Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~  *感想*

2015-11-30 | SPドラマ 感想
土曜プレミアム 世にも奇妙な物語2015年・秋 

 箱     脚本・演出:佐藤嗣麻子  出演:竹内結子

ちょいと朔子(竹内結子)がギャーギャー騒ぎすぎな気もするが、
閉じ込められる恐怖や、追い詰められていく感じ、、
箱から出ることのできない焦燥感などが感じられて、
緊張感を楽しむことができたよ。
あの真相は予想出来なかったなぁ。
明かされる真相に新たな恐ろしさを感じて、やりきれなくなるのだが、
それならば、朔子の恐怖を和らげてやることだって出来るのではないか、、
といった、微かな希望も感じられる結末だった気がするよ。


 幸せを運ぶ眼鏡     監督:本広克行  出演:妻夫木聡・山本美月
 
世にも奇妙な物語っぽいよね。
雰囲気とか、展開とか、それっぽくって、そこに妙な安心感があったよ。

ちなみに、、
私は、「バツ」・「嘘が生まれた日」・「箱」・「幸せを運ぶ眼鏡」・「事故物件」の順に視聴。
最初の二つはリアルタイムで、、その後の三つは録画視聴。
最初の二つが、どうもそれっぽくなく感じなくって、落ち着かない気持ちにされたこともあり、
余計に、これに妙な安心感を感じたのだと思われる。

ウェルサったら、有能だったわねぇ。
キメ細やかな対応の数々は面白かったよ。
それにしても、まさか、あの場で、あんなアドバイスを涼太(妻夫木聡)が受けていたとは思わなかったよ。
コンタクトタイプがあるところまでは予想してたんだけどねぇ。
てっきり、あゆみ(山本美月)が、、という展開なのかと思っていたよ。
ラストの展開は想定内だったんだけど、それでも楽しめるストーリーだったよ。


 事故物件     演出:中田秀夫  出演:中谷美紀

独特の雰囲気が印象的。
これは、もしや、、ああいうことなのか?と、ジワジワと真相が分かっていく感じは楽しめたよ。
でも、雰囲気を楽しむだけで終わってしまった感も強いんだよなぁ。
取り立てて目新しいものも、惹かれるものも、無いんだよなぁ。


 バツ      監督:山崎貴   出演:阿部サダヲ・ムロツヨシ

おでこに×はインパクト大。
不可解さや、嫌~な感じは楽しめた。
ラストまで嫌~な感じが持続する展開も良かったとは思うものの、
序盤に感じた期待感を満たすほどの面いストーリーではなかった気もする。
私の期待がデカくなりすぎたのがいけなかったのか、、、?


 嘘が生まれた日     演出:清水崇   出演:満島真之介

設定は好き。設定はね。
思っていることをそのまま言葉にする世界の様子や、
そこに嘘が生まれる様子、、
嘘が周囲の人々をかき乱していく様子など、面白かったよ。
でもさ、これもさ、、凄い期待を持って視聴しているワケよ。
高まりに高まった期待を満たしてくれるようなストーリーじゃないんだよなぁ。
尻すぼみに面白くなくなっていった気がして物足りなかったよ。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪   
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)*感想*
世にも奇妙な物語 20周年SP 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋~人気作家競演編~ *感想*
世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ *感想*
世にも奇妙な物語  2011年秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語  2012年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 '12 秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編  *感想* 
土曜プレミアム・世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続SP~傑作復活編~  *感想*
コメント

ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第8話  *感想*

2015-11-30 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

あら、今日子さん(新垣結衣)のモノローグだ。
なんか新鮮ねぇ。
などと思いながら観ていれば、
ストーリー展開もいつもとは違って新鮮な雰囲気。
まさか、今日子さんが朝目覚めた瞬間から詳細に見せていただけるとは思わなかったわ。
ありがたや、ありがたや~。
今日子さんが探偵・掟上今日子として始動するまでの過程が面白かったなぁ。

天井の文字を読んで、、
腕の文字見て、太ももの文字見て、、
季節を感じて、、
今日子の部屋の調査をして、、
サンドグラスの調査をして、、
そして探偵の仕事を開始する。
コレを毎日繰り返しているのか、、
この一連の作業を終えて、やっと探偵の一日が始まるのか、
と、何やらとっても興味深いものがあったよ。
どえらい不安に襲われそうな、この一連の作業を淡々とこなしていく今日子さんが印象的だわ。
今日子さんって、感情的になることってないのかしらねぇ。

厄介(やっかい)さん、、
厄介(やくすけ)さん、、
厄介さん信用できる?
厄介さん信用できる???????
何故、この人を信用できると?「謎だ」
などなど、、
「厄介さん信用できる」と更新された太ももデータが、今日子になかなか信用されないクダリも面白い。
前回、今日子がこのワードを太ももに書き込んだときにゃあ、えっらく嬉しくなってしまったのだが、
ナルホド、信用に値しないデータは消去されてしまう可能性もあるワケか~。
持ち前の人の良さと、真っ直ぐな性格でもって、
データが消去される危機を乗り越えた厄介(岡田将生)、、良かったわぁ。
「大丈夫、私には信用できる相棒がいるようだ。」
また少しステップアップした厄介、、良かったわぁ。
翌朝からは、今日子さんの一連の作業で、ここまで一気に厄介のコトを理解してくれるといいわねぇ。

今日子の前に現れた謎の人物と、
今日子の最後の記憶、、このアタリも気になる。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第1話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第2話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第3話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第4話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第5話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第6話  *感想*
ドラマ 「掟上今日子の備忘録」  第7話  *感想*
コメント

ドラマ 「コウノドリ」  第7話  *感想*

2015-11-29 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

野々村(冨士眞奈美)の個性的な雰囲気に、ちょっと不安にさせられちゃったよ~。
一度も事故を起こしたことがないという自負や、
助産師として長年頑張ってきたのだろう雰囲気は頼もしいんだけどさ、、
あの個性的な明るさは、ちょいと人を不安にさせるのよ。
この人、ホントに大丈夫なんだろうなぁ、、
この人が取り返しのつかない事故を起こす展開じゃないだろあねぇ、、
などと、イロイロと不安な気持ちで見守ってしまったよ。
いやぁ、、野々村さんが臆病な人でホント良かったわ。
立派な助産師さんだったわねぇ。
いい助産師さんだ。

病院での出産と、助産院での出産の違い、、
産科医と助産師の関係や、それぞれの考え方、、
妊婦それぞれに異なる出産への考え方や、向き合い方、
自然分娩と帝王切開での出産についての受け止め方、、などなど、
今回も出産にまつわる様々な事柄を見せてもらって興味深かったよ。

それにしても、出産を目の当たりにするというのは、
やはり強い影響を与えるものなのかしらねぇ。
亜沙子(南沢奈央)も、小松(吉田羊)も、初めて見た出産に強く影響されてたなぁ。
2人とも、その出産に自身の母親が関わっているからね、、影響力もより大きくなりそうだよね。
影響力がありすぎて、どこか不自由そうだった2人が
力を抜いて、楽になれたことが喜ばしかったよ。


 最後まで読んでくださり、ありがとうございます  
チラッと共感していただけましたなら ポチッとお願いいたします♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「コウノドリ」  第1話  *感想*
ドラマ 「コウノドリ」  第2話  *感想*
ドラマ 「コウノドリ」  第3話  *感想*
ドラマ 「コウノドリ」  第4話  *感想*
ドラマ 「コウノドリ」  第5話  *感想*
ドラマ 「コウノドリ」  第6話  *感想*
コメント

ドラマ 「おかしの家」  第6話   *感想*

2015-11-29 | 秋ドラマ(2015)感想
* 「夢」 *

・・・・・・なんじゃありゃ・・・・・・。

すっごい展開ぶちこんできたわねぇ。
夢か?幻か?現実なのか??的な、ぼやや~んとした雰囲気で終わらせるのだと思いきや、
なんか、トンデモナイもんを見せられちゃったよ。

「まさか三十路過ぎて、こんなチャンスがめぐってくるとはな。」 by三枝(勝地涼)
「こんなにも心が燃え上がる感覚は久しぶりに取り戻したぜ。」  by太郎(オダギリジョー)

あの状態で、あの能天気さ、あのポジティブさ、、
スゴイわ、あの二人。
アホだわ。


「お前、なに躊躇してんだよっ!」  by太郎
「チラつきやがった、、倫理観が。」 by三枝

コレ、ツボ。
そして、倫理観がチラつく三枝が好き。
アレ、チョッとどうしようかと思っちゃったもん。
天使は生々しいわ、太郎の捕獲っぷりは荒々しいわで、
笑えない状況になっちゃってて、どう観ていいのか戸惑っちゃったもん。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「おかしの家」  第1話   *感想*
ドラマ 「おかしの家」  第2話   *感想*
ドラマ 「おかしの家」  第3話   *感想*
ドラマ 「おかしの家」  第4話   *感想*
ドラマ 「おかしの家」  第5話   *感想*
コメント

ドラマ 「無痛 診える眼」   第8話   *感想*

2015-11-28 | 秋ドラマ(2015)感想
* 「真犯人の孤独」 *
番組HP

幼少期のイバラのエピソードが印象的。
痛みを感じないことの恐ろしさについては、ある程度想像できたいたのだけれど、
あのように映像化されると衝撃的だし、
イバラ(中村蒼)について、より深く知れた気になるよねぇ。
イバラとクラスメイトの衝突エピソードが面白かった。
あのような状況までは想像することができなかったなぁ。
恐らくイバラのほうが怪我の度合いは酷いのだろうに、
泣いて痛がるクラスメイトのほうに周囲の注目がいってしまう、、
イバラの傷には誰も気付くことがない、、
イバラの哀しさが感じられるエピソードだったよ。

白神(伊藤英明)を慕い、白神の元にいたいと望むイバラも切ないよねぇ。
イバラをあのような状況へと追いやった白神。
彼はどこまで知っているのか、、どのような立ち位置なのか、、これも気になる。
イロイロと想像してくなってくるよねぇ。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「無痛 診える眼」   第1話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第2話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第3話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第4話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第5話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第6話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第7話   *感想*
コメント

ドラマ 「遺産争族」  第6話  *感想*

2015-11-27 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

育生(向井理)の父・肇(光石研)はチョッと意外な描かれ方だったなぁ。
でもね、今までの状況で十分すぎるくらいお腹一杯だからさ、、
アレはアレで良かったと思えるんだよなぁ。
今後、嫌な感じで絡んでこないといいなぁ、、と思ってるんだよなぁ。
とりあえず、今回は、肇がどう出てくるのか、、何を考えているのか、、と、
注目しながら観ることができて、楽しめたよ。
良い人も悪い人もできちゃう光石さんだからねぇ、、
どっちに転ぶか、、そのアタリを見守ってしまったよ。

「金が身近になると、身内も金目的に見えるっていうけど、寂しいよな。」
という肇の言葉で、自分の変化に気付き始める育夫、、というのが面白かったよ。
金の影響は様々なカタチで表れていくということねぇ。
ま、幼少期にあんな体験をしていれば、金が身近にない状況であっても、金目的だと思ってしまう気もするけれど。
考え方を新たにした育夫が、どのように周囲をかき乱していくのかも気になるわね。

厭らしさが加速する陽子(余貴美子)も、あの下品な感じが面白いわぁ。
陽子vs凛子(板谷由夏)の醜い争いだとか、
気が触れたような陽子と恒三(岸部一徳)の高笑い合戦だとか、
恒三への痛烈な仕打ちなどなど、楽しめたよ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「遺産争族」  第1話  *感想*
ドラマ 「遺産争族」  第2話  *感想*
ドラマ 「遺産争族」  第3話  *感想*
ドラマ 「遺産争族」  第4話  *感想*
ドラマ 「遺産争族」  第5話  *感想*
コメント

ドラマ 「偽装の夫婦」  第8話  *感想*

2015-11-26 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

二週続けて泣くことになるとは思わなかったよ。
今回も、まんまとヒロ(天海祐希)に泣かされてしまったよ。
いや、前回以上に泣いたわ。
前回があっての今回なんだもん、、泣くわ、ありゃ。

「 ごめんね、天ちゃん。
  ごめんね、八重ちゃん。
  ごめんなさい、叔母さん。 」
今回も素晴らしかったわぁ、天海さん。

天人(佐藤二朗)も、八重子(坂井真紀)も、照乃(キムラ緑子)も、
ストーリーの展開も、素晴らしいんだよねぇ。
それらがあるからこその、あのヒロの泣きなんだよねぇ。

特に天ちゃん、、良かったわぁ。
墓の後ろに隠れる天ちゃんがツボ。
アレ、吹き出しちゃったよ。
天ちゃんが奇声をあげはじめたときにゃあ、
ああ、、また天ちゃんったら、しょうもないことを始めたよ、、
などと思ってしまったんだけどさ、
まさか、まさかの勇気ある言動なんだもん、驚かされたよ。
天ちゃんの優しさに惹きこまれたよ。

照乃の告白も予想を上回るものとなっていて、面白かったなぁ。
照乃の想いはある程度予想できるじゃない?
でも、そんな視聴者の予想を大きく上回ってくるところがスゴイよねぇ。
壮絶だわ、全く気付かなかった仕掛けに驚かされるわ、、衝撃的だったよ。
八重子の子供たちに絵本を読んで寝かしつける照乃や
以前描かれていたヒロの幼少期のエピソードが絡められているアタリも好き。

ヒロの成長や超治(沢村一樹)の変化、
その後の二人の様子が描かれるラストへの展開も面白かったなぁ。
カラを破ったヒロと、ふっきれた超治の様子や、
なんだか雰囲気良さげな二人の関係など、
すっかり落ち着いてしまったように見えるストーリーが、今後どのように展開していくのか、、
気になってしまって、予告まで観ちゃったよ~。
どうなっていくのかしらねぇ。
何が描かれていくのかしら。
気になるわぁ。

っていうかさ、、
遊川和彦さんって、やっぱスゴイんだねぇ。
な~んてコトを思わずにはいられない、、
そんなストーリーだったよ、今回ってさ。


チラっと共感していただけましたなら ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「偽装の夫婦」  第1話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第2話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第3話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第4話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第5話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第6話  *感想*
ドラマ 「偽装の夫婦」  第7話  *感想*
コメント   トラックバック (1)

ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第6話  *感想*

2015-11-25 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

「嘘だーーーー。」以降、どうも猪熊の好感度が下がりまくりだ。
「コンビニだぁ・・・。」by倉木@MOZU に続いての二度目の体験だよ。
たった一つの台詞で冷める、、こういうコトもあるのよねぇ。
ま、どちらも、それだけが理由ってワケじゃないんだけどさ。
このドラマに関しては、4話・5話ともストーリー自体に魅力を感じなかったコトも、
私のテンションが下がりまくってしまった原因なんだけどさ。

今回は、ストーリーに大きな動きがあったこともあって、前の2話よりは楽しめたよ。
それにしても、里見(松坂桃李)ったら、カラ(菜々緒)にまんまと嵌められてしまったわねぇ。
里見も猪熊もカラの思い通りに動かされっぱなしで、そこにマヌケさは感じるのだけど、
カラが大きく動き出し、ストーリーも大きな展開を迎えた今回は、そのマヌケさへの抵抗も少ない。
このまま、加速していってくれるといいのだけれど、
次回はまた、あの状況のまんま停滞してしまうのではないかという嫌な予感もあり、
下がりまくっているテンションを上げてくれるほどではないんだよなぁ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第1話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第2話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第3話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第4話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第5話  *感想*
コメント

わたしをみつけて  第1話   *感想*

2015-11-25 | 秋ドラマ(2015)感想
* 「ずっと、泣きたかった」 *
番組HP

「わたしをみつけて」というタイトルと
どうやら主人公は孤独な境遇らしいという情報から、
主人公・弥生(瀧本美織)が成長していくストーリーなのかな?と予想していたのだが、
医療ドラマの要素が予想以上に大きくて、ちょいと戸惑う。
初っ端から、えっらく深く問題に巻き込まれてしまう弥生なのねぇ。
今後も星美ヶ丘病院の問題が描かれていくのかしら?
全4回という短さで、果たしてどこまで描けるのか??といった不安もあるのだが、
成長物語と医療もの、、その両方が観られるのなら、それはそれで楽しめるので期待はしたい。
ただ、NHKのドラマらしく、ソツなくまとまっているなぁと思うものの、
全体的に地味なんだよねぇ。
次回の視聴へと惹きつける力はチョイ弱いような気がするんだよねぇ。
今回はこちらを優先で視聴したのだけど、次回は後回しでもいいかなぁ。


  最後まで読んでいただけて嬉しいです 
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第7話   *感想*

2015-11-24 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

潤子(石原さとみ)がこっそり計画していたサプライズ、、からの、
高嶺(山下智久)の涙、、
潤子(石原さとみ)の涙、、
この流れ、、良かったわぁ。

高嶺の泣きが素晴らしくってねぇ、、まずそこに惹きつけられたし、
ピュアで一途な高嶺の回想シーンがあってからの潤子の泣きが、これまた素晴らしくって、
いいシーンだったわぁ。
それにしても、まさかの寸止め、、、コレは予想外だったよ。
さすがに今回はいくのかと思ったよ。
焦らしてくるわねぇ。

初っ端から潤子の悶々タイムでハイテンションに飛ばしてしてくるわ、、
カニカマと蟹を手に、潤子と高嶺の一人語りが延々と続くわ、、
今まで以上にコミカルな印象の今回。
この二つのシーンはチョイとやりすぎというか、しつこすぎた気もしたのだが、
全体的にコミカルな雰囲気たっぷりで楽しめたよ。

ビジネスクラスでの高嶺と潤子の攻防戦だとか、、
恥ずかしい夢に照れまくる潤子だとか、、
「肩フリルのガーリーワンピ」、、、、だとか、、
「怒ってるんですか!褒めてるんですか!!」 「褒めてるんです。」  「ありがとうございます!!!」 だとか、、
このアタリが好み。

潤子のやり方はズルいとまさこ(紗栄子)に言わせ、、
清宮(田中圭)としっかりと向き合わせ、、
潤子に漂うモヤモヤを、ここでしっかりと解消してあるトコロも好感触。
天音(志尊淳)が二人をかき回していく新たな展開を心置きなく楽しめそうだよ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第1話   *感想*
ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第2話   *感想*
ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第3話   *感想*
ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第4話   *感想*
ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第5話   *感想*
ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第6話   *感想*
コメント