テレビ修理-頑固親父の修理日記

古いテレビ、ラジオ、カーラジオ、アンプ、プレーヤ、電話機の修理のご案内です。古い物でしたら何処の国の物でも略OKです

神戸工業 AT-7030

2021-10-15 11:28:46 | 

今日お預かりしたのは(多分)初めてとなる神戸工業の AT-7030 で電源の極性、電圧が切り替えられ
るタイプだったので多分昭和40年頃の物と想えた。 この種のカーラジオの修理、改造等のご依頼は
こちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

早速通電してみたが全く音声出力が無かった。 次いで少しショックを与えた結果動作し始めたが
発振が激しかった。 発振は多分電解コンデンサの容量抜けと想われるが、動作が不安定で音量
が大きく変わったり無音となった。 サテ修理はどうするかご依頼主に伺ってみよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Becker, Europa

2021-10-13 15:18:28 | 

今日お預かりしたのは Becker, Europa で一時期(50年?程前)日本用に作られた物だった。 電源が
短絡した様と伺った。  この種の物の修理のご依頼はこちらのHP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/
にお願い致します。

早速通電してみたが電源の短絡は診られ無かったが受信は殆どせず、長波のボタンを押した後短
波のボタンを少し押すと長波が不安定ながら受信出来た。 FM は全く受信出来なかったが永年保
管されていた様なのでバンド切り替えスイッチの酸化に依る接触不良では無いかと想えた。
*未使用と云うのは魅力的だが半世紀近く全く通電されず単に保管されていた物は不安も伴う!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Philips, 102 AM-FM Stereo Tuner

2021-10-12 11:14:42 | オーディオ

今日の2台目は初めてとなる Philips, 102で全く受信しない訳では無いがとのお話だった。 この種
のチューナーの修理、改造のご依頼はこちらの HP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い
致します。

今回の物は 90AH102 だったので製造は Philips 香港で1980年頃の物の様だった。

先ずは通電してみたが FM は何も受信出来なかった。

FM の局発が発振していなかった。 局発のコイルにはパラフィンの様な物が含まれたスポンジ状
の物が詰めて有り Q を落としている可能性があるので取り除いた。 またインダクタンスを上げた
結果若干動作し出した。 

一応インター FM (89.7MHz) を低感度ながら受信出来たが大きな問題が見付かった。

先ず使われているポリバリコンのローターに接触不良が在り一部の角度しか導通しない様だった。
次に局発回路のトランジスタのhfeが低い様で条件が良い周波数でないと発振が止まって仕舞う様
だった。 類似のポリバリコンを見付けられるか?

IF の調整結果感度は可成り上がった。 次いでセンターメーターのセンターを合わせた。

インター FM (89.7MHz) だけは可成り良好に受信出来た。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B&O, Beocenter 2300

2021-10-12 11:12:39 | オーディオ

今日の1台目は B&O, Beocenter 2300 で数年前突然電源が入らなくなって仕舞ったとのお話だった。
この種のオーディオ機器の修理のご依頼はこちらの HP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願
い致します。

伺った動作を確認した。 自分でもこの機種は2台持っているので近々取り組ませて頂こう。

10月13日 昨日この機種の回路図等を持ち帰り作戦を練った。

分解し出して上部の両端に可成りの割れが診られた。

回路図或いはパターン図に電源回路の詳細が記されておらず問題を見付けるのに梃子摺ったが何と
か問題が見付かった。

一応電源は入る様になりガラスドアと CD クランプの開閉は良好だった。

Radio, AUX の切り替えは良好だったが何故か CD が機能しない、取り扱いが拙いのか?

ご依頼主に取り扱い方を伺った。 LOAD ボタンの右のボタンの CD の文字が消えていた。

ゴーサインを頂いたので明日はレーザーピックアップの交換に取り組もう。

10月14日 先ずは分解に取り掛かった。

好結果を得られた。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B&O, Beolab 3500

2021-10-11 15:27:24 | オーディオ

今日お預かりしたのは Beolab 3500 で No Tuner と出るだけとのお話だった。 この種の機器の修
理のご依頼はこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Marantz, 10B

2021-10-09 21:10:54 | オーディオ

3台目はこちらも久しぶりの Marantz, 10B で通電したところブラウン管は発光したが、暫くして電源
が入らなくなって仕舞ったとのお話だった。 この種のチューナーの修理、改造等のご依頼はこちら
の ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

先ずは1次側の電流を診てみた。 約 41V でヒューズの定格の 1.25A となって仕舞った。

通電状態で様子を診てみたが上の 220Ω (左)から煙が立ち上った。  右の物にはクラックが

原因を探し当てるのに時間を要したが、上の回路図のブリッジの負荷に 220Ω/2W が2個繋がってい
るが 2個目の負荷側の 50μF が 15Ω程しか無かった。 220Ωに近い抵抗と47μF を仮に繋ぎ動作

を診てみたが電源電圧 110V 程で約 300V となったので問題無し。

実際に受信してみたがステレオの復調も良好だった。

ところが周波数を確認するダイアル・ポインターが何故か無くなっていた。 折れたのか?

最後に仮に付けていた抵抗、コンデンサを組み込んだ。

10月11日 ご依頼主は車の整備始め DIY が得意な方だったのでダイアルポインターの問題はご自
身で手掛けると考えていたがここもお願いしたいとのことでシブシブ取り掛かった。

ポインターは前面のガラス・パネルと後ろの黒いパネルの間を移動するので最初ガラス・パネルを
擦っていたのでやり直した。

最後に動作確認を行い終わりとした。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

SONY, ICF-5500

2021-10-09 17:21:41 | ラジオ

2台目は久し振りの SONY, ICF-5500 で以前は動いていたと云うことしか伺えなかった。 この種のラ
ジオの修理のご依頼はこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

先ずは通電してみたがお約束のバンド切り換えに問題が診られた。

またダイアルのフィルムが周波数が上がる方向には動いたが下がる方向には動かなかった。 ダイ
アル糸のテンションはこれ以上上げると切れるといった感じだった。 それでも可能な限り上げ、また
ダイアル糸と左のプラスチック・シャフトの所をパーツクリーナーで洗浄した。

パーツクリーナーが乾かない内は可成り良好に回せたが、元々の構造(使われている材料に起因す
る)に問題が有る様だった。

10月10日  朝一で動作を確認した、中波の受信も良好でまたダイアル・フィルムにも問題は診ら
れ無かったので組み込みに移った。 ところが組み終えて通電したが音声出力が全く無かった。
もう一度内部をみてみたが抵抗が1本外れていた。 何とか外れた場所を見付け電源を入れたが
スンナリ動作し再度組み込んだ。 どうも DCジャックに接触不良が在った様だった。 ところが MW
と SW はノイズしか出ず、FM のみが使えるレベルだった。 ただその後選局機構の問題が再度出
て仕舞い全体として殆ど使えないレベルとなって仕舞った。  (プラスチックで構成された機構系は
矢張り経年変化や摩耗に弱い)

10月11日 選局機構が上手く機能しない問題はこの種の機器の達人 Jさんに調整法を伺い上手く機
能する様になった。 次いでAM でのノイズに取り掛かった。 結果 Q6, Q7 (2SC710)  を交換してみた
が Q6 に問題が在った様でノイズは無くなり感度も上がったが何故か FM の感度がガクンと落ちた。

帰宅時間を遅らせ FM の感度が非常に低くなって仕舞った問題に取り掛かった。 帰宅時間ギリギリ
まで取り組み FM IF3 (Q6) の E : 1.01, B : 1.66, C : 1.18 とコレクタの電位がベースより低く問題が在り
そうだった。 * 上の回路図に記された電圧は以前別の物を診た際のもの。

10月17日 Q6 を 2SC711 に換えた結果ノイズはピッタリ収まったが FM が略機能せず、hfe が高過
ぎるかと幾つかのトランジスタに交換してみた。 結果 2SC1815 で選んだ物では FM も一応受信は
出来たが音量が少なく振り出しに戻った。  回路を見直した結果 Q5 には FM の時に掛けられている
バイアスで若干 ON 状態となっており、Q6 も同様と想われたのでここのバイアスを調整してみた。
上は NHK 横浜受信時であるレベルを超えるとメーターも振れていたがそうでないと全く振れない。

バイアス調整後メーターの振れは良好となった。 感度も上がったハズ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B&O, Beosound Century

2021-10-09 12:55:14 | オーディオ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Sapphie I (1965年製 VW 用)

2021-10-07 13:42:17 | 

今日お預かりした2台は共に VW 用とのお話だった。 状態は不明なので先ずは通電してみよう。
この種のカーラジオの修理、改造のご依頼はこちらの HP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ に
お願い致します。

今回の Sapphire I はモトローラ製で 4TMV なので 1964年製で末尾に G が付くと Karmann Ghia、T
が付くと Transporter、W が付くと Sedan 用となるがこの末尾はこれまでに見たことが無い。

高周波用のトランジスタは一応モトローラのロゴが付されていたが東芝の 2SA72 だった。

電解コンデンサはケースが割れ、容量抜けを起こしていた。

リード線が短いがどうするか? 他にランプは切れており、スイッチは切れなかった。

10月8日 ランプを交換し動作を確認したが何故か点灯しなかった。 調べたところ本来の照明用の
回路は切られ、メインの電源に繋がっていた。 電源スイッチは可成り前に壊れた様だった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神戸工業 AT-2010 (1954年製VW用)

2021-10-07 13:38:21 | 

2台目は TEN(神戸工業)の AT-2010 と云うモデルだった。 この種のカーラジオの修理、改造の
ご依頼はこちらの ホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

VW 用と伺ったが何故か設定は +アースだった?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B&O, Beosound Century

2021-10-06 15:15:46 | オーディオ

今日お預かりしたのは Beosound, Century でお約束の CD が機能しないとのお話だったが先ずは
動作を診させて頂こう。  この種の物の修理のご依頼はHP http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ に
お願い致します。

CD が読めない以前の問題としてスピンドルが全く回転しなかった。 サテどうするか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BOSCH, 0130 821 072

2021-10-06 09:50:56 | 

先月初め運転席側のパワーウィンドが開閉出来なくなった。 他の3か所は問題無く開閉出来るの
でヒューズでは無く、スイッチか配線 それともモーターかと想像した。 何時もの修理工場に運び
診て貰った結果最後のモーターが原因と分かった。 色々とリビルト品も含め探して貰ったが見付
かったのはドイツに在った新品だけで約6.5万円だった。 他に手は無くそれを取り寄せて貰うこと
になったが昨日修理が終わったとのことで帰路工場に引き取りに行った。   その時の話に依ると
ヤナセさんがミスり、本来モーターとレギュレータ (電気関連の我々はレギュレータと聞くと電圧の
安定化を担っている物かと想像するが、ここで云うレギュレータはパンタグラフの様な機構系) が
1式になっているのだがモーターしか送られて来ず (最初レギュレータだけ届き、それを返送した
と聞いた)ただレギュレータは外した物が使えるだろうと改めて取り寄せて貰わなかったが結果上
手く直せたとのことだった。 このミスが無ければ更に修理費用は数万円高くなって仕舞ったので
結果オーライなのでありました。

手元にピッタリのトルクス・ドライバ(ビット)が無く困ったが駄目元でコリンズ用のブリストル
レンチでネジを外した。

モーターのシャフトは可成り重く素手では回せない程だった。 原因不明

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

SONY, CRF-320

2021-10-05 12:25:57 | ラジオ

今日の2台目は久し振りの SONY, CRF-320 でアレコレ問題が在るとのお話だった。 お約束の短
波のダイアルが回らない問題も在るとのこと。 この種のラジオの修理のご依頼はこちらの ホーム
ページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

先ずは動作確認に取り掛かった。(上)FMは受信はしていたが音声出力が無かった。 (下)中波は
問題無い様だった。

長波は伺った様押しボタンスイッチを押していないと受信出来なかった。

上は内蔵のロッドアンテナでのラジオ日経。 下は逆L使用時のラジオ日経。

上は逆L使用でのニッポン放送 (1,242KHz)。 下は 7MHzのハムバンド (SSBの復調は良好)

10月15日 最終動作確認を行い好結果を得た。

プリアンプの動作も良好で短波の感度も可成り上昇した。

長波や FM の動作も問題無し。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

B&O, Beosound 9000

2021-10-05 12:21:31 | オーディオ

今日の1台目は B&O, Beosound 9000 でアレコレ問題が在るとのお話だった。 この種の機器の
修理のご依頼はこちらのホームページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

早速動作を確認したが全く読み込む気配は無かった。

CD ヘッドも殆ど移動しなかった。

一応 Radio, Aux 等の切り替えは機能していた。

稀に CD ヘッドが動いた際 CD にぶつかっていた。 イヤハヤ可成り難航することが想像出来る。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Drake, R 8

2021-10-03 10:54:49 | 通信機

今日お預かりしたのは Drake, R8 で R8A は以前手掛けたことが有る。 感度が低い気がするとのお
話で先ずは動作を診させて頂いた。 この種の受信機の修理、動作確認のご依頼はこちらのホーム
ページ http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/ にお願い致します。

感度確認に使っている平均地上高5m程、水平部15m程のアンテナを使った。

上は RF OFF、下は RF PRE でのラジオ日経。 約 6dB 程異なる。

ラジオ日経受信時。 問題無し

7MHz帯を聴いてみたが特に感度に問題が有るとは感じなかった。

15MHz 帯の北京放送等。

中波帯(1MHz以下)の感度が可成り低い。

特に 800KHz 辺りから下は感度の低下が顕著でこれでは使い物にならない。

本来の仕様を確認してみたが例えば AM では 0.1-30MHz で 1.5μV 以下、或いは 1.8-30MHz で
0.8 μV (Preamp ON) と謳われており特に中波帯で感度が落ちるのは仕様から逸脱している。

RF 回路が載っている基板を見てみたが目視では問題は診られなかった。

ループアンテナ使用での上は改造前の JOLF 下は改造後の JOLF。

どうも中波帯 (Band 2) の BPF の減衰が大きい様だった。

上は改造後のループアンテナでの NHK 第一 受信時。  下は感度確認用の逆Lでの JOLF 受信時。

同様 AFN (810KHz) と逆 Lでの NHK 第一。

奥の手を使えば感度は可成りドラスティックに上がるが出来ればもう少しまともな(本来の)方法で
感度の増加が得られ無いものか帰路通勤電車内で回路図に目を通した。 明日確認してみよう。

10月4日 Band 2 の制御信号とスイッチング・ダイオードを診てみたが問題は無かった。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする