ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

酔通餅

2017年11月24日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 10月に入ってからだと覚えているが、近所のスーパーの店員が三角錐の形をした帽子を被るようになった。「何それ?」と訊くと、「ハローウィンの格好です」と答えた。ハローウィンについては「何それ?」と訊くまでもなく、仮装する日だと何となく知っている。10月31日だったか、ラジオから「今日はハローウィン」といろんな番組から何度も聞こえた。それを聞きながら、私が青年の頃はそんな祭りなかったぞ、いつからか?ここ4、5年か?などと考えながら、もう1つのお祭りのことも思い浮んだ。
 もう1つのお祭りとはバレンタインデー、これも私が子供の頃まではさほどメジャーでは無かったように覚えている。高校生の頃になって、女子から男子へチョコレートを贈るなんてことが、私とは離れた所であったという噂は聞いていた。
     

 子供の頃から甘いものがあまり好きでなかった私だが、チョコレートは好きであった。子供の頃に食べたチョコレートで覚えているものがある。今でもあるかどうか不明だが、当時、ウィスキーボンボンと呼んでいた。ウィスキーボンボンは広辞苑に記載があり「結晶化させた砂糖でウィスキーを包んだ一口大のボンボン」のこと。ボンボンはフランス語で、同じく広辞苑に「キャンデーの一種。外側を糖製品で包んだ中にリキュール・果汁などを入れた一口大のもの。さらにチョコレートで包んだものもある」とあった。
 子供の頃から甘いものがあまり好きでなかった私だが、和菓子は好きであった。大人になるとチョコレートはあまり食わなくなったが、大人になっても和菓子(餅菓子も含め)は好んで食べている。そこで、酒大好きオジサンである私は1つアイデアが浮かんだ。ウィスキーボンボンを包んだ餅菓子があれば、さぞ旨かろうと考えた。食べて酔う、まさに酒好きの食い物である、通の餅なので酔通餅(ようつうもち)と名付けたい。
     

 畑仕事をしながら時々歌が出てくる。歌は頭の中で流れることが多いが、たまには口からハミングとして出てきたり、覚えているものはちゃんと歌ったりしている。
 今年(2017年)の夏からある替え歌の替え歌がよく出てくるようになった。替え歌は、タイトルは覚えていないが、1番の歌詞は確か「1月は正月で酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ」であった。その元歌は『ビビデバビデブー』、ある映画の挿入歌であったことは覚えているが、何の映画だったかはよく覚えていない。
 それはともかく、私の思い付いた替え歌の替え歌は、
 京子は遊び過ぎて腰が痛ぇぞ 腰が痛ぇ痛ぇぞ 腰が痛ぇぞ
 敬子はギックリ腰で腰が痛ぇぞ 腰が痛ぇ痛ぇぞ 腰が痛ぇぞ
 詠子は太り過ぎで腰が痛ぇぞ 腰が痛ぇ痛ぇぞ 腰が痛ぇぞ
 葉子は年を取って腰が痛ぇぞ 腰が痛ぇ痛ぇぞ 腰が痛ぇぞ
 誰もがみんな腰が痛ぇぞ 腰が痛ぇ痛ぇぞ 腰が痛ぇぞ
といったもの。ちなみに、女性の名前が出てくるが、いずれも実在の人物ではない。

 それはともかく、私は今、酷い腰痛である。10月下旬からほぼ毎日ストレッチをやっているが、一向に良くならない。私はもはや、腰痛持ちのオッサンとなってしまったようだ。「腰痛持ちか」と溜息つきながら、「美味しいかも」と酔通餅を思い付いた。
     

 記:2017.11.24 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.11.24 サッパリの日

2017年11月24日 | ガジ丸週一日記17-18

 1週間ほど前から肩凝りが出た。「これも腰痛の余波か?」と思っていたら、日曜日から頭痛もあり、月曜日の夜には喉も痛くなって「風邪?」となる。で、火曜日の朝、たっぷり瞑想で体を休ませる。1時間後には頭痛も喉の痛みも消えた。その後、痰がしきりに出たので風邪は治ったようである。症状は軽く時間も短かった風邪であった。腰痛はあるが、気分はサッパリ。
 「あともうちょいだ、2~3時間だ、頼むよ」、「これ以上は無理だ、諦めろ」、「無理を承知で頼んでいる、頑張ってくれ」と、我が腰に頼みに頼んで、頑張って貰って、今月7日に取りかかった6畝目が火曜日(21日)の午前中にやっと終了した。秋播き作物の予定は全部で8畝だったが、残る2畝はサッパリと諦めた。
 私が散髪屋へ行くのはだいたい2ヶ月に1回。短く切って2ヶ月後ボサボサになって、髪が鬱陶しくなったら切るが、11月10日頃から鬱陶しくなっていた。日記を見ると私の体感は正しく、前に切ったのは9月13日だ。畑を優先し延期していた散髪、火曜日の午後に行ってサッパリする。今週はサッパリ×3となった。
 
 好みのパン2種
 行き付けの散髪屋は前の前の住まいの近く。その近くには行き付けだったパン屋もあり、大好きなライ麦パンとフランスパンを買い、サッパリの夜は休肝日返上。ワインを飲む。


この記事をはてなブックマークに追加

汗水節(アシミジブシ)

2017年11月24日 | 沖縄03音楽芸能・美術工芸・文学

 農夫の応援歌

 畑仕事をしながら時々歌が出てくる。歌は頭の中で流れることが多いが、たまには口からハミングとして出てきたり、覚えているものはちゃんと歌ったりしている。
 畑仕事をしながら出てくる歌はいくつかあるが、その1つに「何でこの歌?」と自分でも不思議に思うのがある。確か、私が小学生の頃に流行った歌、園まりの『逢いたくて逢いたくて』。1番しか覚えていないので、1番ばかり繰り返している。ちなみに、
 愛した人はあなただけ 分かっているのに 心の糸が結べない 二人は恋人
 好きなのよ好きなのよ 口づけをして欲しかったのだけど
 切なくて涙が出てきちゃう
私の記憶が正しければ以上が1番の歌詞。園まり、当時まだ20歳前後だと思うが、こんなに色っぽい人は他にいないと、少年の私は股間を熱くしていたと覚えている。
     

 畑仕事をしながら出てくる歌で、「これは当然」と思う歌もある。それは『汗水節』、アシミジブシと発音する琉球民謡。これも1番しか覚えていないが、実は最近、その1番でさえ間違えて覚えていたことに気付いた。出だしの「あしみじゆながち」が、私の記憶では「汗湯水流し」で、「汗を湯水のごとく流し」という理解であった。正確には、
 汗水ゆ流ち 働ちゅる人ぬ 心嬉しさや 他ぬ知ゆみ
 ユイヤ サーサー 他ぬ知ゆみ スラーヨー スラ 働らかな
となる。『汗水節』は『正調琉球民謡工工四』の第一巻に収められている。出だしの「汗水ゆ流ち」は「汗水を流し」という意。「ゆ」は沖縄語で、格助詞の「を」にあたる。
 私の不十分なウチナーグチ(沖縄語)知識でその意味を述べると、
 汗水を流して 働いている人の 心嬉しさは (そうでない)他人の知るものではない
となる。ちなみに、「ユイヤ サーサー」と「スラーヨー スラ」は囃子言葉。歌詞は6番まであり、大雑把にいうと「働いて、お金を貯めよう、働いて60歳になっても元気でいよう、子供には学問をさせよう、社会のために尽くそう」といった内容。

 『汗水節』は『沖縄大百科事典』に解説があり、作詞は仲本稔、作曲は宮良長包で、1929年に発表されたもの。宮良長包は有名な沖縄の作曲家で、私でも知っている。彼の作品に『えんどうの花』があり、これはウチナーンチュの多くが知っている。
 1929年と言うと、もう戦争の足音が聞こえてきた頃だろう。そんな社会で作られた歌、世のため一所懸命働こうといった内容はそんな社会の雰囲気を映しているのかもかもしれない。しかし私は、少なくとも1番の歌詞についてはそんな雰囲気をちっとも感じないまま歌っている。難儀な作業を、少しでもその難儀を軽減させようと歌っている。実際に心嬉しさはある。作業を終えて家に帰ってからを想像すると心嬉しい。
     

 畑仕事を終えるとクタクタに疲れているが、夕方家に帰って、畑の作物を料理している間は「美味しいだろうな」と想像し幸せを感じている。シャワーを浴びてサッパリして、テーブルに料理を並べて、ジョッキにビールを注いでいる間も幸せ。そして、自分で作った料理を食べて美味いと感じ、ビールをゴクゴク飲んで幸せの最高潮となる。
 ビールのために農作業という難儀な仕事をしているとも言えるが、確かに、草刈や耕す作業などに面白さは無いのだが、種を播くと、芽が出るかどうかの楽しみがあり、芽が出ると、育つかどうかの楽しみがあり、花が咲き、実が着く楽しみがある。収穫したものをいかに料理するかの楽しみがあり、食べる楽しみがある。畑仕事は、お金にはちっともならないが、天が人間に与えた「幸せに生きるための仕事」と、私は思うのであった。
     

 記:2017.11.18 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『正調琉球民謡工工四』喜名昌永監修、滝原康盛著編集発行


この記事をはてなブックマークに追加

不安な老後

2017年11月17日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 沖縄は11月でも蚊がいる。寒くなると少なくはなるが12月も1月も2月もいる。亜熱帯の沖縄では年中蚊がいる。11月はまだ暖かいので夏と同じ位に蚊がわんさかいる。ということで、畑では蚊取り線香がほぼ年中の必需品となっている。
 10月30日、畑の蚊取り線香が無くなりそう(残り4日分位)になっていたので、買いに行った。畑からは寄り道になるが、私がポイントカードを持っているBスーパーが5%割引の特別な日だったので行く。この際だからと、日持ちのするレトルト食品やお菓子なども買おうと店に入る。レトルト食品やお菓子は買ったが、蚊取り線香を忘れる。
 11月1日、畑の蚊取り線香が無くなりそう(残り2日分位)になっていたので、同じくBスーパーへ買いに行った。「蚊取り線香だけを買うのに寄り道するのは嫌だなぁ、何か他に買う物無いかなぁ」と考えて、「しょうがない、今日は休肝日の予定だったが何か肴になるようなもの買って、今日も飲む日とするか」となって、寄り道のスーパーへ寄って肴をいくつか買い、家に帰る。蚊取り線香を買い忘れたことに、酒飲んで、肴を全部食い終わって、そろそろ寝るかとなって歯磨きをしようと思った時に気付いた。
     

 話は少し飛ぶが、4、5日前のこと、50歳までに1度も結婚の経験が無い比率、男性では沖縄が1番高いとラジオのニュースで言っていた。私の友人達にもその高い比率に貢献している者がいる、OR、ZY、TTなどの顔が思い浮んだ。私も貢献者の1人。
 私としては、1人暮らしに不自由は無い、料理はできるし、掃除洗濯も苦ではない。それに私は1人でいることを好む煩がり屋である。そんな私のような偏屈者に結婚は必要ないのではないかと思う。ただしかし、「結婚しなさい」という世間の圧力、親、親戚の圧力は理解できる。少子化対策とか、家系の存続とかであろう。
 そしてもう1つ、老後の生活を考慮すれば、結婚して子を成し育て、その子が子を成し孫ができる、などといったことは現在の、年金とかの社会保障が不備であった時代には必要だったのであろう、子が年老いた親の面倒を見ることが必要だったのであろう。
 それを踏まえて、結婚する理由と、私が結婚できなかった理由を考えてみた。
 1、老いた時に面倒を見て貰う為に結婚し、子を成す。
 2、恋に落ちて、何も考えずに事を成し、できちゃった結婚となる。
 3、この人を守ってあげたい、一生一緒にいたいと思って結婚する。
 私の場合、1については、全く考えに無かった。2については、恋に落ちた相手にはことごとく振られているので、できなかった。3については、後から思えば、そういう人がいたのだが、気付くのが遅れた。ということで、私は結婚を逃してきたと思われる。
     

 何で今更そんなこと考えるのかと言うと、上述したように、私は年々忘れ物が酷くなっている。この先さらに酷くなって、財布を落としたり、オレオレ詐欺に引っ掛かったり、火を消し忘れたり、親しい友人や近い親戚の顔を忘れたり、帰る家を忘れたりするかもしれない。独居老人(将来の私)は、無意識に世間に迷惑を掛けるかもしれない。
 さらに、このところの腰痛で体力にも不安が出てきた。屈んだ姿勢から立ち上がった時によろけることもたまにある。いつか、散歩の途中で道に倒れるかもしれない。道に倒れて誰かの名を呼び続け・・・ることができないかもしれない。誰も覚えていないので。

 記:2017.11.17 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.11.17 まだ6畝

2017年11月17日 | ガジ丸週一日記17-18

 「6畝目は大雑把な除草、耕しで進めている」と先週書いて、その日もその作業を進め「あと2~3時間で終わるな、明日の午前中で耕し終えて、午後には整地して種が播けるな」となって、その夜は旨い酒を飲む。
 ところが、その夜から雨が降り出し、夜中小便に立った時も雨が降っていて、たぶん明け方まで続いた。10日の朝は止んでいたが、畑の土はびっしょり濡れているだろうと予想していた通りで、午後に草抜き作業を2~3時間やっただけで、耕す作業はできなかった。
 10日の夜から14日の朝まで断続的に雨が降り、その間、農作業は草抜きが少しできただけ。15日は降らなかったが、それまでの雨で土はたっぷり濡れていて、昨日はまた、時々小雨が降り、両日とも耕す作業はほとんどできなかった。あと2~3時間で終わる予定であった6畝目は、1週間経てもまだできていない。
 それにしても、天気の意地悪なことよ。10日までは雨が少なく、畑の土は地割れができていたのに、一旦降るとなるとこれでもかと続く。劣等農夫(私)に「働くな」と言っているみたいである。今日もまた雨。
 
 地割れの畑
 地割れが起きると作物の根が切られて、生育が止まり枯れることもあるらしい。写真は10日夕方の土の状況であるが、その夜から雨が続き、現在は良い感じ。


この記事をはてなブックマークに追加