Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

天皇の料理番  第12話(最終回)  *感想*

2015-07-13 | 春ドラマ(2015)感想
ラストで明かされた、天皇が篤蔵(佐藤健)にかけた言葉に感動し、
退任の際の天皇の言葉に感動した最終回。

料理人の失敗を責めることなく、他者を気遣う、、
そんな天皇陛下だからこそ、あれほどまでに篤蔵は守りたいと思ってきたのねぇ。
そんな篤蔵の想いが、天皇陛下に伝わっていたことを心から喜ばしく感じて、
観ている私まで、幸せな涙を流してしまったよ。
良かったねぇ、幸せ者だねぇ、、って、しみじみ思っちゃったよ。

料理は真心だということ、、
天皇の料理番であるということ、、
天皇の料理番としての想い、、
そんなものが、しっかりと伝わってくるストーリーだったなぁ。

篤蔵、新太郎(桐谷健太)、辰吉 (柄本佑)の友情、、
料理人が天皇陛下を救う、胸のすくような話、、
篤蔵の胸に生き続ける俊子(黒木華)、、
周蔵(杉本哲太)・ふき(美保純)、周太郎(鈴木亮平両)の想いと願い、、
そんなものも印象的な、見応えのある最終回だったよ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

天皇の料理番  第1話  *感想*
天皇の料理番  第2話  *感想*
天皇の料理番  第3話  *感想*
天皇の料理番  第4話  *感想*
天皇の料理番  第5話  *感想*
天皇の料理番  第6話  *感想*
天皇の料理番  第7話  *感想*
天皇の料理番  第8話  *感想*
天皇の料理番  第9話  *感想*
天皇の料理番  第10話  *感想*
天皇の料理番  第11話  *感想*
コメント   トラックバック (1)

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第6話(最終回)  *感想*

2015-07-07 | 春ドラマ(2015)感想
* 「ハッピーエンド」 *

どうやって死ぬかで、どうやって生きてきたかが分かるんじゃないか。
死に様が生き様。

修治(内村光良)の一生を感じ取る、、そんな感じの最終回だったわねぇ。
夫として、父として、テレビマンとしての人生、、
人を笑わせることが大好きな三村修二の人生を見させてもらった気がするよ。

前回に引き続き今回も、陽一郎(伊澤柾樹)に泣かされたなぁ。
修治と顔を合わせられなくて、
修治がもうすぐ死んでしまうことが悲しくて、
カーテンの後ろに隠れてしまう洋一郎の姿が切ない。
陽一郎の涙が印象的だったよ。
もちろん、彩子(木村多江)が時おり見せる、悲しげな表情もね。

笑いの分かる、なかなかいい奴だ。
律儀な奴だ。

そんな風に自身の病気と向き合って、
余命ギャグを言い放ち、
周囲の人間にも、同等のノリを要求する。
修治の無茶ぶりに付き合う人達はたまったもんじゃないと思うケド、
最後まで明るく、笑いを忘れずに生きていく、、
面白がる天才・三村修二の生き方(死に方)は強く心に残ったなぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第3話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第4話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第5話  *感想*
コメント

天皇の料理番  第11話  *感想*

2015-07-06 | 春ドラマ(2015)感想
* 「皇居編~最愛の人と最後の晩餐」 *

はぁ、、、、良かった。
良かったよ。

篤蔵(佐藤健)が俊子(黒木華)に蕎麦を食べさせるシーンが特に好き。
あのシーン、素晴らしかったなぁ。
篤蔵と俊子がとにかくお似合いに見えたし、、
篤蔵と俊子、それぞれの個性や二人の関係性が、しっかりと感じられるし、、
互いに互いを大切に思う気持ちが伝わってくるし、、
なんだかとっても仲が良さそうだし、、
とても素敵なシーンだったよ。
篤蔵と俊子の涙が美しくって泣けてきたよ。

「食う」ということだ、、
「私はあなたより長生きします。」ということなのだ、、と、
ジュテームの意味を俊子に伝える篤蔵の言葉も印象的。
なんちゅう意訳なんだと驚いちゃったよ。
料理人である篤蔵らしいよねぇ。
篤蔵と俊子にだけ分かる言葉よねぇ。
二人だけの愛の言葉に感動したなぁ。

宮前(木場勝己)、宇佐美(小林薫)、新太郎(桐谷健太)、、
そして貞明皇后(和久井映見)まで、、
周囲の人の想いに支えられている篤蔵の様子や、
子供たちの中にしっかりと息づいている俊子の真心など、
丁寧に作られたストーリーをしみじみと味わうことができたわぁ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

天皇の料理番  第1話  *感想*
天皇の料理番  第2話  *感想*
天皇の料理番  第3話  *感想*
天皇の料理番  第4話  *感想*
天皇の料理番  第5話  *感想*
天皇の料理番  第6話  *感想*
天皇の料理番  第7話  *感想*
天皇の料理番  第8話  *感想*
天皇の料理番  第9話  *感想*
天皇の料理番  第10話  *感想*
コメント   トラックバック (1)

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第5話  *感想*

2015-07-04 | 春ドラマ(2015)感想
* 「バレちゃった!」 *

泣いた。
泣けて仕方がなかったよ。

木村多江さん、上手いよねぇ。
彩子の切なさ、悲しみ、憤り、、心に響いたよ。

ヘッドホンをして、涙を流して机に向かう陽一郎(伊澤柾樹)に泣かされ、
うどんをすする彩子に泣かされ、
彩子が斉藤(小泉孝太郎)から説明を受ける診察室のシーンに泣かされて、、
もう、切なくって仕方がなかったよ。

それにしても、あの彩子の決断は予想外だったなぁ。
「修治が馬鹿なら、私は馬鹿の妻か。」
なるほどねぇ。
あの修治(内村光良)の妻になっただけのことはあるのねぇ。
修治のたっての願いを叶えようとする彩子の想いに驚かされたよ。

和子(市毛良枝)のとぼけた感じ、、
CT検査の最中に盛大なため息をつきまくる修治、、
妻の心理に詳しい斉藤と、そこに鋭く嫌味を放つ葉子(酒井若菜)、、
前回の沖(吉田栄作)に引き続き、挙動不審になっちゃう立木(筧利夫)、、などなど、
前半部分のユーモラスな雰囲気も好き。
面白かったなぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第3話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第4話  *感想*
コメント

植物男子ベランダー season2  第7話  *感想*

2015-07-03 | 春ドラマ(2015)感想
* 「バンマツリ1号2号」 *

いつもよりも長く感じたなぁ。
花屋の美人店員に、占い師と、
新たなキャラが登場してきて、
新鮮味を感じたから、、かしら?

どちらのキャラも個性的だったし、
それなりに楽しめはしたけど、
残念なコトに、そこまでツボにハマらず。
占い師の口癖「・・・ですの。」は、ワリと好き。
料金5千円(高いよねぇ)を出し渋る男(田口トモロヲ)への
対処の仕方は面白かったよ。

あれだけ強烈な体験をしたにも関わらず、
バンマツリ2号の件を何故に覚えてないのだ~っっ
などと思っちゃったんだけど、
あの件もまた、“忘却の彼方”へ置き去りにしてたワケなのね。
あの様子じゃあ、モロモロのコトをしょっちゅう、置き去りにしてるよね。
でもさ、忘却の彼方への置き去りって、大事よね。
私もよく利用しているなぁ、、忘却の彼方。
だけど、ふとした瞬間に、
忘却の彼方からひょっこり戻ってくるヤツがいたりして、
あ~~~~っっ って、身悶えしそうになるのよ。

バンマツリ1号2号から、大切なコトを教わった男。
とりあえず、田中(古舘寛治)に擦り付けられていた責任が取り払われて良かったよ。
忘却の彼方などとは無縁そうな田中、、羨ましい。


「愛しの草冠」も面白かったなぁ。
茄子の美しさには、私もいっつも惚れ惚れしちゃうんだけど、
茄子の使い勝手の良さには、私も助かっているんだけれど、
ボディビルダーやら、ロバートデニーロに例える発想はなかったわぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

植物男子ベランダー  第13話(最終回)(2014年放送)   *感想*
植物男子ベランダー season2  第1話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第2話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第3話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第4話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第5話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第6話  *感想*
コメント

プレミアムよるドラマ ランチのアッコちゃん  *感想*

2015-07-03 | 春ドラマ(2015)感想
やっと最終回を観終わったよ。
いい最終回だったわねぇ。

初回から、楽しみながら視聴していたのだけど、
本腰を入れて視聴しだしたのは、
澤田三智子(蓮佛美沙子)がバレンタインチョコ戦争に巻き込まれてしまうアタリからかなぁ。

それ以前は、フワフワとした掴みどころの無さだとか、
ファンタジーっぽさが目立っていたように感じたのだけど、
三智子が異動してからは、
そこにリアルが混ざりこんできたように思えて、
より楽しめた気がするよ。

アッコちゃん(戸田菜穂)の万能っぷりだとか、
何事も、上手いこと進んでいってしまう展開だとか、、
ファンタジーっぽさは相変わらずなんだけど、
営業部のバレンタインチョコ問題をどのように解決していくのか、、
宣伝部の企画会議をどのように導いていくのか、、
興味深く観ていくことができたなぁ。

アッコちゃんのキャラクター、、
アッコちゃんと三智子の関係、、
三智子の奮闘や成長、、などなど、
魅力的な要素がたくさんで、楽しめるドラマだったよ。
続編、観たくなったよ。

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第4話  *感想*

2015-07-02 | 春ドラマ(2015)感想
* 「最後の家族旅行」 *

葉子(酒井若菜)に手伝ってもらって、彩子(木村多江)に不倫疑惑を抱かせようとする修治(内村光良)。
葉子が修治の首元に抱き付いたりしちゃって、
なんだかノリノリな修治と葉子だったのに、
タクシーに乗り込んだ途端、表情が死んでしまう二人の様子に、思わず吹き出しちゃったよ。
そして、その後の修治の言動に泣かされちゃったよ。

「ごめん、葉子さん。僕には無理だ。」
こう呟く修治と、そこに流れる主題歌、、
「ごめん、彩子。ごめん、彩子。」
という呟きからの
「三村彩子、再婚計画、順調。」
という言葉、、
この流れが切なくって良かったなぁ。

も~う、、、ホント何をやってるんだろうねぇ、、修治は。
バカだよねぇ。
修治自身も、バカな事をやっているという自覚があるもんだから、
余計にタチが悪いというか、
余計に腹が立つというか、、
それだけ自分のコトを冷静に見つめられるのに、
何故、そんな方向に行くのだ~っ ってな気持ちにさせられてしまうのよ。

魅力的な立木(筧利夫)、、
うどん屋で彩子と出くわして、挙動不審になっちゃう沖(吉田栄作)、、
修治にアドバイスする体で、斉藤(小泉孝太郎)にガンガン嫌味を言う葉子、、
葉子に強気で責めたてられ、とにかく立場の無い斉藤、、
「沼田さん怖いし。」と、修治に三度も心の中で呟かれてしまう、怖~い沼田さん(中村映里子)、、などなど、
三村家以外のキャラも魅力的に描かれたストーリーとなっていて、面白かったなぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第3話  *感想*
コメント

美女と男子  第12回  *感想*

2015-07-01 | 春ドラマ(2015)感想
* 「本番は一度だけ」 *

あらら、、右京(中山麻聖)には、さらなる試練が待ち構えているのねぇ。
このドラマ、、思っていた以上に右京のコトもしっかり描いてくるワケなのね。

新聞の記事、、ネットの中傷、、
遼(町田啓太)に対するライバル意識、、
監督やかれん(吉岡里帆)の言葉、、
そんなモロモロのコトに囚われて、落ち込んでいく右京が気の毒。
彼の高慢ちきな感じは、すっかり影をひそめてしまったわねぇ。
ピュアだし、真面目だし、考え過ぎちゃうし、、、
右京くん、あの世界でやっていくのは大変そうだ~。
ココで折れることなく、頑張っていってくれるといいなぁ。

対する遼(町田啓太)のほうは、右京との対比で、ふてぶてしさが倍増した印象だよ。
逞しくっていいよねぇ。彼の飛躍が楽しみだ。

自信が揺らぎ始めた右京と一子、
根拠のない自信にブレは見られない遼、、と、
今回のストーリーも、それなりに面白く感じたんだけど、
1部で感じられたような、
一子(仲間由紀恵)と遼が二人三脚で頑張っていく感じが薄れてしまったコトに、
チョッと物足りなさも感じるんだよなぁ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>と
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

美女と男子  第1回  *感想*
美女と男子  第2回  *感想*
美女と男子  第3回  *感想*
美女と男子  第4回  *感想*
美女と男子  第5回  *感想*
美女と男子  第6回  *感想*
美女と男子  第7回  *感想*
美女と男子  第8回  *感想*
美女と男子  第9回  *感想*
美女と男子  第10回  *感想*
美女と男子  第11回  *感想*
コメント (2)

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第3話  *感想*

2015-06-30 | 春ドラマ(2015)感想
* 「大逆転?」 *

あら~、、チョッと思わぬ展開だ。
そうか~、新たな夫候補が登場してくるワケなのねぇ。
沖(吉田栄作)を夫候補にストーリーが展開されていくものだと思っていたよ。
沖よりも、立木(筧利夫)との関係のほうが、親しそうだものねぇ。
彩子(木村多江)も陽一郎(伊澤柾樹)も立木のコトを気に入っているようだしね。
様子のおかしい修治(内村光良)の様子も見ているし、
立木なら、よき協力者となってくれるかもしれないわねぇ。

「僕の奥さんと結婚してください。」
バスの中にいる立木に申し出る修治の目が印象的。
子供みたいに真っ直ぐで、純粋な目だったなぁ。
妻子の笑顔を守りたいのは分かるけど、
修治のやっているコトは、間違っちゃっているトコロが切ない。
立木がよきアドバイスをして、修治を軌道修正してくれないかなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*
コメント

天皇の料理番  第10話  *感想*

2015-06-29 | 春ドラマ(2015)感想
* 「皇居編~関東大震災と家族の決意」 *

いやぁ、、泣いた。
泣いてしまったよ~。

一太郎(藤本飛龍)と篤蔵(佐藤健)が再会できたトコロから最後まで、
ずっと泣きながら観ていたような気がするよ。
一太郎の泣き方が良くってさぁ、、
アレを見たら、もうダメ、、。
もらい泣きしてしまって、
その後の怒涛の感動シーンの連続にも涙、涙。

音楽うるせーよっ。
どんだけしつこく流してくんだよっ。
感動を押しつけすぎだろっっ。
などと、毒づく自分もいたんだけどさぁ、、
一太郎の泣きで涙腺崩壊しちゃった私には、そんな演出も効果的でさ、、
大音量で流れてくる音楽に気持ちよ~く乗せられて、
感動のまま最後まで観てしまったよ。
授業参観で、父親の仕事について書いた作文を子供が読む、、
そして、その姿に母親が涙する、、
そんな、ベタなエピソードでも、しっかり泣いたからね、私。

お父さんになっても、ダメダメなトコロが見え隠れしちゃう篤蔵の様子や、
夫を立てて、子供の気持ちを思いやって、、良妻賢母な俊子(黒木華)の姿、、
篤蔵と俊子の想いと、一太郎の気持ちの変化、、などなど、
家族の物語がしっかりと描かれているところも満足。

皇后さま(和久井映見)と篤蔵のエピソードも面白かったなぁ。
和久井さん、魅力的だ~。
ああ、、篤蔵のお仕事をもっと観てみたい~っっ。
もっともっと、楽しみた~いっっ。
チラチラと見せられて、お預けをくらったような感じだよ。
もっと、もっと、、こんな風に思わせるアタリも魅力なのかもねぇ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

天皇の料理番  第1話  *感想*
天皇の料理番  第2話  *感想*
天皇の料理番  第3話  *感想*
天皇の料理番  第4話  *感想*
天皇の料理番  第5話  *感想*
天皇の料理番  第6話  *感想*
天皇の料理番  第7話  *感想*
天皇の料理番  第8話  *感想*
天皇の料理番  第9話  *感想*
コメント (2)