日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ラグビー日本代表が宿敵・スコットランドを撃破!W杯初のベスト8進出決定!

2019年10月13日 | Sports

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のプールA・日本代表VSスコットランド代表の試合が13日、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行われました。この試合は台風19号の影響で開催が危ぶまれていましたが、予定通り開催。予選プール3連勝で勝ち点14を獲得している日本代表は、スコットランド戦で引き分け以上なら無条件で決勝トーナメント進出、4トライ以上&7点差以内の敗戦でもボーナス2点が入ります。スコットランドは4年前のW杯で日本が唯一敗れた相手。初のベスト8へ、「ONE TEAM」で因縁の相手にいざリベンジへ!



スタメンはこちら
  【日本】
1 稲垣啓太
2 堀江翔太
3 具智元
4 トンプソン・ルーク
5 ジェームス・ムーア
6 リーチ マイケル
7 ピーター・ラピース・ラブスカフニ
8 姫野和樹
9 流大
10 田村優
11 福岡堅樹
12 中村亮土
13 ラファエレ ティモシー
14 松島幸太朗
15 ウィリアム・トゥポウ

 【スコットランド】
1 アラン・デル
2 フレーザー・ブラウン
3 ウィレム・ネル
4 グラント・ギルクリスト
5 ジョニー・グレイ
6 マグナス・ブラッドベリー
7 ジェーミー・リッチー
8 ブレード・トムソン
9 グレイグ・レイドロー
10 フィン・ラッセル
11 ダーシー・グレアム
12 サム・ジョンソン
13 クリス・ハリス
14 トミー・シーモア
15 スチュアート・ホッグ


日本は2試合連続トライの福岡が今大会初先発。スコットランドはロシア戦から12人メンバーを入れ替え、「日本キラー」レイドローも先発入り。



決勝トーナメント進出を懸けた一戦は、前半6分、スコットランドがラッセルのキックパスからチャンスを作り、日本も必死にディフェンスをするも、ゴール前でレイドローのパスを受けたラッセルが抜け出してトライを奪い、続くレイドローのコンバージョンキックも決まり、スコットランドが7点を先行。
日本は16分に田村がペナルティゴールを狙うも右に逸れて失敗。それでも17分に左サイドでラファエレからパスを貰った福岡が前進すると、オフロードパス(タックルを受けながらパスをつなぐ)から松島がゴールへ駆け抜けてトライ!松島の今大会5トライ目で5点を返すと、田村のコンバージョンで2点を加え、7-7の同点に追いつきます。
21分、脇腹を痛めた具智元に代わり、ヴァルアサエリ愛を投入。25分、敵陣22mラインから、流大→田村→堀江→ムーア→トゥポウとオフロードパスでボールを繋いで、最後は稲垣がゴールにねじ込んで勝ち越しトライ!日本が12-7と勝ち越しに成功すると、田村のコンバージョンも決まり、14-7とリードを拡げます。
前半終了間際の39分、日本は左サイドへボールを回し、ラファエレがキックでボールを転がすと、福岡がボールを拾ってDF2人を抜いてトライ!ビッグプレーで7点を追加した日本、前半のうちに3トライを奪い、21-7と14点差のリードで前半を終えました。

後半立ち上がりはスコットランドが速攻を仕掛けますが、42分にハーフウェーライン付近で相手がボールがこぼすと、ボールを取った福岡が一気に独走してトライ!福岡のこの日2つ目のトライを決めると、田村のコンバージョンも成功。日本はこれで4トライのボーナスポイントを獲得。スコアも28-7と大量リード。
追い詰められたスコットランドですが、後半9分にホッグの前進からゴール前までボールを繋げ、ネルがゴールに押し込んで1トライを返す。
日本は後半10分に流大→田中史朗、トゥポウ→山中亮平を投入すると、スコットランドも大黒柱のレイドローを下げて、ロシア戦で3トライのジョージ・ホーンを送り込む。
後半15分、スコットランドはFW陣がパスでつないだ後、途中出場のフェーガーソンがトライ。2連続トライで28-21と7点差に迫る。この後1トライ1ゴールが決まれば、同点となる。
残り20分、日本はさらに突き放そうと敵陣の深い所まで攻め込むが、スコットランドの壁を破れない。後半27分、またも自陣で攻め込まれてピンチを迎えるが、姫野が得意のジャッカル(相手ボールを奪うプレー)に成功!その直後、両チームがエキサイトして乱闘状態に。
残り10分を切って、スコットランドは敵陣に攻め込むが、日本が魂のディフェンスを見せる。後半38分、日本陣内残り5m付近からスコットランドがゴールに襲い掛かるが、日本FW陣が押し返すと、タックルで相手を止め、さらに残り1分でターンオーバーに成功!そのままボールをキープし、後半40分経過と共に山中がボールを外に蹴り出してノーサイド!日本がスコットランドの追撃を抑え、28-21で勝利しました!




ラグビー日本代表がやってくれました!古豪のスコットランドを破り、W杯史上初めての決勝トーナメント進出を果たしました!第1回大会から出場し、9回目の出場で悲願達成です。勝ち点2以上でOKだったけど、見事に勝ち点5を獲得。予選プール4戦全勝、勝ち点19でA組首位通過です!開幕前は良くて3勝かなって思ってましたが、アイルランドに勝ったのには驚きました。
日本はスコットランドに1勝10敗と大きく負け越しており、唯一勝ったのが1989年のテストマッチでした。このW杯では4本のトライを奪ってボーナスポイントを獲得。30年ぶりの勝利は、実力で勝ち切ったことは間違いありません。スコットランドも3トライを挙げ、21点差にされた後に連続トライで7点まで追い上げた辺りは古豪の意地といえるでしょう。最後の反撃は本当にドキドキしましたが、日本よく守り切ったなぁって思いました。
今大会初スタメンだった福岡選手は、2本のトライを挙げれば、松島選手のトライをアシストし、この試合の「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」に選ばれました。アイルランド戦とサモア戦は途中出場でトライを決め、スコットランド戦でも活躍し、3試合で4トライを挙げました。松島選手は予選プールで5本のトライを奪い、トライ数の個人ランキングでトップタイ。福岡選手も3位タイにつけています。

予選プールも全日程が終了し、19日からは決勝トーナメントが始まります。A組首位の日本は、20日の準々決勝で南アフリカ代表(@東京スタジアム)と対戦します。前回のW杯では日本が南アフリカに勝利し、「史上最大の番狂わせ」、「ブライトンの奇跡」と言われました。しかし、W杯開幕前のテストマッチでは南アフリカが41-7で圧勝しています。
「4年前の再現に期待」という声もあるけど、最新の世界ランキングでは、日本が7位、南アフリカが5位。日本は決勝トーナメント進出が初めてなのに対し、南アフリカはW杯優勝2回。明らかに不利ですねえ。予選プール4連勝の勢いが残っていれば、いい勝負ができると思うんだが…。