ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

デージ、イチデージ

2019年05月24日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 デージは「大事」の沖縄語読みで、イチデージは「一大事」となる。どちらも日常会話に頻繁に出てくる。和語と同じくデージ<イチデージというニュアンスとなる。
 沖縄の有名な歌に「ウリヒャー デージ ナトーン」と始まる歌がある。テレビ観ない私なのでよくは知らないが、確かジョニー宜野湾という歌手が歌っている。
 ヒャーという沖縄語は良く耳にする言葉、その意味は感覚的にはよく知っているが、改めて沖縄語辞典で調べてみる。それによると、接尾語として「野郎、奴、人をののしる時にいう」とある。「クヌ(この)ヒャー、エナ(嫌な)ワラバー(童)ヒャー」と子供の頃、私は父によく言われていた。ただし、歌われている「ウリヒャー」はそれとは少々異なる。ウリは「(物、場所、又は時を指す)それ」という意で、「ウリヒャー デージ ナトーン」を感覚的に和訳すると「あれまあ、エラいことになっちまった。」となる。歌詞はその後、「お前が好きになった、これが恋なのか・・・」と続いていく。
 さほど有名ではないかもしれないが、好きな人は知っている歌に「イチデージなったわい」という題の歌がある。有名な民謡歌手、故登川誠仁氏が歌っている。お金が円からドルに替わって、ドルから円に替わってイチデージ、などといったことを歌っている。私の感覚ではイチデージがデージより強い大事(おおごと)なのだが、この2つの歌に限っては逆となっている。ドルが円になるより恋に落ちる方がずっと大事(おおごと)。
     

 さて、イチデージってほど大事(おおごと)ではないが、デージと思うことが今、私の身に起こっている。薬草研究家のHさんから「これ、あんたの名刺」と薬草普及会なるものの名刺(100枚入り箱)を渡されて、しばらくおしゃべり(名刺とは別の話が主)した後、部屋に戻って名刺の意味を考えて「ウリヒャー デージナトーン」となった。
 Hさんに「老人クラブで使いたいから薬草表を作って」と頼まれてから自分自身の勉強のためにもと、薬草の本十冊余に目を通し勉強する。勉強はして、頼まれたものも作ったのだが、その知識はパソコンに収められ、私の脳にはほとんど入っていない。100訊かれて2つ3つ答えられるかどうかくらい。「そんな俺が薬草普及会会長の助手ってか?それは無理だろう」と思う。でも、既にHさんは走り出している。どうする?
 どうする?と考えて、「面倒だなぁ」と思いつつも、鉢巻をして走る83歳を想像すると、無視はできない。で、翌日から野山の散歩時間を増やし薬草探し、図書館へ行く機会も増やし薬草の勉強、本を借りて、家でパソコンを開いて薬草の特徴書き。
 そんなことやっている内に「野山には毒草もある、それから先に調べておかないと、万が一間違って毒草を摂取、なんてことになったら大事だ」と気付き、先ずは毒草のことを調べなきゃとなる。のんびりやっていた野山の散歩も、のんびりやっていた薬草研究も、のんびりとは行かなくなった。一所懸命とか熱中してとかなど、私の性格には合わないことをやる羽目になった。これこそまったく「ウリヒャー デージナトーン」だ。
 ちなみに、大事は、デージの他にウフグゥトゥ(おおごと)とも沖縄語では発音する。意味は和語と同じで、デージとも同じ。少々上品な言い様になるかもしれない。
     

 記:2019.5.19 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


マダラツマキリヨトウ

2019年05月22日 | 動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 咥えタバコで

 前回紹介したカワムラトガリバの頁でも書いたが、4月になると「写真に撮った草木や昆虫などの動物が何者であるか調べる作業」がだいぶ進んで、いくつか判明した。今回もその判明したものの1つで、同じく蛾の類のマダラツマキリヨトウ。
 マダラツマキリヨトウはだいぶ前に写真に収めている。写真のプロパティを見ると2010年4月28日の撮影となっている。もう9年前のこと。ちゃんとは記憶していないが「そうであろう」と判断できたのはおそらく数年前だと思う。「に違いない」と確定し、その説明文(下の文章)を書いたのは最近の事。説明文は「間違ってはいけない」というプレッシャーがあるのでなかなか筆が進まない、いや、キーボードが進まない。

 2010年4月28日、既に職場は時短となっていて私は週に2日だけの出勤、その他の日は親戚の土地を借りて30坪程度の畑仕事をやっていた頃だ。そして、この写真を撮った日の10日前に父が動けなくなり、その数日後に入院してバタバタしている頃。
 従姉たちに手伝ってもらい、父の介護を交代でやって、病院駆けまわって、父の主治医に相談して、入院先を決めて、手続きして・・・など忙しくしていた頃。
 28日は数少ない出勤日で、職場での3時休み、コーヒー飲んで一服している時、職場の庭を咥えタバコでブラブラしている時、これまで見たことのない大きな蛾に出会い、写真を撮っている。父のことで忙しくしていたのに、心に余裕はあったようだ。
 
 マダラツマキリヨトウ(斑つまきり夜盗):鱗翅目の昆虫
 ヤガ科 北海道~屋久島、台湾、インドなどに分布 方言名:ハベル(蝶蛾の総称)
 名前の由来は資料が無く正確には不明。ヨトウについては広辞苑にヨトウガがあり、夜盗蛾と漢字表記され「幼虫は夜盗虫」とのこと。「夜盗虫」を引くと、「ヨトウガの類の幼虫・・・夜出て野菜類を食害する」とあり「夜、野菜を盗みに来る」といった意味であろう。マダラは、翅表が斑模様だからと思われる。ツマキリについては端切という漢字が思い浮かぶが、本種のどこのツマ(端)が切れているのか不明なので根拠無し。
 前翅表に上から下へ何本もの白線が走っている。前脚に毛が多く生え太く見える。触覚も基部が太い(雄の触覚がそうらしい)などといったことが見た目の特徴。
 前翅長14~15ミリ。食草はシダ類。出現は6~8月。全土で普通種とのこと。
 最近から『原色昆虫大図鑑』も参考文献に加えたが、それによると「この類(おそらくヨトウガの類)は全てシダ類を食草とする」とのこと。上述の「雄の触覚の基部は太い」も同書による。『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』に載っている写真の本種は触覚が太くないので雌、私の写真は触覚が太いので雄だと思われる。
 なお、『原色昆虫大図鑑』に「北海道~屋久島、・・・に分布」と沖縄は入っていなかったが、『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』には「全土に分布」とあった。

 記:ガジ丸 2019.5.18 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『原色昆虫大図鑑』井上寛・岡野磨瑳郎・白木隆他著、株式会社北隆館発行


フジマメ

2019年05月20日 | 草木:野菜

 風は涼しく日差し穏やかな4月のある日、県営運動公園へ散策に出かけた。その時出会った海人(ウミンチュ=漁師)らしき男性に、先週紹介した沖縄の薬草「セッコツソウ」の存在を教えてもらい、「腰痛に効く」と教えてもらい、その生息場所を教えてもらい、一緒にその場所へ行って、実物を見せてもらい、収穫したものを分けてもらった。

 それから数日後、頂いたセッコツソウを干してお茶にする準備を終え、セッコツソウが何者かも調べ終わっていたある日の事、薬草研究家のH爺様から電話があった。
 「名刺ができた。今、あんたの家の前まで来ている、会える?」と。「名刺?・・・って何だ?」と思いつつ会う。名刺って、前にHさんが話していた「薬草を普及させる組織を作って・・・云々」の組織の名刺であった。自身のと私のを作ってあった。「あの話、本気だったんだ。何という元気な83歳。今後、老人クラブを回って薬草の話をするつもりなんだ。」と、明日に向かって走ろうとする83歳に驚き、感心する。

 それはともかく、その時、Hさんに数日前の漁師のこと、彼からセッコツソウという薬草のことを教わったことを話する。Hさんは興味を持った。ということで、それから数日後の4月26日、Hさんを家に迎えに行って車に乗せ、セッコツソウが自生している県営運動公園へ案内する。公園を散策し、セッコツソウを見せ、家まで送る。

 その2時間ほどの行程、Hさんはいつものリュックの他に袋を1つ荷物にしていた。帰り道の車内で「今日のお礼と言っちゃあ何だが、」と言って、袋の中身を出した。1冊の本、いかにも平和運動家らしいその類の本。それと、キヌサヤに似た野菜。完熟したらしき莢、まだ未熟の莢。「これ食べてみて、完熟したものは豆として、未熟のものはキヌサヤのように煮たり炒めたり、天ぷらにしたりして美味しいよ」とHさん。
 すぐには思い出せなかったがその野菜を私は知っていた。実はHさんと知り合った10年ほど前、Hさんの家を訪ねた時、その庭のフェンスに絡まっていたのを見ていた。写真を撮って、調べて、それがフジマメという名の野菜であることもその時に知った。
 ただ、名前は知ったがそれが薬草にもなるということは知らなかった。薬草になることを知ったのは、その時フジマメを頂いて「これも薬効があるみたいだよ」とHさんから聞き、薬草の本で確かめてから。消化不良や解毒に効果があるとのこと。
 普段食としてのフジマメは、主に若い莢を利用する。香味があり美味とのこと。熟した種も食用となる。甘煮にして食ってみたが普通の黒豆の甘煮と変わらなかった。
 
 フジマメ(藤豆):果菜・豆類
 マメ科の常緑蔓性一年草 原産は熱帯アフリカ 方言名:ウクマーミ
 名前の由来は「花がフジの花に似るのでこの名」とあった。広辞苑に記載があり、藤豆と漢字表記され「初夏から秋まで淡紫色または白色のフジに似た花を開き、美しい。若い莢さやは香味があり食用。関西地方では本種をインゲンマメと呼ぶ。」とのこと。
 そのフジに似た美しい花について文献には「開花期は7~10月」とあったが、沖縄ではほぼ年中咲いており、したがって、沖縄での収穫期は5月から翌年3月までと長い。上の私の撮った全体写真は1月のもの。開花しており既に実も着いている。
 蔓は巻きつる型で他のものに絡みついて広がる。陽光地を好む。葉はマメ科でよく見る三出複葉。熱帯性の植物なので、倭国より沖縄の気候に向いている。文献には「莢は扁平で長さ3~6センチ」とあったが、私が見たものはどれも長さ10センチ内外あった。そういう品種なのか、気候が向いているから成長が良いのかは不明。
 若い莢をインゲンマメのように食用とし、熟した豆も食用となる。熟した豆は長さ12~13ミリ。黒色で白い筋が目立つ。毒性があり大量摂取は危険ともあった。
 大量摂取は危険だが適量であれば薬にもなる。漢方では消化不良や解毒に効果のある生薬として利用される。生葉を煎じて服用すれば食あたり・魚の中毒に効き、豆果は普段食として食すれば腸病・滋養保健に効くとのこと。
 
 全体図の拡大
 
 フジマメ花と実
  
 記:島乃ガジ丸 2019.5.18 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行
 『ニッポンの野菜』丹野清志著、株式会社玄光社発行
 『藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修、NHK出版編
 『やんばる樹木観察図鑑』與那原正勝著、ぱる3企画発行
 『熱帯の果実』小島裕著、新星図書出版発行
 『熱帯花木と観葉植物図鑑』(社)日本インドアグリーン協会編、株式会社誠久堂発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『琉球薬草誌』下地清吉著、琉球書房発行


ドゥーチュイムニー190519

2019年05月19日 | ドゥーチュイ18-19


 見知っている美女 久しぶりで名前が思い出せない 私にはしばしばあること
 
 ヒメヒオウギ アヤメ科の多年草 南アフリカ原産 開花期は4~6月。


薬草生活の経過その2

2019年05月17日 | 通信-社会・生活

 『薬草生活の経過その1』を書いたのは去年(2018年)8月のこと、その後も何らかの形で薬草の類は摂取していたが、今年2月頃からはほとんど怠けていた。1月に薬草研究家のHさんに頼まれていた薬草表を表ではなく冊子に仕上げて差し上げて、「これで薬草は終わり」と思ったわけではない。野山の薬草探しは続けており、本も読んでいた。ただ、摂取するのを怠けていただけ。『薬草生活の経過その1』の最後に「1週間に1種を数回摂るということを続け、5~6種類を5~6週間かけて調べてみる予定」と書いたのだが、それもやっていない。薬草の勉強、怠け者の私にはなかなか難しい。

 4月5日、二十四節気の清明に入る。その時からずっと懸案事項であったシーミー(清明祭:沖縄では重要な風習である墓参り)を5月9日にやっと終えた。その日1日で終わったのではなく前日に下見をして、軽く掃除していた。天気予報があまり良くなくて、もしも雨が降ったらお供えものが濡れたりして面倒になる、と思って2日に分けた。
 下見して軽く掃除した日のこと、我が家の墓の隣の隣の無縁墓を住いとし、隣の墓を居間とし、我が家の墓を物置場として使っているいつもの自由人がいつものように話しかけてきた。去年はUFOの話で興味のない私には煩かったが、今年は、
 「ずいぶん遅かったね、今年は来ないのかと思ったよ。」
 「うん、腰の調子が悪くてね、天気も良くない日が多かったし。」
 「腰か、病院へは行った?痛み止め飲んだり、湿布薬とか使ってる?」
 「病院行かない、薬飲まない、湿布薬貼らない主義なんだ。」
 「病院は行った方がいいと思うけど、薬はなぁ、要らないよなぁ。」
 「そう、そっちもそう思うんだ。」
 「薬は一時凌ぎだからなぁ、治っているんじゃなくて、痛みを忘れているだけさぁ。」
 などという話になった。そうだよな、嫌なことを忘れるために酒飲んで酔っ払うみたいなもんだよな、と思いつつ、最近自作の塗り薬を使っていることを思い出し、
 「最近そういえば、自作の塗り薬を使っている、セッコツソウって薬草があって。」
 「薬草か、自分で作ってるんだ、それは自然のものだからいいんじゃないの。」
 さすが自由人、野生のように生きているから自然のものに理解があるんだ。と感心しつつ、会話も続けながら墓掃除を終えて、「じゃあ明日また」と言って別れる。
     

 自由人に語ったセッコツソウ、塗り薬として痛みのきつい首回り、腰回りに軽く塗っている。セッコツソウは干してお茶にしても飲んでいた。1回目の収穫で湯飲み10杯ほど飲んで、そこで品切れとなって2週間ほど間をおいて、今週日曜日から再開している。塗っているのが効いているのか飲んでいるのが効いているのか不明だが、首の痛みはだいぶ軽減している。腰痛に対する効果はまだ現れていないが、実験する価値はありそう。
 過日、薬草研究家のHさんが薬草普及の組織を立ち上げ、その1員に私も含まれてしまった。で、その日以降ほぼ毎日、薬草探しをしたり、図書館へ行って薬草の勉強をしている。薬草の中には毒性のあるものがあり、副作用もあり生半可な知識では他人に教えられるものではないと思っての事。実体験も必要と思い、今はセッコツソウの人体実験中。週に1種ではなく月に1種とのんびり実験、のんびりなら怠け者の私でもできるはず。
     

 記:2019.5.17 島乃ガジ丸

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行