ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヤーナレーフカナレー

2019年04月19日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 子供の頃から長い間反抗期が続いた私は、躾ができていない。例えば、箸の持ち方も汚い。母に何度も注意されていたが馬耳東風であった。食事する時の姿勢も悪い。「飯が食えればいいじゃんかよー」であった。肘をつく、足を組むのは普通、時には椅子の上に片足立てて食うなんてこともあった。畳の上で座る時も似たようなものだった。
 一人暮らしの長い私は、世の夫の多くが享受する妻による躾も受けていない。一人暮らしはずーーーっと続いているので、家の中では自分の好きなままにやりたい放題。自分自身が嫌に思わない事であれば、何の制約も受けずやりたい放題の生活をしてきた。
 そんな私でも他人の家に行った時は一応気を使う。崩れた格好で飲み食いはしないし、家でそうやるようにブッ、ブッ、ブッと所構わず屁をこくこともしない。道に唾を吐いたりもしない。社会人として私はちゃんとしているつもり、であった。であったがしかし、最近になって気付いた。私は歩いている時、立っている時の姿勢が悪いことに。
 過日、友人Sと一緒に歩いている時、「前かがみになっている」と指摘され、それ以降店舗のガラス窓、駐車している車の窓ガラスに映る我が身を見るようにしている。真っすぐ立つように気を付けていたが、私の姿勢はSの言う通り少し前傾になっていた。

 私の姿勢の悪さは立っている時、歩いている時だけではなかった。パソコン作業をしているといつのまにか足を組んでいる、いつの間にか頬杖ついて、背中を丸めて顎を突き出している。時には椅子の上に片足を立てていたりもする。立っている時、歩いている時の前屈みは腰痛のせいだと思うが、家で座っている時の姿勢の悪さは身に着いた癖で、親の注意に耳を貸さず、子供の頃から自由気ままに生きてきたことの弊害だと思われる。
 我が身の姿勢の悪さに気付いて(3月中頃)以降、姿勢に気を付けるようにしている。猫背は背中が上下に折れて丸くなっていると思っていたが、それだけではなく左右にも丸まっていることに気付く。両肩が前に出て背中が丸まっている。そう気付いてからは両肩を後方にし胸を張るようにしている。それは立っている時も座っている時も同じ。
 日常の姿勢が腰痛の治りを遅らせているのではないかと思ってやっていることだが、2週間を経ても私の腰痛は良くならない。そりゃそうだ、何十年も蓄積してきた悪い習慣による弊害が、そう簡単に良くなるということはないのだろう。
     

 そういったことから「三つ子の魂百まで」という諺を思い出したが、もう1つ、この記事の表題にした「ヤーナレーフカナレー」というのも思い出した。
 ヤーナレーは家慣れ、フカナレーは外慣れという意、いつ頃からは不明だが、ヤーナレーフカナレーは沖縄に伝わる金言となっている。「家慣れは外慣れ」ということで、「家でやっていることは外でも無意識に出てくる」という意だと私なりに理解している。
 「今、自分がやっていることは他人に見られたら恥ずかしいことであり、たまたま特別にやっていることである」という認識もなくやっている行為、つまり、日常的に家で普通にやっている行為は、それが「他人に見られたら恥ずかしいこと」であっても、無意識に人前でもやってしまうということ。例えば、部屋の中で日常的に鼻糞ほじっている人は、他人が見ている場所でも無意識に鼻糞をほじってしまう、といったようなこと。
 教訓としては、「家でだらしくしていると他所へ行った時もそのだらしなさが表れるから、普段からきちんとしていなさい」と言ったような意味となる。

 日常の立ち居振る舞いがその人の人格に影響し、肉体の健康にも影響するのではないかと、もうすぐオジーと呼ばれる齢になって私もやっと気付いた。ということで、最近は家の中で1人であったとしても、姿勢はなるべく正すようにしている。しかしまだ、屁は好きにこいているし、鼻糞もほじっている。それらもその内正そうとは思っている。
 今はまだ何とか自制ができるが、この先体が弱り、脳が弱りしてくると自制も効かなくなる。このままでは私は面倒な爺さん、汚い爺さん、言う事聞かない爺さんになってしまう。自然体でも上品な振る舞いができる爺さんになろうと、この先努力する予定。
 ちなみに、背中を丸めない姿勢をする、に加え、肩甲骨を回すストレッチを2週間ほど続けた結果、酷かった肩凝りがだいぶ改善した。・・・腰への好影響はまだ無い。
     

 記:2019.4.14 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


クテーラン、フシガラン

2019年03月15日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 姉の友人が関わっている演劇が近く(3月末)上演される。作品名を『クテーラン人びと』といい、そのあらすじは、宣伝チラシにあるのをそっくり引用すると、
 「ヤマトの要らんモノは沖縄も要らん」。日本一根気がないといわれるウチナーンチュが、オカミ相手に根気勝負。負けたり負けたりたまに勝ったり。カチャーシーとチルダイ繰り返しても、ナイビランムノーナイビラン・・・後略。
 略した後半はおふざけの言葉遊びのようなのが続くので、作品は喜劇仕立てなのかもしれない。喜劇仕立てで「ウチナーンチュは負けないぞ」を語るのかもしれない。
 クテーランは沖縄語でクテーユンという動詞の否定形。クテーユンは沖縄語辞典によると2義あり、第一義は「答える」という意、第二義は「応える」で「彼女に振られたことが精神的にとても応えるんだ」などという時に使う「応える」。クテーランはその否定形なので、「どんな苦難であっても応えないぞ(負けないぞ)」というような意。
 劇『クテーラン人びと』は舞台が辺野古新基地のようなので、国から嫌なものを押し付けられて、それに抵抗し、権力によってその抵抗が押し潰されそうになっても「クテーランぞ」ということだと思われる。負けずに挫けずに抵抗を続けていくということ。
     

 辺野古のことを考えた時、私はクテーランという言葉がちっとも思いつかなかった。この劇のチラシを見て、「そうか、そうなんだよな、現場で反対運動をしている人たちはそういった根性で毎日声を上げているんだよな」と改めて気付かされた。
 私は、現場を見に行って反対運動をしている人たちの話を伺い、エールを送ったことはあるが、実際にそこに立って彼らと一緒に反対の声を上げたことは無い、基地のフェンスに反対を意思表示するリボンを結んだこともない。私は日和見人である。
 日和見人は、基地建設に反対は反対なんだが、フェンスの向こうのアメリカ兵を嫌ってはいない。基地の存在も否定はしていない。兵士も同じ人間、中には「人の嫌がる軍隊に召されていく身」に嫌々なってしまった人も多くいるであろう。沖縄の人と仲良くしたいと思っている人も多くいるであろう。そんな彼らと罵り合いはしたくない。
 戦わない日和見人はだから、クテーランは日常よく耳にする言葉なんだが、辺野古からクテーランという言葉を連想しなかった。辺野古を考えた時私が連想するのはフシガランという言葉。これも沖縄の日常でよく耳にする言葉。ラジオからの国会中継を聴いているとそう感じる。「県民投票の結果については真摯に受け止める」と言いながら「工事は粛々と進める」という安倍総理のすっとぼけた答えに対しフシガランと感じる。
     

 フシガランは沖縄語辞典に記載がない。で、素人の私が勝手な解釈をする。
 ランはクテーランのランと同じく、動詞の語尾について否定の意、特に不可(~できない)を表す。で、フシガランの基本形はフシグンとなるだろうと思ったが、フシグンも辞書になく、フシから始まる動詞はないかと探したらフシジュンというのがあった。フシジュンは「防ぐ」という意。とすると、フシガランは「防ぐことができない」となるが、私が使ったり聞いたりしているフシガランは「耐えられない」とか「飽き飽きする」とかいう意である。夏の夜、叩いても叩いても蚊がやってきて不快な思いをしている時などに、「クヌ(この)ガジャン(蚊)よ、フシガランさぁ」とフシガランは使える。
 ちなみに、沖縄語辞典によると、耐えられないはシジララン 飽きるはニリユン。
     
 追記:2019.3.17
 昨日(16日)夕方、知人とユンタク(おしゃべり)している内にふと、フシガランを思い出し、彼に訊くと、「うんざりする、じゃないの」と教えてもらった。確かに、フシガランの意味としては「うんざりする」がピッタシくる。

 記:2019.3.15 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


御願所(ウガンジュ)

2018年12月24日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 「お前ぇ気は確かか?」と問いたくなるほどここ数日の気温が高い。沖縄気象台のデータによると、20日から23日までの最高気温(那覇)は25.1度、24.5度、26.2度、24.3度となっている。22日は用があって昼間、夏のような薄着で出かけたのだが、汗が滲んでしまった。23日の朝はたっぷり寝汗をかいていた。日の最低気温も21日と23日は20度を超えている。もう年の瀬だぜ、大丈夫か地球?と思う。・・・が、沖縄気象台の過去のデータを見ると、12月下旬で最高気温が25度を超えるのは2015年以降ちょくちょくあったようだ。私の脳が覚えていないだけのようだ。それはさておき、

 前に沖縄の言葉「ウガンブスク」を紹介したが、その記事を書きながらウガンジュという言葉も思い浮かんで、「そういえば、俺はウガンジュとほとんど関係なく生きてきたなぁ、ウガンジュと言われるところに手を合わせたことは一度も無いんじゃないかなぁ」と過去を振り返った。我が家の墓、親戚の墓で手を合わせるが墓はウガンジュではない。先の大戦での戦没者を祀っている平和の礎で手を合わせたことはあるがそこもウガンジュではない。若い頃「お願い?」と女性に手を合わせたことがあるが、それは意味が違う。
 そうそう、ここ30年ばかりは無いが、若い頃には正月に神社で手を合わせたことが数回ある。神社はきっとウガンジュである。「拝む所」だと思われる。
 ウガンジュとは何かというと、「ウガンブスク」で書いた事の繰り返しとなるが、
 沖縄語辞典によると、ウグヮンは「お願」と表記され「祈願。願。祈祷」の意とある。『沖縄大百科事典』にはウガンがあり、拝所と表記され「神霊のよりつく聖域のこと」とある。「御願所とも」と別名が記されているが、「神霊のよりつく聖域のこと」という意では御願所(ウガンジュ)の方を私は子供の頃から多く耳にしている。
 つまり、簡単に言えば、ウガンジュとは「神霊のよりつく聖域のこと」。

 ウガンジュは沖縄のあちらこちらにある。畑仕事に追われる前の数年前までは「趣味は散歩です」と言っても良いほど私は頻繁に散歩をしていた。私の散歩場所は公園も多くあり、私が散歩場所にしていたいくつかの公園にもウガンジュがあった。
 と書いていて思い出した。私は沖縄の有名な大きなウガンジュで手を合わせたことが数回ある。そこはセーファーウタキ(斎場御嶽)、沖縄島では最も由緒ある聖域。
 ウタキ(御嶽)とは『沖縄大百科事典』によると、「おがみ山・ムイ(森)・グスク・ウガン・オン・スクなどと呼ばれる聖地の総称」とのこと。御嶽は公用語ともある。
 セーファーウタキについては2010年9月に撮った写真も残っているので後日紹介することとして、今回はそこここにいくつもあるウガンジュを考えてみたい。

 そこここにいくつもあるウガンジュを、散歩している時に私は何度も目にしている。その場所に線香が供えられているのも何度も見ている。神霊のよりつく聖域に対し畏敬の念を持っているウチナーンチュは多くいるみたいである。私の想像だが、「子供が病気に罹りました、お助けください」とか、「子供の病気が治りました、神様のお陰です、ありがとうございました」とかいった祈りとかお礼とかであろう。
 私はそういうところで手を合わせたことはない。何かを願ったことも生きていることに感謝したこともない。願わない、祈らない、拝まないなどは、「俺は俺の力で生きていける、神の助けなどいらないぜ」という傲慢さから来ているのかもしれない。
 神の存在を信じ無いところから私の傲慢さは来ている。しかし、よく考えれば、そこに空気がある、水がある、食い物があるというだけでも有難いこと。そういう環境を造ってくれている何者かに感謝することは必要であろう。生きるのを助けて貰っているという普通の感謝だ。今度、ウガンジュらしきものに出会ったら、手を合わせないまでも目礼くらいはするように、少なくとも心の中では、畏敬の念を持つようにしようと反省した。
     
     
     
     

 記:2018.12.22 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


薬草その2

2018年12月17日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 知人の、平和運動家で薬草研究家でもあるH爺様、来年83歳になるとのことだがまだまだ元気。1ヶ月ほど前(11月中頃)、私が物置作りをしているとこっちへ向かって歩いてくるHさんが見えた。声を掛けてしばしユンタク(おしゃべり)する。
 Hさんは病院からの帰りで、私の住まいから最寄りのバス停より1つ手前のバス停で降りて、そこから家に向かっている途中とのこと。Hさんの家の最寄りのバス停は私のところからなお1つ先、Hさんは健康のためになるべく歩くようにしているとのこと。

 そのHさんから半年以上も前から頼まれていた薬草表作り、Hさんに頼まれていた五十音順の50種の表作りは既に完成してHさんに手渡しているが、それでは不十分と別の年配の人に助言され、それをHさんに伝えると「そうだねぇ、私もそう思う」となって、ということで、さらに詳しい薬草表作りに取り掛かって、それで時間がかかっている。
 Hさんから借りている分厚い1冊の薬草の本『沖縄の薬草百科』、その中から沖縄に自生が無くて入手が難しいものを除いた約160種を、その方言名、使用部、加工法、使用法、効能、含まれる薬効成分などをエクセルの表にして書き写す。で、時間がかかる。病名、症状名などに知らない単語が多くあり、それを調べて、さらに時間がかかる。
 その作業が11月末にやっと終了。できた表をお年寄りたちが利用しやすいように「効能別にして→手に入りやすいもの→生で使うか干して使うかに分け→煎じて飲むか料理して食すかなどに分け」などの作業をしよう・・・と思ったが、ふと魔がさす。「記述した内容が正しいかどうか確認しなければ」と、図書館から薬草の本を数冊借りてくる。
 その数冊の本で、『沖縄の薬草百科』から書き写した事項の確認作業を始めたのだが、数冊の本には『沖縄の薬草百科』に記載のない薬草がいくつもあって、それらを薬草表に追加する、「いくつもあって」のいくつは100種を超えた。で、また時間がかかり、結局、世間が忙しくなる、恋人たちがソワソワする12月半ばになっても私の薬草表作りは完成していない。「遅くても年内には」と思っていたが、それも無理そう。
     

 薬草表作りがなかなか完成しない、というのは置いといて、薬草の本を何冊も読んでいる内に、私なりに気付いたことがある。
 先ずは、薬草を摂取する場合、何の加工も無くそのままでというのは少ない。ほとんどが「干して」、「煎じて」となっている。「何で?」と老化した私の脳味噌が考える。おそらくだが、「干すと薬効成分が凝縮する、煎じるとさらに凝縮する」からではないかと老化した脳味噌は結論した。薬効成分を凝縮しているということはつまり、それは漢方薬ということ。確かに、薬草の中の多くに漢方薬名が記されていた。
 漢方薬も、化学薬品に比べれば即効性はないかもしれないが薬は薬、「毒も薬になり、薬も毒になる」ように、「摂り過ぎは却って健康に悪い」のではないかと思った。それはその通りで、「長期間の摂取は良くない」とか「薬効が強いので摂取は専門家に相談すること」との注意書きのある薬草も多くあった。「過ぎたるは・・・」ということ。
 さらに、薬効成分の効き目は人それぞれの体質によって異なると思われる。人によっては良い効果があっても、別の人には良くない影響を与えるものがあるかもしれない。その日の体調によっても効果は異なるかもしれない。自然のものでも安心はできない。
 「野原や庭にある薬草、その葉を採取してそのまま煎じてお茶のようにして飲む」分には特に気を付けることもないであろうが、葉や実や根を干して漢方薬となったものを摂取するのは注意が必要なのであろう。専門家に相談しなければならないのであろう。
     

 ということで私の結論、よほど具合が悪い時は専門家に相談する。そして、薬草は薬効の穏やかなものを普段食として食べるのが良い。そうすると薬効は弱いかもしれないが危険は無い。咳が出る、お腹痛いとかちょっと具合の悪い個所があれば、それに効く薬草の生葉をお茶のようにして飲む程度にした方が良いのではないかと思った。
 そしてもう1つ、「医食同源」という言葉を思い出した。普段食べているものに気を付けて(ジャンクフードはなるべく避けるなど)いれば、それがそのまま生きる薬になる。さらに言えば、楽しく食べること。幸せ気分が生きる薬になるのではないかと思った。
     

 記:2018.12.17 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『沖縄薬草のききめ』多和田真淳著・発行
 『沖縄の薬草百科』多和田真淳・大田文子著、那覇出版社発行
 『身近な薬草活用手帖』寺林進監修、株式会社誠文堂新光社発行
 『食べる野草と薬草』川原勝征著、株式会社南方新社発行
 『琉球薬草誌』下地清吉著、琉球書房発行
 『薬用植物大事典』田中孝治著、社団法人家の光協会発行


ウガンブスク

2018年12月07日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 11月、暖かい日の多かった今年の沖縄、12月に入るとさらに暖かくなった。4日は全国的にも暖かかったようだがその日の那覇の最高気温は何と29.4度、「なんじゃい、沖縄はいつから南半球になったんじゃい!」と思うような陽気、その日のお昼前、畑の片付け作業をしたが、たった30分で汗びっしょりだった。「体の調子が狂うではないか。天気の神様、どうかいつもの例年通りの気候にしてください。」と祈りたくなる。

 さて本題、姉や妹にそれぞれ不幸が襲い、自らも膝を痛めて仕事を休んでいるH子、彼女たちのことを先輩農夫のNさんとユンタク(おしゃべり)している時の話題にした。Nさんは話を一通り聞いて、「それはウガンブスクではないか?」と助言した。
 それからまた数日後、H子と会う機会があった。「ウガンブスクではないか?」とNさんの言葉を伝えると、「そうかもねぇ。」と彼女は神妙な面持ちで応えたが、その時彼女の周りにいたお姉さま方たち(H子の友人3人)は口を揃え、「そんなことないよ、何で祖先が子孫に罰を与えるのよ。」と仰る。いやいやそういうことではなく、ご先祖様が罰を与えるのではない。ウガンする相手が違うのではないか?ということです。
     

 ウガンは御願、正確な発音に近いカナ表記だとウグヮンだが、ウガンという発音をよく聞く。フスクは不足、濁音化してブスクとなってウガンブスクとなる。
 ウガンブスクは漢字で表記すると御願不足・・・だと私はずっと思っていたが、違うかもしれない。もしかしたら「拝み不足」が正しいかもしれない。沖縄語発音で「拝み」はウガンとなり、「御願」を沖縄語発音しても同じくウガンとなる。
 沖縄語辞典には、ウガンは「お願」と表記され「祈願。願。祈祷」の意とある。『沖縄大百科事典』にはウガンがあり、拝所と表記され「神霊のよりつく聖域のこと」とある。「御願所とも」と別名が記されているが、「神霊のよりつく聖域のこと」という意では御願所(ウガンジュ)の方を私は子供の頃から多く耳にしている。
 「願」は「神仏に願うこと」(明鏡国語辞典)の意で、「祈る」は「よいことが起こるようにと神や仏に願う」(同)のこと。沖縄語の「願」が「祈願。願。祈祷」の意ということであれば、和語の願と同じであり、ウガンブスクは御願不足で正解となる。
 しかし、私がこれまで耳にしてきたウガンブスクは、もちろん「よいことが起こるようにと神や仏に願う」の、その祈りが足りないという意味もあるかもしれないが・・・、

 拝むは「神仏などに向かって、手を合わせたりひざまずいたりして礼をする」(同)のこと。そう、拝むは神仏に対するお礼なのである。「今日も生かして頂いてありがとうございます」といったようなお礼なのだと思われる。「生かして頂いて」というだけでなく「健康で」、「家庭円満で」などということもあろう。それは毎日毎日のお礼である、神仏に対する日常の感謝である。ウガンブスクは「神仏に対する感謝の念が足りない」という意味合いが強いと思う。ご先祖様に対するではなく神に対する拝み不足である。
 よって、「祖先が子孫に罰を与える」のではなく、「神が感謝知らずの子孫に罰を与える」のだと思われる。神は、「先祖がいたお陰でお前は生きているのだぞ、その先祖をないがしろにするとは不届きな奴。」というお叱りではないだろうか。神の存在を信じない不信心者の私が言えることでは無いが、不運が続くとついつい・・・。
     
     

 記:2018.12.6 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行