Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

サギデカ 第5話(最終回)  *感想*

2019-09-30 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「信じるもの」 *

今宮(木村文乃)の問いに答える廻谷(青木崇高)、、

その言い分が面白かったなぁ。


なるほど、あんな風な考えを持つ人物だったのか、、

という驚きがあったわ。


身勝手で偏っていて、

痛いところを突いてきて、

説得力も待ち合わせている言い分は興味深かったよ。


「無作為にハズレくじを引かされる人間はいなくならないんです。

そういう人達のことを一々考えても苦しいだけでしょう。」

こう語る𢌞谷が印象的。

 

ハズレくじを引かされる人達を「世の中の犠牲」だと言い切るまでになった、

彼の過去を知りたくなったわ。

彼もまた、辛く厳しい過去があるのかもなぁ、、

そんな風に感じさせる台詞だったわ。

ホント、魅力的なキャラクターだよなぁ。

 

 

𢌞谷とは対照的に、とても共感しやすい今宮(木村文乃)

そのためか、

加地(高杉真宙)に見せる今宮の対応は、チョイと甘ったるく感じられてしまったわ。

もう少しクールなほうが好みなのだが、

あの親しみやすい感じが今宮の魅力でもあるもんねぇ。

 

 

最後に見られたしつこく粘る今宮のエピソードは好み。

っつうか、

あんな事もしてたのか、、、廻谷、、、

ってなったわ。

廻谷のエピソードはもっと観てみたかった、、、と思わされたわ。

 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

サギデカ 第1話  *感想*

サギデカ 第2話  *感想*

サギデカ 第3話  *感想*

サギデカ   第4話     *感想*

コメント

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第10話(最終回)  *感想*

2019-09-29 | 夏ドラマ(2019)感想

*  「どうしますか、森若さんの巻」   *

円城専務(橋本淳)が手掛けている新事業、、

円城専務が大鉈を振るう経費削減、、

新島部長(モロ師岡)らの思惑、、

などなど、、

今までになく大きな問題が描かれていた今回。

 

今までになく大きな問題だといういうのに、、

前回、大袈裟に煽ってきたというのに、、

えっらいあっさりと問題が解決されたなぁ。

チョイと肩透かし感があったわ。

このドラマらしい緩さだし、いいんだけどさ、、

ちょっと妙な気持ちにはなったよ。

 

 

有本マリナ(ベッキー)皆瀬織子(片瀬那奈)希梨香松井愛莉)、留田(でんでん)の後継者アイ(森田望智)、、

などなど、、

今までに描かれてきたエピソードを生かしたストーリーとなっていたことには満足。

こういうのって、連ドラの醍醐味だよねぇ。

面白く視聴できたわ。

 

 

とても気に入っていた森若さん(多部未華子)太陽(重岡大毅)の恋物語が、

最後まで魅力的に感じられたのも嬉しい。

 

太陽の匂わせ行動を白目をむいて無言で制する森若さんも、、

領収書を使っての二人のやり取りも、、

森若さんの想いに触れて、泣きそうな表情を見せる太陽も、、

どれもこれも、微笑ましくって良かったわ。

 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第1話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第2話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第3話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第4話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第5話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第6話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第7話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第8話  *感想*

<ドラマ>これは経費で落ちません! 第9話  *感想*

コメント (2)

サギデカ 第4話  *感想*

2019-09-28 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「金と命」 *

今までよりも短く感じられたなぁ。
あっという間に終わった気がしたわ。


詐欺エピソードではなく、
今宮(木村文乃)と加地(高杉真宙)のエピソードに集中していたことが、
そのように感じられた理由かなぁ。
 

今まで観てきたじっくりと時間をかけて描かれる詐欺エピソードも、
とても面白く感じていたのだけれど、、

今回はそれを無くしたことで、今までよりテンポが早く感じられ、
今までよりも短く感じだような気がするわ。


それぞれの背景をしっかり見せてもらってきたからこそ感じることができる、
今宮と加地の想いや感情は興味深かったよ。


そこに絡んでくる廻谷(青木崇高)の動きにも引きつけられたし、面白かったわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

サギデカ 第1話  *感想*

サギデカ 第2話  *感想*

サギデカ 第3話  *感想*

コメント

サギデカ 第3話  *感想*

2019-09-28 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「掌中の娘」 *

序盤のアポ電詐欺の様子と、

犯人の亜佐美(古川琴音)が置かれている状況と、

亜佐美の告白にインパクトを受け、

引き込まれるように視聴していたのだけど、

なるほど、、

このエピソードは今宮(木村文乃)のエピソードへとしっかり重なってくるわけなのね。



今宮は何やら重たい過去を抱えていそうだとは思っていたものの、

その過去を今宮が覚えていないということに驚いたし、

明かされる過去の深刻さにさらに驚かされたよ。

 

1話、2話でチラリと描かれていた幼き今宮のエピソードが、

あのような過去へと繋がるものだったなんて、思いもしなかったわ。

なんて残酷なことを、、、。

なんと皮肉な状況なんだ、、、。

 

 

加地(高杉真宙)と詐欺グループに動きがあったり

廻谷(青木崇高)の背景が仄めかされていたり、

今宮の件も含め、イロイロな情報に触れることができた満足感があるわ。

 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

サギデカ 第1話  *感想*

サギデカ 第2話  *感想*

コメント

<ドラマ>ルパンの娘  第11話(最終回)  *感想*

2019-09-27 | 夏ドラマ(2019)感想

“超ウルトラ級の秘策”に高まる。

 華(深田恭子)和馬(瀬戸康史)のしっとりとした恋愛モードに力が入っていたように感じたので、

こりゃあ、、私の好きなアホ展開は無いのかもしれないなぁ、、などと思いきや、

ちゃんとしっかり用意されていたわ。

 

まさかのてんとうむし4号、、

まさかの終わらせ方、、

超ウルトラ級の秘策からラストにかけての強引な力技、、

かなり楽しんだわ。

 

 

もうひとつ高まったのは、歌い、踊りながら敵を叩きのめす円城寺(大貫勇輔)。

5話に続く円城寺の見せ場だったなぁ。

素晴らしき身体能力を最終回でもしっかりと見せてもらえて満足。

カッコ良かったわ。

 

 

不覚にもグッときてしまったのは、マツ(どんぐり)と和一(藤岡弘、)の再会での、

「こんな顔になってしもうたわ。」というマツ。

前回の回想エピソードが効果的で、

波乱万丈な人生のマツの想いに心が動かされたわ。

 

 

和馬の前で強がって見せるエミリ(岸井ゆきの)も切なくって印象的だったし、、

渉(栗原類)の成長も良かったし、、

このドラマの魅力的な要素を漏らすことなく見せてもらった最終回だったわ。

 

 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願いします♪

 <ドラマ感想>

にほんブログ村

<ドラマ>ルパンの娘  第1話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第2話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第3話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第4話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第5話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第6話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第7話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第8話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第9話  *感想*

<ドラマ>ルパンの娘  第10話  *感想*

コメント (2)

サギデカ 第2話  *感想*

2019-09-26 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「流転する老人たち」 *

怪しい投資話を持ち掛ける男に対応する冷静さも残されていたのに、

教え子の原田明美を助けたいと思うがあまり、

危うい状況へと陥ってしまう北村(伊東四朗)の話。

 

北村の体調も含め、切なくて哀しい話だったわ。

「バグった老人は使えますから」という松澤亮治(山内圭哉)の言葉に憤りを感じ、

騙される側だけでなく、騙される側に立たされてしまうこともあるのだと、不安にさせられた話でもあったわ。

 

加地颯人高杉真宙)のパートに漂うエンタメ感も面白く視聴。

加治颯人は今宮夏蓮(木村文乃)にとってどのような立ち位置となるのかね?

いい関係が築けていくのだろうか。

 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村

 サギデカ 第1話  *感想*

コメント

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第8話(最終回)  *感想*

2019-09-25 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「追い詰める女」 *

いやぁ、、、、、、、、驚いたわ。

まさかの展開だったわ。

 

このドラマ、何かしら驚きのラストを迎えるらしい、、というフワッとした情報は、

残念なことにネットのどこかで触れてしまっていたのだけれど、

ここまでだとは、、、、、。

いやいや、、その前の段階だって、予想できてなかったわ、、私。

 

1話・2話の感想でも触れているけど、

1話を視聴した際には「松永さん(芦名星)ダメダメじゃん、、」と感じたし、

あまりにも上昇志向の強い松永には何だか不安を感じさせるものがあったし、

こりゃあ、、最後に失脚するパターンなのかな?

といった予想はしていたんだけどねぇ、、、

そんな甘っちょろいもんじゃあないのねぇ。

驚愕の展開が待ち受けているワケなのねぇ。

 

 

とても面白かったよ。

松永のことも、熊倉のことも、もっと触れたいこともあるのだけれど、

ここはグッと我慢して、、、。

面白かったとだけ書いておくわ。

 

チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第1話・第2話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第3話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第4話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第5話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第6話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第7話  *感想*

コメント (2)

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第7話  *感想*

2019-09-25 | 夏ドラマ(2019)感想

* 「禁忌の女」    *  

「凪のお暇」に引き続き、

家族が抱える問題が描かれていた今回。


「凪のお暇」(9話)の緑さんは「家族って厄介でしょう。」と表現していたけれど、

松永(芦名星)さんは、「家族なんて地獄ですよ。」と言い放つ。

いやぁ、、松永さん、、相当なものを抱え込んでいるのねぇ。

 

尊敬し、目標としていた先輩・滝沢(床嶋佳子)が退職することを知った際には、

「裏切り者」と呟いているし、

今回は松永の人となりが、今までよりも感じられた気がするわ。

 

前回は物足りなく感じた、松永とゲストキャラの対峙する様を、

今回はじっくりと味わえた気がして、そこに満足できたわ。

 

介護する側の辛さ、、

湧き上がる感情への罪悪感、、

介護される側の苦しみ、、

などが感じられ、

ゲストエピソード自体も興味深く視聴したよ。

 

(感想を書いたままUPし忘れてました・・・・。)

  

チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪

<ドラマ感想>

にほんブログ村

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第1話・第2話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第3話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第4話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第5話  *感想*

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」 第6話  *感想*

コメント (2)

<ドラマ>監察医 朝顔  第11話(最終回)  *感想*

2019-09-24 | 夏ドラマ(2019)感想

いい最終回だったわぁ。

放送時間の延長も全く気にならず、

丁寧に描かれたストーリーを楽しんだよ。

 

 

土砂災害のパートでは、

医師たちもまた人間なのだ、、ということが印象に残ったなぁ。

 

感情の激しい揺れを見せる光子(志田未来)や高橋(中尾明慶)や歯科医師の男性の姿、、

茶子(山口智子)の過去の体験、、

互いに声を掛け合い、気遣いあう医師たちの様子、、

 

といったものに触れることで、そのようなことを改めて感じたわ。

 

今までに描かれてきた朝顔(上野樹里)の葛藤や、

前回の講義で語られた朝顔の想いを経てのこれ、、というのがいいよね。

 

 

里子(石田ひかり)の死と向き合う家族のパートのほうは、

浩之(柄本明)と平(時任三郎)が見せた感情が印象的。

今まであまり感情を周囲に見せてこなかった二人が見せる姿にはグッとくるものがあったわ。

特に、朝顔の横で平が見せた表情が心に残ってるんだよなぁ。

ここでも、共に支え合い、気遣いあう関係性に触れた感じ、あるなぁ。

 

 

あとは、私の大好きな茶の間の光景。

いいねぇ、、あれ。

リスのつぐみ(加藤柚凪)が可愛かったし、

親ばか、孫ばかっぷりを見せる大人たちにニヤリとさせられたわ。

 

着替えをどうするか迷う朝顔、

「台本!」というつぐみの声、、

台本を取りに戻る朝顔、、、、

(もっと言えば、“おおじいじ”に会う日に見られたスカートのポッケが膨らんでいるつぐみも、、、)

このドラマが力を注いできた、家族の何気ない日常の風景に、最後まで癒されたよ。

 

チラッと共感されましたならポチっとね♪

<ドラマ感想>
にほんブログ村 

<ドラマ>監察医 朝顔  第1話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第2話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第3話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第4話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第5話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第6話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第7話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第8話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第9話  *感想*

<ドラマ>監察医 朝顔  第10話  *感想*

 

 

 

コメント (2)

ボイス 110緊急指令室 第10話(最終回) *感想*

2019-09-23 | 夏ドラマ(2019)感想
本郷(伊武雅刀)と雫(伊勢谷友介)の異常性を描くことに注力した最終回と言った印象。
 
ここまで描いたことを評価するか、、
ひたすら悪趣味な描写に眉をひそめるか、、
う〜ん、、この最終回、、どっちかなあ、、、。
 
ストーリーが面白ければねぇ、、、
あの暴力シーンも、異常性も、
もう少し前向きに受け止められるのだろうけどねぇ、、、
正直あんまり面白く感じなかったんだよねぇ、、、、。
そのため最終回の受け止め方にはちょいと迷いがあるわ。
 
 
最も強く感じたのは悔しさかなぁ。
樋口(唐沢寿明)じゃないけどさ、
雫と本郷には刑罰を受けて欲しかったからさ、、
生きることで苦しみ抜いて欲しかったからさ、、
アレには悔しい思いがあったわ。
 
コメント (2)