切れで電源回路を確かめただ
けで終わりましたが近々取り組ませて頂きましょう。  この種のアンプ、ラジオ、テレビの修理に付
きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

4月23日 電源が入らず本体と電源部を取り出すことにしたが可也面倒な構造だった。

出力のトランジスタ 2SB426A(x4)、電源部はキャビネットの床下と云う感じの場所に仕舞われている。

電源ラインの問題が解決し電源は入ったがモード切替、ボリューム等に接触不良に起因すると
想われるノイズや不安定さが見られたのでクリーニングを行った。  FMの動作には問題は見ら
れ無かったがAMの感度はいまいちだった(AMに関しては余り力が入って無い様見受けられた)
が一応受信は出来た。

レコードプレーヤの動作も確かめたがカートリッジは一応動作していた。

但しゴムベルトは陰も形も無くなっており回転はしなかったが手でターンテーブルを回し機能
を確認した。 ターンテーブルのシャフトの高さを調整していた物が無くなっており33/45回転
の切換え機構が動作せず適当なナットとワッシャーで補った。

 

 

コメント

Hallicrafters, SX-43 (再)

2010-04-21 18:28:57 | Weblog

数ヶ月前に担当したSX-43を毎日10時間近くお使いになっていたところ先頃受信出来なくなっ
たとのお話しでした。  受取った物はお話しの通りの症状で、AM/FM共にかすかに受信して
いると云ったところで、Sメーターも殆ど動作しておりませんでした。 この種の受信機の修理に
付きましてはこちらのホームページからお問い合せ下さい。

先ずは点灯していない6H6(AM検波+ANL)のヒーター回路から調べを始めた。 回路図上では
このヒーター回路は他の数本とパラになっているのに他は問題無いのが解せなかったが実際は
6H6にのみ6.8Ωの抵抗がシリーズに入っており、この抵抗が20Ωに高化していた。

次に感度が低く、またSメーターが機能しない問題に取り組んだ。 1st IF(6SG7)のプレートに
電圧が加わっておらずアレコレ調べた結果、電源回路に入っている3.3KΩが断線していた。
この抵抗には可也の発熱があった様でカラーコードが消えており探すのに時間を要した。
下の画像に在るのが6.8Ωと断線していた3.3KΩ。

AMもFMも動作しだしたが今日は時間切れとなったので明日交換した抵抗の発熱量を見て
みよう。 ところでご依頼主が交換した6SG7と6SH7を調べたところ6SH7の片方は全くプレ
ート電流が流れず内部で断線等が起こっている可能性が有る。  他の2本には特に問題は
見られなかった。

4月22日 交換した抵抗2本に発熱は見られず終りとした。

 

コメント

山水 AU-α707DR

2010-04-20 17:33:26 | Weblog

今日手掛けたのは多分これまでに修理をご依頼頂いた女性では最も高齢と想われる(72歳で
亡くなられたお母様よりズット上になったとのことでした)方からのご依頼でタウンページでこち
らを見付けたとのことでした。 毎朝FMを聞いていたのに急に動作しなくなったとのお話でした。
当初、明日車で来て測定器も持って行くかと考えていましたが先ずは一度拝見してみようとバ
スで5-6分のお住まいをお尋ねしました。 良く出来たアンプで電源投入時のノイズも(デレィが
掛けられているのか?)出ず、また全くリップルも感じられませんでした。 果たしてアンプが機
能しているのか判断に窮しましたがアレコレ確かめた結果メイン・アンプの直接入力から信号を
加えると機能することが分かり、これまで使われていたチューナー入力等は使わないことにして
お使い頂くことにしました。 喜んで頂け何よりでした! この種のアンプの修理に付きましては
こちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 

コメント

Philco, Predicta, Miss America (1959)

2010-04-19 22:35:00 | Weblog

 先週はSONY、 ICR-90 2台と三洋、RP 8200に梃子摺り他のことが殆ど出来ず仕舞いでした
今日何年か振りで再会したのがPhilcoのPredictaシリーズの中では稀少モデルと呼べるMiss
AmericaでRidersのVol.26に登場しているので1959年のモデルと想われます。 (画像を新しい
我家のPCに取り込めなかったので明日にも仕事場から掲出します)  画像からは分かり難い
のですが画像に可也のフリッカーが見られる為この点を先ず解決する必要があります。 この
種のテレビの修理、改造に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

 

 

コメント

電気時計(2)

2010-04-12 15:25:01 | Weblog

 

今日取り掛った電気時計2台の内の1台で動作していなかったので一度先ず分解してみた。

どうもモーターの電源コードの接続部分に問題があった様で補修後モーターが回りだした。
組み立てたところ時針、分針、秒針が所々でぶつかって仕舞い微調整を行った。 ただ60
Hz電源用なので50Hz地域では遅れるので60Hzの電源を用意することにしよう。

 

コメント

電気時計(1)

2010-04-12 15:23:16 | Weblog

 

もう一台の電気時計も動かないと云うお話しだったが通電したところ問題無く動いておりネオン
サイン(実際は蛍光灯)も良好だった。 つまりこちらでやることは無し!

コメント

ナショナル マグナ・スーパー CF-740

2010-04-10 19:29:12 | Weblog

 

今日お預かりしたのは突然音量が変化すると云う松下のマグナスーパーCF-740でトランス
式の7球スーパーでRF付きの高級機です。 この種のラジオの修理に付きましてはこちらの
ホームページからお問い合わせ下さい。

4月11日 シャーシー内部を見てみたが全てオリジナルの様だった。 つまりコンデンサ
類は可也劣化しており交換した方が無難そうだ。

 

使われているビニール線も被覆が劣化しておりこちらも交換をした方がよさそうだった。

4月12日 劣化しているコンデンサ類とビニール線を交換し、接点部分のクリーニングを済ま
せ動作確認を行ったが2時間で一度も音量変化は見られなかった。

 

コメント

SONY、 TFM-117D (1967?)

2010-04-07 15:55:56 | Weblog

今日お預かりした3台の内の一台でTFM-117D、3バンドトランジスタラジオで初めてとなる
中国の方からの修理依頼です。 ヤ○○さんメールアドレスをお知らせ下さい。 受取った
物は全く動作せず、調べ初めて驚いたのは単2のマンガン電池で0.6Aが流れていた。
電源のデカップリング、或いは終段の短絡と想像したが見事に終段のトランジスタが短絡
していた。 この種のラジオの修理に付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ
下さい。

ご依頼主から連絡が有り故障に至る経緯を伺ったところ6Vのところに9Vを加えたまま外出
し戻ったところ壊れていたとのことでした。 なるほど壊れた訳です!

コメント

スタンダード、 SR-L555F (1965?)

2010-04-07 15:54:30 | Weblog

スタンダードのSR-L555Fは長波+中波+短波x2+FMの5バンドトランジスタラジオですが
こちらも全くと云って良い位動作しておりませんでした。  調べを進めたところ低周波段
のケミコンの問題と想える症状でしたが基板がひっくり返せず、部品交換が出来ないの
で何とか分解しましたがそのネジの多さに驚かされました。  この種のラジオの修理に
付きましてはこちらのホームページからお問い合わせ下さい。

何とか低周波回路が入っている基板を手元に出したが今日は時間切れとなった。 また明日

ケミコンの交換その物は左程難しくは無いが何せ構造が複雑で基板を外し
たり組み込んだりに可也時間を費やした。 

コメント

三洋 RP 8200  (1973?)

2010-04-07 15:51:59 | Weblog

 昨日今日と取り組んだが音声回路は機能しているものの全くどのバンドも動作しない。 
IFから前の電源回路に問題が有りそうだが何とも基板からのリード線が多く出ており、ま
た基板のパターン面にはプラスチック製のフレームが乗っておりパターンを追うのが困難
でほとほと疲れた!

その後、何とか修理出来ないかとのお話しを頂いたので気を取り直し再度近々取り組ま
せて頂くことにした。

4月13日 朝から取り組んでみたが問題は残念ながら見付けられなかった。 回路図、出来れ
ば部品配置図(パターン図)が在れば進められそうだがこれらが無いと前進は無理そうだった。
メーカーさんにお願いしたところ回路図と部品配置図をPDFフォーマットでお送り頂き大きく進
歩したのだが、実際は文字も接続箇所も殆ど読めなかった。 (親切にお送り頂いたのに失礼
なのですが読めない回路図は残念だった。  またこちらの説明不足かも知れないが部品配置
図では無くパターン図が正しいのかも知れない) 

4月14日 何度も諦め掛けたもののメーカーさんから送って貰った(文字等殆ど読めなかっ
たが)回路図と手元に在ったRP8220の回路図を見比べながら何とか修理を終わらせた。 
上はMW受信時、下はFM受信時のSメーターの指示値。 若干MWでは不安定さとノイズが
時々見られるが切換えスイッチに起因している様でここは残念ながら改善は見込めない。 
しかし何とも疲れた!

コメント

RT-865D/PRC-66

2010-04-05 16:28:16 | Weblog

今日お預かりした2台の内の1台で地対空の通信をメインとする米軍のトランシーバーRT-865
D/PRC-66でお話では送信、受信共機能して無いとのことでした。 一応動作試験を行ったと
ころ受信は辛うじてしておりましたが感度は極端に低く、実用にはほど遠いレベルでした。 
  幸いテクニカル・マニュアルを付けて頂いたので先ずはそれに目を通させて頂きましょう。 
しかしC-MOSを多用し、PLLシンセサイザを使った何とも複雑な装置ですので無論道のりは可
也遠そうです!

4月6日 昨日今日と調べを進めた結果幾つかのことが見えて来た。 第1混合(出力IF30MHz)
はまともに機能している様感じたが、RF Ampは辛うじて動作している程度に思えた。 またシン
セサイザからの局発信号を3逓倍しているトランジスタQ4(2N918/50)の動作電圧が気になった。 
標準的な動作電圧からはこのトランジスタのエミッタ電流は2.3mAだが1/4程の0.6mAしか流れ
ていなかった。 マイクロディスクより少し大きいfT:600MHz、0.6W程度のトランジスタは中々無く
ここをどうするか? (通常の2N918は簡単に手に入るがこのトランジスタの外形では残念ながら
ユニット内に入らない)  RF Amp部分に使われているバリLとV/Cの組み合わせの集中定数回
路の調整で20dB程感度は上がった気がするが未だ40dB程上げなければ実用にはならない気
がする。

4月7日 行き付けの部品屋さんの在庫の中で使えそうな物が見付り早速
買って来た。

勇んで仕事場に戻り早速組込んでみた。 細かい点では少し変化は有った
が殆ど変化は見られ無かった。

細かく回路を見たところ実際の回路は回路図と異なりベース接地で(半田付けは昔のまま
なので後から変えられたとは思えない)回路図ではエミッタ接地となっている。

どうもシンセサイザ出力のレベルが低いのでは無いかと想い始め出力を診てみたが想像通
り非常にレベルが小さかった。  この信号の代りにSGから信号を加えたところ感度はドラス
チックに上がった。 しかしシンセサイザ部分はICが多用されており修理は困難と想えた。

コメント