たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

講演2本と横断歩道で感動

2021-12-05 21:15:11 | 少子高齢化

 12月4日(土)は第1土曜日という事で「のじぎく児童公園」(高砂町浜田町)にて恒例の“自主的“公園掃除唐スタート。

その後、午前中は高砂市青少年補導委員として東播磨補導委員研修会(場所:加古川青少年女性センター)に出席し、北京五輪日本代表小林祐梨子さんの講演を拝聴。

そして午後には場所を東播磨県民局に移し、(株)HAPPY代表取締役首藤義敬さんの講演を聞きました。(ステージの様子⬇️)

両講演とも心から感動した内容で、涙腺が緩みました。

どちらも感動したのですが、特に午後の講演は自称「ソフトを提供する不動産」と言う初めて聞いた内容で、本当に驚き感動しました。

通常は住む所を探す人に住む所を提供するのが不動産業。しかし当該の(株)HAPPYが行っているのはその人が望む生き方を得れる場所の提供。これが「ソフトの提供」で、その結果、中央に共有場所を持つ建物に個別に部屋を持ちながらみんながともに暮らし、地域の子供達が遊びに来て、自由に子供達がお年寄りの食事を介助する姿になっていました。

そんな中では人生最後の見取りや葬式もその建物の中で行われているとのことです。

また、同じ日(何故か土曜日に)、西畑地区を車で走っていると小学生2人がランドセルを背負って横断歩道に現れたので譲った所、横断後に振り返って一礼してくれた事に感動。

土曜日は講演2本、横断歩道の事など色々な事で感動、真剣に生きること、自分にできることの大切さを感じ、リフレッシュもできました。

さあ、明日(12月6日月曜日)から12月定例議会が始まります。先ずはこの議会の中でしっかりと役割を果たしたいと思います。

では明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 胎動を感じる髙砂 | トップ | がんばれ、楽しめ、宝殿中学... »
最新の画像もっと見る

少子高齢化」カテゴリの最新記事