テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

スカイライン GT-A (1968) 用 クラリオン CR-217

2018-10-24 10:35:35 | Weblog

コメント

昭和40年代のVW用カーラジオ、松下 CR-8501

2018-10-21 11:28:50 | Weblog

今日お預かりしたのは昭和40年代の VW に使われていると伺ったカーラジオ、松下 CR-8501 で症状
が不明だったが先ずはお送り頂いた。 この種のカーラジオの修理、改造等のお問い合わせはこちら
のホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

早速通電してみたが特に問題は無く、少し歪が感じられただけだった。 (電解コンデンサは交換してお
いた方が先々無難だが)。

上のカバーを外しランニングを続けていたがカバーを付けようとしたところ出力用のパワートランジスタ
が可也発熱していた。 直ぐに問題となるレベルでは無かったが少し気になった。

10月22日 ゴーサインを頂いたので電解コンデンサの交換に取り掛かり、交換後動作を再確認した。

 

コメント

B&O (Bang & Olufsen), Beosystem 2500

2018-10-20 13:18:21 | Weblog

今日お預かりした Beosystem 2500 はネットオークションで落札された物の動作チェックで、誰でも出来る
ことなので落札者ご自身でやられてはどうかともお話したが先ずは診て欲しいとのことでお預かりした。
この種の機器の修理のお問い合わせはこちらのホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ から
お願い致します。

左のスピーカーグリルの一部が凹んでおり、小さな穴も見られた。

FM用アンテナの片側が止まっていなかった。  固定のネジを締め直した (下の画像)。

ガラスドアが手をかざしても開かなかった (モーターは動いていたが)。

仕方無く指で開けCDを装填した。 ただ時間をおいても閉まらなかった(閉める動作は一応していたが)。

次いでカセットテープの動作を診てみたがモーターの回転音は聴こえたがテープは全く走行しない。
再生だけで無く、早送り、巻き戻しも全く機能しなかった。

FMは特に大きな問題は無さそうだったが下は FM 横浜 84.7MHz 受信時(0.1MHzズレている)。

AMは感度が若干低い様だったが窓際にアンテナを持って行けば問題は無いかも知れない。

10月21日 今回のオークションの説明には【動作確認済み極上品です】とのことで大きく異なっており返
品をお奨めしたが修理して使いたいとのお話だったので取り掛かった。

先ずはガラスドアが開閉しない問題に取り掛かった。

駆動の為の機構系に大きな問題は診られなかった。

これまでの経験からするとガラスドアを駆動している駆動トルクの問題と想われた。

レール部分を拭き、若干潤滑油を加えてみたが少し動きは改善されたが開閉には至らなかった。

上の最初の状態から手をかざしても開くのは下の状態が精一杯。

駆動トルクの補修は少し精神を集中する必要が有るので取り掛かるタイミングをみてみよう。

次いでカセットテープ部分に取り掛かった。

この機種及び類似機種のカセット部分を外した経験は無いが、手前には引き出せない様だった。

仕方なく裏側からアプローチしてみた。

難航したが何とか表に出してみた。

ゴムベルトは溶けてプーリーの周りにこびり付いていた。 この後このベルトを2種類の溶剤を
使って何とか綺麗にしたが多くの時間を要し、両手の指は真っ黒、ベトベトとなった。

しかしベルトが溶けて仕舞っており本来の掛け方が分からない。 本日ここで時間切れ

10月22日 昨夜はカセットドライブを我が家に持ち帰り内部を細かく診てみた。

上の画像に見えている黒いプーリーとそれを支持しているコの字型の部品の間をベルトが通るのだろう。

イヤハヤ何とも複雑な機構だった。

今回のモデルのCDヘッドはスイングアーム タイプだった。

ガラスドアの駆動系に取り掛かった。 若干難航したが良好に開閉する様になった。

前面部分を組み込み最終確認を行い終わりとした。 しかし今回のモデル或いは Beocenter 2500 で
カセットデッキが良好に機能している物はどれ位有るのだろうか?

 

コメント

ジュークボックス 用 PCB

2018-10-19 12:08:40 | Weblog

今日の第二弾は初めてとなるジュークボックス用のプリント基板で割れて仕舞った物を接合はしたが
一部にパターン切れが見られるとのお話だった。 この種の物の修理のご依頼はこちらのホームペー
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

基板が割れた際に切れて仕舞ったパターン3箇所を補修した。 エッジコネクタ部分に可也半田が載って
いたがこのままでは基板を挿し込んだ時にパターンを傷めて仕舞うので溶かした上で拭き取っておいた。

 

コメント

WV 用、Bendix, Sapphire Ⅰ

2018-10-19 12:07:54 | Weblog

Bendix の Sapphire I で1960年代初頭の6Vモデルと想われる。 動作確認、12V化、iPodアダプタの増
設等をご依頼頂いた。 この種のカーラジオの修理、改造、動作確認のご依頼はこちらのホームページ
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

早速通電してみたところ一応小音量で歪も多かったがラジオは機能した。 電解コンデンサの容量抜け
が想像出来たので交換したが、下の画像以外にもブロック型の電解コンデンサにも問題が診られたの
でパターン面に加えた。 結果音量はドラスティックに増え、歪も可也減少したが少し残っていた。

電源電圧を12Vに改造し、iPod用の入力アダプタを増設して終りとした。

 

コメント

B&O (Bang & Olufsen), Beo Center 2500

2018-10-18 12:23:14 | Weblog

  今日の2台目は何度か手掛けた Beo Center 2500 でCDとカセットが機能しないとのお話だった。
この種の機器の修理のお問い合わせはこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760
にお願い致します。

CDは稀に回転はしたが短時間で止まって仕舞い音声出力も無かった。 カセットもモーターは回
転していたがテープは全く走行せず、また動作も可笑しかった。

最も可能性の高い光学ヘッドの交換に取り掛かった。

今回も光学ヘッドの交換を考慮していないモデル CDM12 INDで腰が引けたがやるしかない。

毎回このモデルには泣かされるが何とか交換を終え、動作を診てみたがCDは確実に回る様には
なったが矢張り短時間で止まって仕舞い、また音声出力も得られなかった。

 

コメント

サンワ の デジタル・プロポ 送/受信機+サーボx2

2018-10-18 12:20:56 | Weblog

今日の1台目は久しぶりのラジコン装置で、サンワの2Ch デジタルプロポで27MHz帯のAMモデルだ
が出力は出ている様だがサーボが全く動かないとのお話だった。 この種の物の修理のご依頼はこ
ちらのホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

先ずは送信出力を診てみた。 PPMも良好で送信には問題は無さそうだった。

送受の水晶を念の為に確認した。

電源入力が定かで無かったので回路から追ってみた。 電源の接続はハッキリしたので動作を....

診てみた。 当初サーボは片方しか動かなかったがどうもコネクタに問題が在った様だった。

二つのサーボも動く様になった。

 

コメント

RECARO 電動シートコントローラ 

2018-10-17 11:08:40 | Weblog

今回で3度目となるレカロの電動シートコントローラだが電源の極性を間違えて加えて仕舞いヒュー
ズが飛んで仕舞ったとのお話だった。 この種の物の修理のお問い合わせはこちらのホームページ
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお願い致します。

目視ではダメージの加わった形跡は全く診られなかった。

単にシートを倒したり、元に戻したりするだけのコントローラにICを8個も使うロジック回路が必要
なのか全く分からない。 これまでに手掛けた3台では全てリレードライブのICが壊れていたが今回
の物はどうなのか静的な動作確認に取り掛かった。

リレードライブの入出力を診てみたが3番ピンの入力は0-1と変化していたが、14番ピンの電位は
12.4Vのまま変化せず可笑しい。 しかしリレー4個?は通電と同時に動き、その後はどのボタンを
押しても全く反応しないが一体どの様な回路になっているのか?  (正常な物が有ればこの辺りは
ハッキリするのだろうが)

駄目元で今日は仕事場を早めに後にしてICを買いに部品屋さんに向かった。

10月18日 昨日購入したICを取り付けるべく元のICの取り外しに取り掛かったがイヤハヤ難航した。

組み込み動作を確認してみたがこれまでは全く反応しなかったボタン3つに全て反応する様になった。

 

 

コメント

Blaupunkt, Frankfurt

2018-10-17 11:02:53 | Weblog

 

コメント

B&O (Bang & Olufsen), Beolab 4000

2018-10-16 15:58:50 | Weblog

今日の2台目は初めてとなる Beolab 4000 でバリバリと云う様なノイズしか出力しなくなって仕舞った
とのお話だった。 この種の装置の修理に付きましては HP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ から
お問い合わせ下さい。

早速通電してみた。 ノイズは全く診られない。

既に1時間弱連続運転を続けているがこれまでのところ問題は全く診られない。

  ランニングを続けて1時間半程の時に若干ノイズが混入し始めた。 少し前に頂いた電話のお話では
問題が顕著に現れる前に予兆が現れると伺っていたが、正にその予兆かと注意していたが幸か不幸か
そのノイズは数分で収まって仕舞った。 ノイズの発生源の特定は困難が予想される。

10月17日 朝から3時間半程ランニングしてみたが幸か不幸か問題は全く診られなかった。

兎にも角にも内部を診てみた。

出力のモヂュールは奥まった処に固定されていた。 これでは通電しながらの確認は非常に困難。

出力のモヂュールの予備は在るので交換は出来るがどうするか?

その後も連続運転を続けているが時々バリバリとノイズが入ることが有った。 ノイズの発生源を見極
めたいが今回の構造では通電しながらと云うのが困難なので悩ましい。 (若干ハムが気になった)

ご依頼主にお願いして正常に動作している同型機をお送り頂くことにした。 先ずは出力モヂュール
を交換してみよう。 

10月20日 もう1台の Beolab 4000 をお送り頂き出力段を交換してみようと分解に取り掛かった。

出力段はてっきりコネクタ二つで接続されているのだろうと考えていたが残念ながらそうでは無かった。

サテこのコネクタ二つを交換するのは可也の作業量となって仕舞うがどうするか? 

メインアンプの入力(プリアンプ部の出力)は上のIC2の出力だがここでモニターしてみるか? 偶発的な
ノイズの発生源の特定は難航する。

10月21日 プリアンプ部の出力端を表に出しモニターしてみたがここでもノイズは診られたので
発生源はここより前と考えられる。  ただ出力段の問題で無いことはハッキリした。  こうなると
一段一段時間を掛け前段に移りながら発生源を調べるしかなさそうだった。 道のりは遠い!

モニター(確認)用にICアンプを用意した。

10月22日 徐々に前段に移り発生源を探したが終に入力段に達して仕舞った。

オシロで電源の電圧を診てみたがノイズと共に電圧が可也変化していた。

こうなると最早電源しか考えられず、中でも電源回路の電解コンデンサが怪しいので交換してみたが残
念ながら変化は診られなかった。

 

コメント

Becker, Europa LMKU

2018-10-16 10:03:12 | Weblog

今日の1台目は Becker, Europa LMKU でFMのカバレッジの改造とiPodアダプタの増設をご依頼頂いた。
この種のカーラジオの修理のご依頼はこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ から
お願い致します。

早速通電してみたがAM (LW, MW, SW) は問題無く機能していたがFMが全く機能していなかった。

何故FMだけが機能しないのか調べ始めて気付いたのが上の画像で基板の一方が本来納まる位置か
ら数mm下に固定されていることが分かった(一度外された後、間違って装着された様だった)。

メインの基板の取り付け方を直した結果FMも機能し出したが通常の感度の半分程だった。 実際に使え
無いことは無いとは想うがサテどうするか? (FMフロント・エンドの調整で若干感度は増加した)

カバレッジの改造を終えた。 地元のFM局、FM横浜 或いは NHK 横浜 を受信はしたが音量はAMに比
べ可成り少なかった。 後はiPod用のアダプタを用意して終わりとしよう。

コメント

SONY, AIR-8

2018-10-15 15:06:45 | Weblog

今日お預かりしたのは SONY, AIR-8 で音量が少なく、またスケルチが機能しないとのお話だった。 こ
の種のラジオの修理のご依頼はこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp?^cac55760/ からお願
い致します。

早速電池で動作させてみたが全く機能しない。 まさかと想いつつACアダプタに換えた結果動作した。

お話の様に音量は少なく、またスケルチが動作しなかった。 (MWのステップ10KHzを9KHzに変えた)

低周波増幅に関係した電解コンデンサを全て交換した。

組み上げ動作を診てみたが変化は診られなかった。 それと音量が変化しない (本日時間切れ) 

10月16日 どう考えてもボリュームが可笑しいので診てみた。 音量用もスケルチ用も見事に壊れて
いた。 タダこの機種に使われているシャフトの長い物は入手が困難。

 

10月20日 発注しておいたボリューム2種が届いた。 (先方の定休日と手違いが有り少し遅れた)

早速組み込み動作を確認した。 音量はドラスティックに増加し、スケルチも良好に動作した。

最後に DC ジャックの交換に取り掛かった。 ここは簡単に終わると考えていたが何故か電源が入らない。

原因が中々分からなかったが先ず電池ホルダー側に緑青が診られた。 修復後これで大丈夫だろうと電
池ホルダーを挿入したが未だ可笑しい。 分かって仕舞えば本体側の電極(下の画像の一番上の電極)
の電池と接触する先端部分にサビ?の様な物が付着していた。 ここを研磨しヤット好結果を得た。

コメント

SONY, Walkman WM-F30

2018-10-15 15:02:08 | Weblog

昨日早い時間に千葉から発送されたので午前中に届くのでは無いかと考えていたAIR-8が中々届かず
先日の物とは別のWalkmanに取り組んでみた。 この種の物の修理のご依頼はこちらのホームページ
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお願い致します。

本体と蓋の部分を繋ぐフレキシブル基板が切れていた。 確か1年程前家人が入院した際FMが聴ける
様渡した記憶が有りその際はラジオは機能していたのだが今日は電源も入らなかった。

しかし蓋の裏側のラジオ部は厚みにして3mm程で良くAM/FMラジオを組み込んだものと感心しきり。

お約束通りゴムベルトは完全に溶けていた。

今日も解けたベルトで手がベトベト且つ真っ黒になって仕舞った。

時間を掛け溶けたベルトを取り去ったが今回は電源すら入らないが切れているフレキシブル基板の
影響なのだろうか? しかし今回の物はPLAYボタンがキチント奥で留まる。

10月16日 切れているフレキシブル基板の換わりに細いジュンフロン線4本で繋いでみた。

ラジオ部分は無事復活したが、カセット部分は若干動いたが完全では無かった。 今回も可也無理の
ある(この機種には太い)ゴムベルトを使ったがこの機種に使える様な物は何処かで手に入るのか?

 

コメント

B&O (Bang & Olufsen), Beosound Century

2018-10-12 12:43:40 | Weblog

今日お預かりしたのは Beosound Century でお話ではCDのボタンを押すと蓋(クランプ)が閉まるだけ
で一向に動作しないとのお話だった。 この種の装置の修理のお問い合わせはこちらのホームページ
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお願い致します。

早速通電してみたがお話の通りCDは全く動作せず、スピンドルも全く動かなかった。

カセット部分のホコリが気になったので先ず払っておいた。

光学ヘッドの劣化では無いかと分解に取り掛かった。

使われていたのはこの機種を最初に手掛けた時に使われていたのと同じCDユニットで、このタイプは
後年の物と異なり光学ヘッドの交換を考慮していない物の様で兎に角梃子摺る。

何とか組み立てたが残念ながら好結果は得られなかった(スピンドル用モーター単体では良好に回転
したが)。 ここまでやって途中で終わりとするのは甚だ残念なので自分用に先日レストアしたCDユニッ
トを丸ごと交換してみた結果良好に動作し出した。

既に1時間以上連続運転をしてみたが全く問題は診られなかった。 

リモコンも動作し無いとのお話だったので診てみた。

こちら側の動作は問題無さそうで、すべてのボタンに反応しており、赤外LEDも発光していた。

どうも本体側に問題が在りそうだったが費用も掛かって仕舞うのでこちらはパスさせて頂いた。

 

 

コメント

ジュークボックス 用 真空管

2018-10-11 16:13:36 | Weblog

今日の第三弾はジュークボックスに使われていると伺った真空管数種で動作確認のご依頼を頂いた。
こちらえのお問い合わせはホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ からお願い致します。

これまでサイラトロンの特性はTV-7では診たことが無かったが実際は測定出来た。

6X4のエミッションがMin.Val.を可也下回っていた。 また12AX7のgmも可也低くこれらは交換する必要
が有る。

コメント