たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

胎動を感じる髙砂

2021-12-02 22:13:25 | 地方創生

 12月2日(木)、高砂市議会12月定例議会(12月6日開会)議案の勉強会期間、昨日既に勉強会を終えて、本日は何人かの人と縁を繋げたり繋がったりする機会がありました。

最近凄く思う事として、縁を繋ぐことは目の前の課題解決に対し凄く影響があるという事です。

ある事に長けている人とある事の課題解決を熱望する人がつながると、課題解決は一気に前進する様に思います。

さて、下は山電高砂駅前(南側)や銀座商店街(次郎助町)の本日の様子です。

今は寂しくなっている街ですが、ここを何とかしたいと思っている人が沢山おられます。この「何とかしたい」との熱望と地域活性化を専門とする人がつながり本気になれば、高砂町の街の活性化は本当に進むのではないか、と思います。

唐突感のあるお話ですが、現在の高砂町内の動きを見ていると新しい胎動を感じます。素晴らしい資源を持つ高砂町がより誇れる街になる様に自分にできる事を考え取り組んでいきたいと思っている昨今です。

高砂市を良くしたいと思う人が沢山いる事は高砂市の財産である様に思います。みんなが自分の出来る事(例えば明るい挨拶、目の前のゴミを拾う、自動車運転時横断歩道で待っている人がいれば停止して譲る等)を実践し、より良い街にしていきたいものですね。

では明日も“明るく元気に真剣に“いきましょう!(with smile)

 

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 期待したい、これからの髙砂市 | トップ | 講演2本と横断歩道で感動 »
最新の画像もっと見る

地方創生」カテゴリの最新記事