Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第7話  *感想*

2018-05-31 | 春ドラマ(2018)感想
晴(平野紫耀)と父・巌(滝藤賢一)の確執と、
晴の様々な想いと、
晴の成長、、
晴に焦点を当てた回、、、といった印象。


幼少期の回想シーンや、
C5の創成期の頃のエピソードを盛り込み、
晴の背景や想いや逡巡を描いていたり、

音(杉咲花)や、タマ(佐々木すみ江)や、西田(デビット伊東)らの言葉によって、
大きく成長する様子が見られたり、
晴のことをじっくりと見せてもらった感じはあったわ。


ただ、、
全体的に動きがあまり見られないことや、
父との確執にしても、逡巡する様子にしても、
今までに観てきたことと、
さして変わりのないものであったことから、
ストーリーとしての面白味はそこまでなかったようにも思ったなぁ。


まあ、、
晴の決意表明は晴らしさがあって、
音の言葉を守った感じがしたし、
その成長っぷりには清々しさもあったし、
そこは印象的だったわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>花のち晴れ~花男 Next Season~ 第1話  *感想*
<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第2話  *感想*
<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第3話  *感想*
<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第4話  *感想*
<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第5話  *感想*
<ドラマ>花のち晴れー花男 Next Seasonー 第6話  *感想*
コメント

<ドラマ>ラブリラン 第8話  *感想*

2018-05-31 | 春ドラマ(2018)感想
さやか(中村アン)と町田(古川雄輝)、、
亮介(大谷亮平)に瑞希(片瀬那奈)、、
そして杏子(大政絢)、、

5人それぞれが、それぞれに切ない想いを抱えている感じだねぇ。
好意を伝えても、その想いを受け止めてもらえない切なさ、、感じたわ。

でも、町田くんだけ、ちと違うよね。
他の4人は自分の気持ちに正直で、
勇気を出して想いを好きな人に伝えているのに、
(しかも何度も)
町田くんだけ、クールにキメまくってて、なんかチョッとズルいぞ。
そもそも、町田くんはいつ何時もクールすぎるのよ~っっ。



それぞれの想いが丁寧に描かれていたとは思うものの、
それぞれが、それぞれに、グダグダ、グダグダやっているだけだし、
似たようなコトを繰り返しているだけのようにも感じるし、
ストーリー的にはそれほど面白味は感じず。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>ラブリラン 第1話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第2話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第3話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第4話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第5話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第6話  *感想*
<ドラマ>ラブリラン 第7話  *感想*
コメント

シグナル 長期未解決事件捜査班 第8話  *感想*

2018-05-30 | 春ドラマ(2018)感想
集団暴行事件というだけで、
腹立たしい想いや、
許せない気持ちにさせられるというのに、
その裏には、
さらなる許しがたいことが隠されていて、
嫌な気持ちにさせられる。


亮太(神尾楓珠)が何かしらの冤罪被害者であることは、
今までの回想シーンから予想できることだし、
そこに中本(渡部篤郎)や岩田(甲本雅裕)が関与していることも、
予想しやすいことなので、
嫌な気持ちにさせられるエピソードを見せられるコトは分かっちゃいたんだけどねぇ。

それでも、
あのようにエピソードで見せられると、
かなり腹立たしいもんがあるなぁ。


岩田にも、加害者たちにも、、
さらには被害者と、その親にまでも、、
圧力をかけまくり、
口裏を合わせるようにしむけ、
真実を捻じ曲げて、
冤罪を作り出す中本の酷さ、凄まじい。


中本の悪人ぶりや、
口をそろえて嘘の供述をする加害者たちや、
お前もか、、お前もなのか、、
と、やるせない気持ちにさせられる被害者の様子を、
厭らしさタップリに、
エンタメ感もたっぷりに描いていて、
不愉快さを味わいつつも、
興味を引かれながら視聴したよ。


大山(北村一輝)の行方も判明したし、
三枝(坂口健太郎)と桜井(吉瀬美智子)もさらに動き出したし、
今後の展開が気になる。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

シグナル 長期未解決事件捜査班 第1話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第2話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第3話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第4話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第5話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第6話  *感想*
シグナル 長期未解決事件捜査班 第7話  *感想*
コメント

コンフィデンスマンJP 第8話  *感想*

2018-05-29 | 春ドラマ(2018)感想
* 「美のカリスマ編」 *

ダー子(長澤まさみ)の有能っぷりが印象的。

さすがダー子。
少女と接する美濃部ミカ(りょう)の様子を見ただけで、
ミカの本質を見抜いて、
ミカへの作戦を急遽変更するとはねぇ。
さすがだよ、ダー子。

パク・ジロウ(東出昌大)とはえらい違いだ。
いや、、
パク・ジロウの風貌や設定もかなり面白かったけれども。


詐欺師としての有能っぷりをダー子が見せてくれたことで、
ダー子の変装や作戦を2パターンも見られたし、
美人村にまつわる伝説も見られたし、
弁天水を守り抜く大沼秀子の生き様も見られたし、
ランウェイでキャラぶれまくりの大沼秀子も見られたし、、
ダー子の魅力を楽しんだよ。


ダー子が蒔いた餌に食いつきながらも、
ギリギリのところで、引っかかってこないミカも面白かった。

美のカリスマが見せる高い意識や目的と、
有能ダー子が見せる巧妙な詐欺手口、、
その対決を興味深く見守ったわ。


美意識が低く、
安直な報復しか考えられないほのかに、
高みを目指す二人がしてやられるというのも、
皮肉たっぷりで良かった。

ほのかにしてみりゃ、
美意識の高さも、
巧妙な駆け引きも、関係ないよなぁ。


ラストシーンで見られた、
ダー子、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の笑顔がとても好き。

目先の利益と快楽に走る凡人には負けたけど、
彼らの詐欺師としての意識の高さを感じたわ。
ミカに対するリスペクトも感じるし、
今までとはチョイと異なる後味の良さを感じたわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

コンフィデンスマンJP 第1話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第2話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第3話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第4話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第5話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第6話  *感想*
コンフィデンスマンJP 第7話  *感想*
コメント

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第6話(最終回)  *感想*

2018-05-29 | 春ドラマ(2018)感想
あっという間だったなぁ。
初回もその感覚が強かったけど、
初回以上のあっという間感だったったわ。



田口章太郎(神木隆之介)の熱弁が気持ちの良い最終回。
説明会で見せた田口の演説には、
今までの中で最も気持ちを高めてもらった気がするわ。


「こうなるんだろうなと思ったら、やっぱりこうなるんだな。」と、
田口が言っていたけれど、
私はああなるとは思っていなかったため、
保護者の方々の他人事な態度に情けなくなっちゃったよ。

でも、私もあの場にいたら、あんな感じになっちゃうだろうなぁ。
問題の深刻さに眉をひそめつつも、
結局は他人事として受け止めてしまいそうだわ。

だからこそ、
あの場にいる全員に当事者意識を持たせるよう仕向け、
それぞれの積極性を促していく田口の弁に気持ちの良さを感じたんだよねぇ。


30分ではあまりにも短い、、などとは思うものの、
30分で学校の難しい問題を提示していていて、
30分でそれなりにしっかり描かれていて、
30分という手軽な視聴時間で楽しめる、、
そんなドラマだったわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第1話  *感想*
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第2話  *感想*
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第3話  *感想*
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第4話  *感想*
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第5話  *感想*
コメント

家政夫のミタゾノ(2) 第6話  *感想*

2018-05-28 | 春ドラマ(2018)感想
スピリチュアリスト・ルナ(鳥居みゆき)はワリと好み。
こういう奇抜なストーリーは、ゲストキャラに魅力を感じるかどうかで、
面白味に違いが出るよなぁ。

前回は、ここに一番引っかかったんだよね。
ゲストキャラが好みではなく、
魅力を感じることが出来なかったため、
あんまり面白く感じなかったんだよなぁ。

演技が上手いか下手かということではなく、
単に私の好みの問題なんだけれども。
あと、
奇想天外な雰囲気にハマってるように感じるかどうか、、
ってのも大きいかも。

ルナの秘書の伊丹一郎、二郎もキャラ立ちしてて良かったし、
キャラの魅力を楽しんだ回だったよ。


ストーリーの方は、そこまで魅力を感じてはなかったものの、
思いがけないオチを見せられた時にグッと引きつけられたわ。


ルナが三田園(松岡昌宏)がを占うクダリが印象的。
あれって、今後、描かれていくコトを示唆してるのかね?


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

家政夫のミタゾノ  第8話(最終回)  *感想*
家政夫のミタゾノ(2) 第1話  *感想*
家政夫のミタゾノ(2) 第2話  *感想*
家政夫のミタゾノ(2) 第3話  *感想*
家政夫のミタゾノ(2) 第4話  *感想*
家政夫のミタゾノ(2) 第5話  *感想*
コメント

ブラックペアン 第6話  *感想*

2018-05-28 | 春ドラマ(2018)感想
ああ、、
なんというマンネリズム。

すごいな。
よくもまあ、こんなにマンネリに描けるものだ。


もう、感想、それしかない。
それ以外、書きようがない。

スナイプ→ダーウィン→カエサルといった医療器具の変化も、
輸血用血液を探し求める様子も、
その後のオチも、、
何もかもがお寒い。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

ブラックペアン 第1話  *感想*
ブラックペアン 第2話  *感想*
ブラックペアン 第3話  *感想*
ブラックペアン 第4話  *感想*
ブラックペアン 第5話  *感想*
コメント

あなたには帰る家がある 第7話  *感想*

2018-05-27 | 春ドラマ(2018)感想
切ない離婚劇だったねぇ。
真弓(中谷美紀)と秀明(玉木宏)、、
いい雰囲気なのになぁ。
1話の時と比べたら、ずっといい感じなのになぁ。

でもねぇ、、
やっぱり、難しいものはあるよねぇ。
あんな修羅場にまで発展してしまったダブル不倫があったんだもの、、
真弓の決断は無理もないようにも思うわ。


秀明への想いを強く残しながらも、
これ以上、夫婦として暮らしていくこともできない、、
そんな複雑な心情の真弓と、

自分のしでかした事の重大さを理解するほどに、
復縁したいなどとはとても言い出せない秀明の様子が、

分かりやすく、丁寧に描かれていて、興味深く見守っちゃったよ。


離婚は残念だけど、
あれだけイロイロあったにしては、いい感じの離婚に行き着いたよなぁ、、
などとも思っていたのだが、

どうやら麗奈(桜田ひより)に問題が起こる模様。
麗奈の親として、まだまだ二人でやる事があるということかしらね?


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

あなたには帰る家がある 第1話  *感想*
あなたには帰る家がある 第2話  *感想*
あなたには帰る家がある 第3話  *感想*
あなたには帰る家がある 第4話  *感想*
あなたには帰る家がある 第5話  *感想*
あなたには帰る家がある 第6話  *感想*
コメント

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第6話  *感想*

2018-05-26 | 春ドラマ(2018)感想
斉藤(佐藤勝利)の研修先でのエピソードに、
じっくりと焦点を当てて描いているように感じられ、
前回の物足りなさが補われた感じはあるなぁ。


寺田(湯江タケユキ)の唯香(篠田麻里子)への過剰な配慮が、
周囲の女性陣の気持ちを逆なでしている状況や、
その裏に隠された寺田の圧力と唯香の真の想い、、
などを意外と興味深く視聴することができたよ。


寺田を大袈裟に描きすぎなようにも思ったのだけど、
トンデモ設定だらけのドラマだし、
あれくらいオーバーな描写もアリな気もする。


前回に引き続きの斉藤のプチ成長や、
「FINAL CUT」を彷彿させる暴露映像や、
「会社を辞める権利」の行使を促す(菜々緒)の動きを、
それなりに楽しく視聴したわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第1話  *感想*
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第2話  *感想*
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第3話  *感想*
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第4話  *感想*
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第5話  *感想*
コメント

おっさんずラブ 第5話  *感想*

2018-05-26 | 春ドラマ(2018)感想
* 「Can you "Coming Out"?」 *

春田(田中圭)の急激なステップアップに驚く。

牧(林遣都)と交際することをスルッと決めたかと思えば、
まさかの超絶カミングアウトまでしちゃうんだもの、、
はるタンったら激しすぎる~っ。


牧との交際に戸惑い、悩み、反省し、
あの衝撃のカミングアウトをやってのける春田。
牧と真摯に向き合い、
牧との交際に誠実であろうとする春田の覚悟が感じられていいよねぇ。


あら~、、
驚かされたけど、なんか、いいわぁ。
真面目に考えてるはるタン、いい♪

などと高まりながら見守っていれば、
「ちょっと待ったーーーー!」の声。

春田と牧の真剣交際を目の当たりにして、
黒澤(吉田鋼太郎)のコトを束の間忘れてたわ。
あのデカい声で黒澤の存在を思い出したわ。

黒澤ったら、いったい何を待てというのだ?


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
  <ドラマ感想>
にほんブログ村

おっさんずラブ 第1話  *感想*
おっさんずラブ 第2話  *感想*
おっさんずラブ 第3話  *感想*
おっさんずラブ 第4話  *感想*
コメント