Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

イロドリヒムラ  第10話  *感想*

2012-12-29 | 秋ドラマ(2012) 感想
 価値観

まさに価値観を描いたストーリーねぇ。 価値観・・っていうか先入観?
それにしても 後半になって明らかとなるユウキの秘密にゃあ驚いたわぁ。
どうりで 可愛らしいハンカチを持っていたり トイレに紙が無いと怒っていたワケねぇ。
物腰が柔らかくって 優しげな感じが魅力的だなぁと思いながらユウキを見ていたのだけれど
これもまた 真相が明らかになると なるほど~どうりで柔らかに見えるワケだ・・と納得させられちゃうわね。
ユウキが訴える真実を 小さなくしゃみや パンティの色や ブラジャーの存在で証明しようとするくだりも面白い。
それこそ人それぞれの価値観・・っていうか好み?性癖?なワケだから こんなもんじゃあ証明はできないのよねぇ。
(だから ユウキが訴える真実によって痴漢容疑が晴れるというのは本来なら違うのでは・・とも思う。)
カオリ(星野真里)の男の趣味を改めて知るコトとなったトオルの登場に軽く衝撃を受けたのも束の間
さらなるオチが待ち受けているラストも衝撃的だったし
一番オイシイ役を自分が演じてしまうという監督の図々しさも楽しめたし 面白いストーリーだったわぁ。 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

イロドリヒムラ  第5話 ・ 第6話  *感想*
イロドリヒムラ  第7話 ・ 第8話  *感想*
イロドリヒムラ  第9話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イロドリヒムラ  第9話  *感想*

2012-12-29 | 秋ドラマ(2012) 感想
 日村大岩

何だこりゃ・・・。ワケが分からん・・・。
・・・でも・・面白かったわぁ♪
ロッカーと日村さんって・・使い方間違ってるよね・・と どうしても思ってしまった前回から一転
これよ コレ♪ 日村さんは やっぱりこんな風に見せてほしいのよ~♪ と 気持ちが高まってしまうストーリー。
冒頭の「芸能散歩の時間」からして も~う引き込まれる。
志賀廣太郎さんが あの魅惑的なお声と 知性や気品溢れる雰囲気で 
「日本が誇る貴重な文化遺産」だとかなんとか 芸能「ヒムラ」を紹介してくれちゃうもんだから 
一体全体どんなもんを見せてくれるのかと 初っ端から期待が高まるのよねぇ。
そして 気持ちが高まったなかで見せられる「日村大岩」の あまりのシュールさに さらに心を掴まれるという・・。
「うふふふふ♪うふふふふ♪得さま~♪」 「お菊、お菊、待てお菊」
感想を書いている今も 頭の中はこの台詞がグルグル・・。
突然のタミヤ模型様のご登場から繰り広げられる「ヒムラ」の世界も かなりツボ。
花道を滑走する徳べえとお菊・・ それを観て声をあげて喜ぶ観客達・・ リモコンを手に持ち台詞を語る演者二人・・
・・・シュールだ・・・。
日村大岩の登場にゃあ ぶったまげたし 
日村大岩と森田が並ぶ姿や 徳べえを呑みこんじゃう森田は意外に不気味だし
モーターにのって登場の坊さんと その坊さんの位置を微調整する演者もツボにハマるし
池谷のぶえさんの登場にテンション上がっちゃうし 楽しめたなぁ。
そして 何よりも素晴らしかったのが 日村勇紀さんと木南晴夏さんの存在感。
人形を操りながら見せる表情から 最後のキメ顔に至るまで 
シュールな「日村大岩」をより一層シュールに そして魅力的に見せてくれていたように思うわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

イロドリヒムラ  第5話 ・ 第6話  *感想*
イロドリヒムラ  第7話 ・ 第8話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毒<ポイズン> 第13話  *感想*

2012-12-28 | 秋ドラマ(2012) 感想
前回登場したテロリスト・笹谷のストーリーを 今回もタップリと見せてくれるのかと思いきや
結局は 大部分が直美と父親のエピソードで幕を閉じるのねぇ・・・・。
最終回が直美の父親の死にまつわるストーリーになるということは予想してはいたけれど
もう少し 笹谷を絡めたストーリーで魅せてくれるのかと思っていたのになぁ・・・・。
直美に魅力を感じない私にとっては なんとも気持ちが盛り上がらない最終回となってしまったのだけど
ラストの松井と直美の会話は 直美の(色んな意味で)頼りなげな雰囲気が 意外に効果的だったようには思う。
純粋で真っ直ぐな直美の前では 松井も形無しなのね。
直美に漂う雰囲気そのままの甘ったるいラストは好みではないのだけれど・・・・。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

毒<ポイズン> 第1話  *感想*
毒<ポイズン> 第2・3・4話  *感想*
毒<ポイズン> 第5話  *感想*
毒<ポイズン> 第6・7話  *感想*
毒<ポイズン> 第8・9話  *感想*
毒<ポイズン> 第10・11話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イロドリヒムラ  第7話 ・ 第8話  *感想*

2012-12-28 | 秋ドラマ(2012) 感想
 第7話  張り込み

今までに観てきたものとは ひと味違ったストーリー。
昭和のかほりタップリなのねぇ。
それほど馴染みがあるワケではないのだけれど
使われている音楽だとか 映像だとか 三上(日村勇紀)の存在感だとか・・ 
きっと昭和の映画の雰囲気に似せているのだろうなぁ・・というコトだけは とりあえず分かる。
それにしても・・ 老若男女の霊が居ついちゃってる小料理屋にゃあ 吹き出しちゃったわぁ。
まさか 刑事ものと除霊などという風変わりな組み合わせを見せられることになるとは思わなかったし。
犬の霊と 道端に佇む男が除霊される様が面白かったなぁ。
人って(犬もだけど・・) きっと こんな風に色んなコトに未練を残しながら死んでいくのね・・。
三上と女将(坂井真紀)の寄り添う感じは 思っていた以上に色っぽくって良かったし
何だかイロイロと楽しめるストーリーだったわぁ。
だけど 三上ったら人が悪い・・。イマイ(駿河太郎)に取り憑いた霊は見て見ぬフリを決め込むのね。


 第8話  才能が無い

瀧(日村勇紀)とデカダンスのファンだという女子高生に隠された秘密は面白いわねぇ。
17歳の瀧と川瀬(市川実和子)が良かったなぁ。
あたしゃ あの二人のストーリーを じっくりと観てみたかったよ・・・。
でも そうしちゃうと この企画の趣旨からは逸脱しちゃうのよねぇ・・・。
だけど 大人の瀧の見た目も中身も 正直好みじゃないのよねぇ・・・(特に見た目・・)。 
瀧が どうしても魅力的には見えないのよねぇ・・・。
今までのストーリーでは これほどまでには見た目に抵抗を感じなかったんだけどなぁ・・・・。
瀧に魅力を感じないと やっぱりストーリーも面白く感じないのよねぇ・・・。
最後の最後になっても「あのさ、俺、そんなに変わんないと思う。」と 平然とのたまう瀧を
あそこまで受け入れて応援できる川瀬の愛と包容力は とりあえず印象的だったわねぇ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

イロドリヒムラ  第5話 ・ 第6話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イロドリヒムラ  第5話 ・ 第6話  *感想*

2012-12-27 | 秋ドラマ(2012) 感想
録り溜めてあったものを少しずつ消化中。
全部の感想を書くのはメンドクサイので 印象に残った回の感想を少しずつ・・。

 第5話  鎖国ガール

“鎖国ガール”という名称が面白いわねぇ。
鎖国ガール・歩夢(北乃きい)の鎖国っぷりも なかなか興味深いものがあるし
歩夢の生活にどんどん割り込んできちゃうエディ(日村勇紀)のウザさも面白かった。
ズカズカと遠慮なく近づいてくる人間って 正直かなり苦手ではあるけれど
エディだったら友人として お傍にいてもらってもいいかも。
中盤まではかなり楽しめたのだけど クライマックスからラストにかけての展開にゃあ 若干ついていけず・・。
もっと魅せてくれるストーリーを期待していたコトもあって 少々残念・・。物足りない・・。
でも 爽やかさを感じさせるストーリーではあったなぁ。

  第6話  脳内彼女  

女優・芦田愛菜さんが とにかく素晴らしかった。
芦田愛菜さんの実力を存分に堪能できるストーリーね。
いやぁ・・ それにしても可愛かったなぁ・・トモちゃん♪
トモちゃんと竹下(日村勇紀)という異様な組み合わせもサイコー♪
トモちゃんにキレまくる大人気ない竹下と そんな竹下に全く物怖じしないトモちゃんの掛け合いが楽しい。
ラストに見せられる思いがけない展開もグッとさせられて良かったなぁ。

ちなみに・・ 第3話は途中でリタイア。 
第1話・第2話・第4話は つまらなくはなかったけれど 感想を書きたいと思うほど好きではないので・・感想はパス。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  最終回  *感想*

2012-12-26 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「自分らしく咲ける日が来ること、信じていますか?」 *

・・・・まあ クリスマスだしね・・・・。 
タイミング良く最終回が12月25日に当たっちゃったら こんな風なラストにしたくなっちゃうんだろうね・・・・。
ファンの方も喜ぶだろうし・・ね・・・・・。
丈太郎とかほりが繰り広げるラストの展開・・そのエピソード自体は好きだし 
女心をくすぐるような丈太郎のサプライズプレゼントもいい感じだとは思うのだけど 好きなラストではないのよねぇ・・・・・・。
なんで東京でのシーンをラストにもってくるのかなぁ・・・。
遅咲きのヒマワリを手にした丈太郎からは “自分らしく咲ける日が来ることを信じる”彼の気持ちが伝わってはくるけれど
やっぱり 四万十で前向きに頑張る彼の姿で終わらせてほしかったなぁ。
ただでさえ丈太郎は 地域おこし協力隊として地域のために働く様子よりも 
彩花への想いに重点を置いて描かれていたような印象が強くって 
7話アタリから やっとこさ 私の観たい丈太郎のエピソードを観られるようになって嬉しく思っていただけに
月9のような恋愛エピソードで終わってしまったことは残念。
結構気に入っていたさよりのエピソードも え!?そんな簡単に鬱屈が消えちゃうんかいっ!と
突っ込みたくなるような 無理矢理感漂うまとめられ方に感じられてしまったし 何だかイロイロと残念だったなぁ。
最終回で最も印象に残っているのは 自分の夢を理解してくれた患者たちや看護師の青山の様子に涙ぐむかほりと
三年という契約を解消して 四万十の住人として頑張りたいのだと仲間達に語る丈太郎の様子。  
こういう彼らの想い・・ 自分らしく咲ける日を信じて前を向く彼らの姿を じっくりと楽しみたかったのだけど・・・
クリスマスだし・・ 仕方がないわね・・・・・。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第1話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第2話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第3話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第4話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第5話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第6話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第7話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第8話  *感想*
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~  第9話  *感想*
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  最終回  *感想*

2012-12-25 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「最終回30分拡大&一部生放送!聖なる夜に起こす最後の奇跡」 *

金田一二三男が魅力的に描かれていた最終回。
正直 好きなキャラクターとは言えないし 
彩矢(香里奈)の妄想の中の金田一がニヤリと笑う様子だとか やっぱり鼻についちゃうのだけれど
それでも 金田一の言動を楽しみながら最後まで観られたコトが嬉しい。
統一郎が語るコトの真相を “兄弟げんか”で アッサリ片付けちゃう金田一が最も印象的。
こんな重大な告白さえも 事も無げに受け止めてしまう金田一のデカさは やっぱりいいわねぇ。
こだわるべきなのは人であって 会社の名前なんか関係ない・・ そんな金田一の考えのもと
模合(中井貴一)や彩矢と協力し合い ミラクルを立て直していく様も このドラマらしくっていい。
物凄~く 気持ちが高まっちゃう金田一&彩矢の様子も好き。
あの気まずい感じや ぎこちない感じ 観ているこちらが照れてしまう空気・・
ああいう雰囲気を出すのは 木村さんって上手いなぁ・・と 改めて思う。
無粋極まりない模合が こっ恥ずかしい雰囲気を さらにこっ恥ずかしくさせちゃう様子もいいわぁ。
お気に入りの模合を楽しめたコトも 最終回の好きなトコロ。
幸福荘の住人の隣で身の危険を感じながら寝ることになったり・・
どぶ川の真ん中で眠るハメになったり・・の模合が可愛くって好き。
人と人との密接なつながりが感じられる幸福荘で 様々な組み合わせの人間関係を楽しめたのも良かったなぁ。
予想はしていたけれど サインボールが再び金田一の手元に戻ってくるくだりは ワクワクさせてもらったし
そのボールの最終的な持ち主についてまでは予想していなくって ナルホド~と思わせてくれたし
イロイロと楽しめる最終回だったなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第1話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第2話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第3話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第4話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第5話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第6話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第7話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第8話  *感想*
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~  第9話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  最終回  *感想*

2012-12-24 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「感動の最終回!命を守る航空管制官」 *

空港長の登場によって下がりまくったテンションのままで視聴したためなのか
前回の放送からブランクがあるためなのか 
最後まで それほど気持ちを盛り上げてはもらえなかったなぁ・・・。
特に ブランクがあったコトが大きかった。
前回のストーリーで感じたモロモロの気持ちはスッカリ薄れてしまい
(でも空港長に漂う残念な感じだけはしっかり覚えているという最悪の状態・・) 
結局最後まで いまひとつ気持ちが乗り切れなかった感じ。
そんな気持ちで観たためななのか 今回はストーリー自体にもさして惹かれず・・・。
この程度のストーリーだったら 1話にまとめて前回で終わらせてくれたほうが楽しめた気が・・・・。
管制をする香織と問題の飛行機に搭乗していた本上の短い会話や 手を繋ぎあう二人の様子・・
山下と酒井の なんだか意外にお似合いな感じ・・
岡本の子供じみたイタズラと 焼子のステッカーに漂う強烈なインパクトと 岡本の身に起こる奇跡・・と
ラストで見せてもらった管制塔のスタッフたちの幸せそうな様子が 最終回での最も好きなトコロ。
私の中では「TOKYOコントロール」を超えることはなかったコトが とても残念ではあるけれど
それぞれのキャラクターの魅力は楽しめるドラマではあったなぁ。
最終章には いまひとつ惹かれないものの 好きなストーリーもあったし・・。
キャストの皆様・・ スタッフの皆様・・ お疲れさまでした。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第1話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第2話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第3話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第4話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第5話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第6話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第7話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第8話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第9話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高校入試  第12話  *感想*

2012-12-24 | 秋ドラマ(2012) 感想
校長先生(山本圭)は 前回に引き続き えら~く饒舌になっちゃってるわ
村井(篠田光亮)に続いて 今度は杏子(長澤まさみ)が自分語りを延々と始めちゃうわ・・な展開なのね・・・。 
前回は 村井の自分語りと 田辺光一(中村倫也)製作の映像が交互に描かれていたためか
緊張感が感じられて 観ていて楽しめたのだけど 
今回の杏子の語りには 前回ほどの緊張感は感じなかったコトが少々残念。
杏子の回想シーンは興味深いっちゃあ興味深いケド あまりにも長すぎて正直ダレる・・のよねぇ。
衣里奈(山崎紘菜)に続いて もう一人の共犯者が思っていたよりも早く明らかにされたコトと
それによって明かされる真相自体は もちろん楽しめたのだけど。
校長の話の内容自体は (前回のものも含めて)あんまり惹かれなかったものの
(脚本家のメッセージが込められているような気もするのだけれど 唐突な感じが好きじゃない。) 
その長話の応対をする荻野(斉木しげる)の様子に漂う違和感も楽しめたわねぇ。
荻野の挙動が 今回は最もインパクトがあったかなぁ。
残念ながら 最終回を視聴するのは年明けとなってしまいそうなのだけど
くそ~っっ こんなオモロイ最終回をリアルタイムで視聴できなかったのか~っっ 
と 思わず悔しくなっちゃうような面白い内容となっているといいなぁ。
 
 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

高校入試  第1話  *感想*
高校入試  第2話  *感想*
高校入試  第3話  *感想*
高校入試  第4話  *感想*
高校入試  第5話  *感想*
高校入試  第6話  *感想*
高校入試  第7話  *感想*
高校入試  第8話  *感想*
高校入試  第9話  *感想*
高校入試  第10話  *感想*
高校入試  第11話  *感想*
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

悪夢ちゃん  最終回   *感想*

2012-12-23 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「ドリー夢」 *

神隠し事件の真相に・・ 彩未(北川景子)と結衣子(木村真那月)の関係にまつわる秘密・・
彩未と結衣子の成長に・・ 彩未が受け持つクラスの成熟・・ と みっちり ぎっしり詰まった最終回。
まさか 彩未と結衣子の関係に まだ秘密が隠されているとは思いもしなかったわぁ。
彩未と結衣子は大きな愛に包まれて 成長を見守られていたのねぇ。
今までに観てきたエピソードのその後・・なんていうもんまで見せてもらえたことも 思いがけなかったなぁ。 
中途半端に終わってしまった印象の強かった 莉音(豊田留妃)と母親の麻子(森尾由美)のエピソード・・
衝撃と後味の悪さを残した 貝原(濱田マリ)と教え子のエピソード・・
あのお金は一体全体どうなっちゃったの~!?と思わずにはいられなかった翔(千葉裕太)と隆(鈴木福)のエピソード・・
これらのエピソードのその後が観られたコトは やっぱり嬉しい。
それぞれのおまけエピソードのなかで 琴葉(優香)・貝原・志岐(GACKT)の活躍や気転を観られたコトも良かった。 
それにしても 上手いコト絡めてきたなぁ・・。
各回で描ききれなかったコトを 彩未と結衣子の成長エピソードにぶちこんでくるとは・・。
最終回で おまけエピを描くことを想定して 各回のエピソードを あえて中途半端に終わらせていたのかなぁ・・。
時間の都合や 諸々の事情で描ききれなかったコトが先にあって 最終回でそれを消化させるコトを思いついたのかしら・・。
彩未と結衣子の成長エピソードを魅力的に見せてくれたのだから どっちでもいいんだけど・・。 
彩未が結衣子に語った言葉自体も印象的で 彼女の教師としての成長を強く感じさせるものとなっていたし
結衣子の歌もインパクト大だったし(可愛かった♪) 見応えのある最終回だったなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

悪夢ちゃん  第1話   *感想*
悪夢ちゃん  第2話   *感想*
悪夢ちゃん  第3話   *感想*
悪夢ちゃん  第4話   *感想*
悪夢ちゃん  第5話   *感想*
悪夢ちゃん  第6話   *感想*
悪夢ちゃん  第7話   *感想*
悪夢ちゃん  第8話   *感想*
悪夢ちゃん  第9話   *感想*
悪夢ちゃん  第10話   *感想*
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加