ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ガロン

2018年10月22日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 アメリカ世の容量

 前にアップした記事『モビール油』を書きながらもう1つ思い出したことがあった、ガロン。昔昔その昔、そんな名前の漫画があったのをおぼろげに記憶しているが、そのガロンではなく体積単位のガロン。イギリスやアメリカで使われている体積単位。
 沖縄が本土復帰する(1972年)前、アメリカ軍統治下にあった沖縄では耳に馴染みのある体積単位であった。アメリカ軍統治下以前は沖縄も日本と同じく尺貫法が使われていた。マチヤグヮー(小さな店舗)には計るための一合枡、一升枡があり、米や酒はそれで計られた。泡盛は今でも1合瓶、2合瓶、1升瓶、一斗甕などで売られている。

 私の伯父の1人がプロパンガス販売を生業としていた。高校を卒業して1浪目の頃、私は叔父の手伝い、プロパンガスの配達助手をしていた。叔父はプロパンガスのついでに灯油販売もしていたが、灯油を販売する時にガロンという単位を私は聞いた覚えがあり、使った覚えもある。ただ、それは確かでは無い。伯父も伯母もとうに亡くなっていて確かめようが無く、娘である従姉妹たちは覚えていないとのこと。
 ガロンの下の単位にはオンスというのもあったが、あったというのは覚えているが、生活の中で使われていたかどうかについてはほとんど記憶がない。ただ、後で調べて判ったことだが、復帰前に沖縄で製造された清涼飲料水の多くは、名前は日本語であっても、その容量はアメリカの影響があった。

 親戚の土地を借りて、そこを畑にするため土を掘り返した時、復帰前に人気のあった清涼飲料水の古い空き瓶が出てきた。古い空き瓶は他の土地、友人の庭などからも出てきており、友人の家の裏庭からはバヤリースジュースとコカコーラ500ミリリットル瓶が出てきた。バヤリースの方はキングサイズと書かれてあって、296ミリリットル入りと表示されている。296なんて半端な数字だが、アメリカで10オンスのこと。
 そういった古い瓶は一時期、私のコレクションになっていたが、何度か引越しを重ねるうちに全てダンシャリの対象となり今は無い。
 沖縄が本土復帰して45年余となるが、今でもガロンやオンスの影響は残っている。例えば牛乳。沖縄の牛乳、大箱は1リットルでは無く946ミリリットルとなっている。これもアメリカの影響で、こちらは4分の1ガロンということ。
     
     
     

 ちなみに、広辞苑による各単位の説明、その概要を以下。
 ガロン(gallon):「体積の単位。・・・アメリカでは約3.785リットル」
 オンス(ounce):「容積の単位。アメリカでは128分の1米ガロン29.6ミリリットル」
 しょう(升):「尺貫法における容量の単位・・・現代の1升は1.80391リットル。斗の10分の1で、合の10倍」

 記:2018.10.20 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


モビール油

2018年10月15日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 毒にも負けない体

 10月4日の夕方から翌5日未明にかけて沖縄島を襲った台風25号、前の週の24号に比べればさほど強くは無く、大きな被害はなかった。その25号が過ぎてから沖縄もだんだん涼しくなり、10日には布団(薄めの夏布団だが)を出した。秋となった。
 私の大好きな季節、腰痛が続いていて気分スッキリとはいかないが、一時期酷かった頻尿も概ね収まってグッスリ睡眠が増えている。涼しくなるとさらにグッスリとなる。睡眠の質が良ければ体調も良い、快食快便が続いている、あとは腰痛・・・難敵ですな。

 さて、話代わって、平和運動家で薬草研究家でもあるH爺様は82歳、1人暮らしである。猛烈台風24号が沖縄島を襲うことが確実となった日、暴風圏に入る9時間ほど前、「1人で大丈夫ですか?」と電話して訊いたら、「台風?強そうだけど私は大丈夫だよ」とのことだった。82歳とはとても思えぬ若々しい元気な声であった。
 4ヶ月ほど前の6月、私が薬草を勉強しようと思っていると伝えると、H爺様は私の住まいを訪ねてくれあれこれ資料を貸してくれた。そして、「老人会で使いたいから薬草の表を作ってくれないか」と頼まれた。頼まれた分は1ヶ月ほどでできたのだが、さらに良いものをと勉強している内に4ヶ月が過ぎ、「さらに良いものである薬草表」はまだ完成していない。H爺様はそれについて何の文句も言わない。優しいお人である。
     

 H爺様から借りた貴重な文献の1つ『沖縄薬草のききめ』は1972年の発行、その中には私の知らない単語があれこれあった。例えば疝気(せんき)、遺精(いせい)、宿血(ふるち)、歯齦炎(しぎんえん)、疔(ちょう)、腰気(こしけ)など、まだまだあるが、いくつか調べてみたらちょっと面白いので、これについては別項でいつか。
 私は何となく知っているが、若い人、また他府県の人には解らないであろう単語もあった。久々にその文字を見たので思い出したのだが「モビール油の中毒」というもの、そういうものがあることを私は父から聞いたと思う。父は戦後、軍作業員をしていた。
     

 『沖縄大百科事典』には「モビール油」は無く、「モビールてんぷら」という項目があり、「モビール油(機械の減摩油)で揚げたてんぷらのこと。食料事情の悪かった戦後の沖縄では、一時期、食用油の代わりとしてよく使われた。臭いもきつく、てんぷらを食べたあとは唇に油が黒くへばりついたり、下痢症状をおこした。」(全文)とのこと。
 「機械の減摩油」とは車のエンジンなどに使用するオイルのことで、中学校の技術家庭のエンジンやモーターについての授業で、私は潤滑油という言葉で習った。
 モビール油が機械油であり、それで天ぷらを揚げたというのを私も父から聞いている。ただ、モビール油の「油」を父は「ゆ」でも「あぶら」でもなく「オイル」と言っていたように覚えている。「モビールオイル」と言っていたような。オイルならモビールではなくモービルだったかもしれない。モービルオイルならあの有名なエンジンオイルだ。
 モービルとは米国の石油会社で、エンジンオイルも製造し、モービルオイルは有名である。私も車の運転免許は40年ほど前に取得しており、40年近くは自分の車も所持しており、エンジンオイルについても少しは知っている。エンジンオイルで天ぷらを揚げてそれを食するついては「できない相談」と言う他ない、「病気になるぜ」と思う。

 「病気になるぜ」と私が思うように、実際に「モビール油の中毒」と薬草の本にあり、「下痢症状をおこした」と『沖縄大百科事典』にもある。ただ、「モビールてんぷら」を食べた全ての人が中毒になったわけではなく、中には平気な人もいたのであろう。毒を食べても中毒しない頑丈な人もいたのであろう。そういう人に私はなりたい。
     

 記:2018.10.15 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


薬草

2018年09月11日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 9月9日、宜野湾市市議会議員選挙の投票があって、混まない内にと思い朝8時半頃家を出た。天気予報では雨の予報であったが空が明るかったので徒歩で行く。投票所は初めていく場所だが地図を見るとおそらく片道10分程度の距離。トボトボ歩く。
 実は、8月はまあまあ調子の良かった腰だったが、9月に入って少し悪くなっている。朝起きた時の痛みが強くなり、8月は、朝起きた時の痛みがあっても朝食の準備をしたりで動いている内に痛みは消えたのだが、それがずっと残るようになった。
 9月9日、投票所へ行って(予想通り片道10分程度だった)、少し遠回りして、スーパーに寄って買い物して家に帰りつくまで約45分、実働30分の散歩となったが、8月は軽く散歩をすると腰の状態が良くなったが、今回は良くなり方が弱い。
 「どうなってるんだ!俺の腰、薬草のお陰でこれからどんどん良くなるんじゃなかったのか?」と、以前なら嘆いたところだが今は違う。「3歩進んで2歩下がるだ、そのうちなんとかなるさ」と半分諦めと開き直りの中、「いつか治る」と希望も持っている。
     

 8月の終わり頃から、頼まれ仕事の庭掃除を少しずつ(腰痛を考慮しつつ無理しない程度)のんびりやり、知人のH爺様に頼まれた薬草の表作り(パソコン作業)を、パソコン作業は目が疲れ、肩凝りが出るのでこれも無理しない程度に少しずつ進めている。表作りをしながらどんな薬草があるかを勉強しているので思いの外時間がかかっている。
 参考文献によって効能や使用法が異なっていたりして、「これはこうすればこんな薬効がある」と簡単に決められない。ということで今どうしているかというと、参考にしている文献にある薬効植物の中から、沖縄に自生している植物、沖縄で普通に入手できる植物を選びだし、それを片っ端から「名前」、「方言名」、あれば「別名」、「科名種別」、「入手先」、「使用部分」、「加工法」、「使用法」、「効能」などを参考にしている文献8冊の全てから逐一エクセル表に書き出す作業をしている。時間がかかる。昨日10日の時点で書き出した植物は150種を超え、参考文献8冊の内3冊半を終えた所。
     

 薬草の本をあれこれ読んでいると、沖縄の生活に薬草は欠かせないものだったんだと想像できる。『沖縄薬草のききめ』は1972年3月の発刊、本土復帰の少し前。その中に「昭和6年に発刊した『沖縄薬用植物薬効』は古くさくて・・・」という記述があり、今から約100年前にはもう薬草は世間一般に紹介されていたようである。
 昔は、今日ほど医療が発達していなくて化学薬品も少なく、医者の数も少なく、庶民はまた、医者にかかるお金も、薬を買う金もない貧乏だったので、只で入手でき、自分たちで収穫でき、自分たちで煎じて服用できる薬草は必要だったのであろう。
 村々に薬草をよく知っている老人がいて、あるいは、学問のできる庶民に優しい侍がいて、彼らが病の人々に薬草を処方したのかもしれない。薬草の効能が判り、その利用の仕方も書かれている書物はそういった仁徳のある彼らが読み漁ったであろう。
     

 古い本を読んでいると、昔(少なくとも太平洋戦争以前)は身近にいろいろ病気があって、薬草が庶民の助けになったことが想像できる。今は病院があちらこちらにあり、庶民も気軽に行けて診て貰える。薬局へ行けば即効性のある化学薬品が入手でき、それを摂取すれば治りも早い。ところが昔はそうはいかなかったはず。具合が悪い時には庭や野原にある薬草が大いに役立ったであろう。薬草の知識は唐(歴代中国)の国からやってきて、「これ飲んだら具合が良くなった」という人々の経験が積み重なってより良く出来上がってきたものと思われる。なのできっと、だいたいは信用してもいいものと私は思う。
 信用して私は薬草を摂取している。ただ、私の場合は薬草の専門家に薬草の選択や処方の仕方を教えて貰っているのではなく、本を読んで勝手に解釈して独善的使用法でやっているので、だから、効果がなかなか現れてくれないのかもしれない。でも、今回じっくりと数冊の文献を読んだので、これからは正しい処方に近付けると思う。

 『沖縄薬草のききめ』に「モビール油の中毒」とあった。モビール油って何?となると思われるが、車のエンジンオイルだったのではと私の薄い記憶にある。他にも「こしけ」やら「チーガサ」、「グルイ」など知らない単語がいくつも出て来る。そういったことも調べて、後日、『薬草その2』ということにして私の腰の具合も含めて報告したい。
     

 記:2018.9.11 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行
 『沖縄薬草のききめ』多和田真淳著・発行
 『沖縄の薬草百科』多和田真淳・大田文子著、那覇出版社発行
 『身近な薬草活用手帖』寺林進監修、株式会社誠文堂新光社発行
 『食べる野草と薬草』川原勝征著、株式会社南方新社発行
 『琉球薬草誌』下地清吉著、琉球書房発行
 『薬用植物大事典』田中孝治著、社団法人家の光協会発行


ガラスマガイ

2018年08月27日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 腰痛を患って以降高めで推移している血圧は今も高めのままだが、脈拍数は、腰痛となってから長く70前後だったのに私の普通である60前後(たまに60半ば)に戻っている。6月から7月にかけて酷かった腰痛が8月に入ってから幾分改善している。7月までの数ヶ月、しばしば足の土踏まずを襲っていたガラスマガイが、ここしばらく無い。長い間、頻尿のせいもあって夜中に2~3度起きていたのが、夜中に1回だけとか、頻尿小便で起きることなく5~6時間の連続睡眠というのが8月に入って増えている。
 7月中旬頃から薬草を摂取するようにし、ほぼ毎日運動(軽い筋トレとストレッチ)をし、「腰痛がさらに酷くなる」といったマイナス思考を止め、といったことが良い効果を与えているのかもしれない。良く眠れるから他のことも良くなっているとも言える。

 で、本題のガラスマガイ。「何それ?」と思われるだろう。硝子真貝、真貝はいかにも貝という貝、その仲間でガラスのように透明な貝のこと・・・なんてことでは無い。
 ガラスマガイ、沖縄語辞典によると正確な発音はガラシマガイとなっているが、私も私の周りもガラスマガイと発音していた。意味は「手足の指などの筋肉がひきつって痛むこと」で、子供の頃、筋肉がひきつって痛むことはよくあったのでガラスマガイはよく口にする言葉であった。同じような状態になった時、「ケイレン(痙攣)している」とも言った。ケイレンは和語を流用したもので、ガラスマガイが由緒正しい沖縄語となる。
 ガラスマガイ、マガイは「曲がり」で「湾曲(したもの)」(沖縄語辞典)という意。ガラスは正確な発音ではガラシといいカラスのこと。「カラスのような湾曲」となるが、「カラスのような湾曲」がどんな湾曲なのかか私にはよく分からない。
 ちなみに、和語にもカラスナメリという語があり「こむらがえり」のことを言う。こむらがえりは「腓返り」と書き「腓の筋肉がにわかに痙攣を起こすこと」(広辞苑)で、腓(こむら)は「ふくらはぎ」(〃)のこと。ちなみに、沖縄語辞典によると、「腓返り」のことを沖縄語ではクンダアガヤーと言い、「こむらがえり。ふくらはぎの筋が急に痙攣して激痛を覚えること」とある。クンダとは沖縄語でふくらはぎのこと。
     

 若い頃のガラスマガイは筋肉の使い過ぎ、つまり、筋肉疲労から来るらしいが、オッサンのガラスマガイは筋肉の劣化、あるいはミネラル不足から来るらしい。私の場合ミネラルは薬草摂取で足りていると思う。腰痛不安から畑仕事を辞め、散歩もしばらくやっていなかったので運動不足ではある。涼しくなったらたくさん散歩しよう。
     

 記:2018.8.27 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行


ジーグイ、ゴーグチ

2018年06月15日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 ジーグイハーグイ、ゴーグチハーグチ

 前回(6月13日付)の沖縄の言葉『ヤガ』の最後に、
 「マーヤガ、ターヤガ、ヌーヤガ、チャーヤガは、ジーグイする時にも、ゴーグチする時にもよく使われる。それは・・・ジーグイ、ゴーグチの意味も含め次回に」と書いた通り、今回はジーグイとゴーグチについて。ジーグイもゴーグチも沖縄の言葉。

 沖縄語辞典によると、
 ジーグイは名詞で「不平」という意。
 ジーグヤーはジーグイムンと同意で「不平ばかり言う者」という意。
 ジーグイハーグイは「不平ばかり言うこと。不平たらたら。」という意。

 ゴーグチは名詞で「苦情。不平をいうこと」という意。
 ゴーグチャーは「苦情ばかり言う者」という意。
 ゴーグチハーグチは「さかんに苦情を言うさま。不平の多いこと。」という意。

 ジーグイもゴーグチもよく耳にする言葉、私が子供の頃、家の中では祖父母、両親がよく口にしていた。お使いを言いつけられ、私が「嫌だなぁ」とブツブツ言っていると、
 「ブーブー アビーシェー ターヤガ ジーグイ サンケー」と叱られる。アビーシェーは「言っているのは」、サンケーは「するな」という意で、全体では「ブーブー言っているのは誰だ?文句垂れるな」となる。
 父が酒飲んで夜遅く帰った時、母がガミガミ文句言うと、
 「ヌーヤガ アンスカ ゴーグチ サンケー」と父が言い返す。アンスカは「そんなに」という意で、全体では「何だ、そんなに文句言うなよ」となる。
 ジーグイもゴーグチも和語にすると「文句」と訳されるが、私の感覚では、両者にはいくらかニュアンスの違いがある。ジーグイは自分にふりかかる嫌な事に対してブツブツ文句を垂れる。ゴーグチは相手の良くないことに対し文句を言う、ジーグイはブツブツであるが、ゴーグチは、時には怒鳴るようにガミガミ文句を言う。といった違い。
     

 漢字にすると、ジーグイについては想像つかないが、ゴーグチはおそらく強口であろうと想像する。強情(ごうじょう)の強だと思われる。
 ジーグイハーグイのハーグイ、ゴーグチハーグチのハーグチは両者とも特に意味のある言葉ではなく、重ね詞みたいなものだと思われる。リズム良く聞こえるための。

 ハの発音は、沖縄語では概ね「フヮ」に聞こえるのだが、ハーグイのハ、ハーグチのハはそのままハと発音されている。地域性によるものかもしれないが、ハーグチのハは「ヒャ」となったりする。私の祖母は「ヒャ」だった。祖母は今帰仁の生まれ。
 ちなみに、沖縄語の発音では、カは「クヮ」、ガは「グヮ」となることが多い。会社は「クヮイシャ」、学校は「グヮッコウ」、公民館は「コウミンクヮン」となる。
 もう1つちなみに、私は耳に覚えが無く知らなかったが、沖縄語辞典をみていたらクヤーハヤーという言葉もあった。「不平を言うさま。不平。」の意とある。クイハイという言葉もあり、クヤーハヤーと同意。クイハイスンで「ぶつぶつ言う」意となる。
     

 記:2018.6.15 ガジ丸 →沖縄の生活目次