プン吉 punkichi の台所★海外遠征大好きな、完全禁煙南国料理店「島結」は飛ぶ!

台所は料理するだけの場所でなくいろんなことを思う場所♪南国料理・泡盛の店「島結」からのお知らせもあるよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メンテナンスお休みについて

2009年08月29日 | 島結
いつもご来店ありがとうございます!

8月31日(月)から9月3日(木)まで
店内メンテナンスのためお休みいたします


普段できないところの掃除や、床のお手入れ、内装をちょっといじったり…
雨が降らないことを今から祈っています

9月4日、ちょっと綺麗になったリニューアル島結で、お会いいたしましょう

ということで、

9月4日、9月5日、9月6日(売り切れたら6日までもたないかも…)
メンテナンス記念(笑)、ネパールチキンカレーやります!

白いご飯で食べるも良し、沖縄そばにのせるもありです

いつものように「売り切れごめんなさい」でよろしくお願いいたします!

この記事をはてなブックマークに追加

てびち~!

2009年08月27日 | 島結
明日(27日)、てびちアリマス!

本当は、今日営業中に仕上がって、間に合ったお客さん数名は胃袋に納めてしまいましたが…

トロトロで、コラーゲンたっぷり
日焼けで傷んだお肌をよみがえらせますよー

てびち好きの方はお早めに、ぜひご来店ください!

この記事をはてなブックマークに追加

禁煙店のサキガケ

2009年08月25日 | 島結
かねてから、多くの禁煙推進関係者の方々から紹介されていた焼鳥のお店

「一徳」

に行ってきました

この店は、藤沢で20年近く禁煙を貫くお店で、保健所関係の方々や医療関係者の常連さんも多いという名店、そう禁煙飲食店のサキガケなんです!


「ちょっと癖あのる店主がやってる店だけど、すごくいい店だよ!」ときいていましたが

はい、その通りでした(笑)


本当に、焼鳥と言っていいのでしょうか?
私には「串焼料亭」に思えました

とにか~くお仕事が丁寧!
素材を選ぶ確かな目と、下ごしらえは素晴らしい
今まで行ったどこの焼鳥店とも違います

島結が禁煙だから、普段は煙草の煙にさらされる機会は少ないですが、
自分の店以外で食事をするとなると、完全禁煙というのは
本当に限られてしまう…

ましてお酒が絡むとなると…
難しい!

焼鳥店のような小さなカウンターでは、真横でモクモクされることが多く、あれも食べたいこれも食べたいと思いながら、ビール一杯、で、ちょっと食べたところで席を立って帰ることも少なくないです

もともと気管支が弱い私は、年齢を重ねるごとに煙草の煙が辛くなっていきました
セキをしながら大好きなお酒や美味しいものを食べたくない
だから、そういうお店があればいいなと思って、島結をオープン!

そう、完全禁煙のお店がもっとあってもいいのにって思うんですよ

禁煙でちょっと癖があると聞かされていたご主人ですが、
若い時のとてもカッコいい写真を見せてくださったり、
刑事ドラマの殺人事件のヒントを言い当てたり、
笑顔が優しい、とっても正直な方でした

そして何よりも美味しい串焼の数々
どれも素晴らしいけど、強いておすすめと言えば

コブクロ
なんこつ
レバー
満州焼
にんにく

あれれれれ~?
ダメだ
全部書きたくなるぅうううう

この記事をはてなブックマークに追加

フランス人おそるべし

2009年08月23日 | 島結
第一次世界大戦時代

フランス軍がストライキ起こしました

「ワインの質が悪い!」
「食事が最低」
「改善されなきゃ戦わないよ!」


でもって、食事も、もちろんワインも改善されたんだそうな


日本軍とはずいぶん違うんですなあ~
食事とか酒とか言ってたら、国賊ですよ!国賊!

フランスはレボリューションを起こした国民、根本が違うんですね
人は誰のために生き、誰のために戦うのか?
国のためだけじゃなくて、その国を支える自分自身のためなのです
自分>国
1900年代初頭に、すでにこんな要求をしていたフランス!
あなたたちこそ、本物のグルメですわ

日本は国のため、天皇陛下のために戦うのが大儀だったわけで
国>自分
日本人は、今でも国や所属する場所(会社とか)の言いなりになってる理由がわかりますねえ~

そういう意味じゃ、日本人はグルメなんかじゃないってことでしょうか?
一部の人を除いては…と言っておきましょーねー











この記事をはてなブックマークに追加

金曜日

2009年08月21日 | 島結
21日金曜日

例の、大人気バリカレー
やっちゃいます!

あああ、本当に?
やっちゃう?うん、やっちゃいます!
数に限りあり、早めにご来店ください
または、来店したら「カレー予約」してね~

この記事をはてなブックマークに追加

三線奏者キヨトさん

2009年08月21日 | 島結
「沖縄芸能大会」

2009年10月11日 13時30分開演
川崎市立教育文化会館

当店の人気三線奏者キヨトさんが出演するのです!
→先日「三線検定」に合格したキヨトさん、おめでとうございます

島結でもこの「沖縄芸能大会」のチケットを申し込む事が出来ますので、ご興味のある方はぜひお声をかけてください
(できればチケットを取りに来られる方)

前売りなら1200円が
1000円です

遠くの方はこちらにお問い合わせください

川崎市沖縄芸能研究会
TEL:044-233-8584


普段は見ることが出来ない、素晴らしい芸能がとってもリーズナブルに楽しめます!
沖縄好きの方、古典芸能がお好きな方、ぜひ鑑賞しましょう

キヨトさんってどんな人かって?
そりゃもう、トーゼン素敵な方ですよ
韓流ドラマのお金持ちの弁護士役とか、チャングムのような韓流時代劇で王様役をするような
もちろん三線の腕前もバッチリです
キヨトさんが、島結で三線を弾く時もあるので、ラッキーな方はその小さなライブに会えますよ~


この記事をはてなブックマークに追加

バタバタ

2009年08月16日 | 島結
今日はバタバタで、常連の皆様にはいろんな意味で我慢させまして、本当に申し訳ありませんでした
初来店の某オネエ様にもお詫びでございます

こうやって甘えながら皆に支えてもらってるんだなあと心から感謝してます

お盆で街が静まり返る中、来店してくださるのも本当に嬉しいんです
昨日のスポットメニューのバリカレーも褒めてくださった皆様、感謝感謝です!
カレーはまた近々にやりますね!

バリカレーと、ネパール風のスパイスカレーそば、両方計画してます

いつもいつもアリガトゴザイマス

この記事をはてなブックマークに追加

髪の色

2009年08月12日 | 島結
厨房が暑い!
店の換気扇はパワーが無くて、前にここがラーメン屋さんだったなんて信じられない

大きな換気扇に変えたいですが、今はちょっと我慢です
ということで、髪を切りました
やっぱり短くすると幾分かは違います
店主は坊主頭なので、それを見るたびに涼しそうだし頭を洗うのも簡単だし、いいなあと思うけれど、やっぱり坊主頭にする勇気はまだなくて…

でも普通のショートヘアもつまらない

なので髪の色を麦の穂のような、稲穂のような、茶色に変えました!
髪が短く、明るい色になっただけでちょっと涼やかになったような


うげ!チカネエがヤンキーになった!?
夏休みだから?


って、私は中学生じゃありません
自分ではちょっとモード系の私になった気分なので(笑)

エグザイルスヘアの小川さん、気に入ってます
ありがとうざいました

この記事をはてなブックマークに追加

8月になると

2009年08月09日 | 島結
「夏」ですね!

家は片瀬江ノ島なので、観光客の数と浮かれ具合で「夏」を実感するのです

それとともに、テレビでは原爆と戦争の悲惨さを伝える番組が放映されて、これもまた「夏」を感じさせます

沖縄も戦争とは切り離せない場所…

6月の沖縄旅行でも平和記念公園を訪ねました
平和の礎の前に立ち祈りをささげ、摩文仁の丘から見る美しい海が、多くの命を吸い込んだ事を絶対に忘れてはいけないと心に誓いました

小学校時代にピアノ教室で初めて読んだ「はだしのゲン」
怖くて悪夢を見るほどショックでしたが、原爆がどういうものであるか知る事が出来ました

高校時代の担任は絶対反戦!という考えの持ち主で、その先生が勝手に設置した学級文庫には「はだしのゲン」はもちろん「きけわだつみの声」「黒い雨」など戦争の悲惨さを伝える本が並んでいました

今もテレビで中継中の長崎平和記念式典で、麻生総理大臣が奇麗事を話していますけど、核保有をすすめようと考える政治家がいることは嘆かわしく、また本当に恐ろしい事です

沢山の若者を戦争に動員し
「玉砕」「自決」「特攻」
そんなむごい事を強いたことを日本政府が恥じているのなら
きれいな言葉で平和を語る前にその現実を受け入れ
「あれは間違った行動だった」
と認めるべきです


自決した仲間を見送った人、戦地から生きて戻ってきた人、原爆から助かった人などが、なぜ自分だけが生き残ってしまったのかと自分を責めなくてもいいように…

そうでなければ、同じことがまた繰り返されてしまうと、私は思います

私の甥は自衛隊員です
世が世なら、彼は大日本帝国の軍人であり真っ先に戦地に飛んで行った青年の一人となります
そしてどこかの海深く、沈んでいったかもしれません
本当はそんな職業について欲しくなかった
だから、せめて日本が戦争することがないように祈るしかないんです

誰一人として、戦争に召集なんかされたらいけない
未来ある子供達が殺人兵器の軍事工場なんかで働いちゃいけない
そんなことが繰り返されてはいけない


「もう戦争は見るのも聞くのも嫌だ」

そういう世代の人たちが、世界平和に危機を感じて、辛い体験を語り始めてくれています
戦争を知らない私達は、その声を聞かなくてはいけないと私は思っています
気が重くなり、悲しく辛く怖いです
でも実際に体験された方は、もっともっと辛いのですから

現実を知らなければ「日本は勝つから大丈夫」なんていう、
馬鹿馬鹿しい奢った思いが生まれてしまうのです
勝っても負けても犠牲は伴う!

この8月も、戦争を体験された方々が多くの番組で貴重な体験を話してくれています

その言葉を深く胸に刻んだら、沖縄の美しい海を見る時、今までとは違った思いになることでしょう


この記事をはてなブックマークに追加