Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

プレミアムドラマ 歪んだ波紋 第4話  *感想*

2019-12-31 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「共犯者」 *

 

なるほど~。

相賀(長塚京三)垣内(イッセー尾形)に渡したネタが、、

前回描かれていたあのエピソードが、、

垣内の抱えていたものへと繋がっていくのか~。

 

このドラマって、回を追うごとに事柄や人物が繋がっていく感じがいいね。

回を重ねるごとに絡み合っていく真実を知ってく楽しみがあるわ。

 

 

浮かび上がる新たな誤報問題。

その誤報によって人生を狂わされた峰子(キムラ緑子)の様子と、

明らかにされる峰子と垣内の交流を興味深く視聴。

敦子(小芝風花)のエピソードも重ね合わされ描かれているため、

間違った報道がもたらす影響の大きさを改めて感じさせられたわ。

 

 

やっと淳子にも小さないいことが、、

やっと淳子にも理解者が、、

などと、

ちょっとだけ明るい気持ちになっていたのに、

またしても不穏な状況。

あの同僚の久美子さんは悪い人ではなさそうだけど、、、、。

またしてもダメになってしまうのかしらね。

気になる。

 

明らかになった垣内と峰子の交流から新たに生まれ出た疑惑、、

これも気になる。

 

 

そうそう、、

ゲルマン相賀(長塚京三)さんったら、、、、。

孫の演奏くらい最後まで聴いてやりゃあいいのに、、、、。

そんな長い間演奏するわけじゃないだろうに、、、、、。

 

相賀の息子が父に対して持ち続けるわだかまりを、

どちらかというと否定的に見ていたけれど、

あのエピソードを見せられると、

あの息子のわだかまりも仕方がないのかもなぁ、、

な~んてことを思ったわ。

相賀の記者としての性を見せつけられた感じがしたわ。

 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願います♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

 

コメント

グランメゾン東京 第11話(最終回)  *感想*

2019-12-29 | 秋ドラマ(2019)感想
こっちの師匠の店かーい!

やだわ。
私も倫子(鈴木京香)と同様に勘違いしちゃったわ。
そうだったわ。
あたしゃスッカリ忘れてたよ。

 


見事に倫子を鍛え上げたねぇ、、尾花(木村拓哉)。

「あの時のフォアグラとは違う!」

この倫子の言葉が良かったわ。

“あの時”のエピソードを絡めてくるのが憎いねぇ。

尾花らしいやり方で倫子を支えようとする様子を楽しんだよ。


それにしても盛り沢山だったねぇ。

三つ星獲得に向けたグランメゾン東京の奮闘、、

祥平(玉森裕太)と美優(朝倉あき)のこと、、

そこに絡められた萌絵(吉谷彩子)のモヤモヤ、、

リンダのこと、、

「gaku」のこと、、

尾花と丹後(尾上菊之助)のこと、、

などなど、盛り沢山だったわ。


祥平と美優、そして萌絵、、

というパートには正直そんなに興味はないため、

あのパートにわざわざ尾花まで絡めて描いてきたことにはちょっと白けてしまう気持ちもあったのだけど、

このパートにしても、

芹田の成長にしても、

中途半端にせずしっかり描いてきたと捉えることはできたよ。


そうそう、、

リンダのパートが思いがけず良かったなぁ

優れたフーディっぷりを感じさせる食事シーンだったし、

リンダの表情の変化が嬉しかったし、

あの表情から出される料理の美味しさを感じることができたわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

グランメゾン東京 第1話  *感想*

グランメゾン東京 第2話  *感想*

グランメゾン東京 第3話  *感想*

グランメゾン東京 第4話  *感想*

グランメゾン東京 第5話  *感想*

グランメゾン東京 第6話  *感想*

グランメゾン東京 第7話  *感想*

グランメゾン東京 第8話  *感想*

グランメゾン東京 第9話  *感想*

グランメゾン東京 第10話  *感想*

 

コメント (2)

プレミアムドラマ 歪んだ波紋 第3話  *感想*

2019-12-28 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「霧の中」 *

 

今回も面白かったわ。

 

三羽ガラス(親父ーズじゃないのね)と桐野(筒井道隆)に接点があることが、

前回分かったことで、

三羽ガラスのエピソードにもより興味を持てるようになったのがいいわ。

 

 

沢村政彦(松田龍平)が追う桐野のこと、、

相賀(長塚京三)が追う垣内(イッセー尾形)のこと、、

どちらのパートも興味を引かれながら見守ることができたよ。

 

 

野村美沙(山口紗弥加)が突き止めた桐野の背景は特にインパクトがあったわ。

でも、父親の件と桐野の捏造って、相反することなのに、、、。

どんな心理なのかねぇ。

歪み過ぎていてよく分からん。

桐野はメイクニュースと関係があるのか、、気になる。

 

 

垣内のスマホと消費者金融からの借金の件も興味を引く要素だよなぁ。

垣内は何を抱えていたのか、、こちらも気になる。

 

 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願います♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント

プレミアムドラマ 歪んだ波紋 第2話  *感想*

2019-12-28 | 秋ドラマ(2019)感想

*   「職業は記者」  *

 
桐野(筒井道隆)ったら酷いな。酷いやつだな。
16年前からあんなことをやっていたのか〜。

一平(角野卓造)、垣内(イッセー尾形)、相賀(長塚京三)と桐野の思わぬ接点、、
驚きの桐野の所業、、
一平が亡くなる際の経緯、、
などなど、意外な事柄を見せてもらえて興味津々よ。
 
いやぁ、、
それにしても酷いぞ、桐野。
 
 
 
沢村政彦(松田龍平)のストーリーと、
親父ーズ3人のエピソード、、
メイクニュースを追う三反園(松山ケンイチ)や野村美沙(山口紗弥加)、、
フェイクニュースの被害者・森本敦子(小芝風花)、、
捏造を繰り返す桐野、、
それぞれの要素が絡み合っていく様子に引き付けられたわ。
 
 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願います♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

プレミアムドラマ 歪んだ波紋 第1話  *感想*

 
 
コメント

プレミアムドラマ 歪んだ波紋 第1話  *感想*

2019-12-27 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「虚報」 * 

 

えっらい登場人物が多いドラマだなぁ、、、

というのが、観始めてまず思ったこと。


松田龍平さんが主演らしいという情報のみでの視聴だったので、

話についていけるかしらん、、などという戸惑いもあったのだけど、、

 

政彦(松田龍平)の父親とその友人たちまで出てきた時にゃあ、

どんだけキャラクター登場させんねん、、、と突っ込みたくなったけれど、、


どうにか話についていけた気はするわ。


 

「虚報」というサブタイトルがついているため、

「虚報」を流してしまうことになるのだろうな、、と予想できたし、

 

中島(勝村政信)の表情から滲む劣等感や、

目配せする中島と桐野(筒井道隆)の様子から、

政彦(松田龍平)がこの二人に巻き込まれてしまうのだろうという予想もできたよ。


その行方をハラハラしながら見守ったわ。

正彦が勝手に暴走しことにされてしまうんじゃないか、、

正彦ひとりが責任を負うことになるのではないか、、

などと思ったりもしたため、

そんなことにはならなかったことにはホッとしたよ。

そして、、

早々に中島と桐野が退職に追い込まれる展開に驚いたわ。

 

 

虚報によって敦子(小芝風花)を傷つけた正彦。

初回で早くも罪を背負った正彦が、

これからどのように動いていくことになるのか、、気になる。

 

父親の一平(角野卓造)や、

相賀(長塚京三)垣内(イッセー尾形)も絡んだストーリーとなっていくのかしらねぇ。


 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願います♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

コメント

ドラマホリック!「死役所」 第10話(最終回)  *感想*

2019-12-26 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「お気を付けて」 * 

 

9話の感想の最後でも書いたけどさ、、

9話の時点で、あの状態だったからさ、、

果たして最終回でしっかりきっちり描き切れるのか??

などと、

期待しつつもちょっぴり不安視していたこの最終回。

 

予想通りというか、、

期待に反してというか、、

全然しっかりきっちり描き切れてな~いっっ。

少々呆気にとられた最終回だったわ。

 

これは、あれかね?

続編を作ることが決まっていて、

続編まで引っ張るということなのかね?

それとも、ただ単に、

ふわっと、ぬるっと終わらせたかった(終わらせるしかなかった)だけなのかね?

 

この手の終わり方もアリだとは思うけどさ、、

こちとらもう少し踏み込んで見せてくれることを期待していたもんだからさ、、

なんだかかなり拍子抜けよ。

 

 

「石間徳治や、林晴也や、

(毛色はチョイと違うけれども)「カニの生き方」で見られた、

じっくり、みっちり、ずっしりな感じ、、どこへいったんだ~っっっ。

 

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願いします♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

ドラマホリック!「死役所」 第1話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第2話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第3話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第4話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第5話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第6話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第7話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第8話  *感想*

ドラマホリック!「死役所」 第9話  *感想*

コメント (2)

悪魔の弁護人・御子柴礼司―贖罪の奏鳴曲(ソナタ)― 第3話 *感想*

2019-12-25 | 秋ドラマ(2019)感想

まさかの 稲見(勝野洋)が関わる事件。

稲見が、、という驚きがあったし、

事件の真相や、稲見と御子柴(要潤)の関係が気になるし、

興味を持って視聴できたよ。

 

 

罪とは、、

罰とは、、

贖罪とは、、

糾弾とは、、

寛容とは、、

そんなことを考えさせられる内容でもあったわねぇ。

 

稲見の裁判の行方、、

稲見と御子柴の関係、、

二人の想いや感情、、

御子柴の今後、、

などなど、、

イロイロとかなり気になる。

 

チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

悪魔の弁護人・御子柴礼司―贖罪の奏鳴曲(ソナタ)― 第1話 *感想*

悪魔の弁護人・御子柴礼司―贖罪の奏鳴曲(ソナタ)― 第2話 *感想*

 

 

コメント (2)

おっさんずラブ-in the sky- 第8話(最終回) *感想*

2019-12-24 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「天空のメリークリスマス」 *

 

前回は見られなかったおふざけモードを見られたのが良かったわ。

 

「不幸体質整備士」→テイクオーフ!!

「自己完結型ベビーフェイス」→ソフトランディング。

「マッスル甘えん坊将軍」→フライアウェー!!!

 

四宮(戸次重幸)成瀬(千葉雄大)春田(田中圭)、、

それぞれにつけられたあだ名と、それぞれへの決まり手、、

黒沢杯相撲大会を楽しんだよ。

 

 

男達の恋模様のほうは思いがけない展開だったわ。

それぞれが、それぞれと真摯に向き合って、

それぞれに想いを整理して、

結局誰も結ばれないんじゃないか、、などと思ってたんだけどなぁ。

 

 

成瀬が色っぽくって良かったわぁ。

チョッとドギマギしちゃったよ。

 

春田との向き合い方も良かったし、

春田に伝えた言葉も良かったし、

ひと筋の涙が美しかったし、

「うざっ。人参くらい食うわ。」「食えるし!」が可愛かったし、

成瀬の魅力を堪能した感じ、あるわ。

 

 

思わぬ告白に動揺する黒澤(吉田鋼太郎)も印象的。

想いが報われた黒澤を祝福したわ。

 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願いします♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

おっさんずラブ 第7話(最終回) 

おっさんずラブ-in the sky- 第1話

おっさんずラブ-in the sky- 第2話

おっさんずラブ-in the sky- 第3話

おっさんずラブ-in the sky- 第4話

おっさんずラブ-in the sky- 第5話

おっさんずラブ-in the sky- 第6話 

おっさんずラブ-in the sky- 第7話 

コメント (2)

グランメゾン東京 第10話  *感想*

2019-12-23 | 秋ドラマ(2019)感想

「リンダが 祥平をそこまで追いかける理由なんてないよな?」

と、尾花(木村拓哉)がリンダ(冨永愛)に言っていたけどさ、、

まさにコレなんだよなぁ。

前にも感想で触れてるけれど、

リンダが絡んでくると、いつもモヤっとするのよ。

 

アレルギー物質混入事件を起こした人物へのリンダの異様なまでの執着とか、、

その人物を追いかけるリンダの異様なまでの執念だとか、、

リンダの異常な拘りを見せられる度に、チョッと冷めるんだよなぁ。

 

「地位と権力がある者ほど、料理人ごときに顔を潰されるのが許せないのよ。」

などとリンダが呟いていたしさ、

そんなコトではないかと思ってもいたけどさ、

そんな呟きを聞いても、、

リンダの執拗さの理由が垣間見えても、、

このパートの過剰さへの抵抗感は消えないんだよなぁ。

 

 

今回、面白いなぁ、、と感じたのは、

料理人を辞めようとする祥平に対する京野(沢村一樹)の引き止め方。

あれは思いがけなくって良かったわ。

1話(だったかな?)で描かれていた京野が料理人を辞めた理由と結びついている感じも良かった。

 

このエピソードといい、、

前菜のクスクス料理を完成させ、

尾花に褒められ嬉しそうな相沢(及川光博)のエピソードといい、

連ドラの醍醐味、、

ずっと見守ってきた面白さ、、

のようなものが感じられて楽しめたわ。

 

 

祥平と蛯名美優(朝倉あき)のパートも思いがけずいい雰囲気だったわ。

私はこのパートに全く興味がなくってねぇ、、

そのため、

ミシュランの調査員かと思わせて美優が登場してきたときには心底ガックリしたんだけどねぇ、、

美優の体調を考慮して対応するグランメゾン東京の面々の姿や、

尾花の気の利いたひと言など、、

意外と印象深いエピソードとして受け止めることができたわ。

 

 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

グランメゾン東京 第1話  *感想*

グランメゾン東京 第2話  *感想*

グランメゾン東京 第3話  *感想*

グランメゾン東京 第4話  *感想*

グランメゾン東京 第5話  *感想*

グランメゾン東京 第6話  *感想*

グランメゾン東京 第7話  *感想*

グランメゾン東京 第8話  *感想*

グランメゾン東京 第9話  *感想*

コメント (2)

<ドラマ>みをつくし料理帖スペシャル 後編   *感想*

2019-12-22 | 秋ドラマ(2019)感想

* 「桜の宴」 *

 
面白かったわぁ。 
 
いやぁ、、後編も盛り沢山。

みっちり詰まっていて見応えあったわ。



まずは、前編から引き続きの澪(黒木華)の縁談。
 
小松原(森山未來)が上手くやってくれることは小松原の言葉から分かっていたけれど、、
 
多浜(徳井優)や早帆(佐藤めぐみ)が謝罪に来ることまでは想像しきれてなくて、、
 
それを受けて澪が罪の意識を感じるクダリも予想できてなくて、、
 
思わぬ展開を見守ったわ。
 
 
 
ありゃあ辛いねぇ、、澪。
 
澪の決断の悩ましさについては前編でも感じてはいたけれど、
 
このエピソードでそれをさらに強く感じたわ。
 
 
 
連ドラの時の炒り豆エピソードを盛り込んできたのも効果的だったよなぁ。
 
澪と小松原の切ない想いも味わったよ。
 
 
 
 
 
そして、、
 
後編のメインとなると桜の宴のエピソード。
 
このドラマならではのお料理を描いたエピソードというのがいいし、、
 
連ドラから続いている感じがいいし、、
 
興味を引く展開となっているし、、楽しめたわ。

 
 
しかし、、
 
あさひ太夫(成海璃子)があの場に現れるとは思わなかったなぁ。
 
 
そして、、
 
「折檻覚悟の新造たちの粋な計らい」を見せられるとは思わなかったなぁ。
 
澪と野江の思わぬ急接近に高まったわ。
 
 
 
それにしても、、澪さんよ。
 
てっきり受け入れるのかと思ったぞ、あたしゃ。
 
そして野江を見受けするのかと思ったぞ、あたしゃ。
 
なんと勿体ない、、などと思ってしまったぞ、あたしゃ。
 
 
 
前編と後編、、
 
それぞれで見せる澪の毅然とした決断が印象的なドラマだったわ。


チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

<ドラマ>みをつくし料理帖  第8話(最終回) *感想*

<ドラマ>みをつくし料理帖スペシャル 前編 *感想*


 
 

 
コメント