Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

そこをなんとか 2  第4回  *感想*

2014-08-31 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「負けられない女」 *

「男は外に出れば、7人の敵がいるというけれど、女の敵はそんなもんじゃない。
出る杭は打たれ、世間の風当たりは冷たい。」
などという楽子(本仮屋ユイカ)の語りと
アイドルグループ・ステーションセブンと、アパレルブランド・サエマランの三人が重ね合わせて描かれた冒頭からは
何やらとっても面白そうなストーリーを見せてくれそうな予感がビシビシと感じられるというのに、
実際には、そこまで充実したストーリーになっていたとは思えなくって、チョッと肩透かしを食わせられた気分。
う~ん、、期待しすぎたか。
社会で働く女性たちに待ち受けている厳しさや、彼女たちの逞しさなどで、一応まとめられているとは思うものの
片岡光子(萬田久子)の案件も、サエマランの案件も薄~く感じられてしまって物足りない。
前回に引き続き、オチは好き。
“あのこと”を引き合いに出して、社長におねだりしちゃうラッコに天性の才能が感じられるわぁ。可愛いわぁ。
いつか、頑張った自分に助けられる日が来る・・・
ひょんなことから、それを体現することになってしまった楽子・・というのは面白かった。

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ そこをなんとか  最終回  *感想*

そこをなんとか 2  第1回  *感想*
そこをなんとか 2  第2回  *感想*
そこをなんとか 2  第3回  *感想*
コメント

同窓生 人は、三度、恋をする  第7話  *感想*

2014-08-31 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「引き裂かれた離婚届・・・」 *

前回がホント面白くなくって、
ただでさえ高いとは言えないこのドラマに対する期待度がさらに下降してしまっていたのだけど
とりあえず、今回は、それなりに楽しめたコトが嬉しいよ。

健太(井浦新)の両親が登場してきたことで
フワフワとして現実感の乏しかった健太のエピソードに、少~し生活感を感じ取ることができたことや
あけひ(稲森いずみ)のエピソードが大きな変化を見せ始めたことなど
今までの中では、一番の見応えだったと言えるかも。
それにしても、あけひの幼い子供たちの泣き声は痛々しかったわねぇ。
可哀想で、涙腺が緩みそうになってしまったよ。

いやしかし、、
薫子(板谷由夏)があけひの腕にある痣を連写するシーンと
太郎(松本利夫)が健太のところに訪ねるシーン、、
やたらともたついてたなぁ、、、、、。
尺が余っちゃった??
このシーンで時間調整してる??
んなコトまで思ってしまったよ。
せっかく、動きのあるストーリーだったのに
ああいうテンポの悪さって、テンション下がるわぁ、、、、。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

同窓生 人は、三度、恋をする  第1話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第2話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第3話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第4話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第5話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第6話  *感想*
同窓生 人は、三度、恋をする  第6話  *感想*
コメント

家族狩り  第9話  *感想*

2014-08-30 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「葬送の儀」 *

山賀(財前直見)と大野(藤本隆宏)、、存在感タップリだったわねぇ。
ドラマが放送される前に、財前さんと藤本さんが この役を演じるのだと知ったときには
チョッとイメージと違うような気もしたのだけれど(もう少し年配の人物たちを思い描いていた)
いやあ、、ハマってるわよねぇ。
自分たちのやっていることは正しいことだと信じ込んでしまっている二人の不気味さや、おぞましさ、、怖いよねぇ。
確固たる信念を持って、自分たちの行為を崇高な儀式としてしまっている二人なため
游子(松雪泰子)に対する主張や反論に強い説得力が生まれてしまっているのも怖いよねぇ。

それにしても、生々しく、過激に、あのシーンを描いてたなぁ。
正直、原作にある残虐な描写については、最後まで受け止めきることができず
嗜虐的な描写で読者を引きつけようとする意図のようなものが見え隠れしているようで、どうも好きになれなかったのだけれど
山賀と大野の儀式と、異常な信念を描くには、やっぱり、ある程度は残酷さを見せる必要があるよねぇ。

そうそう、椎村(平岡祐太)ったら、今回はチョッとカッコいいトコロを見せることができたみたいねぇ。
「現場の刑事、なめんな!」
へなちょこキャラで終わらなくって良かったよ。
あ、でも、馬見原(遠藤憲一)に言わせれば、あのへなちょこ具合も役立っていたみたいだし、良かった良かった。
、、、、なのだけど、馬見原のパートの浮きっぷりは、チョッと残念だったよ。
ここにもまた、独りで苦しみながら生きていた人間が、、 愛を知らない寂しい人間が、、ってなトコロを重ねたかったのだろうけれど
突然の油井の告白には、ピンとこなかったよ。

馬見原パートが物足りなかったり
尾崎豊はもういいだろっ!と突っ込みたくなったり
イロイロと満足できないトコロもあるのだけれど
次回はついに最終回、、
どのように描かれているのか、楽しみだわぁ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら ポチっとよろしくお願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

家族狩り  第1話  *感想*
家族狩り  第2話  *感想*
家族狩り  第3話  *感想*
家族狩り  第4話  *感想*
家族狩り  第5話  *感想*
家族狩り  第6話  *感想*
家族狩り  第7話  *感想*
家族狩り  第8話  *感想*
コメント (2)

ST 赤と白の捜査ファイル  第7話  *感想*

2014-08-29 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「天才・赤城左門が密室殺人の謎を暴く全員に動機アリ・死者のメッセージを解け」 *

ありがちなトリックではあるけれど、事件自体は結構楽しめたよ。
ゲストキャラそれぞれに、動機と思われるようなものがあったり
三角関係のキャラたちに、それぞれの感情が隠されていたりして
チョッと複雑な状況であるかのように思わせてもらえたしね。
(キャストの顔ぶれから、犯人は予測できてしまうのだが、まあ仕方があるまい。)
閉所と思うから閉所、、密室と思うから密室、、
翠(芦名星)の問題と絡めて、上手いコトまとまっていたしね。

ただ、ツボが足りな~いっ。
まあ、STの面々から百合根(岡田将生)が今まで以上に好意的に受け止められていく様子は微笑ましかったから いいか~。
百合根と同様に、松戸(瀬戸朝香)もまた、彼らのことを真摯に考えていることが判明したから いいか~。

 最後まで読んでくださり ありがとうございます 
チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ST 赤と白の捜査ファイル  第1話  *感想*
ST 赤と白の捜査ファイル  第2話  *感想*
ST 赤と白の捜査ファイル  第3話  *感想*
ST 赤と白の捜査ファイル  第4話  *感想*
ST 赤と白の捜査ファイル  第5話  *感想*
ST 赤と白の捜査ファイル  第6話  *感想*
コメント

昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第7話  *感想*

2014-08-29 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「恋の終わり・・・日常に戻る辛さ」 *

玄関先での紗和(上戸彩)と祐一郎(斎藤工)の秘め事・・
アレを見せられたときにゃあ、思わずニンマリしちゃったよ。
そんな自分のアホっぽさに呆れつつも
ありゃあニマニマしちゃうよねぇ、、
キターって思っちゃうよねぇ、、と、心の中で言い訳しちゃったよ。

「私達は、標のない深い森に、二人で迷い込みました。」
という、紗和の語りに さらに高まって
紗和のあの微笑みに、さらに、さらに高まっっちゃったよ。
紗和のあの表情、、良かったわぁ。
悪い女・紗和、誕生の瞬間、、といった感じがしたわぁ。
「神様は簡単には許してくれないようです。」
などと、スゴスゴと逃げ帰っていた紗和が
あんな表情をするまでになってしまうのねぇ。
想いや感情や願望を抑圧していただけに
刺激的なあの状況下で、あんなことをされて、ああなっちゃうワケなのね。
(手を握られただけなんだけどね。でも、あの状況で、、というのが淫靡よね。)

二組の夫婦が出会ってしまうまでの流れも楽しめたなぁ。
あの緊張感、、、たまらないわぁ。
「私、勘は外してないと思う。」
前半で、キッパリと言い切る乃里子(伊藤歩)の台詞が効いているのよねぇ。
イロイロと危なっかしい紗和の様子が、効果的なのよねぇ。
いやぁ、、紗和、痛恨のミスだよ、アレは。
でも、面白くなってきた~っっ。

慶子(高畑淳子)と俊介(鈴木浩介)プラス美鈴(木南晴夏)のシーンも面白かったなぁ。
母親の目を真っ直ぐ見られない俊介がおかしい。
俊介の「ない・・・よ?」に吹き出しちゃったよ。

紗和と利佳子(吉瀬美智子)の会話に乱入してくる慶子のとんちんかんっぷりも良かったし
美鈴の押しの強さも楽しかったし
滝川(木下ほうか)の嫌な感じも利佳子のエピソードに欠かせないものだし
それぞれのキャラが魅力的に動き回っていて楽しめたよ。 

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第1話  *感想*
昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第2話  *感想*
昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第3話  *感想*
昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第4話  *感想*
昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第5話  *感想*
昼顔~平日午後3時の恋人たち~  第6話  *感想*
コメント

若者たち2014  第7話  *感想*

2014-08-28 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「生まれる」 *

相変わらず暁(瑛太)は、明け透けな物言いなのね。
歯に衣着せぬ主張で、相手の心に切り込んでくるのね。
「でも、あれ、無理じゃないか?」
「昔なら死産になっていた命だろ?」
「医療の進歩とかで、無理やり生かされている感じがしてさあ。」
乱暴に、過激に、自分の意見を主張してくる暁に眉をひそめつつも
あえて、あのようなコトを言う、、
あえて、あのような意見もあることを提示する、、
そんな暁の想いは感じられたよ。

「少なくとも、お前が子供と向き合っていないことは、よ~く分かる。」
「どこかで思ってるんだよ。本当は助からないほうがいいんじゃないかって。」
旭(妻夫木聡)と暁は光と影なのだ・・
旭は暁を必要としている・・ 
という、多香子(長澤まさみ)の言葉を受けて
あえて、あのような立場へと自分を置く、、
そんな暁の想いが感じられたよ。

暁のあのぶっきらぼうな感じ、乱暴な言動の中に隠される兄妹たちへの優しさ、、
それは、ひかり(満島ひかり)とのやり取りでも感じられるわよねぇ。
泣けよ、、泣けよ、、と
しつこく、しつこく、ひかりの心を突っついてくる暁も印象的。
暁の前で素直になることができた ひかりと
ひかりの髪の毛を悪戯する暁の様子から、二人の関係が感じられて好き。

それにしても、旦(野村周平)は、どんどん気持ち悪くなっていくわねぇ。
純粋な彼の心を傷つける優柔不断さや、残酷さを見せる香澄(橋本愛)も どうかと思うけど
亘が見せたあの暴走っぷりは酷い。
でも、イロイロと経験が足りなくって、頭に血が上っちゃって、暴走してしまう危うい感じを
イイ感じで拙く、青臭く見せてくれていて、インパクトがあったなぁ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

若者たち2014  第1話  *感想*
若者たち2014  第2話  *感想*
若者たち2014  第3話  *感想*
若者たち2014  第4話  *感想*
若者たち2014  第5話  *感想*
若者たち2014  第6話  *感想*
コメント

あすなろ三三七拍子  第7話  *感想*

2014-08-28 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「応援団は家族を不幸にします!・・・なぜ?」 *

藤巻広子さんって、そりゃあ可愛らしいんだけどさ、、
夫のコトを周囲にひた隠しにする様子や、夫に文句を言う様子など
チョッと毒を含んだシーンも、その可愛らしさで緩和したり
ユーモラスで、ほんわかした雰囲気になったりしていいんだけどさ、、
今回のようなメインエピソードを引っ張るキャラクターではないと思うのよ、、、、。
脇にもってくることで光るというか、サイドエピソードに用いることで魅力が感じられるというか、、そういうキャラだと思うのよ、、、。
そんな、吸引力のあまり感じられないキャラがガッツリと前に出てこられても、正直、あんまり惹かれないのよね。

そんなこんなで、今回のストーリーって、あんまり魅力を感じなかったなぁ。
犬も食わない夫婦喧嘩を見せられただけといった印象も強いし、、、。
まあ、翔(風間俊介)にグチグチグチグチ愚痴を言う広子さんは可愛かったから、いいんだけどね~。
家族を応援しているようなつもりになっていた藤巻(柳葉敏郎)が、
妻から応援されて、ここまでやってきたことに気付くというのは印象的だったから、いいんだけどね~。

沙耶(剛力彩芽)のエピソードのほうも、期待していたほどではなくって、チョッと物足りない。
誰が悪いのか!誰を憎めばいいのか!という沙耶の訴えは痛々しいし、
そんな風に思うほどの辛いことがあったのだろうな、、だとか
やりきれない想いを応援団という存在にぶつけるしかなかったのだろうな、、などと
彼女の想いを想像することはできなくはないのだが
正直、あのエピソードに惹きこまれるような力を感じることはできなかったよ。
まあ、自分の母親と広子を重ね合わせる沙耶が、母親の想いに触れる、、というアタリは好きだなんだけどね~。  

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

あすなろ三三七拍子  第1話  *感想*
あすなろ三三七拍子  第2話  *感想*
あすなろ三三七拍子  第3話  *感想*
あすなろ三三七拍子  第4話  *感想*
あすなろ三三七拍子  第5話  *感想*
あすなろ三三七拍子  第6話  *感想*
コメント (2)

ペテロの葬列  第8話  *感想*

2014-08-27 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「衝撃の一夜!妻は・・・夫の決断全ての謎を知る意外な共犯者!」 *

井手(千葉哲也)のインパクトたるや、凄まじいものがあるわぁ。
井手ったら、いい味を出しまくってたよねぇ。
あの癇に障る笑い方、、 
なんかイラつく話し方、、
人の性格をしっかりと把握している あの感じ、、
人の弱点を突いてくる あの感じ、、
妙に説得力のある あの感じ、、
面白かったわぁ。

園田(室井滋)や間野(長谷川京子)のことを会社の居候、ただ飯食らい、組織に必要な人間ではない、と言い切り、、
真野のような女には気を付けなければならない、真野は警戒すべき人間なのだと忠告し、、
持ち上げられるのは嫌いでも、頼られると弱い杉村の性格を見抜き、、
杉村本人さえも気付いていない(気付かないようにしている)気持ちを指摘する、、
よくもまあ、あれだけのコトがつらつらと口から出てくるよねぇ。
真実も、嘘も、的確な指摘も交じり合っていそうな井手の語りを聞いていたら
前シリーズの「名もなき毒」を思い出したよ。
恐ろしげな毒を平然とまき散らす井手、、怖い~っっ。

杉村と結婚した当初から、菜穂子(国仲涼子)がずっと抱え込んできた想いも印象的だったなぁ。
自分の弱さが、、夫に犠牲を払わせてしまったことが、、いつも足手まといな存在であることが、、
ずっと重荷だったという菜穂子。
杉村は杉村で、菜穂子との間に何かしらの隙間や距離や違いといったものを感じてきているし、
今田家の一員でいることに閉塞感を強く感じているワケだし、
夫も妻も、こういう微妙な想いを抱えていたのねぇ、、と、しみじみ思ってしまったよ。
菜穂子さんったら、何やら夫に話してないコトがあるようだし、
この夫婦の関係がどのようになっていくのか、気になるわねぇ。
あ、もちろん、明らかにされはじめた、暮木(長塚京三)のこともね。

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

名もなき毒  第11話 (最終回)   *感想*

ペテロの葬列  第1話  *感想*
ペテロの葬列  第2話  *感想*
ペテロの葬列  第3話  *感想*
ペテロの葬列  第4話  *感想*
ペテロの葬列  第5話  *感想*
ペテロの葬列  第6話  *感想*
ペテロの葬列  第7話  *感想*
コメント (2)

HERO  第7話  *感想*

2014-08-26 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「運命の出会い!?愛憎の熱海出張」 *

久利生(木村拓哉)が担当した案件、、えら~く薄かったなぁ、、、、、。
別に、このドラマに そこまでの見応えを期待しているワケではないのだが
それにしても、今回の案件って薄すぎるのではないかしら、、、。
事件のエピソードが充実していなくっても
恒例のワチャワチャで楽しませてもらえれば、それなりに満足できるのだが
今回のお遊びやおふざけって、どうもノリが合わないというか、、
やたらと煩く感じてしまうというか、、
そんなこんなで、いまひとつ面白く感じなかったコトが寂しい。

自分が寝込んでいる間に、被害者が考えを変えることなく、すんなり事が進んで良かった・・
などと、完全に思い込んでしまっている麻木(北川景子)と
麻木が知らないトコロで、実はイロイロと頑張っていた久利生・・というカタチだとか
ワチャワチャ感は好みではなかったものの
馬場(吉田羊)と田村(杉本哲太)の関係が
城西支部の面々にたちどころに広まっていく流れだとかは面白いとは思ったのだけれども、、。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

HERO  第1話  *感想*
HERO  第2話  *感想*
HERO  第3話  *感想*
HERO  第4話  *感想*
HERO  第5話  *感想*
HERO  第6話  *感想*
コメント

おやじの背中  第7話  *感想*

2014-08-25 | 夏ドラマ(2014)感想
* よろしくな。息子  *

会話を楽しむドラマね。
ただひたすら、山田太一節を楽しむドラマなのね。

靴の話は止めなければならない・・
あ、いや、靴の話じゃない・・
などと、祐介(東出昌大)の前で、健気な努力を見せる高村(渡辺謙)の様子や
こりゃあ、見合いの席で、相当靴の話をしまくったのだな、、と感じさせる、高村と泰子(余貴美子)の会話が面白い。

弟子も女房も一家族から求めるなんて、おかしいでしょう・・という、康子の言い分だとか、、
真っ直ぐに、真っ直ぐに、自分の想いや感情をぶつけてくる高村に煽られたのか、
急に情熱的になってしまい、ああ・・ああ・・ と悶える康子だとか、、
ああ、男の人、とっても、とっても、久しぶり・・という康子の呟きだとか、、
見てはイケナイもの、、決して見たくはないもの、、を見てしまい、動揺する祐介の様子だとか、、
もう先は長くないんでね・・という、ごもっともな言い分を披露する高村だとか、、
思わずクスリとさせられちゃう掛け合いを楽しんだよ。

高村と康子、、二人で歩んでいく人生と、
今はまだ、その途中にいるのだという祐介の人生が幸せであるように、、
最後には、そんな風に見守りたくなったよ。

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

おやじの背中  第1話  「圭さんと瞳子さん」  *感想*
おやじの背中  第2話  「ウエディング・マッチ」 *感想*
おやじの背中  第3話  「なごり雪」  *感想*
おやじの背中  第4話  「母の秘密」  *感想*
おやじの背中  第5話  「ドブコ」  *感想*
おやじの背中  第6話  「父の再婚、娘の離婚」  *感想*
コメント