ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

これまでと違う地球

2018年08月15日 | 通信-環境・自然

 今日(8月15日)、未明3時40分頃目が覚めた。昨夜は10時頃には眠りに入っているので約5時間半の、頻尿小便で起きることのない連続睡眠。その時、尿意もあったのだが目覚めた直接の原因は風の音。まるで台風のような風雨が窓を叩いていた。
 「何じゃいこの風、台風は九州へ向かっていたのではなかったか?」と思いつつ、トイレへ行ったついでにベランダを見る。すると、ベランダの物干しに掛けてある目隠しシートが激しく揺れている。「新たな台風が沖縄近辺で発生したのだろうか?で、今、強風圏内ということだろうか?」と思って、取り敢えず、シートを外す。
 そういう心配をしながらも呑気オジサンはベッドに戻って、またも眠りに着く。風雨の音は止まず、1時間ほどは眠ったけれど5時過ぎには目が覚めて、その後はグダグダウダウダ、ベッドの上で時間を過ごし夜が明けるのを待つ。6時過ぎに起床。
     

 起きて、朝飯の準備をしながらネットを開き、天気予報、台風情報などを見る。台風15号はやはり九州上陸していて、沖縄島近辺に台風はない。詳しい天気図を見れば台風の卵の低気圧があるのかもしれないが、台風でなければバタバタすることはない。のんびりと朝飯を食い、コーヒーを飲んで、パソコンに向かいブログの記事書きをする。
 記事書きしている途中、明け方見た夢をふと思い出した。ハッキリは覚えていないが、台風に襲われるのではなく、大地震に襲われた夢だった。そういえば数日前にも似たような夢を見たことを思い出す。そういえばその時、何十年かぶりにベッドから落ちた。ベッドから落ちるなんておそらく子供の頃以来、少なくとも高校生の時以来だ。
 「寝返りは健康である証拠」と前に聞いたことがある。「おー、やっと俺も寝返りが復活したか」と喜んでいる場合じゃない。ベッドから落ちるなんて、体が危険を感じ、脳もそれを察知し、危険回避のための何らかの処置をするはずだが、それができなかったということは、体と脳の連携が鈍っていることだ。その時の夢は、何らかの大災害(たぶん大地震)があって、この世がグチャグチャになって、何か恐ろしげなものに私は追われて、それから逃げようと体を回転させたらベッドの下へ落ちたのであった。

 そういえばと、もう1つ思い出した。今朝と同じようなことが前、日記を調べると8月2日にもあった。その日の日記には、「今朝起きたら風が強い、台風の強風圏に入った時みたい。「えっ!」と思って気象庁のサイトを開くと、強風圏ではないけど台風12号が南下して沖縄島の近く。今までにない動きをする台風に少しビックリ」とある。
 その後、静岡に住む友人宛に「台風だけじゃ無く、今年の日本は今までにない豪雨、今までにない灼熱の夏もあります。さらに、「今までにない・・・」は日本だけじゃないみたいですね。どうなるやら。」とメールを送っている。
 今年の台風はまた、ピーターと狼みたいに、「来るぞ来るぞ」と言って逸れたものがあり、来るには来たけど、狼ではなく仔猫のようなものであったりした。7号は仔猫、8号は先島へ逸れ、10号は仔猫、つい最近の14号も逸れた上、仔猫だった。今年の台風は何だかこれまでの台風とは性質が違うような気がする。
 これまでと違う台風、これまでと違う気候などと考えて、これまでと違う地震まで連想し、そんな夢を見、ドジなオッサンはベッドから落ちてしまったのであろう。
     

 記:2018.8.15 島乃ガジ丸


消えたトンボ公園

2018年07月10日 | 通信-環境・自然

 過日、宜野湾市民図書館で良い参考書を見つけた。沖縄に生息するトンボ類を網羅したと思われる『沖縄のトンボ図鑑』、私がこれまでに出会って写真に収めてあるトンボ類の内、「これはこれかな?それともあれかな?」と確信の持てなかったもののいくつかが、その図鑑によって「これはこれだ」と判断できるようになった。「この図鑑があればトンボが判る」と思い、先日トンボ公園へ数年ぶり(2009年8月以来)に出掛けた。
 トンボ公園の正式名称は覚えていないが、最初に訪れたのは2004年頃だったと記憶している。公園の一角に池があり、その池にはアシやガマなどの植物が生えていて、周りにはいろんな種のトンボがたくさん飛んでいた。なのでトンボ公園と勝手に命名。
 しかしその日、アシやガマは残っていたが、モンシロチョウやハナムグリは飛んでいたが、トンボの類は飛んでいなかった。池の水が干上がっていた。池の水が干上がっていると共に、池の周囲はあまり手入れされていなかった。ゴミが散乱していた。
     
 「あー、勿体無い」と私は思う。せっかくいろんな種のトンボが多くいて、トンボ好きの人にとっては楽園のような場所だったのにと思う。私が私のブログやHPで紹介しているトンボの半数近くは、おそらくここで見つけて写真を撮っている。
 「トンボ好きの人にとっては楽園」・・・といっても、この世にトンボ好きの人ってどのくらいいるのだろう。そういう私だって「トンボ好き」とは言えない。「見たこと無い動物は見てみたい」とか、「沖縄の、自然の動植物で知らないものは知っておきたい」という好奇心は少しあるが、それも自己満足の範囲内である。見たこと無いものを見て、知らないことを知って、それを学術的にどうこうしようという気は無い。
 私の言い訳はともかく、「トンボ好きの人にとっては楽園」は当然「トンボにとって楽園」となる。そんな楽園がなくなってしまったことを残念に思いつつ、「楽園」がいつか復活してくれることを願いつつ、そこから近くにある県総合運動公園へ移動。

 県総合運動公園の一角にも池がありトンボが飛んでいる。そこはしかし、近くに売店があり、傍を歩く人も多くいる。おそらく、トンボの類には恥ずかしがり屋のトンボが多くいるのであろう、そこで私が確認できたトンボは4種だけだった。
 そういえば、と思い出す。トンボ公園には芝生の広場があってゲートボールのようなものをやっている人がたまにいたが、公園の片隅にある池の辺りを訪れる人はほとんどいなかった。私がトンボの写真を撮っている間、傍を歩く人は稀だった。「そうか、だから、恥ずかしがり屋のトンボでも平気で顔を出していたんだ」と想像する。
 トンボ公園のアシやガマの葉や茎にヤゴがいくつもいた。その1つは写真を撮り「不明ヤゴ」としてパソコンに保管していた。『沖縄のトンボ図鑑』があればそれが何というトンボのヤゴであるかも判るはず。ヤゴの写真をもっと撮っておけば良かったと後悔。
     

 猛烈台風8号は今(10日午前7時)、沖縄島を強風圏に巻き込み、外は強い風が吹いている。間もなく宮古八重山は暴風圏との予報。西日本豪雨で辛い思いをしている人々も多くいる。そんな中、トンボがどうのこうのと呑気な話を書いてしまった。
 「草や木が多くあり、人間があまりやってこない」ということが虫たちにとっての楽園になるのかと考えると、「人間が自然と外れているということか」と思ったりした。

 記:2018.7.10 島乃ガジ丸


近い将来の台風対策

2018年06月18日 | 通信-環境・自然

 6月15日の朝、ラジオを点けると「えーっ!」と驚くニュースが聞こえた。「今日台風が発生し、明日には沖縄島へ最接近」とのこと。ネットで調べると、台風の発生箇所は台湾のすぐ近く。地球温暖化で台風発生場所も北上したようだ。
 私が使っていた300坪の畑、そのあとを継いでくれたGさんにとっては初の畑台風対策となる。電話して手伝いに行く。生まれたばかりの台風が、1日で強力台風になるとは思わなかったが、地球温暖化で海水温が上がっているということなので、ひょっとすると1日でぐんと成長するかもしれない。ということで、まあまあのグレードの台風対策となる。日頃体を動かしているGさん(70代なのに)は涼しい顔でやっていたが、日頃運動不足(腰痛のせいです)の私は1時間で汗びっしょり。

 しかしそれにしても、発生した台風が翌日には襲ってくるなんて、真面目に考えると恐ろしいこと。家にいる時に台風が襲ってくるのであれば、家の台風対策はできる。あるいは、旅に出る前に「数日後に台風が沖縄島近辺にくるかもしれない」という予報があれば、台風対策を済ませてから旅に出る。しかし、「台風がくるかも」という予報がなければ何の対策もせずに旅に出て、旅先で「今日台風発生、明日沖縄島を襲う」を聞いても何もできない。帰ってから悲惨な状況を見ることになる。
 畑も似たようなもの、畑の近くにいれば「今日台風発生、明日沖縄島を襲う」と聞いたならすぐに畑の台風対策ができるが、畑から車で20分以上(今の私がそう)かかる所に住んでいると、そう簡単では無い。既に風雨が強くなっていたら車を運転するのは危険、風はさほど強くなくても、大雨の場合は現場での作業が危険。
     

 台風6号、「明日には沖縄島へ最接近」のその明日となった16日、朝から雨、風も次第に強くなるが、お昼頃には風は弱まり、お昼過ぎには雨も止んだ。止んだどころか、青空が見えて太陽も顔を出した。ネットの天気図を見る限りではこの時間、台風は沖縄島に最接近だ、「ん?台風の目ってことか?」と一瞬思う。が、しかし、ちょっと賢い(自分で言う)私は、「暴風圏も無いような勢力の弱い台風に目なんぞできない」と気付く。勢力の弱い台風は「返しの風」もごく弱く、ほとんど傷を与えずに去ったようだ。
 台風は高い海水温をエネルギー源として発達すると聞いている。であれば、生まれたばかりの台風はこれから発達するということなので勢力は弱い。であれば、沖縄近海で台風が発生し、翌日には沖縄を襲うことが普通になったとしても恐れるには及ばない。
 のであるが、例えば、地球温暖化で海水温がさらに高くなり、沖縄近海で発生した台風が急速に発達し、その日の内に暴風圏を持つ大人の台風となって、翌日には沖縄を襲うなんてことが近い将来あるかもしれない。そうなると、近い将来の台風対策はこれまでよりずっと大きな危険が伴うことになる。命がけの台風対策となる。

 温暖化の危険はもちろん、台風だけでは無い。農業を考えると危険はいっぱい。今までできていた作物が環境変化でできなくなる。あるいは、今までその地になかった病害虫に襲われ作物が収穫できなくなる。そういう怖さがある。それは老人の心配性によるものかもしれないが、最近の地震の多さにも何か明日への不安を感じてしまう。
     

 記:2018.6.18 島乃ガジ丸


沖縄の自然農法

2018年02月09日 | 通信-環境・自然

 もう30年ほど前になるか、「農業がやりたい」と友人のK子に話をしたら、「同級生のT女が農業やっているよ」となって、そのT女を紹介して貰い、それからしばらく(半年ほど)、T女の弟子となって農業を教えて貰った。
 彼女は自然農法をやっていて、私にもそれを勧め、福岡正信の本を「読んでみて」と貸してくれた。しかしその時、私は自然農法なるものにさほど関心がなく、福岡正信の本も大雑把に読んだだけであった。不耕起、不除草、不施肥、無農薬で作物を育てる農法であるということだけは頭に残り、「そんなことできるの?」と疑問を持った。その時のT女も、無農薬で、化学肥料は使っていなかったが、自分で鶏を数羽養い、その糞は使っていた。大雑把にではあったが、耕してもいたし、除草もしていた。

 10年ほど前、会社の要望で週休4日の時短となって、自由時間がたっぷり得られて、何をするかとなって、従姉の夫の土地(耕作できるのは約30坪)が空いていたので、そこを借りて、休みの日で雨で無い日には通って農作業をした。その時の農法は有機栽培、有機肥料は使った。それは、2012年夏に300坪の畑を借りるまで続いた。
 300坪の畑を借りて、「どうする?」と考えて、「お金をあまりかけない農業をやろう。自然農法なら安く済むはず」と思い付く。ただ、不施肥、無農薬はいいとして、不耕起、不除草は無理であろうと、30坪の畑をやっている時に想像できていた。
 沖縄の土は粘土質で、水捌け悪く、乾燥すると硬くなる。倭国の土のようにホロホロとはしていない。例えば、ダイコンやニンジンを収穫する時もそのまま引き抜くことは難しい。スコップで回りから土を掘って行き、ある程度根系部分が見えてから引き抜かないと途中から切れてしまう。他の作物の場合も、土が硬いと発芽も根の伸長も悪く、よって、生育も悪い。ということで、耕すことはする。水捌けが悪いので畝立てもする。
 暖かい沖縄では年中雑草が蔓延っている。それを刈らないと土面が見えない。しかも、概ねは雑草の方が生育旺盛であり、作物は雑草の陰に隠れて生育が悪くなる。どこに何の種を播いたかも分からなくなる。よって、除草もする。
 「お金をあまり掛けない農業」であれば「機械を使わず手作業でやれば、お金はさらにかからずに済むぜ」とも思い付いて、その方向で農作業を始めた。始めた頃は私も元気だった。やる気満々、手作業で蔓延る雑草を黙々と刈り、手作業で畑小屋を建て、手作業で作物を植える場所を拓き、種を播いた。300坪の畑はしかし、手作業でやるには広すぎた。作業がだんだん間に合わなくなった。そして、腰を痛めて、ついにギブアップ。
     
     

 1ヶ月半ほど前(昨年12月下旬)、友人の美人料理人Iさんがやっている飲食店へ顔を出し、少しおしゃべりした。「畑はもう辞める方向でいる」と私が言うと、「私の知り合いで自然農法をやりたいと言う夫婦がいる、紹介したい。」となって、それから1ヶ月余が過ぎた今年1月27日、その夫婦と会うことになった。
 その夫婦はTさんという名で、まだ若い、四十代前半から半ばくらい。ご主人が石垣島で農業をしていたが、害虫の多さ、雑草の多さ、害獣(イノシシやらクジャクやら)による被害、そして、私と同じく腰を痛めて挫折したとのこと。「沖縄で自然農法は難しい」が彼と私の一致した意見となった。沖縄で成功している人はいるのだろうか?
     

 記:2018.2.9 島乃ガジ丸


無知が成せる無駄

2018年01月26日 | 通信-環境・自然

 腰痛で畑仕事が進まなくて、「畑も辞めなきゃならない」と思って、その方向で今、畑のダンシャリをやっている。そして、今の住まいは家賃が前のアパートより1万円も高いのだが畑に近いからという理由で借りている。畑を辞めるのであれば畑の近くにいる必要はなく、もっと安いアパートに引っ越す予定だ。ということで、住まいのダンシャリも同時にやっている。畑からも住まいからも後から後から要らぬ物が出てくる。
 ダンシャリは去年(2017年)12月から始めている。やっている内に「役に立たないものをたくさん集めて保管して、それを捨てる作業をしている、誰の役にも立たないことをやっているぜ、大バカ者だぜ俺は」と自己嫌悪に陥り、大反省もしている。

 部屋の中にアルコール飲料がいくつもあった。2018年1月2日現在で泡盛のクース(古酒)7本、その内飲みかけのボトルが5本。焼酎3本、その内飲みかけが2本。ウィスキーとブランデーの飲みかけがそれぞれ1本。そして、未開封のワインが5本あった。これらもダンシャリして、引っ越す時の荷物を少なくしようと決めた。
 正月3日に大学時代の友人で埼玉在のRと沖縄在のYを招いて、アルコールダンシャリを行い、飲みかけの泡盛クース3本と飲みかけの焼酎2本を空にしてもらった。
     
 先週土曜日(1月13日)には、高校時代の友人K夫妻とO夫妻を招いて、同じくアルコールダンシャリを行い、飲みかけのブランデー1本を空にし、未開封の芋焼酎を開けて少し減らし、そして、この日これがメインの飲物と予定していたワイン。
 未開封のワイン5本はどれも古いもの。新しいものから2010年に私が沖縄のリカーショップで買った1本、2009年9月に米軍基地内で買った1本、同年、それより少し前に近くのスーパーで買った1本、2000年にアメリカ在の姉が土産に買ってきてくれた1本、1998年に私が沖縄のリカーショップで買った1本の、計5本。
 「何で、飲まなかったんだ?」と問われると、「長く置いておけば美味くなるかも」と思ったから。そして、「いつか恋人ができたら一緒に飲もう」と思ったからだが、そんな機会は、1998年から約20年経ってもやってこなかったというわけ。

 土曜日、「先ずは」と2009年に近くのスーパーで買った1本を出しコルクを抜こうとした、が、コルクはボロボロになっていて抜けなかった。次に、1998年に私が沖縄のリカーショップで買った1本を出したが、これもコルクがボロボロだった。その次に2009年9月に米軍基地内で買った1本を出す。これはコルクが抜けた。しかし、飲んでみるととても甘い。元々甘いのか、アルコールが飛んだのか不明。
 翌日以降、他のワインも試す。コルクがボロボロになっていた2本、何とかコルクを取り除いて、コーヒーフィルターでコルク屑を取り除いて飲んでみる。1998年に買ったワインは不味かった、嫌な苦みがあった。一口飲んで捨てる。2009年に買ったワインは、飲めるには飲めたが、美味いとは言えなかった。これも半分は捨てる。
 2010年に買ったワインは、コルクは何とか崩さずに抜けたがこれも美味いとは言えなかった。グラス一杯は飲んだが残りは捨てる。最後に残った2000年に姉から貰ったワイン、これもまた、グラス一杯は飲んだが残りは捨てた。たぶん旨かったであろうワイン5本を、保存方法を知らないバカが無駄にしてしまったという顛末でした。
     

 記:2018.1.26 島乃ガジ丸