ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

正義とは『沖縄スパイ戦史』

2019年04月05日 | 通信-音楽・映画

 3月30日、友人のKYに「只だよ」と誘われ西原町のさわふじホールへ映画を観に行った。観た映画は去年から桜坂劇場で上映されていた『沖縄スパイ戦史』。去年の内に既に鑑賞していた埼玉の友人KRから「いい映画だよ、観た方がいいよ」と勧められていたが、なかなか機会が作れなくて上映期間が過ぎてしまっていた。それが、何かの賞を得たということで桜坂でも3月からリバイバル上映されていたが、西原町のさわふじホール(町民会館の愛称)というのは一昨年まで私が精を出していた畑の近くにあり、「ついでに畑の今を見ていくか」と考え、「只」にも惹かれて西原まで観に出かけた。
 観る前から「重たい映画だろうな」と想像していたが、その通り重かった。つい先日にも重い映画『共犯者たち』を観たばかり。そうであろうなと思った通り、観点が鋭く、提示している問題点が深く抉られていて、観応え、考え応えもあった。

 これまで私が疑問に思っていたこともこの映画は「こういうこともあったかもしれないよ」とヒントを与えてくれた。私が疑問に思っていたこととは「日本兵には悪党もいて沖縄人をスパイだと言って虐殺するものもいた」というのは良く聞く話だが、ウチナーンチュの悪党の話があまり聞かれない、「ウチナーンチュにも悪党はいたんじゃないの?」が私の疑問であった。この映画では、同じウチナーンチュを確かな証拠も無く日本軍に密告し、処刑させるといったようなことがあった、ということを映画は示唆していた。
 日本兵には沖縄人を確かな証拠もなくスパイ扱いして虐殺するものがいた。だけでなく沖縄の民間人にも我が身可愛さに仲間を売るような人がいた。その悲しさも映画の重さに大いに加担していた。が、しかし、映画の言いたい本質はそこではない。
 軍隊は敵と戦うものであって国民を守るものではない。勝つ(という目的の)ためなら国民を犠牲にすることなど平気でやる、どんな残虐なこともやる。といったようなことがこの映画の言いたいことだと思われる。「平気で国民を犠牲にする、残虐なことをする」というエピソードの1つに戦争マラリア被害というのもこの映画に出てくる。
     

 波照間島の島民を一人残らずマラリアの蔓延する西表島に強制移住させた。そのため、島民のほとんどがマラリアに罹り、島の人口の3分の1が犠牲になった。というのが戦争マラリア被害というものだが、詳細は省略して、この波照間島の戦争マラリア被害を主題としたアニメ映画があり、タイトルは『石の声』、私はこれを2017年9月に図書館からDVDを借りて、観て、少なからず衝撃を受けて感想文を書きかけていた。というのを思い出した。書きかけ作文はほんの7行、約250字だけだが以下、
 学校に配属された軍人が、実は秘密諜報員であった。アニメではその軍人が、軍の都合で住民をマラリアの危険度が非常に高い西表島へ強制移動させたいかにも悪党であるかのように描かれているが、彼は軍命に従った真面目な軍人であっただろうと私は想像する。軍の重要な任務を担っているのなら、大局に立って状況を見、行動するという訓練を受けているであろう。軍人として当然の事をやった・・・以上が私の約250字。
 映画『沖縄スパイ戦史』の問題提起、あるいは主張と同じになるかもしれないが、悪いのは戦争であり、戦争が人を鬼にし、人の心の闇を増幅させるのではないかということ。山本五十六の言葉を思い出す。「百年兵を養うは、ただ平和を護る為である」
     

 記:2019.4.5 島乃ガジ丸


自由というブレーキ『共犯者たち』

2019年03月29日 | 通信-音楽・映画

 韓国の「教科書に戦犯企業ステッカー」というニュースをネットで目にした。韓国は儒教の国ではなかったか?戦犯企業がたとえ史実であったとしても、過去の過ちをほじくり返して非難するなんて恥ずべき行為だとは思わないのだろうか?と疑問に思った。
 さらに思い返してみれば、ここ数年のことかと思うが、慰安婦問題、徴用工問題など国家間で解決した問題をほじくり返し、友好関係に波風を立てる。「慰安婦なんて存在しない」という日本国の右側の言い分もおかしいが、ほじくり返す方も変。戦争したいと思っている人々が両国にいて、その方向へ何か画策しているのかと思ってしまう。

 先週火曜日、風は爽やか日差しポッカポカの散歩最適日、普通に考えたらこんな日は海辺の散歩なのだが、車は車検に出し明日の夕方まで帰ってこない、手元に映画の只券が1枚あり、有効期限が3月31日、その日は26日。ということで、私はバスに乗り、片道600円の那覇市牧志で降り、只券の使える桜坂劇場へ行き映画を観た。
 観た映画は韓国映画の『共犯者たち』、映画はドキュメンタリーで、その内容は、桜坂劇場のパンフにある映画紹介文の一部をそのまま書き写すと以下。

 かつてMBCを不当解雇されたチェ・スンホは、解雇後に非営利の独立メディア「ニュース打破」に加わって調査報道を続ける。そこから生まれたのが、国家による北朝鮮スパイ捏造事件の真相を暴いた『スパイネーション/自白』、言論弾圧の実態を告発した『共犯者たち』だ。前者では調査報道そのものの執念と信念を描き、後者では”調査報道者”としての闘いを描く。韓国のジャーナリズムを骨抜きにした「主犯」と、権力に迎合した放送業界内の「共犯者たち」にカメラを向け、その実態と構造を明らかにしていく。
     

 となっている。映画を観終わっての私の感想は、私の理解力不足なのか、「その実態と構造を明らかにしていく」についてはよく解らず、消化不良は残ったが、「であるか、だから今の韓国は右翼が政治の中枢にいて国の気分を支配していて、日本に対し強硬であるのか」という理解にはなった。「実態と構造」の実態は国家権力によるマスコミ(言論報道)支配であり、構造は国の息のかかった人材がマスコミの経営者となり人事と報道姿勢を牛耳る体制ということであろうと想像する。大丈夫か韓国?と思って、そして、
 加計問題をスクープしたNHKの記者が不遇に合っているということを最近聞いたばかり。日本も韓国みたいにマスコミが国家権力に牛耳られつつあるのかと不安に思う。

 報道が国家権力に牛耳られると、例えば韓国が「天皇が謝れば済む」と公人が公言しても、「ちょっと待て、それはケンカになるぞ、止めとけ」と止める者がいない。感情的批判が野放しになると、日本国の右翼が怒って「韓国を潰せ」となりかねない。右翼は右翼同士どこか遠くで喧嘩してくれればいいが、その難は平和主義者たちにも及ぶ。
 フェイクニュース規制法なんてものが日本国にできたらと考えると怖い。事実であっても「疑わしい」という理由で検挙されるなんてことになったら日本も危ない。言論の自由は平和の根幹、報道の自由は国の暴走を止めるブレーキになるものと思う。そして、国民1人1人が国のやることに関心を持たなければならない。むろん私も含め。自戒です。
     

 記:2019.3.29 島乃ガジ丸


幸せになる映画『食堂かたつむり』

2019年01月18日 | 通信-音楽・映画

 最近(2019年1月)、幸せ気分になる映画を2本観た。「映画館で」ではなく図書館から借りたDVDで。年末に借りた映画『食堂かたつむり』を7~8日に、その後借りた映画『海街diary』を9~10日にと4日連続の映画鑑賞。2時間続けて画面を見続けることがきつくなったので1本の映画も2日に分けてとなっている。
 家でDVDを観る時はのんびりと、心をリラックスさせ、明日の予定などぼんやり考えたりして、ほぼ間違いなく酒を飲みながらだが、8日は休肝日だったので飲まずに観た。飲まずに映画に集中した。そうまでして観たのは翌9日がDVDを図書館へ返す日だったから。そして、『食堂かたつむり』がどうしても最後まで観たい映画だったから。
 7日、『食堂かたつむり』の前半を観て、私の心は幸せ気分に包まれた。恋人に裏切られ、ショックで声が出なくなり、金も無ければ仕事も無い。田舎の母の元へ帰るが、母とは元々上手くいっていない。再会した母も元の母でやはりギクシャクする。などと、幸せ状況ではないのだが、良いことが少しずつあり、何となく愛を感じる。
 8日、『食堂かたつむり』の後半を観る。後半は愛がいっぱいになる。観ている私も幸せ気分になる。「愛が欲しいなぁ」と思う。私の周りに愛はあまり無い。
     

 9日、図書館へ行ってDVD『食堂かたつむり』を返し、「幸せ気分をもう少し味わいたいなぁ」と思ってDVDのコーナーを眺める。洋画ではなく邦画のコーナーを眺める。派手な映画ではなく小津安二郎作品のような淡々とした映画。タイトルからその内容を想像し、いくつか手に取って見る。で、選んだのが『海街diary』という作品。
 酒の肴を準備し、シャワーを浴び、豆腐を食い、ビールを飲んで一息ついて、8時頃からDVDを観る。『食堂かたつむり』は普通でない(不幸な)母娘関係のお話で、少々メルヘンチックな手法で幸せを持ってくる。それに対し、『海街diary』は同じく普通でない(不幸な)母娘関係のお話であったが、その母娘は淡々とギクシャクし、淡々と許し合った。春の縁側の日向のようなほんわかした空気、そんな幸せ気分を感じた。
     

 半年以上も前から頼まれていた薬草表作り、あれこれ試行錯誤して後、「よし、こうしよう」と考えがまとまり、その一部をプリントアウトして、『食堂かたつむり』を観る数日前の1月4日、依頼主のH爺様に会って「こういう風なものでいかがでしょう?」と打診した。「おー、上等です、これで行きましょう」と承諾を得る。そうなるであろうと予想はしていたが、まずは一安心する。その時、H爺様から「お礼です」といってスコッチウィスキーを1本と、おつまみになる食い物を少々頂いた。そして、
 「これ面白いので観てみて」とDVDを頂く。タイトルは『スノーデン』、H爺様からおよその内容は聞いて興味を持ったが、重そうな、いろいろ考えてしまうような作品のようだったのでまだ観ていない。H爺様からは他にも「私はもう観ないから」と、西部劇など昔の名作映画も5本頂く。私は要らないのだが、腰痛となって謙虚になった今の私はお礼を言って有難く頂く。しかし、やはり不要。その5本は数日後に友人に譲る。
 私は中学から高校にかけて映画少年で、その頃映画をたくさん観ている。特に西部劇は大好きだった。しかし今は、年取って腰痛となって気弱になった今はドンパチ映画より心穏やかになる映画を好む。『食堂かたつむり』、『海街diary』はそんな作品でした。

 記:2019.1.18 島乃ガジ丸


血の絆『まぶいぐみ』

2018年12月28日 | 通信-音楽・映画

 12月も下旬になろうとしているのに「暑い日」と書かねばばらない12月19日、いつもの桜坂劇場に映画を観に行った。最近何かの大きな賞を貰ったという作品の、それを記念してのリバイバル上映らしい。観た映画は『まぶいぐみ』。
 その前に友人Kの家を訪ね、パソコンに詳しい彼に最近壊れた私のパソコンの話、携帯電話にも詳しい彼にガラケーからスマホへ替えるのは止そうかと思っている話などする。彼の家は私の実家からすぐ近く。近辺の景色は見慣れた懐かしい景色。母が11年前、父が8年前に亡くなって住む人のいなくなった実家、2014年2月には他人のものになってしまった実家とその周りの風景を思い出し、ちょっと感傷的気分になる。

 感傷的気分を振り払って映画館、ちょうど良い時間に着いて、トイレ行って用を足し、館内へ入って席を見つけ、そこへ座ろうとしている時にブザーが鳴り暗くなった。
 映画はドキュメンタリーで、「世界のウチナーンチュ大会」という5年に1度の行事を明るい表舞台として、移民として世界に散らばったウチナーンチュの歴史を描く。サブタイトルに「ニューカレドニア引き裂かれた移民史」とあるように、ニューカレドニアに移民として渡ったウチナーンチュと、その子孫である2世、3世たちがメインの登場人物。映画が始まって数分後、「あっ、しまった、この映画、前に観たかも」と気付く。登場人物の多くに見覚えがあり、ニューカレドニアの景色にも見覚えがあった。
 家に帰って日記を調べる。2017年8月10日に同映画を私は観ていた。ただ、「良い映画だった」と書いてはいるが映画に対する詳しい感想は無い、別項で書いた形跡もない、このブログで映画の感想はいくつも書いているが、『まぶいぐみ』については何も書いていない。「何故か?」はたぶん、その日の日記の記述の多くを占めていたのが別にあったから。映画の帰り、その日初めて、動けなくなるほどの腰痛を私は経験していた。
 
 私の腰痛はおいといて、映画『まぶいぐみ』は、血の絆というものを強く感じさせるものであった。マブイグミという言葉自体は「血の絆」とは関係ない。マブイは魂のこと。グミはクミの濁音化したもので「込み」の沖縄語発音。「魂込め」という意になる。
 何かとても恐ろしい思いをして、酷い衝撃を受けて、心ここにあらず状態になった時などに「魂を落とした」と沖縄では言う。そして、「魂を拾いに行こう」となり、魂を落としたと思われる場所へ行き「マブヤー、マブヤー・・・」と呪文を唱え魂を失ったと思われる者に魂を込める。私も子供の頃、何度かマブイグミをやって貰ったことがある。
 サブタイトルにある「引き裂かれた」は、太平洋戦争によって家族が「引き裂かれた」ことを言っている。移民の沖縄男性は現地の女性と結婚し、家族をつくったが、敵国民ということで強制収容され家族と引き裂かれる。それで、父を知らない2世、3世が育ち、彼らはルーツを失ったまま大人となり、親となり、「私は何者?」と問うことになり、ルーツが解らないということを「魂を失った」ということに譬えたのだと思われる。
     

 映画『まぶいぐみ』を観てから4日後、12月23日、平成天皇最後の天皇誕生日、今上天皇のお言葉をラジオから聞いた。戦争に触れ、沖縄のことにも言及した。天皇のこれまでの言動でも感じていたことだが、平和を切望している人だなぁと思った。
     

 記:2018.12.27 島乃ガジ丸


そこにいるもの『岡本太郎の沖縄』

2018年11月01日 | 通信-音楽・映画

 2ヶ月ほど前、高校の同級生だったT男から電話があった。「クラス会の写真があればどうのこうの」といった内容。高校を卒業して長く無かったクラス会が、15、6年前からたびたび開かれていた。その頃、私もカメラを持っていてクラス会のスナップ写真をいくつも撮っていた。Tはそれを知っていて私にその旨の電話をしたようであった。
 ということで、パソコンに収めてある写真の、クラス会(高一)の写真を探し出し、それを年代別に分け整理する作業を始めた。そのついでに、中学時代以前、中学時代、高校時代、大学時代、その後の写真も整理し、フォルダを分けてパソコンに収める。その作業がほぼ終わりかけた時、なんとまあ、そのパソコンが壊れてしまった。
 10月29日の朝、同じく高一の同級生であるT子から電話がある。2ヶ月ほど前のT男と同じ「クラス会の写真があれば」という内容。写真を集めて何かやるらしい。

 10月29日、その日私は映画を観に行く予定であった。映画は午後2時から、午前中は頼まれ仕事の庭掃除でもして、昼飯食って、そのあとに家を出ても十分間に合う。そう予定を立てていたらT子からの電話。私が「午後、桜坂へ映画を観に行く」と言うと、彼女も午後、だいたい同じ時刻に桜坂にいると言う。で、映画後、会うことになる。
 会うとなれば、写真を整理してUSBメモリーに入れて持っていかなければならない。繰り返しになるが、ほぼ終わりかけていた写真整理が、その4日前にパソコンが壊れてしまい、せっかく整理していた写真がパーになっていた。ということで、午前中は整理されてない元の写真を外付けハードなどから探し出し、改めて整理する作業となる。そんなこんなでアタフタしたが、映画には間に合った。T子にも会え、データも渡せた。
     

 さて、その日観た映画は『岡本太郎の沖縄』。私は沖縄に生まれ育ったので沖縄が好きであり興味を持っている。岡本太郎が沖縄の何に惹かれ、沖縄の何を観ていたのか、岡本太郎が感じた私の知らない沖縄がそこにあるのではないかと大いに興味があった。
 チケット売り場には多くの人が並んでいた。売り場の係の人に「補助席になりますけどよろしですか?」と訊かれた。「補助席?」、「ほぼ満席なんです」とのこと。桜坂劇場が満席なんて滅多にないこと。中へ入ると、折り畳み椅子が両サイドにあって、その椅子もほぼ埋まっていたが、最前列の席が空いていて、私はそこへ座ることができた。
 映画が始まってすぐから終わるまでのほぼずっと、涙腺の緩んでしまっているオッサンはナダ(涙)ウルウルーしていた。「何で?」と訊かれてもはっきりした認識はないが、その辺の恋愛映画などよりずっと大きな愛をこの映画に感じたからかもしれない。

 愛とは別にもう1つ感じたことがある。愛は心が感じたが、もう1つは体が感じた。それは何かというと頭痛。映画の後半辺りから頭痛がした。映画を観て頭痛、ということはこれまでになかったこと。映画はたいていその世界に没頭するので、歯痛も腰痛も感じなくなることが多いのに、この時は涙を抑えることと共に頭痛も気になった。
 「何だ、この頭痛、脳梗塞か?」と考えていたら思い出した。「こんな頭痛、これまでに何度か経験しているぞ、そうだ、あれだ、悪い霊がいると噂されている場所へ行った時などに襲われた頭痛だ」と思い出す。腰痛で気力の弱っている今、映画のそういった場面で、見えないけどそこにいるものを感じたのかもしれない。などといった寒気のする話は置いといて、映画『岡本太郎の沖縄』、愛を感じる良い映画であった。
     

 記:2018.11.2 島乃ガジ丸