Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

イロドリヒムラ  第9話  *感想*

2012-12-29 | 秋ドラマ(2012) 感想
 日村大岩

何だこりゃ・・・。ワケが分からん・・・。
・・・でも・・面白かったわぁ♪
ロッカーと日村さんって・・使い方間違ってるよね・・と どうしても思ってしまった前回から一転
これよ コレ♪ 日村さんは やっぱりこんな風に見せてほしいのよ~♪ と 気持ちが高まってしまうストーリー。
冒頭の「芸能散歩の時間」からして も~う引き込まれる。
志賀廣太郎さんが あの魅惑的なお声と 知性や気品溢れる雰囲気で 
「日本が誇る貴重な文化遺産」だとかなんとか 芸能「ヒムラ」を紹介してくれちゃうもんだから 
一体全体どんなもんを見せてくれるのかと 初っ端から期待が高まるのよねぇ。
そして 気持ちが高まったなかで見せられる「日村大岩」の あまりのシュールさに さらに心を掴まれるという・・。
「うふふふふ♪うふふふふ♪得さま~♪」 「お菊、お菊、待てお菊」
感想を書いている今も 頭の中はこの台詞がグルグル・・。
突然のタミヤ模型様のご登場から繰り広げられる「ヒムラ」の世界も かなりツボ。
花道を滑走する徳べえとお菊・・ それを観て声をあげて喜ぶ観客達・・ リモコンを手に持ち台詞を語る演者二人・・
・・・シュールだ・・・。
日村大岩の登場にゃあ ぶったまげたし 
日村大岩と森田が並ぶ姿や 徳べえを呑みこんじゃう森田は意外に不気味だし
モーターにのって登場の坊さんと その坊さんの位置を微調整する演者もツボにハマるし
池谷のぶえさんの登場にテンション上がっちゃうし 楽しめたなぁ。
そして 何よりも素晴らしかったのが 日村勇紀さんと木南晴夏さんの存在感。
人形を操りながら見せる表情から 最後のキメ顔に至るまで 
シュールな「日村大岩」をより一層シュールに そして魅力的に見せてくれていたように思うわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

イロドリヒムラ  第5話 ・ 第6話  *感想*
イロドリヒムラ  第7話 ・ 第8話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毒<ポイズン> 第13話 ... | トップ | イロドリヒムラ  第10話... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL