ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アシジロヒラフシアリ

2018年12月10日 | 動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 あんたがあの有名な

 子供の頃・・・だけじゃなくつい最近まで、クロアリという言葉はよく耳にし、口にもしていて、それはその辺でよく目にする黒っぽいアリのことだと思っていた。沖縄の昆虫をブログで紹介するようになって、図鑑に目を通す機会が多くなって、ヒメクロアリという種がいることを知り、それが通称クロアリというのであろうと思っていた。
 「そうではないみたい」と気付いたのはつい最近、今年の夏、今から2、3ヶ月前のこと。私が図鑑をマジマジと見るのは、撮った写真の者が何者であるかを調べる際。私が図鑑に書かれている説明文をじっくり読むのは、判明した者の紹介文を書く時である。今から2、3ヶ月前に何者か判明させる作業をし、よく見かける黒いアリはアシジロヒラフシアリであることを知り、説明文をじっくり読んで、アシジロヒラフシアリが「いわゆるクロアリ」であり、ヒメクロアリはあまり目にしないごく小さな蟻であることを知った。
 
 話は変わるが、蟻の類を図鑑で調べていたら知らない単語がいくつか出てきた。
 「跗節」なる単語を私は初めて見た。腹柄節も不明単語で、何となく意味は解るがどちらも広辞苑にない。跗という漢字にいたっては常用漢字でもない。ちなみに、「跗」は踵のことで、踵(くびす)は「足の裏の後部。かかと。」のこと。国語の勉強になった。
 
 アシジロヒラフシアリ(脚白平節蟻):膜翅目の昆虫
 アリ科 琉球列島、台湾、フィリピン、インドなどに分布 方言名:アイ、アイコー
 名前の由来は『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「脚の跗節は白色に見え、和名はそれに由来する」ということでアシジロ(脚白)であり、『沖縄の生きものたち』に「腹柄節は・・・扁平」とあることからヒラフシ(平節)であると思われる、これは私の想像。
 家の中、家の周りでよく見るアリにはイエヒメアリもいるが、本種もよく見る、というか、今回アリの写真撮りをしていてそう気付いた。むしろ、本種の方が家の外でも中でも最も良く見るアリといっていい。赤っぽいアリならイエヒメアリ、黒っぽいなら本種。黒っぽいなら・・・『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「いわゆるクロアリ」とあり、黒いアリといえば本種のことのようである。ヒメクロアリは家の近辺でほとんど見ない。
 体長は2~3ミリ。出現は周年だが、冬期は少なく、10月頃に最も多いとのこと。
 
 横から
 
 群れ

 記:2018.12.9 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行
 『沖縄の生きものたち』沖縄生物教育研究会編著、発行



フタイロヒメアリ

2018年12月03日 | 動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 写真のための殺生

 アリの写真は撮り難い。小さい上にちょこまか動くのでなかなかレンズに収まってくれない。そんなアリの写真を撮るために私はどうしているかというと、
 餌のある時は餌でおびき寄せる。餌に集中して動きが止まるし、多くが集まって混雑した時には彼らもちょこまか動き回ることができず、動きが鈍くなる。
 餌が無い時、それでも写真を撮りたい時は殺虫剤を少し撒いてアリの動きを鈍くする。殺虫剤の無い時は、軽く叩いて(たぶん骨折しているか何かで)動けなくしている。

 今回紹介するフタイロヒメアリの写真は、女王アリが2014年7月、働きアリが同じ2014年のこちらは9月。はっきり覚えているわけではないが、その頃はアリの写真を撮ることに執着していなかったので、わざわざ餌を準備したり、殺虫剤撒いたり、叩いたりなどして撮ったのではない。なるべく殺生は避けたいと私は思っている。しかし、そこにアリがいて、それがたまたまじっとしている、あるいは、動きが鈍いのであれば撮っていた。下の写真は、その時フタイロヒメアリの動きが鈍かったのだと思う。
 もちろん、写真を撮った時に「これはフタイロヒメアリだ」と認識ていたのでは無く、たまたま止まっていたアリを写真に収め、後日調べたらフタイロヒメアリだった、たまたま女王アリで、その2ヶ月後にたまたま働きアリの写真が撮れただけのこと。

 
 フタイロヒメアリ(二色姫蟻):膜翅目の昆虫
 アリ科 トカラ以南の琉球列島、小笠原諸島、熱帯亜熱帯に分布 方言名:アイ
 イエヒメアリ(家姫蟻)の説明で「屋内に生息し、小さいことからイエヒメアリ(家姫蟻)という名前」と私は書いているが、文献による根拠は無く私の想像によっている。本種はイエヒメアリと同属(ヒメアリ属)で体長2ミリ内外と小さい。で、イエヒメアリと同じヒメアリ(姫蟻)とつく。二色については『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「体は淡黄褐色で、頭部と腹部は黒褐色を帯びる」とあることから二色だと思われる。
 「やや乾燥した所を好み、屋内、屋外でも見られ、大きな群れを作る」とあり、畑で本種は多く見られた。大きな群れも見たが、群れの写真は撮り忘れている。「動作はやや鈍いが、大きな群れで食物にたかるため(食物)がたちまちなくなる」とのこと。
 体長は働きアリ2ミリ内外と文献にあるが、女王アリについては記載が無く、正確には不明。私の見た目では働きアリの約2倍の体長。
 
 女王アリ

 記:2018.12.1 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行
 『沖縄の生きものたち』沖縄生物教育研究会編著、発行


キンイロコオロギバチ

2018年11月26日 | 動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 偏食?

 私は、自己評価で言えば偏食ではない。人間の食物として多くの人が食しているものであればほぼ食える。人間の食物として一般的ではないものでも、人間の食料として存在しているものならヒージャー(山羊)の金玉の刺身でも、スズメの姿焼でも、イナゴでもハチノコでも食う。それらはしかし、好物ではない。好物ではないが食おうと思えば食えるといった程度の物。一般的食い物の中でもベッタリ甘いケーキの類は好みではないが、それでも食えないことはない。他に食うものが無ければ1週間連続でも食える、はず。

 今回紹介するキンイロコオロギバチはハチ(蜂)の一種だが、「えっ、そんな偏食で大丈夫?生きていけるの?」と、本種を紹介している図鑑の説明文を読んでいる時に思ってしまった。コオロギバチのコオロギは鳴く虫で有名なあのコオロギ(蟋蟀)であるが、コオロギに見た目が似ているハチという意では無く、コオロギを餌としているハチだからその名となっているようだ。私も本種がコオロギを捕獲して巣に運ぶのを見ている。「コオロギが餌」では驚かないが、「コオロギだけが餌」というのであれば驚く。
 「コオロギだけが餌」なのであれば、コオロギが滅びたら本種も滅びるのかと思い、コオロギのいない所では生きていけないということかと思って「大丈夫?」と心配したわけだが、コオロギだって何種類もいる、全てのコオロギが滅びるまでには相当の時間を要するに違いない。よって、「心配ご無用」であろう。・・・地球は1つしかないけど。
 
 キンイロコオロギバチ(金色蟋蟀蜂):膜翅目の昆虫
 アナバチ科 奄美以南の琉球列島、台湾、中国、東南アジアに分布 方言名:ハチャ
 名前の由来は『沖縄昆虫野外活用図鑑』に「頭部、胸部、前伸腹節には黄金の毛を密生する」ことからキンイロ(金色)、「コオロギバチ類はコオロギ類を狩ることでよく知られ」ということからコオロギ(蟋蟀)とつくものと想像できる。
 同書にはまた、「(コオロギバチ類は)沖縄には約10種分布する」とあり、その分類や生態などの詳細は不明とのこと。私の4枚の写真のものが同一種かどうかも不明。
 「雑草間や地表面を徘徊し」、コオロギを狩るとのこと。「一撃で麻痺させ」るほどの毒針を持っているようである。が、私が見たものは花の蜜を吸っていた。「麻痺させ、その間に土中の巣へ運び入れる」とあるので、幼虫の餌がコオロギなのかもしれない。
 体長は20ミリ内外、出現は3~11月。私は本種を数回見ているが、そのほとんどはサクナ(ボタンボウフウ)の花が満開の頃の10月。ただ1度、2月末頃に地面の上でコオロギを捕らえ巣に運ぼうとしている本種を見ている。2月でも暖かい日だった。
 
 横から
 
 顔
 
 地面を徘徊する
 
 狩り
 
 記:2018.11.24 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行
 『沖縄の生きものたち』沖縄生物教育研究会編著、発行


コガタスズメバチ

2014年09月19日 | 動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 小型でも強力

 小さいからといって侮ってはいけない。つい最近(2014年9月現在)、東京の何とかいう公園でデング熱とかいう伝染病に感染した人が何人も出たというニュースをラジオから聞いた。デング熱のウイルスは蚊を媒介とするらしい。死に至るのはまれな伝染病らしいが、高熱が出て数日は安静を要するとのこと。数日間、何もせずただ寝ているだけというのは、今の私にとって「そんな暇無ぇぜ」なので、気を付けなきゃ。
 気を付けなきゃと思いつつ、私はほぼ毎日蚊に刺されている。「蚊に刺されるほどのこと、何でも無ぇや」と侮っているのだ。罰が当たるだろうか?

  小さいからといって侮っていない虫もいる。ハチの類だ。かつて若い頃に1度だけハチに刺された経験がある。そのハチは方言でガヤバジと呼ばれる草はらに巣を設ける種の蜂で、私はうっかりその巣に触れたみたいであった。でも、そう痛くはなかった。
 畑にはいろんなハチの種類がやってくる。ガヤバジ(オキナワチビアシナガバチ)の巣もある。刺されてもそう痛くは無い(注射針を刺された程度)ので、巣に触れないよう気を付けているが、ガヤバジそのものが近くにいても特に気にならない。ジガバチ、アナバチの類、クマバチ、ミツバチなども、これまでの 畑仕事や野原散策の長い経験から刺される心配がほとんど無いと判断しているので、近くにいても気にしない。

 私が侮っていないハチは畑にも多くいるアシナガバチやコガタスズメバチ、彼らに刺された経験は無いけれど、刺されるとすごく痛いらしいので、それらは侮ること無く、見つけたら近くに彼らの巣が無いことを確かめて、それからそっと近づいて、写真を撮るようにしている。彼らは近付いてよく見ると怖い顔をしている。いかにも、「俺に触れたら痛い目を見るぞ!」ってヤクザの顔だ。くわばらくわばら。

 
 コガタスズメバチ(小型雀蜂):膜翅目の昆虫
 スズメバチ科 日本、沖縄、東南アジアなどに分布 方言名:ハチャ(ハチの総称)
 名前の由来は資料が無く正確には不明。スズメバチは広辞苑にあり、雀蜂と漢字表記され「スズメバチ科のハチ」のこと。何でスズメ(雀)かは記載が無い。本種はスズメバチ科で、スズメバチより小さいことからコガタ(小型)とつくのであろう。
 体長22~27ミリ。成虫の出現時期は5月から2月。キアシナガバチが樹木の枝に巣を作るのに対し、本種は低木の枝やシダ植物の地際に営巣するらしい。私は見たことが無い。職場には本種がよく飛んでいるので、近くに巣があると思われる。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』に紹介されているスズメバチ科の仲間で最も大きいのはヒメスズメバチという種で、体長は24~37ミリとある。本土で死者も出るなどとニュースになるスズメバチの体長は約30ミリなので、ほぼそれと同じ。コガタスズメバチはそれらより一回り小さい。小さいが、刺されるとすごく痛いらしい。
 キアシナガバチはチョウやガの幼虫を狩る。その決定的瞬間を先日、私も目撃したが、コガタスズメバチは有翅昆虫を狩るとのこと。これは目撃していない。
 
 横から

 記:ガジ丸 2005.8.14 →沖縄の動物目次
 2014.9.6訂正加筆

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行


ゴキブリヤセバチ

2014年09月19日 | 動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 名前より見た目良し

 畑にはたくさんの虫がいる。今(9月)は、トンボ類、バッタ類、ハチ類が目立って多くいる。トンボ類ではウスバキトンボが群れて畑の上を飛び回り、ショウジョウトンボやハラボソトンボも多い。バッタ類ではマダラバッタが最も多く、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、クルマバッタなどもよく見る。コオロギ類もいっぱい。そんな虫達、先日チビアシナガバチに3ヶ所刺され、ちょっと痛い思いをしたが、特に嫌ってはいない。もちろん、畑の作物を食害する奴ら(カメムシなど)には大いに憤慨しているが。
  作物の害虫も含め、体に害のあるハチやムカデ、カ、ブヨなどを除けば、虫のほとんどは嫌いではない。体に付いたとしても平気である。ただ一つ、衛生的に間接的な害はあるかもしれないが、体に直接的な害は無いであろう虫でも、体に付いたら、それこそ虫酸が走るほど嫌いな虫がいる。ゴキブリ。見るのも嫌なくらいだ。

 ゴキブリヤセバチ、名前から想像すると虫酸が走る奴だが、見た目はちっとも気持ち悪く無い。見た目だけでなく、ハチと名があるけど人を刺したりもしない。見た目はちっとも気持ち悪く無いのにゴキブリと付いているのが可愛そうになる。
 「このグループはゴキブリやカマキリなどの卵に寄生する」とあることからゴキブリという名だと思われるが、ゴキブリだけで無く、カマキリからも名を取ってブリカマにしたら良かったのにと思う。美味しそうな名前になる。もちろん、食わないが。

 
 ゴキブリヤセバチ(蜚蠊痩蜂):膜翅目の昆虫
 ヤセバチ科 沖縄、台湾、インド他、熱帯地方に分布 方言名:不詳
 名前の由来は資料が無く正確には不明。漢字の蜚蠊痩蜂も私の想像。『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「このグループはゴキブリやカマキリなどの卵に寄生する」とあることからゴキブリだと思われ、漢字の蜚蠊は広辞苑から。ヤセは体型が細いことから痩せ。
 同書にはまた、「腹部を軍艦旗のように上方に向けて静止するため、英語ではEnsign flies」とあった。Ensignって何だ?と英和辞典を調べると「船舶などが国籍を示すために掲げる旗」とあった。fliesは私でも解る、蝿のこと、その複数形。
 体長は7~8ミリ。体色は黒く、腹部が極端に細い。成虫の出現は周年。「世界には20種ほどいるが、日本には本種のみ」とのこと。沖縄ではよく見かける。

 記:2014.9.13 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行