社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

令和は、良い酒と良い料理に恵まれた時代になりますように。ストレスを感じるような仕事や人間関係は捨てて行けますように。

小ネタ集52。(コンピュータがイカレタ…。)

2005年07月31日 08時58分22秒 | Weblog
 とうとう、コンピュータがいかれてしまった。途中まで立ち上がるのだが、いきなりフリーズしてしまい動かなくなってしまう。そうなると、キーボードで何をしても受け付けない。

 困ったことに、バックアップをしていたCD-ROMが見当たらない。それと、忙しさ?から最近のバックアップをしていない。

 やはり、怠けていたら、どこかでしわ寄せが起きてしまう。わかっているつもりなのに、怠けてしまう。ああ。情けない。

 
 昨日は、電話とファックスで仕事を済ましてしまった。後は、コピーセンターへ行き、コピーをとった程度。後は、ずっと「何とかならんか。コンピュータ」状態だった。

 大量のコピーを取る時は、コピーセンターへ行く。コストが安いし、作業台があって便利だからだ。急がないコピーもついでにやってしまう。

 何しろ一枚5円は安い。ソートも出来るので、手間がかからない。クーラーがかかっているので暑くない。駐車場があるので、駐車料金もかからない。

 こう言う店が家の近所にあるともっと助かるのだが・・・。それと日曜も開店してくれないかなあ・・・。


 ガ○ャッ○を買う。まだあるんだね。ガ○ャッ○。

 就業規則を閉じるのに、ガ○ャッ○を使っていた会社があって・・・。それをコピーするのに、ガ○ャッ○玉をはずさなければならなくなったと言う・・・。就業規則原本は返さなければならないので、ガ○ャッ○が必要になったわけです。

 しかし、ガ○ャッ○は、ホッチキスよりもエコかもしれない。ホッチキスは、はずしづらいし。再利用できないし。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 女性活用と講師業。 | トップ | 田舎の三年、京の昼寝。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

地方と東京。「田舎の三年、京の昼寝」、悲しいくらいに絶望的な懸隔と現実。第一部。 (有機交流電灯)
「地方に住むということ」 今日はきっと言い過ぎの部分が多いことをご了承いただきた