Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第7話  *感想*

2012-11-26 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「交錯する思い…窮地に立たされた管制官」 *

主役然としてキリリと管制のお仕事をこなす香織(深田恭子)がいいわぁ。
様々なキャラクターに焦点を当てて見せていくドラマだし
時には 管制の仕事とは違う面からエピソードを描いていったりもするドラマなので
今回のように しっかり本来のお仕事をする香織の様子を見せてもらうのは久しぶりのような気がする。
香織はお気に入りのキャラなので 今回のように しっかりと彼女の仕事っぷりを見せてもらえるとテンションが上がるわぁ♪
レーディング取得に向けて頑張る香織の様子に 
スノー状態に陥った近藤(要潤)のエピソードを織り交ぜながら描かれている今回のストーリー。
最初の試験の際に自分には何が欠けていたのか・・ その答えを近藤の仕事ぶりから見つけ出す・・
という展開が面白いわねぇ。 
人の担当にズゲズケ入り込んでいくことで 香織主導のペースが チーム全体に出来上がる・・
という 香織の仕事のやり方を表現した竹内の言葉は ちと分かりづらかったような気もするけれど・・・。
まあ このドラマで描かれる管制のお仕事自体 分かったようで サッパリ分かっていないような状態なので
ココは雰囲気さえ掴めればいいか~。
自分に与えられた仕事だけでなく 周囲の管制官の仕事の流れにも気を配る・・ 
ひとつのチームとして仕事をこなしていくことに 香織は気付いたというコトね。
管制官として何を大切にしているのか・・という試験官の問いに対する香織の答えで終わるまとめ方や
近藤のエピソードとの絡めかたも いい感じで好きだし 
二人のエピソードから チームの結束が浮かび上がってくるのも良かったし 楽しめるストーリーだった。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第1話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第2話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第3話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第4話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第5話  *感想*
TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~  第6話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実験刑事トトリ  第4回 ... | トップ | PRICELESS~あるわけねぇだろ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL