Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

マルモのおきて  第10話  *感想*

2011-06-30 | 春ドラマ(2011) 感想
* マルモのおきて 「おばちゃんは、ママですか」 *  番組HP

「あのな、薫。世の中には3人そっくりさんがいるって言われてるんだよ。」
と 無理矢理感タップリに窮地を脱した護(阿部サダヲ)。
“猫むすめ” “猫バス” “宇宙人” と 護が挙げ連ねた彼のそっくりさんにゃあ ただただ納得だけど
そんなもんを並べられても サッパリ説得力は感じられない~っ(笑)。
その後は とりあえずこの大問題を脇に追いやり 運動会エピソードにスパッと切り替わるし
あけぼの文具では 応援グッズを持ち寄る社員たちのユル~い昼休みの様子が描かれちゃうし
「JIN-仁-」の余韻から全く抜け出せないでいるアタシは(6月26日視聴) 
このドラマの力の抜けた雰囲気に しばらく入り込めないでいたのだけれど
ムックの飼い主と思われる人物の登場アタリからは 
このドラマらしい揺れ動く護の気持ちの描写に グッと引き込まれてしまったわぁ。


薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)と会わないでいることなど出来ずに 
二人の様子を見たくて仕方のないあゆみ(鶴田真由)の気持ちは理解できるけれど
亡き親友・笹倉の想いを裏切ることは出来ないと思い続けてきた 護の根幹が崩れ去るラストの展開は面白かった。
笹倉の あんな切実な想いを知ってしまったら その親友の想いを尊重するしかないわよねぇ。
笹倉の想いを裏切ることは出来ないということが 護が薫と友樹をあゆみに渡さない大義名分となっていただけに
この根拠を失うこととなってしまった護の辛さを思うと 見ていて切なくなってくる。
「淋しくて、淋しくて、どうしていいか分かんないよ。」 「でも、返さなくちゃいけないんだ。返さなくちゃ。」
と 自分に言い聞かせる護の様子に涙。
実の母親が生きているのに そのことを薫と友樹に伝えないままでいることや
二人が実の母親と生活していく可能性や選択肢を 護が遠ざけてしまうことには 
やっぱりどこか納得できないところもあったので 辛くて切ない気持ちではあるけれど この展開には納得。

強力なライバルドラマが終わったことで出現したビックチャンスを逃すことなく 
次の日曜日にマルモフィーバーを巻き起こそうと目論むテレビ局の強かさには 少々ゲンナリするけれど
きっと SP番組からしっかり見てしまうだろうなぁ。 
マルモと薫と友樹にどんな結末が待ち受けているのか・・・最終回が楽しみ♪ 

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

マルモのおきて  第1話  *感想*
マルモのおきて  第2話  *感想*
マルモのおきて  第3話  *感想*
マルモのおきて  第4話  *感想*
マルモのおきて  第5話  *感想*
マルモのおきて  第6話  *感想*
マルモのおきて  第7話  *感想*
マルモのおきて  第8話  *感想*
マルモのおきて  第9話  *感想*
コメント (2)

グッドライフ 最終回  *感想*

2011-06-29 | 春ドラマ(2011) 感想
* グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~ 「ありがとう、パパ」 * 番組HP

大地(反町隆史)と羽雲(加部亜門)のエピソードの合間に チョロっとだけ入れ込まれる華織の描写と
彼女にくっ付いて登場してくる かなり無理矢理な感が漂う雪村(鹿賀丈史)の描写には
どうしても不満を感じずにはいられないトコロもあったのだけど 
最終回は ずっと感じてきた アタシのそんなモヤモヤを帳消しにしてくれたような感じ。
特に 井川さんの持ち味であるポワンとした雰囲気と 羽雲(加部亜門)のポヤヤンとしたキャラがマッチしていただけに
華織の描写が甘いコトが ずっと残念だったのよねぇ。
このドラマは父と息子に焦点を当てた物語となっているので 華織(井川遥)の登場シーンが極端に少なくって
彼女の描写が甘くなってしまうのは いたしかたのないコトなのかもしれないけれど・・・。
そんなアタシの物足りなさは 華織と羽雲の生活する様子を見るコトで チョッピリ埋めてもらったことに満足。
「パパはさあ、貰うのがとてもへたっぴな人だから。」 「ほんとは、わっくんのこと好きなくせにねぇ。」
と 大地のことを羽雲に分かりやすく説明する華織の言葉が魅力的だったなぁ。

一時は このキャラいらないんじゃ・・・とまで思ったコトのある雪村も
羽雲に大地のことを伝えていいものか悩む華織にアドバイスする言葉に 説得力と魅力を感じられたコトが嬉しい。
第10話では 華織と羽雲を残し死んでいく大地の不安を受け止める役目を雪村が担っていたし
ラスト2話で やっと彼の存在意義を少しだけ感じることができたように思うわぁ。

この雪村の言葉や 円山(伊原剛志) 七海(榮倉奈々)のアドバイスによって 距離を縮めていく大地と華織。
家族は一度作ってしまえば 勝手に続くと思っていた。  父親になる時間をくれたことを感謝している。
・・・と病室で 華織に自分の気持ちを語る大地の言葉が印象的。

そしてラストシーンで見せてくれた 羽雲の強くなったよアピール。
一生懸命 自分がどれだけ強くなったのかを大地に語りかける羽雲が可愛い。
羽雲に抱きつかれた大地が 最後にそっと息を吐く様子に 彼の想いが伝わってきて涙。
悲しみよりも バラバラになっていた家族が再び向き合うことで得られる喜びや幸福感を強く感じさせるような描写で
終わっていることにも満足できるし ストーリー全体にたくさんの魅力を感じられる最終回だったと思う。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

グッドライフ 第1話  *感想*
グッドライフ 第2話  *感想*
グッドライフ 第3話  *感想*
グッドライフ 第4話  *感想*
グッドライフ 第5話  *感想*
グッドライフ 第6話  *感想*
グッドライフ 第7話  *感想*
グッドライフ 第8話  *感想*
グッドライフ 第9話  *感想*
グッドライフ 第10話  *感想*
コメント (2)

幸せになろうよ 最終回  *感想*

2011-06-28 | 春ドラマ(2011) 感想
* 幸せになろうよ 「僕と結婚してください。」 *  番組HP

なんだか 薄い内容だったなぁ・・・。
前回の放送と予告を見れば 最終回は 純平(香取慎吾)が春菜(黒木メイサ)の勤め先で 
彼女に告白するストーリーなのだというコトは予測できちゃうワケだけど 
ホントに それだけのコトを引き伸ばして描いていっただけのような印象しかない・・・・。
純平の想いとか 春菜の気持ちとか もう少し深く描かれているのかなぁ などと思ってみたりしたのだけれど・・・。
“会いたいけど、会うと壊れそうで怖い”という 恋愛にオクテな春菜の気持ちが言葉にされたりしてはいるのだけれど
なぁんか表面的というか・・・っていうか キャラにそれほど思い入れを持てないで最終回まできてしまっているから
その手の言葉を チョロっと言われたくらいじゃあ 心に響いてこないというのが正直なところ。

それでも 矢代(藤木直人)が言った 「彼女は誰かに幸せにしてもらおうなんて、思っていませんよ。」という言葉で
自分が春菜との関係に望むべき真の形を見つけた純平が 「幸せになりたいんだ、君と二人で。」と
プロポーズする展開に このドラマの描きたかったコトが少しだけ見えたようには思えた。
ずっと“柳沢さん”と呼び続け 上野(綾部祐二)からもからかわれていた頼りなげな純平が 
いきなり「春菜!」と呼び捨てする様子や  
「恥ずかしい」by春菜 「すみません。」by純平 のやりとりの後に 再び春菜の肩を抱く様子などに
今まで見たことのないような純平の男らしさを見られたコトは チョッと嬉しい。

純平がずっと持っていたペンにまつわるエピソードは なぁんか とってつけたように
最終回にいきなり入れてきたなぁという印象も強いのだけど
そのエピソードを絡めて 二人の出会いから結ばれるまでを ラストできれいにまとめていたことには好感が持てた。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

幸せになろうよ 第1話  *感想*
幸せになろうよ 第2話  *感想*
幸せになろうよ 第3話  *感想*
幸せになろうよ 第4話  *感想*
幸せになろうよ 第5話  *感想*
幸せになろうよ 第6話  *感想*
幸せになろうよ 第7話  *感想*
幸せになろうよ 第8話  *感想*
幸せになろうよ 第9話  *感想*
幸せになろうよ 第10話  *感想*
コメント (2)

JIN-仁-  最終回  *感想*

2011-06-27 | 春ドラマ(2011) 感想
* JIN-仁- (完結編) *  番組HP
「完結~時空の果て・・・150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」

「あの患者のことは なんとなく分かったけど、分からないことも山ほどある。
俺がここに来た意味も分からないまま終わるんだろうか。」 という仁(大沢たかお)のナレーションの後に
「まあ、人生ってそんなもんか。」 などと なにやら達観した様子で呟く仁の様子を見せられて
え~っ! 「人生ってそんなもの」 で終わらせたりしないでよ~っ!!と 不安になったりもしたのだけれど
そんなアホな不安は杞憂に終わって 本当にホッとしたわぁ。

はぁ・・・終わってみれば なんて壮大なラブストーリーなんでしょう♪
時空を超えて仁の心に届いた咲の告白に 「私もですよ。咲さん、私もお慕い申しておりました。」  
と 答える仁の様子に ただただ感動。 そして 仁の涙に ひたすらもらい泣き・・・。
やっとのことで実現した仁と咲の抱擁や 今までになく色っぽい咲の表情を楽しんだのも束の間
ロクに愛の言葉を交わすこともなく ましてや別れの挨拶などすることもなく離れ離れになってしまっただけに   
ラストに用意されたロマンティックな演出が さらに心に染みてくるのよねぇ。
最後の最後に いかにも咲らしい 彼女の感覚的で聡明なトコロを見られたのも とても良かったなぁ。
名前も顔も思い出せないけれど 確かに恋をしていた御方への思いを記すことで 歴史の修正力に抗おうとした咲。 
理屈じゃなくって 自分の感じたままに行動する咲の強さが とても印象的。
そして 仁の大切な人の命を繋いでいくのだという咲と野風(中谷美紀)の想いが 奇跡を起こすというのも
なんともロマンティックで はあ・・ため息・・・。

苦しむ仁に何にもしてやれない自分の未熟さを悔しがる佐分利(桐谷健太)を見て 
そんな佐分利は いい医者になると 太鼓判を押す仁のエピソードや
出合った当時の恭太郎(小出恵介)の言葉を思い出し
恭太郎が命懸けで守っているのは徳川じゃなく橘家だと 仁が恭太郎に助言するエピソードだとか
対立する医師たちが共に手をとり協力し合う様子や そこで見られる誇り高い医師の志などなど
江戸時代の物語も どこをとっても見応え十分なのだけど その中でも特に印象的だったのは栄(麻生祐未)。
恭太郎だけじゃなく 咲までも自分の前からいなくなってしまうのではないかと 栄が初めて見せた女性的な弱さや
「恥をさらそうが生きることこそって・・・これからは、そういう時代が来るのでしょうか。」 
と 一つの時代が終わり 新たな時代を迎えようとするなかで生きていく者の戸惑い
そして 母親として咲のことを一番に考える気丈さと 様々な栄の感情を見せてもらった気がするわぁ。

それにしても 咲の治療にポスミシンが必要だと判明するアタリからラストまでの なんと面白いこと。
もちろん それ以前のストーリーも見応えタップリで楽しめたのだけど 原作を読んでいないアタシは
野口(山本耕史)の解説に 仁と一緒に ナルホド~っ!と しきりに感心するばかり。
ここで仁が 自分の力でコトのカラクリを分析しないで 野口に完全に頼りきるというのも かなりツボ。
最後まで 仁のチョッピリとぼけた味わいを見せていただいて満足だわぁ。
その後 仁が調べあげた歴史の中に 仁友堂の仲間たちの足跡を見せられて 
何とも言えない幸せな気持ちになれたことも大満足。 
う~ん・・・いかに アタシがこの仁の世界にどっぷり浸っていたか 改めて感じさせる展開だったなぁ。 
こういう感覚だけは そこらへんのドラマでは なかなか感じられないものだと思うので とても嬉しかった。

★ 最後まで読んでくださって ありがとうございます ★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

JIN-仁-(2009年秋ドラマ) 最終回 *感想* 
JIN-仁-  第1話  *感想*
JIN-仁-  第2話  *感想*
JIN-仁-  第3話  *感想*
JIN-仁-  第4話  *感想*
JIN-仁-  第5話  *感想*
JIN-仁-  第6話  *感想*
JIN-仁-  第7話  *感想*
JIN-仁-  第8話  *感想*
JIN-仁-  第9話  *感想*
JIN-仁-  第10話  *感想*
コメント (27)

アスコーマーチ!  第7話 *感想*

2011-06-25 | 春ドラマ(2011) 感想
アスコーマーチ!~明日香工業高校物語~ 番組HP
「最終章!!リアル工場潜入・・・世界一の職人vsアスコー軍団」

最終章!!と力を入れてきたワリには う~ん・・・第1章の方が面白かったような・・・。
そうそう 有人は父親と母親のエピソードからやっと解放されるのねと喜んでいたけれど
まだ あったわぁ・・・好きじゃないエピソード・・・。(すっかり忘れてた。)
「だったら貸したお金返せるの?」 などと 昼メロみたいな台詞を言っちゃう杏子の様子にゃあ萎える・・・。
どうも 第1章よりもラブストーリーに重点が置かれているみたいだし
そのためには 直(武井咲)と有人(松坂桃李)の恋を邪魔する女の存在が必要というコトなのかしら。
個人的には 直の恋物語にはあんまり興味はないので このアタリはサラッと終わらせてほしい気持ちが強いけど
玉木(賀来賢人)くんの切なげな表情や 
失恋して泣きながら帰宅する直の可愛らしい様子を見られたし まあいいか。

直たちがインターンシップを体験するメインのストーリーの方は
許可もとらずに勝手に歯車をいじっちゃう様子や やたらと喧嘩腰な工業男子たちの様子など
どうも やりすぎというか 無理矢理というか ありきたりというか ・・・な展開が好きじゃない。
最終章に入ったコトだし もう少し大人なアスコー生たちの様子を見てみたいのになぁ。
小学生じゃあないんだから 彼らには もう少し分別を持たせてあげてもいいんじゃないかしらねぇ。
「損はさせねえよ。これも、こいつらも、俺も、この工場にとっちゃ無用の廃材だ。
再利用できたらラッキーじゃねえか」 という野口(西岡徳馬)の言葉だとか
「かっけー」by玉木 「うん。かっけーね。」by直 のやり取りだとか
後先も考えずに奮闘するお節介な直を見守る大向(勝村政信)や杉崎(白石美帆)の様子などなど
このドラマらしい魅力も見られるだけに 何だか残念な気持ちにさせられてしまう。
(まあ今回に限らず いっつも雑なトコロは見られるドラマなんだけど。)

さてさて 今回 最も面白かったのは
「おい気をつけろよ(巻き舌)。出来立ての歯車は熱もってっから。」 という村井(金井勇太)の台詞。
有人のカッコいい台詞と 有人に抱きかかえられウットリする直のシーンを見せられてからの
村井の台詞の挿入には笑ってしまったわぁ。  

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

アスコーマーチ!  第1話 *感想*
アスコーマーチ!  第2話 *感想*
アスコーマーチ!  第3話 *感想*
アスコーマーチ!  第4話 *感想*
アスコーマーチ!  第5話 *感想*
アスコーマーチ!  第6話 *感想*
コメント (2)

失恋保険告らせ屋 第12話 *感想*

2011-06-25 | 春ドラマ(2011) 感想
* 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険告らせ屋 「告白相手は殺人犯」* 番組HP

前回より 物語全体がまとまっているように思えるトコロは好き。
村尾(郭智博)との出会いは運命だったのだと 頑なに運命という言葉を強調する舞子(南沢奈央)を見て
自分と元恋人との会話を思い出したルーク(城田優)が 
今後の村尾との関係を 舞子に選択させるというのは それなりに面白かった。
運命の出会いに舞い上がり 冷静な判断を出来なくなっている孤独な女・舞子を ルークが荒療治するといった感じね。 

ただ なぁんか刺激が少なくって物足りないのよねぇ。 刺激的な要素は 今回よりも前回の方があった気がするわぁ。
今回のような低刺激な物語にするのなら 舞子の孤独な人生や 
互いの寂しさを埋めあう舞子と村尾の関係を もっとじっくりと見せてほしかったなぁ。
正直 ルークと元カノのエピソードには あんまり興味はないし
どうせ そのエピソードは 最終回で描いていくことになるのだろうから
今回は その時間を舞子の物語に充てて もう少し丁寧に見せてほしかった。   

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

失恋保険告らせ屋 第1話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第2話・第3話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第4話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第5話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第6話・第7話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第8話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第9話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第10話  *感想*
失恋保険告らせ屋 第11話  *感想*
コメント

BOSS 第10話  *感想*

2011-06-24 | 春ドラマ(2011) 感想
* BOSS(season2) 「動き出す陰謀・・・」 *  番組HP

・・・・ちょっと期待しすぎちゃったかなぁ・・・・・。
最終回を次回に控えているというコト 木元(戸田恵梨香)がやっと復帰するコトなどから
もう少し見応えのある事件を描いていってくれるものだとばかり思っていたのだけど・・・。
予想以上に 小さくまとまったエピソードだった気がするわぁ。
まあ 対策室の面々の活躍ぶりは 前回よりは見られた気がするし
片桐(玉山鉄二)をメインに据えて いつもとは趣向の異なる切ない恋物語としたトコロに
新鮮味をチョッピリだけ感じるコトもできたし
クライマックスで描かれるどんでん返しも 切ない恋物語に見合ったチョッと抑え目のテイストで描かれていたし
まあ いいか・・・・なぁ・・・。
「自分、刑事ですから。」 と呟く片桐の 渋~く表現された男の哀しさを見られたのは満足。

メインの事件よりも 最終回で描かれる事件へのフリといった印象が強かった第10話。
ラストでは 対策室の面々に仕掛けられた罠を 畳み掛けるように描いていてテンション上がったし
幸子(長谷川京子)の立ち位置が どちら側なのか気になるトコロだし
いよいよピーピーの活躍を見られそうだし とりあえず最終回に期待♪
火10の仕事を終えた高倉さんが 木10に駆けつけるというミラクルは起こらないのかなぁ。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

BOSS 第1話 *感想*
BOSS 第2話 *感想*
BOSS 第3話 *感想*
BOSS 第4話 *感想*
BOSS 第5話 *感想*
BOSS 第6話 *感想*
BOSS 第7話 *感想*
BOSS 第8話 *感想*
BOSS 第9話 *感想*
コメント

下流の宴  第4回  *感想*

2011-06-24 | 春ドラマ(2011) 感想
* 下流の宴 「カリスマの逆襲」 *  番組HP

面白かったわぁ♪
今回 最も楽しめたのは 翔(窪田正孝)と島田(遠藤憲一)の心の内が 少し明らかになったトコロ。

いやあ 翔ちゃんったら可愛い~♪
あんなウザい母親に干渉されたら あの手の息子は もっと声を荒げたり 暴力を振るったりしそうなのに
そういうトコロが見受けられないコトや 祖母のお金に手をつけようとしないトコロなどから
今までにも 彼の優しい心根を垣間見ることをできてはいたけれど 
あのように珠緒(美波)の言葉を借りてでも 翔の気持ちを表現していただくと 
より一層 彼のことが理解できる気がするわぁ。 それにしても 玉緒の分析は鋭いわねぇ。 
う~ん・・やっぱり今のトコロ 翔よりも玉緒の方が一枚も二枚も上手ね。

そして 今回初めて明らかにされた島田の気持ち ・・・
“ 上から見下ろされた人間にしか分からない、下流の気持ち ” ・・・ なるほど~っ!って感じね。
島田は その気持ちをバネにして 今まで頑張ってきたということなのねぇ。
そして そんな島田の哀しい気持ちを作り上げたのは なんと由美子(黒木瞳)と満津枝(野際陽子)という・・・。
しかも 由美ちゃんったら 島田くんにかなり酷いコトを言ってきているのに 
そのコトをサッパリ覚えていないという・・・。
しかも しかも 島田くんから告白されたという 自分にとって都合のいいコトだけは しっかり覚えているという・・・。
満津枝も 自分がとった差別的な態度など全く覚えていない様子で 活躍する島田を褒め称えていたし
どうにも こうにも ただただ二人の人間性を疑ってしまうようなエピソードなのだけど やっぱりかなり面白い~。 

夫の仕事も なにやら危うい状態となっているし
大好きな上流の暮らしを 由美子は今後も続けていくことができるのか・・・気になるところねぇ。 

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

下流の宴  第1回  *感想*
下流の宴  第2回  *感想*
下流の宴  第3回  *感想*
コメント

グッドライフ 第10話  *感想*

2011-06-23 | 春ドラマ(2011) 感想
* グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~ 「さよなら、パパ」 * 番組HP

・・・・泣いたわぁ・・・・。
羽雲(加部亜門)のお送りも お迎えもスパっと止めて 「羽雲・・・。行ってこい。」 と 羽雲を送り出す
冒頭の大地(反町隆史)の様子から もうアタシの涙腺は緩み始めているワケだけど
ラストシーンでは も~う涙腺が完全に緩みっぱなしな状態。
亜門くんが頑張ってたなあ・・・。 今までで一番の演技を見せてくれた亜門くんが アタシの心を鷲掴み。
ずっといい子だった羽雲が 「やだやだっ!」とか 「パパ、早くお家に帰ろうよぉ。」と可愛らしい駄々をこねる様子や
いつもとは違う様子の大地を相手に 譲歩しつつも必死で食い下がろうとする様子に ただ涙・涙。
可愛かったなぁ・・・わっくん。 泣きながら瞬きする度に 長い睫毛が上下する表情が また涙を誘うのよねぇ。

それにしても 大地さん・・・。
「泣くな、顔上げろ。」 「胸を張れ。」 「お前は今から大人だ。大人になるんだ。」って・・・。
6歳の子に そりゃあ無理ってもんでしょうと ついつい思っちゃうわぁ。
(それでなくても 平均的な小学1年生よりも幼く見えるように演出されてるのに・・・。)
「わっくんは きっと後悔すると思う。この後悔は取り返しがつきません。愛されてるんですよ澤本さん。
あなたは、自分が思っているよりもずっとずっと、わっくんに愛されてる。」 
という 七海( 榮倉奈々)の魅力的な言葉によって心を動かされた大地が 
羽雲に本当のことを告げる展開となっていくのかと思いきや
大地は最後まで 矜持とも言える自分の意思・・・羽雲の父親としての自分なりの生き方を守り通すのねぇ。 
個人的には カッコつけてないで 羽雲に看病させてあげてよ~っ!と思いたくもなるけれど
この大地の選択は 頑固で 融通がきかなくて 不器用な彼らしいなぁ・・とも強く思う。 
そして 最後まで そんなどうしようもないトコロを見せる大地の様子に やっぱり切なくなってしまう。

次回は いよいよ最終回。
このドラマとは まったく趣向の異なる9時放送のドラマも終わったことだし
そのドラマの雰囲気を引きずることなく 「グッドライフ」の世界を楽しめそうなことが嬉しいわぁ。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

グッドライフ 第1話  *感想*
グッドライフ 第2話  *感想*
グッドライフ 第3話  *感想*
グッドライフ 第4話  *感想*
グッドライフ 第5話  *感想*
グッドライフ 第6話  *感想*
グッドライフ 第7話  *感想*
グッドライフ 第8話  *感想*
グッドライフ 第9話  *感想*
コメント (2)

名前をなくした女神 最終回  *感想*

2011-06-21 | 春ドラマ(2011) 感想
* 名前をなくした女神 「5人の女、最後の答え」 *  番組HP

予想通りというか 期待していた通りというか・・・
それぞれの登場人物たちが 前を向いて歩き出すまでの様子が描かれていた最終回。
レイナ(木村佳乃)と結城の関係や レイナが抱いていた結城への仄かな想いに対して 
ああも心の広いトコロを見せちゃう功治(平山浩行)の いい夫ぶりには驚きを感じてしまうし
あまりにも出来すぎな展開にゃあ 萎えそうにはなるのだけれど
レイナ・ちひろ(尾野真千子)・真央(倉科カナ)それぞれが 夫と本音で向き合い 
夫婦の関係を深めていく様子を描きつつ 3人とは対照的に 利華子(りょう)だけが
最後まで夫と本音でぶつかることが出来ずに さらに煮詰まっていくという展開は面白かった。

それにしても 利華子さんったら 最終回では さらなる卑劣な行為で 見ているアタシを刺激してくれるのねぇ。
「どうして?どうしてそこまで・・・。怒らせるようなこと、何かした?」と 問いかける侑子(杏)に
「してないんじゃない?」 と 利華子が答えるシーンは最高。
あのひと言で 苛める側の屈折した心理を表現しちゃうアタリが面白いわぁ。
今回も重要な役割を果たしてくれた空斗(今井悠貴)の泣きのシーンも良かったなぁ。
前回 侑子と交わした約束を果たすべく 必死に母を正気に戻そうと頑張る空斗が あまりにも健気で切なくなる。
後半に 利華子が侑子に謝罪するシーンも 見ていて切なくなったトコロ。
常に冷静さを装い 素直な気持ちや感情を表に出すことの少ない利華子が
泣きながら自分の気持ちをぶちまける様子は見応えがあった。

侑子の家庭だけに絞ることなく レイナ・ちひろ・利華子・真央と5人の家庭の様子を描いていくことで
日々の暮らしの中で 知らず知らずに膨らんでいく彼女たちの不満や嫉妬を見せていき
そんな鬱屈した感情が渦巻く閉塞した関係を 不気味に 魅力的に表現していたと思う このドラマ。
最終回でも 前向きになった彼女たちの様子を描くだけで終わらせず 
「来週、初めての保護者会だね。」という 何とも嫌~な台詞をちひろに言わせ
「ようこそ。新しいママ友の世界へ。」と 不気味なナレーションで幕を下ろすという
最後の最後まで 刺激的に視聴者を煽ってくるアタリが とてもこのドラマらしくって 最後まで楽しめたわぁ♪

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

名前をなくした女神 第1話  *感想*
名前をなくした女神 第2話  *感想*
名前をなくした女神 第3話  *感想*
名前をなくした女神 第4話  *感想*
名前をなくした女神 第5話  *感想*
名前をなくした女神 第6話  *感想*
名前をなくした女神 第7話  *感想*
名前をなくした女神 第8話  *感想*
名前をなくした女神 第9話  *感想*
名前をなくした女神 第10話  *感想*
コメント (2)