Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

スターマン~この星の恋   第4話  *感想*

2013-07-31 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「失踪夫VS星男・・・遂に記憶戻る」 *

夫の光一(安田顕)のエピソードは えらく呆気なかったなぁ。
光一はもう少し粘るのかと思ってたよ・・。
“嫌な駄目な男”の顔を見せつつも その合間に見え隠れする繊細な表情が 
やたらと印象的だったので 深読みしちゃったよ~っ。
なんか いまひとつピンとこないというか・・ よく分からないエピソードだったのだけど
彼を登場させることで 星男(福士蒼汰)の佐和子(広末涼子)への想いをより明確にさせたり
星男と佐和子の関係や 星男と子供たちの関係を さらに深めていくというコトだったのかしらねぇ。
「佐和、俺はいなくならないよ。」 「あ・・。」 「キスしたい顔だった・・・。」 のクダリの
佐和子と星男が とにかくやたらと可愛くって良かったし 光一エピの効果はテキメンと言えるかも~。

幸せすぎて 星男が優しすぎて そんな幸せなひと時に慣れなくって 怖くって
思わず涙ぐんでしまう佐和子の様子も好き。
女手一つで ずっと頑張ってきたんだものねぇ。
幸せに慣れていない佐和子のコトが愛おしくなっちゃったよ。

佐和子が羨ましくなって チョッと気弱になっちゃって 思わずグラつきそうになりながらも
しっかりと踏みとどまる節(小池栄子)も魅力的。
節には佐竹(KENCHI)がいるじゃない・・ 佐竹と付き合っちゃえばいいじゃない・・
などと思った矢先に見せられた 彼女のあのプライド・・ あの強さ・・ いいわねぇ。

佐和子の幸せが続くことと 節に素敵な出会いが訪れることを(佐竹の魅力を知るというのでもいいんだけど)
願いたくなるストーリーだったなぁ。
星男が見せた別の顔は これからどんな影響を及ぼすことになるのかしらねぇ。
重田(國村隼)の星男への熱い想いは報われるのかしら。

 Lee's Diaryにお越しくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

スターマン~この星の恋   第1話  *感想*
スターマン~この星の恋   第2話  *感想*
スターマン~この星の恋   第3話  *感想*
コメント (2)

名もなき毒  第4話   *感想*

2013-07-30 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「父と母が犯罪者!過去を暴くな・・・真犯人からの謎の脅迫!」 *

ストーリーがさらに大きく動き出したわねぇ。

杉村(小泉孝太郎)の携帯に何度も電話をかけてくる人物の正体が明らかとなるトコロから
ラストにかけての展開が好き。 梶田信夫(平田満)が抱えていた闇の一部分を見せてくる感じや 
「28年前の暗闇から、とうとうおばけが、ぬらりとその姿を現した。」 という 杉村のモノローグも効果的に
程よい緊張感となっていて 好感が持てる。

この程よい感じが このドラマの魅力だと思うのよねぇ。
杉村のモノローグなんて チョッと間違えたら物凄~い煽り文句となってしまいそうなのに
小泉孝太郎さん演じる杉村の品の良さでもって とてもいい塩梅となっていると思うのよ。

たとえそれが痛みを伴うものであっても真実を知りたいのだと 杉村が意思表示する際にも
彼の魅力が生きているように感じるのよねぇ。
ヘタをすると 非常に興味本位な意思表示と受け取られかねないところもあると思うのに
彼の魅力でもって そんな風には感じさせない・・ そんな風に思うのよ。
その後の 「僕は多分いい人じゃない・・。」という言葉や口調や表情も非常に効果的だったしね。

真実を暴く重みを 彼はどのように受け止めるのか・・
様々な真実を知ることとなる登場人物たちの心情が どのように描かれているのか・・ 次回が楽しみ。   

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

名もなき毒  第1話   *感想*
名もなき毒  第2話   *感想*
名もなき毒  第3話   *感想*
コメント (2)

SUMMER NUDE   第4話  *感想*

2013-07-30 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「好きになってるじゃん、私」 *

朝日(山下智久)が写真を撮ることになる家族のエピソードが どうも安直に感じられてしまったこともあり
今回は 感想を書きたいと思うようなコトが これといってないのよねぇ・・・・・。

まあ 雄太(秋元黎)自体は可愛いので 彼を見るだけでも楽しめるし
子供が加入したことで 今までにない海辺の楽しげなシーンを見せてもらえたし
子供を使うことで 朝日と夏希(香里奈)が特殊な状況下に置かれることになったワケだし いいんだけどね・・・・。
朝日に対して心が動き出す夏希の様子・・ ついつい朝日に目がいってしまう夏希の様子は良かったし・・。

でも そんな夏希の気持ちの揺れが良かっただけに 
安直なエピソードを使って ソレを表現するというアタリが残念に感じてしまうのだけど・・。

そうそう 残念といえば 終盤で見せた光(窪田正孝)の節操の無さも かなり残念だったよ・・・。
波奈江(戸田恵梨香)に片思いを続ける光は魅力的なキャラクターなのだから
ああいう捨て鉢なアクションだって もっと丁寧に描いてもらいたいよ・・・。

 Lee's Diaryにお越しくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

SUMMER NUDE   第1話  *感想*
SUMMER NUDE   第2話  *感想*
SUMMER NUDE   第3話  *感想*
コメント (2)

半沢直樹  第3話  *感想*

2013-07-29 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「クソ上司に倍返し!部下のピンチを救えるか!?裏切り者も出現」 *

小木曽(緋田康人)オンステージ!な第3話。
小木曽の意地の悪さや 最低の人格っぷりは今までのストーリーからも十分伝わってはきてたけれど
いやぁ・・ 今回の小木曽アピールにゃあ やられちゃったよ・・。
あんなに生き生きとヒールっぷりを見せられちゃあ 心を鷲掴みにされちゃうよ・・。
いいわぁ♪小木曽さん。 あの憎々しげな顔・・ 嫌らしい悪あがき・・ たまら~んっ。
ヒールが魅力的だからこそ 半沢(堺雅人)の反撃が痛快に感じられるんだもの・・
今回の立役者は小木曽さんだと思うわぁ。

チーム半沢が一丸となって 頼りなげな若手・中西(中島裕翔)も涙を見せながら頑張って
半沢が強気で果敢に攻めまくり 敵を追い詰めていく様は痛快ね。
渡真利(及川光博)のグッジョブっぷりも良かったし 
行け行け~っ いいいぞ~っ やっちゃえ~っ と 楽しめるストーリーだったわぁ。
東田(宇梶剛士)と手を組む人物の正体に気付いた半沢。
次回はどんな手法でスカっとさせてくれるのかしらねぇ。  

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら ポチっとよろしくお願いします♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

半沢直樹  第1話  *感想*
半沢直樹  第2話  *感想*
コメント

七つの会議  第3回   *感想*

2013-07-28 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「すべてが壊れていく」 *

いやあ・・面白かったわぁ。
はあ・・何だか疲れちゃったよ。
重大な隠蔽事件に巻き込まれていく原島(東山紀之)の様子や
証拠隠しに データ改ざんと 隠蔽に加担していくことになる原島の心情が
緊張感たっぷりに描かれていて見応え十分な第3回。
不安・・ 焦燥・・ 恐怖・・ 罪悪感・・ 正義感・・ 使命感・・
様々な感情が入り混じる原島の行動を ひたすら見守ってしまったよ・・・。
臆病者で 取り柄も 勇気も 度胸も無いのだと自ら語る原島が
自分が置かれている立場で 自分がやれることは これしかないのだと 
のめり込み 夢中になって 抜き差しならなくなっていく様は痛々しくって哀しい。
原島と八角(吉田鋼太郎)の対立もインパクトがあったなあ。 
意見は違えども 会社に翻弄される社員の苦悩や虚しさ 進むべき道を模索する様子は同じなのよねぇ。
片や会社の存続が危ぶまれる大問題・・ 片や退職間近の女性社員が取り組む最後の企画・・
という 物凄~い両極端な東京建電のお仕事を見せてくるアタリも その対比が面白かったし
あのドーナツ屋さんが ストーリーを展開させていくうえで 重要な役割を果たしていたコトに驚かされたし
欺き 欺かれ・・ な コトの成り行きを楽しむスリリングな要素も盛り込まれていたし・・ 
はぁ・・面白かったわぁ。   

 Lee's Diaryにお越しくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

七つの会議  第1回   *感想*
七つの会議  第2回   *感想*
コメント

警部補 矢部謙三 2   第3話   *感想*

2013-07-27 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「危険なプロポーズ!婚約者が必ず死ぬ女」 *

一回お休み効果かな・・。
初っ端からワクワクしながら観ちゃったよ。
正直あんまり面白いとは思えなかった総監(大和田伸也)と玉置(相島一之)の内なる声の掛け合いさえも
楽しみながら観ちゃったよ。(総監はまだ楽しめるんだけど 玉置が面白く感じないのよ・・・。)
トイレで矢部(生瀬勝久)を警戒する総監のコトを うっかり可愛いと思っちゃったよ。
1・2話と比べると くだらなさやら お遊びやらが ぐ~んと減ってしまった感はあるのだけれど
その分ストーリー自体には充実感があって見応えはあるし 2話よりも満足度は高いし 
このドラマにしては しっかりとしたストーリーで攻めてきたなぁといった印象を受ける。
関西弁も 笑顔も 頭に乗っけた髪の毛も 何もかもが胡散臭い矢部が それだけで面白いコトと
魔性の女・山川一子(井上和香)に存在感があって魅力的なコトにも満足。
オチも好き。
あのオチまでは予想できなくって 思わず吹き出しちゃったよ。
矢部のマヌケっぷりに 「ああ・・・。」 な未来(畠山彩奈)が可愛い~♪

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

警部補 矢部謙三 最終回  *感想*
警部補 矢部謙三 2   第1話   *感想*
警部補 矢部謙三 2   第2話   *感想*
コメント

なるようになるさ。  第3話  *感想*

2013-07-27 | 夏ドラマ(2013) 感想
綾(浅野温子)さんったら あんなに能天気にしてていいのかしら・・
などといったコトは どうやら要らぬ心配だったようねぇ。
拍子抜けしちゃうほど上手くいく展開だったよ・・・。
まあ “カフェレストランあや”が賑わう様子は それだけで何だか嬉しいし
ビラ配りの効果が出たことに気を良くして 
新たなアイデアを出したり 看板製作に精を出す昇(安田章大)が楽しげだから いいんだけどさ。
今回は 綾と大悟(舘ひろし)の仲の良さげな絡みが観られなかったコトが寂しい。
綾ったら陽子(志田未来)を巻き込んで アタシのお気に入りの大悟を邪険に扱っちゃうし・・。
でも 綾が大悟にチクリと言う感じだとか 大悟は大悟で 実はイロイロと寂しい想いも感じてるコトだとか
三人を預かることの責任に対する二人の見解の相違だとかは それなりに面白かったわねぇ。
昇に続いて恵理(紺野まひる)の背景も描かれ始めた今回。
(物凄~く説明的で 味も素っ気もない台詞のみで恵理の状況説明がされちゃってたコトに びっくりだよ。)
あの少年は長島家の新たな住人となるのか・・気になる。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら ポチっとよろしくお願いします♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

なるようになるさ。  第1話  *感想*
なるようになるさ。  第2話  *感想*
コメント (2)

天魔さんがゆく  第2話   *感想*

2013-07-26 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「依頼人はAKB」 *

長かった。
初回よりも長かったコトに とりあえず満足。
(ひょっとして 初回のちゃぶ台トークは 一つの案件を2話にまたがせる流れを作り出すための作戦?)
落ち武者の幽霊がムロツヨシさんだったコトに ひとまず満足。
何だかイロイロ面倒くさくって 思春期のイタさを引きずるキソノミチクニヨシ・・・ウザいよ・・・。
彼が成仏できない理由と 彼を成仏させる方法は チョッとだけ面白かったなぁ。
二つ目の案件のほうは 「33分探偵」を思い出させる推理と
藤江れいなちゃんに密着しまくる大覚(皆川猿時)が ワリと好き。
天魔(堂本剛)も見るコトが出来ないらしい藤江宅の幽霊(なのかな?)。
どんなもんを見せてくれるのか・・ 次回がちょっぴり気になる。 

 Lee's Diaryにお越しくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

天魔さんがゆく  第1話   *感想*
コメント

Woman  第4話   *感想*

2013-07-26 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「ぼく、おとうさんに会いたいよ」 *

どうも芳しくないらしい成績表を見る栞(二階堂ふみ)の様子に 彼女の悩みを感じて
同級生との再会シーンに漂う不穏な空気に 彼女のあまり楽しくはない学生生活を感じて
成績表を破り捨てる様子に 彼女の持つ神経質な一面を感じて・・と
ちょっと風変わりで謎めいていた栞の内面を少しずつ感じさせておいての 最後のアレ・・なのね。

信(小栗旬)の死に何かしら関係していること 痴漢事件に何かしら関わっていることは予想できたけれど
あそこまで直接的に 意思的に関わっていたとは思わなかったよ・・・。
とても恐ろしいことを とても酷いことを語り出す栞に嫌悪感が沸きあがってきちゃったよ・・・。
そして そして 冷酷な言葉を囁く紗千(田中裕子)に衝撃を受けちゃったよ・・・。

いやぁ・・ 脚本家さんの持ち味の(・・とアタシは思ってる。)毒っ気やら あざとさやらが てんこ盛りだよ~っ。
小春(満島ひかり)のことなのかと錯覚させる冒頭の告知シーンだとか
「ウーギークックのこどもたち」を読む小春と望海(鈴木梨央)と陸(高橋來)のシーンと
悪魔さながらの恐ろしげな言葉を囁く紗千を重ねたり 
望海の朗読と 検査結果を聞く小春の姿を重ねて描いたり
演出的にもイロイロと独特の雰囲気でもって見せてくるこの感じ・・
煽られてる~っ 釣られてる~っ などと思いながらも 思わず引き込まれていってしまう この感じは好き。

犬と陸・・ そこからお父さんへの想いへ・・ という 前半のストーリーにあまり惹かれなかったためか
今までの回ほどにはストーリーに魅力を感じることができなかったコトに 少々物足りなさは感じるのだけど
栞が罪を償う日や 小春が夫の死の真相を知る日は来るのか・・
栞や紗千の想いは どのように描かれていくのか・・ 今後に期待したい。

 ご訪問ありがとうございます  
共感するトコロがありましたならポチリ・・してもらえると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

Woman  第1話   *感想*
Woman  第2話   *感想*
Woman  第3話   *感想*
コメント (2)

スターマン~この星の恋   第3話  *感想*

2013-07-25 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「全部ウソでした・・・失踪夫戻る」 *

面白かったわぁ♪

最後までキレっキレのミチル(木南晴夏)・・・・(あのキレ芸はお見事。)
油の中に左手ジュっの重田(國村隼)・・・・(突然だったから 「ワっ」って声が出ちゃったよ。)
星男の足に抱きつく とにかくやたらと可愛い俊(五十嵐陽向)・・・・
(星男目線からの俊。 物凄~いスペシャルカットだ~っ。あの上目遣いは たまら~んっっ。)
ツンとデレのバランスが絶妙の大(大西流星)・・・・(あの照れ屋さんっぷりがいい。)
惣菜一筋・重田の「新作薄型コロッケ」・・・・(重田さんが見せる中年男の哀愁にゃあ萌える。)
「あんた、私のこと、少し忘れてたね。」な節(小池栄子)・・・・(観てるアタシも忘れてたよ。) 

・・・・などなど 私のツボを刺激してくる要素満載で繰り広げられるストーリーとなっていて面白かったわぁ。

重田が星男(福士蒼汰)を5分間借りるエピソードが特に好き。
妙にチャーミングで萌え要素タップリの重田の様子がまずツボにハマるし
重田と星男の様子をヘラで盗み観るという佐和子(広末涼子)の発想が面白いし
さらに重ねてくる祥子(有村架純)の行動にゃあ吹き出しちゃったし・・。

佐和子と星男のキスシーンも可愛くって好き。
「キスがしたいなぁ」の顔がまず可愛いし 
それを星男に覚えさせるアタリの年上女の余裕(厚かましさとも言う)もいいし・・。

佐和子と星男の間にあった弊害が取り払われたコトで
二人の関係を心置きなく応援できる気持ちになれるのはいいわねぇ。
佐和子がついた一連の嘘は 
「女だったらねぇ、共感してくれる人多いと思いますけどねぇ。」 というもんではないと思うのよ・・やっぱりさ。 

 Lee's Diaryにお越しくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

スターマン~この星の恋   第1話  *感想*
スターマン~この星の恋   第2話  *感想*
コメント (2)